『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』

前作『新世紀(ライジング)』から2年。愛する者を失ったシーザーと彼の抹殺をもくろむ人類。極限の怒りと葛藤のドラマが交錯するとき、猿と人類の“人間性”をかけた“聖戦”が始まる。予期せぬ“人類の退化”と想像を超える衝撃のクライマックス。いよいよ地球は猿の惑星へ! 世界の運命が変わる歴史的瞬間を目撃せよ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真高度な知能を得た猿たちの反乱、人類の文明崩壊、そして猿と人類の戦争という衝撃的なストーリーを描き、まさに全世界震撼の大反響を呼んだ『猿の惑星』シリーズ。『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続き、『聖戦記(グレート・ウォー)』と命名された最新作は、高度な知性と人間的な心を併せ持ち、人類との共存を望み続けていた主人公シーザーが、最愛の家族を失う衝撃的なシーンで幕を開ける。復讐の旅に出たシーザーと、彼の宿敵で軍隊を率いる大佐との種の存亡をかけた壮絶な物語が展開。地球の支配者が変わりゆく激動の歴史のうねりが、いよいよクライマックスを迎える。卓越したカリスマ性を持つシーザーが、リーダーとしての使命感と家族を奪われた復讐心の狭間で葛藤するドラマを核にした映像世界には、観る者の胸を締めつけるエモーションが息づく。
前2作に続いてシーザーを演じるのは、アンディ・サーキス。そのシーザーの前に立ちはだかる宿敵の大佐役には、2度のアカデミー賞ノミネートを誇る個性派の名優ウディ・ハレルソン。また、美少女アミア・ミラー扮する、新たに登場する謎めいた少女ノバの存在からも目が離せない。監督は前作に引き続き、マット・リーヴスが務める。
猿にとっても人類にとっても負けることのできない“聖なる戦い”。はたして地球の未来を切り開く“希望の地”へたどり着くのは猿か、それとも人類か。誰もが知っている結末の、誰も知らなかったドラマが遂に明かされる!

 

STORY

猿と人類が全面戦争になだれ込んでから2年後の世界。森の奥深くに秘密の砦を築いたシーザー(アンディ・サーキス)は、冷酷非情な大佐(ウディ・ハレルソン)の奇襲によって妻子を殺され、悲しみのどん底に突き落とされる。大勢の仲間を新天地へ向かわせ、復讐の旅に出たシーザーは、その道中に口のきけない謎めいた人間の少女ノバ(アミア・ミラー)と出会う。やがて大佐のアジトである巨大要塞にたどり着くシーザーだったが、復讐の念に囚われて我を見失った彼は絶体絶命の危機を招いてしまう。一方で、人類には予期せぬ退化の兆候が現れる……。シーザーが愛する仲間のために下した最後の決断とは? そして少女ノバがもたらすものとは――?

 

DATA

監督:マット・リーヴス
脚本:マット・リーヴス、マーク・ボンバック
製作:リック・ジャッファ、アマンダ・シルヴァー、ピーター・チャーニン、ディラン・クラーク
製作総指揮:メアリー・マクラグレン、ジェンノ・トッピング、マーク・ボンバック
撮影:マイケル・セレシン
音楽:マイケル・ジアッキーノ
出演:アンディ・サーキス、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン、カリン・コノヴァル、アミア・ミラー ほか
原題:War for the Planet of the Apes
2017年/アメリカ/140分
配給:20世紀フォックス映画
10月13日(金)より、全国ロードショー!
公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/saruwaku-g/

2017/10/06-14:45:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...