高高-takataka-

配信シングル「ひとりの春」が話題の新世代ギターデュオ、高高-takataka-が4/24に1st EP『It's too late?』を初の全国リリース!メールインタビュー掲載してます!是非チェックを!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

高高-takataka-

 

MAIL INTERVIEW

 




TV、RADIO、有線などのパワープッシュでにわかに世間をざわつかせ始めている高瀬亮佑と高田歩からなる新世代ギターデュオ高高-takataka-。ライブで立って歌う高瀬亮佑と座って歌う高田歩のコントラストも印象的だ。今回はステージ下手側で立って歌う高瀬亮佑に、現在の心境などを訊いてみた TEXT : DAILY HOWL


-- MUSIC LOUNGE初登場という事で、まずは活動の経緯から教えてください。高瀬亮佑さんと高田歩さん、どちらもフロントマンですが、それぞれ別なバンドなどで活動されていたお2人が一緒にやる事になったのはどういった事からでしょうか

高瀬亮佑:高田とはライブハウスでの出会いをきっかけに、一時期一緒にバンドを組んでいました。そのバンドがメンバーの脱退等により解散してしまい、そこから二人での活動が始まりました。


-- 4月24日に初の全国流通となる1st EP『It's too late?』が発売されますが現在の心境などは如何ですか?

高瀬亮佑:継続は決して裏切らない、と確信に至りました。不思議と不安はあまり無く、非常にフラットな精神状態です。日頃の感謝を忘れずに、ここからまた更に気を引き締めていきたいです。


-- 収録楽曲4曲全てが振り幅の違ったタイプの曲で驚きました。タイトル曲でもある1曲目の「It's too late?」、歌詞に今のお2人の心境が一番投影されている楽曲だと思いますが、この曲に込めた想いをお聞かせください

高瀬亮佑:「It's too late?」は、吹きつける逆風に対する反骨の歌です。現状を打開したい!更なる高みへ上がっていきたい!そういった熱い感情を、これでもかってくらいこの曲に叩き込みました。這い蹲ってでもやってやるんだ!今さら遅い、なんて言わせない!そんな自分達のありのままを歌ったこの曲が、僕達のように夢や目標に向かっている方や、日々、生活の中で奮闘している方々にとっての応援歌になってくれたら、と願っております。


-- 続く「ひとりの春」。この曲は王道のJ-POP桜ソングといった趣ですが、どのように誕生しましたか?

高瀬亮佑:春にまつわる歌を綴ろう、というテーマで作った曲です。この曲は、自分たちとしては初めて共作と言う形で作り上げた楽曲となっております。胸を締めつける切ないメロディーと、桜の舞い散る景色を想起した時に、自身の過去の別れとリンクしたことが、この曲のきっかけとなりました。華やかなイメージのある春ですが、そっと心の傷に寄り添える桜ソングがあってもいいじゃないか、と赤裸々に綴っています。


-- 残る2曲はライヴでも人気の楽曲ですね。洋楽テイストで英語詞の「Yellow」と徐々に熱量が上がっていく構成の「Ember」ですが、この2曲を収録楽曲に選んだ理由を教えてください

高瀬亮佑:このEPでは思う存分、新しい高高-takataka- を体感して欲しかったんです。出し惜しみはしたくなかった。高田がメインVoを務める「Ember」や、アコースティックギター二本で表現しているとは到底思えないサウンドの「Yellow」は、フックの強い分、もしかしたらもっと違う局面でのリリースが好ましかったのかもしれない。だけど僕達は、このEPで真っ向から勝負したかったんです。


-- 有線では「ひとりの春」と「It's too late?」が全国にてオンエアされます。これまでに何か反響などは御座いましたでしょうか

高瀬亮佑:否定肯定含め、高高-takataka- の名前が広がっているのを感じます。分かりやすく目に見えるところだと、MVの再生回数の伸びが、かつてとはやはり違いますね。あとは、身内が少しだけ優しくなりました。笑


-- 有難う御座いました!

 

PICK UP DISC

 

ライブで人気の「Ember」「Yellow」に加え、今の高高 -takataka- 自身を歌った「It’s too late?」を収録した初の全国リリースとなる 1st EP。
話題の先行配信シングル「ひとりの春」も収録!

高高-takataka- 1st EP『It's too late?』4/24(水) リリース
高高-takataka-
1st EP『It's too late?』

品番:ZLCP-0374
発売元:CSM、販売元:VAA


<収録予定曲>
1. It’s too late?
2. ひとりの春
3. Ember
4. Yellow

【先行配信シングル】
「ひとりの春」絶賛配信中!

iTunes

 

MUSIC VIDEO




 

LIVE

<レコ発企画イベント>
『高高-takataka- presents “It’s too late?”』

【日程】2019年4月26日(金)
【時間】開場 18:30 / 開演 19:00
【場所】渋谷チェルシーホテル
【料金】前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500(ドリンク代別・オールスタンディング)
【チケット】
イープラスページ購入ページ
https://eplus.jp/sf/detail/2893570001-P0030001P021001?P1=1221

<その他EVENT Info.>
4月13日(土)横浜アリノスフェス
5月02日(木)みなとみらいKINGDOM2019(横浜)
5月18日(土)武蔵野音楽祭

 

PROFILE

 

高高-takataka-

高高-takataka-これまで様々なバンドを経験した高瀬亮佑(AG / Vo)と高田歩(AG / Vo)がたどり着いたアコースティックギターボーカルデュオ。
従来のイメージを根底から覆す革新的なアコースティックギターアレンジと、全く異なる声質が絶妙に絡み合うボーカルワーク、そこから感じさせる歌心はコアな音楽好きにとどまらず、若い世代を中心に広がりを見せている。同期を使わずに多彩なアンサンブルを見せる彼らのライブは必見!2017年、渋谷 Mt RAINIER HALLPleasure Pleasure でのワンマンライブを成功させ、2018年には I ROCKS2018、COMING KOBE2018、MINAMI WHEEL 2018への出演を果たす。

オフィシャルサイト
https://takataka.jp

2019/04/09-15:15:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

高高-takataka-の楽曲をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(DiVA:302ch/CAN有線:A-03ch)
★週間J-POPチャート
(DiVA:201ch/CAN有線:A-5ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...