『パシフィック・リム:アップライジング』

人型巨大兵器イェーガーと巨大生命体KAIJUの戦いは、人類の勝利で幕を閉じたはずだった。しかし戦いはまだ、終わっていなかった――。全世界で驚異的なヒットを記録したSFアクション超大作『パシフィック・リム』の熱狂から5年。人類の運命は、新世代へと託された。新たな戦いの幕が開く、ファン待望の続編!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

地球滅亡の危機は、太平洋からやってきた――。海底から突如出現した凶暴なKAIJUと、人型巨大兵器イェーガーの激闘を描いた『パシフィック・リム』は、その圧倒的なスケールと重厚感のあるアクションで、世界各国で大ヒットを記録。日本のアニメや特撮文化へのリスペクトと愛が溢れた『パシリム』は、日本でも多くの熱狂的なファンを生み出した。
そして2018年、全世界のファン待望の最新作が遂に公開。主演を務めるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のフィン役で世界的ブレイクを果たしたジョン・ボイエガ。さらに前作から引き続き、森マコ役の菊地凛子や、ニュート博士役のチャーリー・デイ、ハーマン博士役のバーン・ゴーマンら人気キャストが続投する。そしてスコット・イーストウッドやジン・ティエン、新田真剣佑など多国籍なスターが新たに加わるなど、空前絶後の巨大プロジェクトに相応しい豪華キャストが集結。『パシリム』生みの親であるギレルモ・デル・トロは製作にまわり、TVシリーズ「スパルタカス」「デアデビル」などを手掛けてきたスティーヴン・S・デナイトが監督を務める。
KAIJUに立ち向かうイェーガーは前作の「ジプシー・デンジャー」の後継機「ジプシー・アベンジャー」のほか、「セイバー・アテナ」「ブレーサー・フェニックス」「ガーディアン・ブラーボ」といった新型機が登場。また、謎に包まれた黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」が最新の装備と武器でジプシーらに襲いかかる。
日本を含む世界の都市を舞台に超巨大KAIJUとイェーガーが繰り広げる新世代の戦いに、我々は再び胸を熱くする!

 

STORY

人類とKAIJUの死闘から数年が経過し、平穏を取り戻していた地球。しかし進化を遂げたKAIJUが再び姿を現したことで、つかの間の平和は脆くも崩れ去る――。さらに、謎の黒いイェーガー「オブシディアン・フューリー」の出現により、人類を守るはずのイェーガー同士による激しい戦いも勃発。英雄スタッカー・ペントコスト司令官の息子ジェイク(ジョン・ボイエガ)やPPDC(環太平洋防衛軍)トップクラスのパイロットであるネイト(スコット・イーストウッド)ら、パワーアップした新世代のイェーガーに乗り込む若きパイロットたちは、果たして、迫りくる危機を乗り越えることができるのか?!

 

DATA

監督:スティーヴン・S・デナイト
脚本:エミリー・カーマイケル、スティーヴン・S・デナイト、T・S・ノーリン、キラ・スナイダー
キャラクター原案:トラビス・ビーチャム
製作:ギレルモ・デル・トロ、トーマス・タル、メアリー・ペアレント、ジョン・ジャシュニ、ケイル・ボイター、ジョン・ボイエガ、フェミ・オグンス
製作総指揮:エリック・マクレオド
撮影:ダン・ミンデル
音楽:ロアン・バルフェ
出演:ジョン・ボイエガ、スコット・イーストウッド、ジン・ティエン、ケイリー・スピーニー、菊地凛子、新田真剣佑、バーン・ゴーマン、アドリア・アルホナ、チャーリー・デイ ほか
原題:Pacific Rim Uprising
2018/アメリカ/111分
配給:東宝東和
4月13日(金)より、全国ロードショー!
公式サイト:http://pacificrim.jp


MUSIC

『パシフィック・リム:アップライジング』オリジナル・サウンドトラック『パシフィック・リム:アップライジング』オリジナル・サウンドトラック
発売中/ワーナーミュージック・ジャパン
WPCS-13767/¥2,400+税


iTunes


サントラにドリフトせよ! アカデミー賞受賞ギレルモ・デル・トロ監督の大ヒットSFアクション超大作『パシフィック・リム』の続編が、あのテーマと共に帰ってくる!
今作のサウンドトラック音楽制作はロアン・バルフェ。アンダーソン・パークによる「Come Down」、DJシャドウ・フィーチャリング・ラン・ザ・ジュエルズによる「Nobody Speak」、バルフェのスコアをフォール・アウト・ボーイのパトリック・スタンプがリミックスした「Go Big Or Go Extinct」(前作の大ヒットテーマ)ほか全25曲を収録。
日本限定版のサントラジャケットは日本オリジナル本ポスターを元に制作され、帯まで含めると昭和の怪獣映画のポスターを髣髴とさせるレトロかつテンションが上がるデザインになっている。さらに海外版、日本オリジナルティザーポスター版と3種のジャケットが楽しめる特別仕様。

詳細ページ:https://wmg.jp/artist/pacific-rim-uprising/

<関連記事>
【サントラ】 :昭和怪獣映画リスペクト帯にご満悦! 『パシフィック・リム:アップライジング』サントラ日本版本日より配信開始! スティーヴン・S・デナイト監督から熱い思いを込めた動画が到着!
 

2018/04/11-18:19:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...