『セブン・シスターズ』

一人っ子政策を強いる超管理社会 vs. 頭脳と戦闘力を備えた一卵性七つ子姉妹。ジャンルも国も超えて活躍する唯一無二の女優ノオミ・ラパスが一人7役を“競演”! 誰も見たことがないリアルな近未来(ディストピア)で、人類の尊厳をかけた死闘が始まる。めくるめく鮮烈ビジュアルの連続で現代社会を挑発するSFアクションスリラー!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

社会は混乱し政府は厳格な「一人っ子政策」を実施する中、七つ子が生まれる。七つ子たちはそれぞれを月曜日から日曜日までに振り分け、7人で一人の人格をシェアし、政府の目を欺きながら生き延びるのだが……。映像化が実現していない優秀な脚本をランキングする「ブラックリスト」2010年版で上位に入った作品が改筆され、遂に映画化。
主演はスウェーデン映画『ミレニアム』3部作で世界の注目を浴び、ハリウッドデビュー後も1作ごとにキャリアを重ねる実力派女優ノオミ・ラパス。本作では、真面目な優等生、自由奔放なヒッピー、血気盛んな武闘派、反逆者、天才エンジニア、パーティーガール、慈愛に満ちた皆の仲裁役と、本来の個性はバラバラでありながら、自宅アパートの外ではやり手の銀行員カレン・セットマンとして生きる7姉妹の葛藤を自由自在に演じ分ける。主役をノオミ・ラパスに演じさせたいというトミー・ウィルコラ監督の強い要望をうけ、当初は7兄弟だった主人公の設定が女性に変更され、彼女の見事な一人7役の“競演”により、かつてなくパワフルでミステリアスな世界観が完成した。一方、過激な思想で世界の秩序を保とうとする政治家を演じるのは、『危険な情事』『アルバート氏の人生』のグレン・クローズ。姉妹にサバイバル能力を授ける祖父に『プラトーン』『スパイダーマン』のウィレム・デフォー。実力派俳優の競演は見応えありだ。
誰も見たことがないリアルな近未来(ディストピア)で、人類の尊厳をかけた死闘が今、始まる。めくるめく鮮烈ビジュアルの連続で現代社会を挑発するSFアクションスリラーが誕生した!

 

STORY

世界的な人口過多と飢饉による食糧不足から、厳格な一人っ子政策が敷かれた近未来。そこでは二人目以降の子供は児童分配局によって親から引き離され、枯渇した地球の資源が回復する日まで冷凍保存される。セットマン家の七つ子姉妹(ノオミ・ラパス)は、唯一の身寄りである祖父によって各曜日の名前を付けられ、それぞれ週1日ずつ外出して共通の人格を演じることで30歳まで生き延びてきた。しかしある夜、マンデー(月曜)が帰宅しなかったことで、姉妹の日常は狂い始める……。

 

DATA

監督:トミー・ウィルコラ
脚本:マックス・ボトキン、ケリー・ウィリアムソン
製作:ラファエラ・デ・ラウレンティス、フィリップ・ルスレ、ファブリス・ジャンフェルミ
製作総指揮:ティエリー・デミシェル、ガイ・ストーデル
撮影:ジョゼ・ダヴィッド・モンテロ
音楽:クリスチャン・ウィーバ
出演:ノオミ・ラパス、グレン・クローズ、ウィレム・デフォー、マーワン・ケンザリ、クリスチャン・ルーベック、ポール・スヴェーレ・ハーゲン ほか
原題:What Happened to Monday?
2016年/イギリス・アメリカ・フランス・ベルギー/123分
配給:コピアポア・フィルム
10月21日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー!
公式サイト:http://7-sisters.com

 

PRESENT

映画『セブン・シスターズ』の公開を記念して、完成披露試写会に25組50名様をご招待!
公開前に観賞するチャンス! 奮ってご応募ください!!

日時:10月4日(水) 18:30開場/19:00開映
会場:なかのZERO 大ホール(東京都中野区中野2-9-7)
上映時間:2時間3分

プレゼントの受付は終了しました!

応募締切:9月24日(日)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への招待状の発送をもってかえさせていただきます。
提供:コピアポア・フィルム

2017/09/04-13:00:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...