ROLLY

自ら最高傑作を謳う究極のセルフカヴァー・アルバム『ROLLY’S ROCK WORKS』をリリースしたROLLYにメールインタビュー!是非チェックしてください♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

ROLLY (Photo by 中野 敬久)

ROLLY (Photo by 中野 敬久)

 

MAIL INTERVIEW

 




82年にロックバンド“すかんち”を結成、90年にメジャーデビュー、解散後も様々なソロ活動やプロデュースワーク、または役者・タレントとしても強烈な個性で常に異彩を放ち続けるROLLY。2020年のデビュー30周年目前のタイミングでセルフカバー・アルバムをリリースする意図とは? TEXT : DAILY HOWL


-- 来年(2020年)がデビュー30周年という事で、今このタイミングで提供楽曲をセルフカバーとしてまとめた作品としてリリースされる事となった経緯を是非、教えてください

ROLLY:
私が中学生の頃、敬愛する吉田拓郎氏がキャンディーズに提供した楽曲「やさしい悪魔」を含むセルフカヴァーアルバム「ぷらいべいと」を発表されました。
その「やさしい悪魔を」聴いた時の衝撃は忘れられません、そこにあったものは完全に吉田拓郎節190%の「やさしい悪魔」でした。
私も30年近く、色々なアーティストに楽曲提供させていただいて来ましたが、今一度自分の作品を自分自身の歌で聴いてもらいたいという思いで、今回発表させていただきました。


-- アルバムタイトルもズバリ『ROLLY'S ROCK WORKS』ですが、ここで改めてROLLYさんとしてのROCK、“ROLLY'S ROCK”を定義付けするのであれば、どのような言葉になりますか

ROLLY:
スタンリーキューブリックの残した映画作品の様に、一つ一つの作品の描いているテーマはちがうものの、全体を通してROLLYというアーティストの世界観を感じてもらえると嬉しいです。
しいていうならば、、、そうですね、、、ファンタジーを表現しております。


-- アルバムの冒頭と最後には入魂の新曲も収録、提供楽曲もひとつひとつ丁寧にリアレンジされ新たな生命を吹き込まれています。様々なタイプの楽曲が並んでいますが統一感もあり素晴らしい仕上がりとなっています。ROLLYさんの感触・出来栄えとしてはいかがでしょうか

ROLLY:
アルバムの流れを全く無視した、大変クレイジーな作品かと思います
アルバム全体を通して聴くと精神に異常をきたしますので、気をつけたほうがいいと思います。


-- ROLLYさんの発信されるものからは常々、多くの洋楽や音楽的アーティストへの惜しみない愛情を感じます。その一方で90年代くらいからアニソンやJ-POPだけに影響を受けそのままミュージシャンとなった、所謂洋楽のバックボーンを持たないアーティストもかなり増えてきました。このような状況に何か感じる事は御座いますか

ROLLY:
いつの時代も年長者は若者に「最近の若いものは、、、」と言い続けてまいりました
もちろん私の世代も言われて来たに違いありません
それはエジプトのピラミッドにも記載されているほど、人間の本質を突いた心理だと思います。
しかし「新しい船を動かせるのは古い水夫ではなく、新しい水夫であるとすれば、それもまた必然に違いありません。


-- 最後に8月までのツアーも発表されました。来年のアニヴァーサリー・イヤーに向けて、今年はどんな年にしていきたいですか

ROLLY:

流石に、少し無理をすると体調に異常をきたし、回復に大変手こずりますので身体をいたわりながらマイペースな仕事をしたいのですが、、、ありがたいことに色々お声をかけてもらい、、嬉しい悲鳴をあげております
故に、どんな年にしたいかと聞かれると、ご自愛して活動していきたいと願っております。

-- 素晴らしい2019年、2020年になりますように。有難う御座いました!

 

PICK UP DISC

 

ROLLYの音楽史を別角度から辿るアナザーストーリー。
極上のROLLY色で染められた一枚はゴージャス&ドラマティック!新曲も!


ROLLY『ROLLY’S ROCK WORKS』ROLLY『ROLLY’S ROCK WORKS』
2019年5月21日(火)リリース
KICS-3798/¥3,000+税


iTunes


[収録曲]
01. 天地創造 [ROLLY]
02. Eejanaika [ROLLY]
03. 僕等のセンチュリー [ももいろクローバーZ]
04. 恋のトレモロマジックダーリン [八木田 麻衣]
05. 秘密のギミーキャット~うふふ 本当よ~ [PUFFY]
06. 恋のROCK’N’ROLL!DRIVE! [藤木 直人]
07. 眠れる森の少女 [9nine]
08. 宇宙のMON DIEU [MEG]
09. 恋してキメル! [KIMERU]
10. 鏡の中のフェアリーテール [高橋 瞳]
11. 恋するラヴレター [豊崎 愛生]
12. 未来泥棒 [イヤホンズ]
13. Dear Music [ROLLY]   
*[ ]内はオリジナル・アーティスト

[レコーディング・メンバー]
ROLLY (Vocal,Guitar)
永井ルイ (Guitar,Ukulele,Bass,Keyboards,Piano,Programming,Chorus)
長谷川智樹 (Guitar,Ukulele,B 叫 o,Bass,Keyb oards,Piano,Programming,Harmonica,Chorus )
松本淳 (Drums)

 

MUSIC VIDEO

 

 

LIVE

 

<LIVE Information>
■ROLLY'S ROCK SHOW TOUR 2019

バンド:ROLLY& GlimRockers 

6月9日 (日) 仙台MACANA ~ロックの日記念日~ 
6月15日(土) 千葉 LOOK
6月22日(土) F. A. D yokohama
7月25日(木) 京都磔磔
7月26日(金) 岡山Desperado(対バン:Neo Fantastic)
7月27日(土) 広島Back Beat(対バン:Neo Fantastic)
7月28日(日) 博多CB (対バン:Neo Fantastic)
8月17日(土) 大阪 心斎橋JANUS
8月23日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO
8月25日(日) 名古屋TOKUZO

■スパークスローリーTOUR「帰ってきた!スパークスローリー2019 ~Don’t forget the Beginning~」SPARKS GO GOとのユニット「スパークスローリー」のTOUR

5月30日(木) 札幌Sound lab mole
6月2日(日) 神戸VARIT.

 

LINK

Official Website http://www.rollynet.com
Official Facebook https://www.facebook.com/rolly.official
Official Twitter @RollyBocchan

2019/05/27-10:35:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

ROLLYのナンバーをチェックするならこちらのチャンネル!
電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(DiVA:302ch/CAN有線:A-03ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...