『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』

踊らないのに大ヒット!! 予測不能なブラックコメディに、全インドが喝采! 騒然! ブッ飛んだ! 盲目を装ったピアニストが殺人事件を“目撃”!? 見えてるの?見えてないの?――疑いが疑いを招き、クセ者ぞろいの登場人物が大騒動を繰り広げる、裏切りと騙し合いの予測不能マーダー・ミステリー開演♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

2018年、インド映画でお馴染みのダンスシーンもなく、壮大なロケや華やかな衣装もない1本の映画がボリウッドをブッ飛ばした! 盲目を装ったピアニストが“目撃”した殺人事件をきっかけに、クセの強いキャラクターたちが繰り広げる裏切りと騙し合いの予測不能なストーリー。疑心暗鬼がさらなる疑いを招く洗練された脚本と映像が、目の肥えたインド映画の批評家たちを唸らせて「インドのコーエン兄弟だ!」「毎秒ごとに予想を裏切られる」など絶賛の声が殺到。その声は海を越えて世界に広がり、全世界興行収入は64億円とインド映画の歴代14位に躍り出る大ヒットを記録した。
主人公アーカーシュを演じるのは、コメディジャンルではインドの誇るスターである3大カーン(アーミル・カーン、サルマン・カーン、シャー・ルク・カーン)を超えたといわれるアーユシュマーン・クラーナー。本編にたびたび登場するピアノ演奏シーンも吹替なしで、盲目を装うピアニストという難役に挑み、軽妙なコメディセンスを披露する。その他、『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』などインド映画を越えた活躍をみせる名女優タブー、『パッドマン 5億人の女性を救った男』のラーディカー・アープテーなど日本でも馴染みのある顔ぶれが集結した。
世界的大ヒットの波に乗り、監督賞、脚本賞を中心に2019年のインド国内の映画賞で大健闘をみせて、米映画批評サイトRotten Tomatoesの満足度は驚異の100%をマーク。あなたのインド映画への常識を変える快作が日本に上陸する!

 

STORY

盲目のピアニスト、アーカーシュ(アーユシュマーン・クラーナー)の誰にも言えない秘密。それは、本当はバッチリ目が見えること。芸術を追及するあまり、才能の向上を目指して盲目を装う彼は、ひょんなことから恋に落ちたソフィ(ラーディカー・アープテー)の父親の店でピアノ演奏を披露する日々を送っていた。そんなある日、彼の演奏を絶賛した往年の大スター、プラモード(アニル・ダワン)からの演奏依頼を受けて訪ねた豪邸で、プラモードの妻シミー(タブー)と、その浮気相手がプラモードを殺害したのを目撃してしまう! 死体も犯人も見えないフリで、その場を切り抜けたアーカーシュだったが、通報に駆け込んだ警察の署長(マナフ・ヴィジ)こそプラモードを殺した男だった! さらに災難は続き、盲目を疑ったシミーに毒薬を飲まされ、本当に目が見えなくなり、署長からは命を狙われて、遂には病院送りになってしまう。追い込まれたアーカーシュは、目の手術費用を稼ぐため、病院で知り合った怪しい医者スワミ(ザキール・フセイン)たちと組んでシミーを誘拐するが、そこには裏切りと騙し合いの大騒動が待っていた!

 

DATA

監督:シュリラーム・ラガヴァン
脚本:シュリラーム・ラガヴァン ほか
出演:アーユシュマーン・クラーナー、タブー、ラーディカー・アープテー、アニル・ダワン、マナフ・ヴィジ、ザキール・フセイン ほか
原題:Andhadhun
2018年/インド/138分
配給:SPACEBOX
11月15日(金)より、全国順次ロードショー!
公式サイト:http://m-melody.jp

 

TRAILER


 

PRESENT

映画『『盲目のメロディ~インド式殺人狂騒曲~』の公開を記念して、一般試写会に10組20名様をご招待!
公開前に観賞するチャンス! 奮ってご応募ください!!

日時:11月1日(金) 18:00開場/18:30開映(予定)
会場:日本消防会館(ニッショーホール)(東京都港区虎ノ門2-9-16)
上映時間:2時間18分

プレゼントの受付は終了しました!

応募締切:10月24日(木)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への招待状の発送をもってかえさせていただきます。
提供:SPACEBOX

2019/10/07-14:48:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...