the pillows

時代の流行に惑わされる事なく、潰される事なく結成30周年。重みが、深さが、覚悟が違う最高のインタビューが到着!これはもはや人生を続けていくためのヒントです。<the pillows 山中さわお メールインタビュー>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画『王様になれ』サウンドトラック

 

MAIL INTERVIEW

 




2019年9月16日、the pillows遂に結成30周年!!!バンドの世界観を余すところなく伝える青春音楽映画『王様になれ』の公開を皮切りに、映画のサウンドトラックや新曲のリリース、10月17日の横浜アリーナ公演と怒涛の展開の幕開けです!
TEXT : DAILY HOWL






-- 映画『王様になれ』、面白かったです!「王様になれ」「ハイブリッド レインボウ」等、劇中に登場する楽曲は、観た人にとって更に特別な思い入れが加わると思いました!30周年をお祝いするにあたって、the pillowsをモチーフにした映画を制作するという非常にユニークで一味違う取り組みは、具体的にはどういった経緯でカタチになっていったのでしょうか

山中さわお(the pillows):
監督をしていただいた俳優のオクイシュージさんに2017年の冬に相談したのがスタートです。オクイさんが演出したお芝居を好きだったので、引き受けていただいた段階でストーリーの不安はなくなりました。プロデューサーの三宅はるえさんが加わって鬼に金棒、一流のスタッフさん、俳優陣が集まり、最初に思い描いていた作品の何段階もブラッシュアップした映画になりました。とても感謝してます。





-- 私は映画で山中さんご自身が役柄的に最初、主人公に対して非常に厳しい態度(笑)を示して、ある意味憎まれ役というか、そんな感じだったので“30周年なのに大丈夫か?”“印象悪くならないか”とヒヤヒヤしたのですが、最後はクールにカッコ良くまとまったので安心しました。山中さん自身は完成した作品についてどんな感想をお持ちですか

山中さわお(the pillows):
原案を自分が書いてしまったので、美化したりバンドを神格化するのは気持ちが悪くて無理ですよね。ミュージシャンはもちろん音楽が本分なので、ライブシーンさえカッコ良く撮って貰えれば毒キャラは問題ないと思いました。というか実際にキツい人間なので。本人役だったので、お芝居をした、という感覚でもなかったです。自分で観て「気持ち悪いな」と思う演技ではなかったのでホッとしました。ピロウズの曲達が絶妙に輝くように演出していただき最高でした。





-- 9/4に映画のサウンドトラックとREBROADCAST TOURのライヴ映像作品をリリース、9/13から映画公開、10/9にニューシングル、10/17には横浜アリーナ公演と振り返るヒマもないほどの怒涛の展開がこれから始まりますが、意気込みなどあれば教えてください


山中さわお(the pillows):
横浜アリーナは気合い入れて挑みます。理想的な自分でステージに立っていたいです。30年間の集大成を観てもらいたい。





-- バンドを結成された30年前(1989年)と2019年の現在とでは音楽を取り巻く状況が全く変わってしまいました。音楽を作って売るだけではビジネスが難しくなってしまったこの状況に何か思う事はありますか?また、激動の時代の渦中にあっても物事を続けていける、こなしていけるコツのようなものがあれば教えてください

山中さわお(the pillows):
人間は知的好奇心を自ら止めることは出来ないので、利便性が優先されるの仕方ないと、理解はしてます。ただリスナーの利便性ばかりを優先した結果、音楽というカルチャーは少しずつ衰退するんだろうと思ってます。安物と本物の区別がつかないコンテンツになって行くのでは?
ピロウズはぎりぎり逃げきった!ピロウズファンはCDを普通に買ってくれる。
長く続けるコツは、目先の欲につられない事かな。流行りに流されない。普遍性があるロックンロールやポップミュージックを信じきること。自分らしさを信じきること。僕の人生はそうでした。





-- 最後にずっとthe pillowsの音楽と共にあるファンの皆様へメッセージをお願い致します

山中さわお(the pillows):
30年間もやってこれたのは、聴いてくれる人達がいたからです。一度でもピロウズに愛情をくれた人達、ありがとう。幸せでした。





-- 有難う御座いました!

 

PICK UP DISC

ボーカルの山中さわおが原案・音楽を担当し、若手注目俳優の岡山天音が主演を務め、山中さわお、真鍋吉明(g)、佐藤シンイチロウ(ds)に加え、the pillowsの30周年を祝って本人役で出演した豪華ミュージシャンたちも話題になっている映画『王様になれ』。サウンドトラックCDには新録の「ハイブリッド レインボウ(30th version)」の他、劇中使用のthe pillowsの名曲の数々に加え、GLAYのTERU、JIROによる「スケアクロウ」、ストレイテナーのホリエアツシによる「ストレンジ カメレオン」のカバー、山中さわおによる劇伴など垂涎ものの楽曲が全21曲収録。

