山﨑彩音

好評発売中のアルバム『LIFE』収録曲「指で数えて」がLGBTをテーマにした映画「青空になる」の主題歌に決定した山崎彩音にメールインタビュー!是非チェックしてください★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

山﨑彩音

 

MAIL INTERVIEW





欧米最大エージェントAWALのオーディションに、日本人女性としてはじめて合格し2019年10月30日に世界デビューを果たした山﨑彩音。東京のシティーポップスと、ニューヨークのドリームポップなどがミックスされたユニークな音楽性を持つ、現在20才の彼女。その視線の先にあるものとは?
TEXT : DAILY HOWL






-- アルバム『LIFE』聴かせて頂きました!日本のポップスではあるものの、サウンドメイキングが非常にドリームポップ的というか、全編を通してアンニュイな心地良さに包まれています。ご自身としては完成した作品に対してどんな感想をお持ちでしょうか

山﨑彩音:
 ありがとうございます。
今作はわたしが東京で一人暮らしを始めたことや、女の子から女性へなろうとする第一歩目をいま生きていることなどの心境が重なって、東京のことを歌う、ラブソングを歌う、つまり生活していてぶつかる様々な不条理を記録しようという思いがテーマになり、「LIFE」というタイトルの作品ができました。

 そして今作は制作前に聴き込んでいた音楽の影響がすごく出ていると思います。特にユーミンさんの「夕涼み」という曲に感動して、毎日何十回も聴いていました。声の響き、サウンドの心地よさ、情景の浮かぶ歌詞。こんなにも心の奥に響く音楽があるのかと、本当に驚きました。ラブソングであること、ムードがあること、ボーカルが力んでいないこと。それらの特徴が、今の自分には合うかもしれないと発見したことが大きなきっかけでした。

 わたしはの曲は、サビがどこだかわからないと言われることがよくありました。
日本ではAメロ、Bメロ、サビ、大サビ、そういう構成が根強くあって、親しみもある。でもわたしが無意識的に作り出すものは、2コードを繰り返したり、派手に転調したりしない、音数も少ない音楽です。その事実に自分で気づいたのも制作前で、なんだかすごく腑に落ちました。
「指で数えて」「まっすぐ天使」は意識的にその王道的な曲構成にして、詩ではなく「歌詞」を書く意識で書きました。今までやってこなかったやり方を試すことは、不安なチャレンジでしたが、作品が完成してみると、どんなジャンルにも、人にも、当てはまらないような、自分の音楽ができたのがすごく嬉しくて、景色が広がったと感じています。


-- 収録楽曲の「指で数えて」が、今年から来年へかけて公開予定のLGBTをテーマにした映画『青空になる』の主題歌に決定しました。「指で数えて」はどんなテーマ、あるいはメッセージ性を持った曲ですか

山﨑彩音:
 恋愛でも友人関係でもなんでも、人間同士の関わりには必ず「通り過ぎる」ときがやってきます。出会いがあって別れがくる、そんな当たり前な生活の中に潜んでいる、心の揺れを歌ったのが「指で数えて」です。「わたし生きていけるのかな」という歌詞は、すこしストレートだけれど、きっと一人慣れない社会で生きている人には共通する、素直な感情だと思ってます。わたし自身もたまに強く出てくる感情です。女の子から女性へ、男の子から男性へ、子供から大人へ。その階段を上っている最中の人たちの生活に、この曲が寄り添えられたら嬉しいです。

 そしてLGBTをテーマにした映画「青空になる」の主題歌に選んでもらえたことも光栄なことです。わたしは女性で、今のところ恋愛対象は男性ですが、男である・女であるということよりも、「その人」が好きという価値観はずっと持っています。だからわたしもいつ同性に恋するかはわからないですね。性別がどうかというよりも、誰か一人でも、まっすぐに人を愛せる人生が送れたら素晴らしいと思います。同世代の若い人たちが、LGBTをテーマに映画を制作している、そんな時代の変化を身近に感じることができて、とても刺激になりました。


-- 世界制覇も果たした元祖「渋谷系」ユニット、ピチカート・ファイヴの3代目ヴォーカリスト野宮真貴さんが歌っている姿をイメージして書いたという楽曲「kitchen song (dance version)」も素晴らしい仕上がりです。この曲についてのエピソードなどがあれば教えてください

山﨑彩音:
 一人暮らしを始めてから、真夜中のキッチンで日記を書いたり、考えごとをしたり、音楽を聴くことが日課になっていました。なぜキッチンなのか自分でも不思議でしたが、思い返せばよく台所が登場する村上春樹さんの作品を読んで育ったことや、原田郁子さんの「ユニコーン」という曲の歌詞などから、今までずっと潜在的に惹かれていた場所がキッチンだったのだと気づきました。

 この曲では、上記で話している王道なポップスの構成ではなく、もともと自分の得意とするリフレインや詩的な歌詞などで自分らしい世界観を表現しています。いまの主流は力強さで押し出していくボーカルのように感じますが、わたしは声量もないし歌が特別うまいわけではないので、自分にあった歌い方をずっと模索していました。野宮真貴さんや大貫妙子さんのボーカルはシャウトしない、言葉の響きを大切にしていて伸びがあり、洗練されている。そんなお二人を特に参考にして、今作ではダブリングやコーラスを積極的に入れたり、囁くように歌ったり、やわらかいボーカルに仕上げました。”楽曲のムードを引き出すためのボーカル”という認識ができたのも、今回のレコーディングで得ることができた新しい価値観です。


