『グレイテスト・ショーマン』

本年度ゴールデン・グローブ賞 主題歌賞受賞! ヒュー・ジャックマン×『ラ・ラ・ランド』の製作チームが贈る、映画史上最高にロマンティックな感動ミュージカル・エンターテイメント、開幕! 圧巻の音楽と胸躍るミュージカルシーン、ゴージャスな映像、そして心揺さぶるドラマ。あなたが求めていた映画のすべてが、ここにある。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

誰もが自分らしく輝ける場所をエンターテイメントの世界に作り出し、ショービジネスの原点を築いた伝説の興行師P.T.バーナム。彼のドラマティックなサクセスストーリーが、心躍るミュージカル映画になった。夢に向かって突き進むバーナムを演じるのは、『レ・ミゼラブル』で世界を泣かせたヒュー・ジャックマン。全9曲のミュージカル・スコアは、『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞を受賞した才能あふれる音楽チームが担当。ありのままの自分でいることの素晴らしさを歌い上げた主題歌「This is Me」があなたの魂を揺さぶり、希望の光を灯す。
キャストも主演のジャックマンを筆頭に、演技力と歌唱力を兼ね備えた豪華な顔ぶれがそろった。バーナムの幼なじみの愛妻チャリティを演じるのは、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』などで4度アカデミー賞候補になったミシェル・ウィリアムズ。バーナムの相棒フィリップには、『へアスプレー』のザック・エフロン。オペラ歌手ジェニーには、『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』のレベッカ・ファーガソン。フィリップと恋に落ちるエンターテイナーのアンには、『スパイダーマン:ホームカミング』のゼンデイヤが扮する。
脚本を手掛けるのは、『シカゴ』の脚本でアカデミー賞候補になり、大ヒット作『美女と野獣』の監督を務めたミュージカル映画の達人ビル・コンドン。監督はVFX出身のマイケル・グレイシーが大抜擢され、ファンタジーの要素をたっぷり詰め込んだゴージャスな映像にフレッシュな才能を光らせている。
7年間の準備期間と10ヶ月に及ぶリハーサルを経て誕生した、圧巻の音楽と胸躍るミュージカルシーン、ゴージャスな映像、そして心揺さぶるドラマ。あなたが求めていた映画のすべてが、ここにある。

 

STORY

19世紀半ばのアメリカ。幼なじみの妻チャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)を幸せにすることを願い、挑戦と失敗を繰り返してきたP.T.バーナム(ヒュー・ジャックマン)は、オンリーワンの個性を持つ人々を集めたショーをヒットさせ、成功をつかむ。しかしバーナムの型破りなショーには根強い反対派もいた。裕福になっても社会に認めてもらえない状況に頭を悩ませるバーナムだったが、若き相棒フィリップ(ザック・エフロン)の協力により、イギリスのヴィクトリア女王に謁見するチャンスを手にする。レティ(キアラ・セトル)たちパフォーマーを連れて女王に謁見したバーナムは、そこで美貌のオペラ歌手ジェニー(レベッカ・ファーガソン)と出会う。彼女のアメリカ公演を成功させれば、一流のプロモーターとして世間から一目置かれる存在になれる。そう考えたバーナムは、ジェニーのアメリカ・ツアーに全精力を注ぎ込むと決め、フィリップに団長の座を譲る。そのフィリップは、一座の花形アン(ゼンデイヤ)との障害の多い恋に悩みながらも、ショーを成功させようと懸命に取り組んだ。しかし、彼らの行く手には、これまで築き上げてきたものすべてを失いかねない危険が待ち受けていた……。

 

DATA

★第75回ゴールデン・グローブ賞 主題歌賞受賞!
監督:マイケル・グレイシー
脚本:ジェニー・ビックス、ビル・コンドン
原案:ジェニー・ビックス
製作:ローレンス・マーク、ピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピング
製作総指揮:トニア・デイヴィス、ドナルド・J・リーJr.、ジェームズ・マンゴールド
撮影:シーマス・マッガーヴェイ
楽曲:ベンジ・パセック、ジャスティン・ポール
音楽:ジョン・デブニー、ジョセフ・トラパニーズ
主題歌:キアラ・セトル&ザ・グレイテスト・ショーマン・アンサンブル「This is Me」
出演:ヒュー・ジャックマン、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズ、レベッカ・ファーガソン、ゼンデイヤ、キアラ・セトル、ヤーヤ・アブドゥル=マティーンⅡ ほか
原題:The Greatest Showman
2017年/アメリカ/105分
配給:20世紀フォックス映画
2月16日(金)より、全国ロードショー!
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/greatest-showman/


MUSIC

『グレイテスト・ショーマン』オリジナル・サウンドトラック『グレイテスト・ショーマン』オリジナル・サウンドトラック
発売中/ワーナーミュージック・ジャパン
WPCR-17962/¥1,980+税


世界中にミュージカル映画旋風を巻き起こしたあの『ラ・ラ・ランド』の作詞作曲コンビが手掛ける話題作『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラック。主題歌「This is Me」を“他人と違うとここそが自分を特別な存在にしてくれるんだ”と声高だかに歌い上げるのは、トニー賞助演女優賞ノミネート経験を持つミュージカル女優のキアラ・セトル。主人公P.T.バーナム役を務めるヒュー・ジャックマンは本作のオープニング楽曲「The Greatest Show」を含め5曲に参加している。ほか、ザック・エフロン、ミシェル・ウィリアムズら豪華キャストがエモーショナルな歌声を披露。

詳細ページ:https://wmg.jp/artist/greatest-showman/

2018/02/08-14:35:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...