ザ・ピロウズ30周年記念映画『王様になれ』オリジナルサウンドトラックthe pillows 30th Anniversary
ザ・ピロウズ30周年記念映画『王様になれ』オリジナルサウンドトラック
9月4日発売
KICS-3841 定価¥3,000+税



iTunes


<アーティスト>
the pillows
山中さわお
TERU・JIRO(GLAY)
ホリエアツシ(ストレイテナー)

<収録内容>
① 祐介のテーマ(必然的出会い)[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
② LITTLE BUSTERS[Live] Performed by the pillows
③ I think I can Performed by the pillows
④ RUNNERS HIGH Performed by the pillows
⑤ MY FOOT Performed by the pillows
⑥ ONE LIFE Performed by the pillows
⑦ I know you Performed by the pillows
⑧ Grandma pics[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑨ Funny Bunny Performed by the pillows
⑩ ゆかりのテーマ(宛先のない手紙)[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑪ Melancholy again[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑫ ストレンジ カメレオン[Live] Performed by ホリエアツシ(ストレイテナー)
⑬ スケアクロウ[Live] Performed by TERU・JIRO(GLAY)
⑭ ゆかりのテーマ(悲しい決意)[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑮ Sleepy Head(30th version) Performed by the pillows
⑯ ハイブリッド レインボウ(30th version) Performed by the pillows
⑰ Early morning[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑱ どこにもない世界 Performed by the pillows
⑲ 祐介のテーマ(出来損ないの覚悟)[Instrumental] Performed by yamanaka sawao
⑳ この世の果てまで[Live] Performed by the pillows
㉑ 王様になれ(30th version) Performed by the pillows

All written by yamanaka sawao

※M-1,8,10,11,14,17,19はインストゥルメンタル

 

MOVIE

the pillows30周年記念 映画アニバーサリーイヤープロジェクト
「Thank you, my highlight vol.4 」


映画『王様になれ』


Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ物語は、カメラマン志望の祐介(岡山天音)が主人公。
自分の夢を叶えるには現実はあまりに厳しく、崖っぷちの日々、成功していく同期への嫉妬、ほのかな想いを寄せる女性との心のすれ違いなど、the pillowsがこれまで音楽で描いてきた世界観が彼らの名曲とともに全編にあふれる青春音楽映画が誕生!

■クレジット
岡山天音
後東ようこ 岩井拳士朗 奥村佳恵 平田敦子
村杉蝉之介 野口かおる オクイシュージ / 岡田義徳
--------------------------------
TERU(GLAY) JIRO(GLAY/THE PREDATORS) ホリエアツシ(STRAIGHTENER) THE KEBABS
ナカヤマシンペイ(STRAIGHTENER) 日向秀和(STRAIGHTENER) 高橋宏貴(ELLEGARDEN/THE PREDATORS) SHISHAMO
Casablanca THE BOHEMIANS 宮本英一(シュリスペイロフ) 藤田恵名 有江嘉典(VOLA&THE ORIENTAL MACHINE)
the pillows山中さわお 真鍋吉明 佐藤シンイチロウ

原案・音楽:山中さわお  監督・脚本:オクイシュージ
企画:バッド・ミュージック・グループ音楽出版
制作プロダクション:ブースタープロジェクト
製作:『王様になれ』フィルムパートナーズ
宣伝協力:キングレコード 配給・宣伝:太秦
Ⓒ2019『王様になれ』フィルムパートナーズ

9月13日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開!

オフィシャルサイト
http://ousamaninare.com

 

映画『王様になれ』予告編

 

 

PROFILE

the pillows

the pillowsVo, G 山中さわお、G 真鍋吉明、Dr 佐藤シンイチロウ。
1989年結成。2004年の結成15周年では、Mr. Children、ストレテイナー、BUMP OF CHICKENなどが参加したトリビュートアルバム『シンクロナイズド・ロッカーズ』をリリース。2005年からは海外での活動も開始し、7度のアメリカツアーの他、メキシコ・韓国などでもライブを行っている。2009年の結成20周年では初の武道館ライブを行い大成功を収める。2014年の結成25周年では、2枚目となるトリビュートアルバム『ロック・アンド・シンパシー』がリリースされ、a flood of circle、Base Ball Bear、UNISON SQUARE GARDENなど、the pillowsに影響を受けた若手アーティストが参加。結成30周年を迎える今年は、ドキュメンタリーではなく、劇場用映画『王様になれ』を制作。原案・音楽を山中さわおが手がけ、監督・脚本を俳優・演出家のオクイシュージが初メガホンを取り、若手注目俳優の岡山天音が主演を務め、the pillows本人はもちろん、GLAYやストレイテナーのメンバーをはじめ豪華ミュージシャンも「本人役」で出演する。9月13日(金)より、シネマート新宿ほか全国順次公開!

 

LIVE

the pillows結成30周年記念ライブ
Thank you, my highlight05“LOSTMAN GO TO YOKOHAMA ARENA”


日程:2019年10月17日
会場:神奈川・横浜アリーナ

 

LINK

■the pillows 公式ウェブサイト/Twitter
[Web site]  http://pillows.jp
[Twitter] @thepillowsJPN

2019/09/17-16:10:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

the pillowsの楽曲をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...