-- サウンド・プロデュースとアレンジャーに菊池成孔氏のトラックメーカーとしても活動されている丸山桂さんを迎えられています。丸山さんとのお仕事は如何でしょうか

山﨑彩音:
 今回、曲のアレンジ案はあまり訂正せず、ほぼ一発OKで出来上がっていきました。一人では絶対に出来上がらないであろう音楽が、丸山さんの力により出来上がっていき、本当に感動しました。kitchen song (dance version)は最初にスタンダードバージョンが出来ていて、追加でダンスバージョンなんかどうでしょうか?と作ってくださって。それがあまりにも良すぎたのでCDに入れる方をダンスバージョンにしました。自分の曲で、少しでもノレるような曲ができたことが信じられなくて嬉しかったです。


-- YouTubeで英会話の番組『ENGLISH BABY』を持たれていたり、アンティーク着物『Ponia-pon』のモデルをされていたりと、多方面でのご活躍も注目ポイントですが、山﨑彩音さんご本人としてはこれからどんな自分史を作っていきたいですか?

山﨑彩音:
 わたしは住んでいる場所や食べているもの、遊ぶ友達、付き合う恋人、観た映画、聴いている音楽、着ている服の色、そういう生活の全てが自分の音楽に影響をもたらします。本当に気分屋みたいに、今この曲にハマっているからそういう曲を作りたい!って、そういう気持ちが自分の大切な原動力なんだと思います。だからこそもっといろんな価値観や文化に触れて、学んで、影響を受けたいです。いろんな国に移住してみたいし、いろんな国の人とコミュニケーションをとって、豊かな創作がしたいです。そして日本人でも関係なく、世界中のアーティストと対等に海外で音楽活動ができるように、今は英語を習得して英語の曲を作ることを一番に考えて活動しています。

 

PICK UP DISC

Sony/ATV、ワーナー、ユニバーサルに続く米国の音楽出版業界で4番手に位置するKobaltグループのディストリビューター AWALの審査に合格した山﨑彩音。10/30にAWALより世界へ配信リリース、同日にフォーライフ・ソングスよりCDもリリース!

山﨑彩音 『LIFE』山﨑彩音 『LIFE』
【品番】 FSCT-1011
【価格】¥1.800(税抜き価格¥1.636)
【発売日】 2019年10月30日
【レーベル】 フォーライフ・ソングス


iTunes


<収録曲>
1. 指で数えて Counting on my fingers
2. まっすぐ天使 Angel in Blue
3. kitchen song (dance Ver) kitchen song
4. もう言わない! I want to understand you
5. ミューズ muse
6. 眠りの理由 Sleep to Dream

全作詞作曲: 山﨑彩音 サウンド・プロデュース/アレンジ:丸山桂



Ayane Yamazaki 『kitchen song』をラウンジ・アレンジで英語バージョンに!
そして初めてのリミックスも収録された配信シングルを12月5日リリース!


山﨑彩音 Ayane Yamazaki 『kitchen song』山﨑彩音 Ayane Yamazaki
『kitchen song』

2019年12月5日 AWALより配信リリース

<収録曲>
1. kitchen song – English Version
2. kitchen song - Remix by Kiki Kudo and Brian Close (工藤キキ、ブライアン・クロース)
3. kitchen song – Japanese Version

 

VIDEO


 

MOVIE INFORMATION

映画『青空になる』 2020年 amazonプライムにて配信予定


映画『青空になる』
2020年 amazonプライムにて配信予定


<作品紹介>
プロやアマチュアの垣根を越え、作品のコンセプトに共感した20代の若者達によって構成された映画プロジェクト。LGBTや出自といった周囲との違いから悩みを抱えている若者達が奮闘する物語。映画を通じて周りの人たちのことを思いやるきっかけになる作品を目指した。

<ストーリー>
軽音サークルに所属する5人の大学生。
彼らは、有名音楽プロデューサーが審査員を務めるバンドコンテストに出場することを決める。
大会で優勝し、メジャーデビューをするために日々練習に励むメンバー。しかし、ある日をきっかけにメンバーそれぞれが胸の奥底に抱える、様々な思いが次第に明らかになっていき、バンドは崩壊寸前に…。果たして彼らは無事大会に出場し、優勝を勝ち取ることができるのか。そして彼らの友情はどうなってしまうのか…!

● キャスト
星野雅人
森川馨華
大島拓馬
中川杏珠
湯浅マホガニー
Naru
中村文哉

● スタッフ
監督 / 寺本勇也
脚本 / 佐藤楓
撮影 / 柴田翔馬
録音 / 工藤貴也
照明 / 根本諒
音楽 / 金崎宗一郎
助監督 / 冨田優聖
衣装 / 西山ひなの

主題歌
山﨑彩音「指で数えて」(フォーライフソングス)

映画『青空になる』公式サイト
https://kakekake0529.wixsite.com/kakeru

 

LINK

山﨑彩音 公式サイト
http://ayaneyamazaki.com
YouTube
【英会話と音楽】 ENGLISH BABY 【日本のポップスが英語を学んで世界進出】
https://www.youtube.com/channel/UCQE8NXXXLMPhpEMQ_RK9cJg

2019/11/22-10:40:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

山﨑彩音のナンバーをチェックするならこちらのチャンネル!
電話リクエストもお待ちしていますよ!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...