The Songbards

キャリア初となるフルアルバム『CHOOSE LIFE』をリリース した神戸発の4人組バンド The Songbardsよりメールインタビューが到着!是非チェックしてください!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


The Songbards

 

MAIL INTERVIEW





11月20日にビクターエンタテインメント内レーベルGetting Better Recordsからファーストフルアルバム『CHOOSE LIFE』をリリースしたThe Songbards。タイムレスでエヴァーグリーンな邦楽やUKロックからの影響を強く感じさせる音楽性。何もかもが素敵で最高な彼らに、最高だと感じる5つのポイント「メンバー間のバランス」「音楽的バックグラウンド」「バンド名」「楽曲制作」「ニューアルバム」について質問してみた
TEXT : DAILY HOWL






-- ツインギターボーカルの上野皓平さん(Vo/Gt)、松原有志さん(Gt/Vo)のお2人だけでなく、柴田淳史さん(Ba/Cho)、岩田栄秀さん(Dr/Cho)の4人全員がまるでビートルズのように均等なキャラ立ち感があってホント最高だなと思っているのですが、メンバーの皆様それぞれ自己紹介と最近のマイブームなどが何かあれば教えてください

Vo/Gt:上野皓平
ボーカルギターの上野皓平です。マイブームは1日1玉レタスを食べることです。

Gt/Vo:松原有志
ギターボーカル、松原有志です。飼うならビーグルと決めています。
最近は読書と筋トレにハマっていて、インドアとアウトドア、どちらも好きなまま生きていきたいです。

Ba/Cho:柴田淳史
ベースの柴田淳史です。The Songbardsの発祥地と同じ神戸出身です。コーヒーを飲むことはずっと好きなんですが、最近は登山にハマっています。さらにいうなら山頂でコーヒーを飲む時間が大好きです。

Dr/Cho:岩田栄秀
ドラム担当の岩田栄秀です。メンバーで一番髪が長いです。バンドのデザイン関係を担当していて、マイブームは着なくなってきた服を染めて、輝きを取り戻すことです。


-- 邦楽ロックでありながらも、60年代以降のUKロックからの影響を音楽性に色濃く感じます。オールタイム・フェイバリットなアーティストを5つあげるとするなら、みなさんどのような感じになりますか?

Vo/Gt:上野皓平
The Beatles
Radiohead
Blur
スピッツ
andymori

Gt/Vo:松原有志
The Beatles
Queen
Oasis
Arctic Monkeys
Michael Jackson

Ba/Cho:柴田淳史
The Beatles
Arctic Monkeys
Jamiroquai
Stevie Wonder
スピッツ

Dr/Cho:岩田栄秀
LOVE PSYCHEDELICO
The Beatles
The Strokes
はっぴいえんど
toe


-- The Songbardsというバンド名のネーミングセンス、素晴らしいですね!この名前に決まった経緯と、バンド名の由来をお願い致します

Vo/Gt:上野皓平
もともと前身バンドでAnt Lilyというバンド名で活動していて、活動中メンバーがかなり入れ替わっていきました。名前をつけた当初とメンバーが違うのに同じ名前で活動することに違和感を覚え、最終的にDr.岩田が正式加入した際にThe Songbardsに改名しました。
「Songbirds」=「鳴鳥、歌姫」という単語と、「bard」=「吟遊詩人」という単語を掛け合わせた造語で、イージーリスニングでも心地よく聴くことができ、歌詞に注目すると詩的な意味があるというバンドの目指す方向性を表したバンド名になっています。


-- アルバム『CHOOSE LIFE』。全ての楽曲のクレジットが作詞作曲/上野皓平・松原有志、編曲/The Songbardsと、これもまたビートルズにおけるレノン=マッカートニー(ジョン・レノンとポール・マッカートニーが作詞・作曲した楽曲における共同名義)のようですが、楽曲はいつもどのようにして制作~完成するのでしょうか

Vo/Gt:上野皓平
0から1のアイデアは2人(上野皓平、松原有志)の内の1人が作ります。
その時の完成度やどこまでできているかは曲によって違います。多くは一番のサビまでですが、イントロからAメロまでというバターンもあります。そこからまずお互いに曲を聴かせあってアイデアを出し合って1から50くらいまでの完成度にします。そこからドラム、ベースをつけてもらって完成させていきます。歌詞に関しても曲によってかなり違います。一曲ほとんど片方が書いている場合もあれば、行ごとに交互で書いているような曲もあります。

