佐藤竹善

Sing Like Talkingのボーカル佐藤竹善による人気カバーアルバムシリーズ『Cornerstones』の通算8作目が10月5日にリリース。ご本人による貴重なセルフライナーノーツをご紹介!是非チェックしてください★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

佐藤竹善 『radio JAOR ~Cornerstones 8~』

 

MAIL INTERVIEW





佐藤竹善の人気カバーアルバムシリーズ『Cornerstones』の通算8作目が10月5日にリリース。直近のヒットソングを安易にカバーしただけの多くのアーティストとは一線を画す、70〜80年代を中心とした邦楽ポップスから吟味された全9曲が顔を揃えた。今回は佐藤竹善さんご本人に、9曲の収録楽曲について、貴重なセルフライナーノーツをお願い致しました





『radio JAOR ~Cornerstones 8~』セルフライナーノーツ

1曲目 LONELY MAN / SHŌGUN

松田優作のドラマ「探偵物語」の主題歌。歌謡曲演歌全盛時に全編英語でアンサンブルもメロディーも洋楽そのものということに衝撃を受けた。ドラマで流れるカットアウトバージョンと同様にアレンジ。オリジナルのドラマー山木秀夫氏に、こちらもお願いした。



2曲目 ロンリー・ハート / CREATION

草刈正雄と藤竜也のドラマ「プロハンター」の主題歌。 横浜を舞台にした探偵の話。ドラマを見て “横浜に住みたい” と (笑)。あの名ギタリスト・竹田和夫率いるバンドが、こんなポップで洒落た曲を出した!と、十代の僕らは歓喜した。


3曲目 ワインの匂い / オフコース

当時、僕が知っているフォーク・ソングとは明らかに違うメロディとセンス、コーラス・ワーク、聴いたことのないコード。“なんだ、これは!?" と思い、オフコースにはまっていくきっかけともなった曲。友達の家で夜中に何十回も聴いたのを憶えている。


4曲目 雨のリグレット / 稲垣潤一

歌番組でひと聴き惚れして、稲垣潤一さんのライブを、近所の横浜のライブハウスへ観に行ったことを想い出す。今回のレコーディングでは、病気療養中だった西村智彦 (Sing Like Talking) に、今剛さんのギターをあえて、ほぼ完コピしてもらった。


5曲目 青春 / オフコース

念願であった、鈴木康博さんの曲を初めて取り上げた。オリジナルのアレンジをほぼ完全再現。僕がオフコースという存在を、隅々までどう捉えていたか。そして、現代でもハイセンスそのものである、と感じている。


6曲目 カレーライス / KAN


実はシティポップのルーツでもある洋楽的センスがなければ絶対に書けない曲。それを前面に押し出さないところが歌詞の世界も含め、KAN ちゃんの最高のセンスだ。


7曲目 人生に乾杯を!〜Merry Christmas To You Version〜 / コーヒーカラー

いつか必ずカバーしたいと思っていた。ショートムービーを観ているようなイメージに仕上げた。AORの名曲、アル・スチュワートの「Year Of The Cat」にも通ずる、ストーリーテリングな世界をイメージ。新たなサブタイトルを付けることで、クリスマス、年末の頃に、あらためてそれぞれの頑張りを讃えてほしい曲を目指した。


8曲目 出航 SASURAI / 寺尾聰

オリジナルのメロディや和声を生かし、現代的なカッコよさ、面白みを追求できる曲という観点で選曲。十代の頃、何十回と聴き浸った大人の曲ながら、現代的なアプローチをアレンジで要望。僕らの育ての親であるプロデューサー故・武藤敏史氏へ捧ぐ、ということで、彼の金字塔作品で「ルビーの指輪」が収録された「Reflections」からのヒットナンバー。


9曲目 潮騒 (THE WHISPERING SEA) / 山下達郎

初めて聴いた山下達郎さんのアルバム「GO AHEAD」から。「潮騒」と「レッツダンス・ベイビー」にやられ、「潮騒」は高校の軽音楽部でも何度も演奏して歌った。達郎さんのツアーでもコーラスをやった。そりゃ DNA をおおいにいただくわけである (笑)。

 

PICK UP DISC

Sing Like Talkingのボーカル佐藤竹善による人気カバーアルバムシリーズ「Cornerstones」の第8作「radio JAOR ~Cornerstones 8~」。
世界的にも注目が集まる70〜80年代を中心にした邦楽ポップスを取り上げ、全9曲を収録。アルバム全体が架空のラジオ局「JAOR FM Radio」の番組のように構成されている。また今作品は、旧ファンハウスのプロデューサーであり、Sing Like Talking / 佐藤竹善の育ての親でもある、故 武藤敏史氏へ捧げた作品としても位置づけられている。



佐藤竹善 『radio JAOR ~Cornerstones 8~』
発売日 2022年10月5日(水)


佐藤竹善 『radio JAOR ~Cornerstones 8~』①UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤
LP+CD+DLカード
9,200円(税抜) 10,120円(税込) PDJP-9001
② LP+DLカード 6,000円(税抜) 6,600円(税込) POJE-9012
③ CD 3,200円(税抜) 3,520円(税込) POCE-12187 

