ビーグルクルー

これまでに数々のプロ野球選手の登場曲を手掛け、今年メジャーデビュー10周年を迎える福岡県出身2人組ヴォーカルユニット ビーグルクルーにメールインタビュー!是非チェックしてください★
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

ビーグルクルー

 

MAIL INTERVIEW

 




日本ハムファイターズ中田翔選手、福岡ソフトバンクホークス牧原大成選手の登場曲など、これまでに数々のプロ野球選手の登場曲を手掛け、今年メジャーデビュー10周年を迎える福岡県出身2人組ヴォーカルユニット ビーグルクルー。常にアスリート達の心を熱く揺さぶるその極意に迫る。 TEXT : DAILY HOWL


-- まずは2019年の4月1日でデビュー10周年イヤーという事で、おめでとうございます!ここまでの道のりを振り返ってみて改めてどんな10年間でしたでしょうか

ビーグルクルー YASS:
ありがとうございます。
がむしゃらに突っ走った最初の5年間はとても長かった気がするのですが、それからの5年間があっという間の10年でした。
道の途中では辛いことも苦しいこともたくさんでどん底な気持ちになったりしてましたが、終わって振り返ってみるとそういう事もあったなと笑って言えるし、乗り越えられたのも応援してくれる方々のおかげだなと思えます。
とにかく「続けてきた」ことに本当に意味を感じています。


-- 10年間の中で一番辛かった事と一番嬉しかった事を教えてください

ビーグルクルー YASS:
辛かった事は数々の出会いの中で起こる別れと裏切りですかね笑
嬉しかった事は、そういう方も含めた出会いの中で、熱い思いで変わらぬ応援をしてくれる家族や仲間やファンの方がいてくれて、今もまだ活動を続けていけてるという事です。ビーグルクルーじゃなければ考えられないほどの出会いと経験がまだ続いてますからね。


-- 今では“ビーグルクルー=プロ野球選手の登場曲”というイメージがありますが、一体どういった経緯で様々な選手の登場曲を手掛けるようになったのでしょうか

ビーグルクルー YASS:
結成当時にやっていた路上ライブで、当時のソフトバンクホークスの2軍選手がCDを買ってリハビリ施設で流していたところ、当時のホークスの伝説のエース斉藤和巳さんの耳に入り、ブログなどで紹介してもらうと、瞬く間にホークスファンやテレビ関係者に名が広がり、斉藤和巳投手応援ソングとしてメジャーデビューに繋がりました。カップリング曲は王貞治監督の勇退ソングで全国ネットのテレビにも出演しました。当時のソフトバンクホークスの選手森福允彦投手が「Try again」を使用してくれたり、そこからビジターで試合に来た他球団の選手にも広がり、中田翔選手など、ひとつの出会いが大きく広がっていってプロ野球選手の登場曲を手がけるようになっていった感じですね。


-- 現在は5度目のワンマンライブツアー中ですね。ライブではいつもどういった事を心掛けていますか?

ビーグルクルー YASS:
ライブまでは孤独との戦いですので、イライラしないことを心がけています。笑
「お客さん来てくれるかな?」「リハはこれで足りたかな?」など。常に不足がないように完璧を求めてやってます。
各県で出会い方だったり、互いの思い入れが違うので、MCの内容なども伝える想いも現地の方と心通わせ会えるライブを心がけてます。


-- 最後に、ここからの10年はどんな未来を描いていきたいですか

ビーグルクルー YASS:
ここまでの10年間は常に「変わらぬ挑戦」という気持ちでしたが、これからの10年は「変化」をテーマに考えてます。ネガティブに聞こえてくるような言葉にも聞こえるかもしれませんが、ビーグルクルーが変わらずに存在するためにこれから変わっていくということです。
10年後もビーグルクルーとして歌っているために頑張ります。
そして必ず応援してくれる方が誇れるくらいビッグになります。


-- 有難う御座いました!

 

PICK UP DISC

2019年4月1日でメジャーデビュー 10周年イヤーとなるビーグルクルー。昨年発売した「My BROTHER」以来のCDリリースとなり、シングル曲を含んだ新曲満載のフルアルバム。日本ハムファイターズ中田翔選手の登場曲をはじめ、福岡ソフトバンクホークスの牧原大成選手の登場曲も新曲として収録。また、初のフューチャリング楽曲となる「FUKUOKA CITY」は、地元福岡をテーマに、福岡在住アーティスト、FREAKの中垣悟とBEA 凸 CREWのKMCを客演に迎えたアッパーチューン。
様々な応援ソングを多数収録したボリューム満載の一枚となっている。

ビーグルクルー アルバム『CREWSING X』ビーグルクルー
アルバム『CREWSING X』

発売日: 2019年5月22日(水)
POCS-1793 ¥3,000-(税込)


iTunes


[CD収録曲]
1. なんとかなるやろ
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:SHiNTA
2. My Place (+福岡ソフトバンクホークス 牧原大成 登場曲)
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:本田雄一郎
3. PADDLE
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:SHiNTA
4. My BROTHER (+日本ハムファイターズ中田翔登場曲)
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:鳴瀬シュウヘイ
5. NAMiDA
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:SHiNTA
6. FUKUOKA CITY feat KMC(BEA 凸 CREW) & 中垣悟 (FREAK)
 作詞、作曲、編曲:YASS/KMC/ 中垣 悟
7. ぼくのハート
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:YAMACHI
8. STAR MEMBER
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:YASS
9. ぼくはきみのパパ (+TVQ「チラチラパンチ」エンディングテーマ)
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:SHiNTA
10. ウェディングドレス
 作詞:YASS・作曲:YASS・編曲:YASS

 

VIDEO

 









 

LIVE

ビーグルクルー自身5度目となるワンマンライブツアー!
ビーグルクルー LIVE TOUR 2019 “天下泰成 ~「X」の陣~”


▪ 6月15日(土) /キューブガーデン【札幌】
▪ 6月16日(日)/ Soap opela 【大阪】

▪ 7月5日 ( 金 ) / 渋谷 DESEO 【東京】
▪ 7月29日 ( 月 ) / Zepp FUKUOKA【福岡】

 

INFORMATION

ビーグルクルー

YASS、NARI の福岡県出身2人組ヴォーカルユニット。
2009年にメジャーデビュー後、全国にライブ活動を展開。
2018年にメジャー復帰を遂げ、2019年度はメジャーデビュー10周年イヤーとなる。
数多くのプロ野球選手のオリジナル登場曲や応援ソングを手がけ代表曲でもある[My HERO]は460万回の再生回数を超え現在もiTunes、レコチョクなど50万ダウンロード超のロングヒット中。
プロ野球界にとどまらず、甲子園の応援スタンドでも演奏、歌唱の応援に使用する高校も数多く、数々のプロアスリートの高い支持を得ている。

<これまでに登場曲を手掛けた主なプロ野球選手>
北海道日本ハムファイターズ 中田翔
読売ジャイアンツ 森福允彦、澤村拓一
千葉ロッテマリーンズ 涌井秀章、角中勝也
福岡ソフトバンクホークス 王貞治、斉藤和巳 ら10名以上!

オフィシャルサイト
www.beaglecrew.jp
レーベルサイト
https://www.universal-music.co.jp/beagle-crew/

2019/06/28-10:13:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

ビーグルクルーのナンバーをチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...