『いちごの唄』

恋をした。七夕、親友の命日にだけ会える、僕たちの“女神”に――。人気脚本家・岡田惠和と銀杏BOYZ・峯田和伸による同名小説を映画化! 親友といつでも一緒だった頃の無敵な気持ち、恋した時の喜びと切なさ。青春のすべてがここにある。銀杏BOYZの名曲たちから紡がれる、この夏最高の青春ラブストーリー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

『雪の華』「ひよっこ」など数々の名作映画やドラマを手掛けてきた脚本家・岡田惠和と、銀杏BOYZの峯田和伸が紡いだ同名小説を映画化。本作『いちごの唄』は、1年に一度、たったひとりの親友の命日である七夕に会う約束をするコウタと千日を巡る恋と友情の物語だ。
主人公のコウタを演じるのは、「ひよっこ」『九月の恋と出会うまで』などで好演、ロックバンド「2」を率いるミュージシャンでもある古舘佑太郎。千日には、初主演を務めた『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』で数々の新人賞を受賞、『きみの鳥はうたえる』『生きてるだけで、愛。』などで若手実力派俳優として高い評価を得ている石橋静河。さらに、コウタの親友・伸二が暮らしていた孤児院の園長先生に宮本信子、コウタを優しく見守る両親に和久井映見と光石研など、日本映画に欠かせない実力派俳優陣が脇を固める。加えて清原果耶、岸井ゆきの、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里ら大ブレイク中の人気若手俳優も集結した。
監督は、岡田惠和脚本のドラマ「泣くな、はらちゃん」「ど根性ガエル」などを手がけ、本作が映画初監督作品となる菅原伸太郎。岡田惠和と峯田和伸による原作小説のエッセンスそのままの、不器用な主人公たちが一歩前に踏み出す優しい物語が、菅原の計算しつくされた演出とファンタジックなセンスの絶妙なバランスで描き出される。
銀杏BOYZの「漂流教室」「ぽあだむ」などの名曲たちと、本作のために書き下ろされた新曲「いちごの唄」が本編を彩る。誰もがかつて経験した最高の友情と切ない恋の想い出が、豪華キャスト&スタッフによってキラキラと輝く青春映画が完成した。

 

STORY

コウタ(古舘佑太郎)は不器用だけど優しい心を持つ青年。たったひとりの親友・伸二(小林喜日)は、中学生の頃ふたりが“天の川の女神”と崇めていたクラスメイトの千日(清原果耶)を交通事故から守り亡くなった。10年後の七夕、伸二の命日。コウタと千日(石橋静河)は偶然、高円寺で再会する。「また会えないかな」「そうしよう。今日会ったところで、来年の今日…また」。毎年ふたりは七夕に会い、環七通りを散歩する。しかしある年、千日は伸二との過去の秘密を語り「もう会うのは終わりにしよう」と告げる……。

 

DATA

監督:菅原伸太郎
脚本:岡田惠和
原作:岡田惠和・峯田和伸「いちごの唄」(朝日新聞出版)
製作:小西啓介、岡本東郎、宮崎伸夫
撮影:岩永洋
音楽:世武裕子、銀杏BOYZ
主題歌:銀杏BOYZ「いちごの唄」
劇中曲:銀杏BOYZ「漂流教室」「犬人間」「NO FUTURE NO CRY」「ぽあだむ」
出演:古舘佑太郎、石橋静河、和久井映見、光石研、清原果耶、小林喜日、大西利空、しゅはまはるみ、渡辺道子、ポール・マグサリン、山﨑光、蒔田彩珠、泉澤祐希、恒松祐里、吉村界人、岸井ゆきの、峯田和伸、宮本信子 ほか
製作プロダクション:ファントム・フィルム
製作:「いちごの唄」製作委員会
2019年/日本/114分
配給:ファントム・フィルム
7月5日(金)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
公式サイト:http://ichigonouta.com

 

PRESENT

映画『いちごの唄』の公開を記念して、一般試写会に10組20名様をご招待!
公開前に観賞するチャンス! 奮ってご応募ください!!

日時:6月21日(金) 18:00開場/18:30開映(予定)
会場:ニッショーホール(東京都港区虎ノ門2-9-16 日本消防会館)
上映時間:1時間54分

プレゼントの受付は終了しました!

応募締切:6月13日(木)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への招待状の発送をもってかえさせていただきます。
提供:ファントム・フィルム

2019/06/03-12:13:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...