発売元:Universal Connect / Universal Music Artists
販売元:ユニバーサルミュージック合同会社

配信はこちら
https://umj.lnk.to/CSato_Cornerstones8

■LP収録曲
SIDE A
1 JAOR FM Radio 1
2 LONELY MAN
3 ロンリー・ハート
4 ワインの匂い 
5 雨のリグレット
6 青春
SIDE B
1 JAOR FM Radio 2
2カレーライス
3人生に乾杯を!〜Merry Christmas To You Version〜
4 出航 SASURAI
5 JAOR FM Radio 3
6 潮騒 (THE WHISPERING SEA)

■UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤 / DLカード 収録曲
01 JAOR FM Radio 1
02 LONELY MAN
03 ロンリー・ハート
04 ワインの匂い
05 雨のリグレット 
06 青春
07 JAOR FM Radio 2    
08カレーライス
09人生に乾杯を!〜Merry Christmas To You Version〜
10 出航 SASURAI
11 JAOR FM Radio 3
12 潮騒 (THE WHISPERING SEA)
※「潮騒 (THE WHISPERING SEA)」は、LP / DLカード / UNIVERSAL MUSIC STORE限定盤CDに収録

■通常盤CD 収録曲
01 JAOR FM Radio 1
02 LONELY MAN
03 ロンリー・ハート
04 ワインの匂い
05 雨のリグレット
06 青春 
07 JAOR FM Radio 2
08カレーライス
09人生に乾杯を!〜Merry Christmas To You Version〜
10 JAOR FM Radio 3
11 出航 SASURAI

 

LIVE

佐藤竹善「Live With The Cornerstones 22’ ~ It’s My JAOR ~」

【開催日程】
2022年10月9日 (日) 開場 17:30  開演:18:00

【会場】
東京:LINE CUBE SHIBUYA

【前売り入場チケット料金】
9,900円 (税込)
*全席指定
*未就学児童入場不可
*1申込につき4枚まで

【ライブ配信チケット】
視聴チケット料金:4,400円(税込)
※別途システム利用料が必要となります。

<イープラス Streaming+でご視聴希望の方>
販売期間:9/23(金祝)18:00~10/16(日)21:00
アーカイブ期間:10/16(日)23:59まで
視聴チケットのご購入はこちら: https://eplus.jp/st/chikuzensato/
ご利用ガイド
https://eplus.jp/streamingplus-userguide/
※イープラスのアカウント登録が必要

<ローチケ LIVE STREAMING(ZAIKO) でご視聴希望の方>
販売期間:9/23(金祝)18:00~10/12(水)21:00
アーカイブ期間:10/12(水)23:59まで
視聴チケットのご購入はこちら: https://l-tike.com/sato-chikuzen/
ご利用ガイド
https://zaiko.io/faq/customer/online?cid=60#faq-348
※ZAIKOのアカウント登録が必要となります。
※日本国外からの視聴も可能です。

【お問い合わせ】
SOGO TOKYO
03-3405-9999 (月 ~ 土 12:00 ~ 13:00 / 16:00 ~ 19:00 *日曜・祝日を除く)
http://www.sogotokyo.com/

 

 

PROFILE

佐藤竹善

佐藤竹善

Sing Like Talking のボーカルとして 1988年にデビュー。1993年「Encounter」、1994年「Togetherness」の両アルバムはオリコン初登場1位。 1992年「Humanity」(オリコン3位)、1995年「Discovery」(オリコン3位)、1997年「Welcome To Another World」(オリコン3位)、1998年「Second Reunion」(オリコン4位)、2001年「Round About」(オリコン9位)、2001年「Metabolism」(オリコン10位)を記録。2018年の最新作「Heart Of Gold」まで、14枚のオリジナル・アルバムを発表、総売上350万枚以上を記録している。
1996年にはライブ映像作品「Amusement Pocket at 日本武道館」をリリース他、デビュー25周年から30周年にかけ、精力的にライブ映像をリリース。
同年、ピアニスト塩谷哲とのユニット Salt & Sugarをスタート。現在に至るまでアルバムリリース、ライブなど精力的に活動。
それらの活動と平行しながら、'95年にはソロとしてカバーアルバム「Cornerstones」をリリース。2007年のオリジナル作品「Indigo」は、音楽誌「ADLIB』によるアドリブ・アワード2007の国内グランプリを受賞。
その他、多数のアーティストのレコーディング参加、楽曲提供やプロデュースなども行い、ジャンルを超えた高い評価を受けている。

近年は、2016年、6作目となるカバーアルバム「Cornerstones 6」を新日本フィルハーモニー交響楽団との共演でリリース。
デビュー30周年記念ベストアルバム「3rd reunion」(Sing Like Talking)を2018年リリース。
2019年にはエリック・ミヤシロ率いるビッグバンドとのライブ、「Rockin' It Jazz Orchestra ~Live in Tokyo & Osaka~」を行い、その模様を収録した「Cornerstones 7」をリリース。
2021年には最新シングル、Child In Time (Sing Like Talking)をリリース。

 

LINK

Sing Like Talking オフィシャルサイト
https://singliketalking.jp

2022/10/06-11:15:00

twitter

有線オンエアー情報

佐藤竹善 (Sing Like Talking)の楽曲をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...