Gt/Vo:松原有志
本当はレノン=マッカートニーに憧れて2人の名前を繋げてみようかと試みましたが、日本人の名前には合わず、結局連名にしています。あらゆる面でビートルズには敵いません…。
ほとんどの楽曲は、0から1を僕か皓平のどちらかが作り、それをデモにしたものをまずは2人で練っていきます。その後リズム隊にも投げ、スタジオで詰めて行く感じです。セッションのような形で作られるものは今のところなく、歌詞のメッセージも含め、パソコンで管理しながら進めています。


-- ジャケットのアートワークも古いイギリスのロックバンドみたいでクールな仕上がりですが、皆様それぞれ『CHOOSE LIFE』に込めた想い、そして聴かせどころを教えてください

Vo/Gt:上野皓平
自分たちの活動において、一つの目標としていた待望のファーストフルアルバムですが、今までの集大成という側面は少しコンパクトに収め、フルアルバムだからこそできる、今までになかったような側面、遊び心のある曲も収録することができたのではないかと思います。だからこそメンバーそれぞれの異なったルーツがいろんな曲に反映されているので、UKロック好きな人達だけではなく、色んな人たちがそれぞれの楽しみ方をできると思います。是非、場所によって、時期によって、気分によってその時に聴きたい曲を「選んで」聴いてみてください。

Gt/Vo:松原有志
ジャケットは、初のフルアルバムということで自己紹介がてらあのような写真にしました。最近はメンバー全員の顔がはっきりとわかるジャケットが少ないとも感じていたので、目立ってくれたら嬉しいです。
アルバムタイトルの「CHOOSE LIFE」については、最近は情報が多すぎて、自分が何をしたいのか、何をするべきなのかを掴みずらい世の中だと思います。やり切れない気持ちがあったとしてもそれがなぜなのかわからなかったり。人生は辛いことも必ず起こるし、自分の力で進むか、留まるか、時によっては振り返るかを決めていかなければなりません。小さなことでも「選択」の連続です。最初から人生には「選択」が必要だとわかっていれば、迷う時はあっても、強く、豊かに生きる道を選んでいけるんじゃないかなと思います。
このアルバムには、色々な人間の人生のように、多種多様な楽曲を入れたつもりです。The Songbardsからのメッセージをポジティブに受け取ってくれるよう願っています!

Ba/Cho:柴田淳史
今この記事を読んでいることもそうですし、いろんな選択が全て積み重なってこそのCHOOSE LIFEだと思います。人生を選ぶって考えると難しいですが、毎日の選択の積み重ねの結果がCHOOSE LIFEだって考えると、一つ一つの物事や出来事への心持ちが変わると思います。そういう思いの元、色んなことを楽しんで欲しいですし、同じ気持ちで僕たちのアルバムも聴いて欲しいなと思います。

Dr/Cho:岩田栄秀
選ぶ、と言うことは意識をしていなくても日々の中であふれているものだと思います。そのこと自体をこのタイトルで表面化することによって、過去の全ての選択が今につながっていることや、忙しさの中にも選択の余地があると言う豊かさを思い出させてくれるきっかけになれば良いなと思います。そして、シチュエーションを問わず聴ける一枚になっているかと思うので、日々ふとした時に聴いていただければ幸いです。

 

PICK UP DISC

神戸発の4人組バンド The Songbards、キャリア初となるフルアルバムリリース!
記念すべきメジャーデビュー作品となる1stフルアルバムのタイトルは「CHOOSE LIFE」。結成からわずか2年超でのメジャー進出という、バンドにとって岐路となるタイミングで制作された当作品。その楽曲群はひとりひとりの人生のようでもあるし、アルバム全体がひとりの人生を表すようでもある。リスナーに「人生は選択できること」を歌い、その限りない未来に寄り添っていこうとするThe Songbardsの“原点”を確認することができる充実の作品に仕上がっている。


The Songbards 1st Full Album “CHOOSE LIFE”The Songbards
1st Full Album『CHOOSE LIFE』
2019.11.20 Release


初回限定盤CD+DVD
[VIZL-1664 / ¥3,300 +tax]

・CD:初回限定ボーナストラックを含む全12曲収録
・DVD:最新Music Video「マジック」を含む、結成以降の全MV6作品や、メンバーインタビュー、レ
コーディングのメイキング映像を含むスペシャルプログラム「BARDS LIFE ~The Story of The Songbards Volume 1~」を収録

通常盤CD
[VICL-65263 / ¥2,700 +tax]

・CD:全11曲収録
※CD・DVDともに、収録内容をスマホで楽しめるプレイパス対象商品 

<収録内容>
01. ストリートアレイ
02. 悪魔のささやき
03. マジック ※TBS系テレビ「CDTV」11月度エンディングテーマ
04. オデッセイ
05. Inner Lights
06. Life is But a Dream
07. Othello
08. グッドラック・ドリー
09. 青の旅
10. 春の香りに包まれて
11. 風の吹くままに
12. この部屋で *初回限定盤のみ収録のボーナストラック

初回限定盤付属DVD収録:
<BARDS LIFE ~The Story of The Songbards Volume 1~>
The Songbards初のDVD作品は、バンド結成からフルアルバム「CHOOSE LIFE」完成までの軌跡をまとめたオフィシャル・ヒストリービデオ。
内容は、メンバーの撮りおろしインタビューや、約3ヶ月にわたる今作のレコーディング密着ドキュメンタリー、さらに、最新Music Video「マジック」を含む、結成以降の全MV6作品(「雨に唄えば」、「太陽の憂鬱」、「春の香りに包まれて」、「Time or Money?」、「Inner Lights」)、2018年渡英時の貴重映像等、50分超にわたる豪華ボリューム。

【配信情報】
2019年11月20日発売 1st Full Album 『CHOOSE LIFE』
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中!
※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

iTunes

 

VIDEO

 



 

LIVE

【CHOOSE LIFE Release Tour】

・対バンツアー

2020年1月23日 神戸VARIT. w/KOTORI , おいしくるメロンパン
2020年1月25日 広島BACK BEAT w/2 , 空きっ腹に酒
2020年1月26日 熊本B9.V2 w/2 , 空きっ腹に酒
2020年1月28日 高松TOONICE w/Brian the Sun , Slimcat
2020年2月1日 仙台LIVE HOUSE enn 2nd w/The Cheserasera , No Buses
2020年2月2日 HEAVEN’S ROCK宇都宮2/3(VJ-4) w/ Helsinki Lambda Club , ズーカラデル
2020年2月9日 京都GROWLY w/DENIMS , Easycome
2020年2月11日 金沢vanvan V4 w/DENIMS , MONO NO AWARE

・ワンマンツアー
2020年3月6日(金)岡山MO:GLA
2020年3月7日(土) 福岡 DRUM SON  
2020年3月14日(土)渋谷CLUB QUATTRO
2020年3月20日(金・祝) 名古屋APOLLO BASE 
2020年3月28日(土)大阪 Shangri-La

【イベント情報】
2019年
11月24日 アルバムリリース記念ミニライブ @タワーレコード梅田NU茶屋町店
11月30日 アルバムリリース記念ミニライブ @タワーレコード新宿店
12月7日 下北沢にて'19
12月8日 JAPAN'S NEXT 渋谷JACK
12月12日 Newspeak No Man‘s Empire Tour @名古屋
12月15日 アルバムリリース記念ミニライブ @名古屋PARCO

 

PROFILE

The Songbards

The Songbards2017年3月より地元・神戸を中心に活動を開始。
上野皓平(Vo/Gt)、松原有志(Gt/Vo)、柴田淳史(Ba/Cho)、岩田栄秀(Dr/Cho)の4人組。
バンド名は、「Songbird=さえずる鳥」と「bard (吟遊詩人)」のダブルミーニング。UKロックに影響を受けたフォーキーなロックサウンド、日本人の琴線に触れる歌詞とメロディー、エヴァーグリーンなグッドミュージックに映えるツインギターボーカルと、4人の息の合ったコーラスワー クが魅力。
結成後間もなく、「RO JACK 2017 」「出れんのサマソニ」「COMIN’KOBE17」など大型フェスオーディションを総なめにした他、4時間ぶっ続けでカバー楽曲を演奏するバーイベントを約2年間続け、リバプールなどイギリスでのライブを12本経験するなど、精力的に活動している。

 

LINK

Official Website: https://thesongbards.com
Twitter: @TheSongbards (https://twitter.com/TheSongbards)
Facebook: https://www.facebook.com/TheSongbards/
Instagram: https://www.instagram.com/TheSongbards/
YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCoZEVc-cx5OaiRbV0L9-KMw

2019/11/26-14:20:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

The Songbardsの楽曲をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストお待ちしています!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...