『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』

なけなしのお金をはたいて野良猫を助けたはずが、本当に救われたのは、ドン底生活のストリート・ミュージシャンだった。かけがえのない相棒となった二人は試練と困難を一つ一つ乗り越え、やがて思いもよらぬ“セカンド・チャンス”が訪れる――。『英国王のスピーチ』の製作陣が贈る、世界で一番心温まる奇跡の実話!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真ストリート・ミュージシャンとして日銭を稼いでいた、ホームレスの青年ジェームズ。薬物依存で親にも見放され、生きる希望も持てずにいた彼の前に突然現れたのが、一匹の茶トラの猫ボブだった。出会った瞬間から不思議とジェームズに懐いたボブは、彼に生きる希望とチャンスをもたらす。拾った猫に救われて、捨て鉢の人生が一変。まさに“猫の恩返し”とでも言いたくなる奇跡のストーリーだが、驚くことに実話なのだ。運命的に出会った“一人と一匹”の実話を描いた原作小説は全英で150万部を超えるベストセラーとなり、世界30カ国以上で出版され、続編と合わせて1,000万部超えの売上を記録。さらに、この物語は日本のテレビ番組でも「奇跡の猫ボブ 人生ドン底男ジェームズとのキズナ」として紹介され、大きな反響を呼んだ。
嬉しいことにボブ本人も劇中、ボブ役で多くのシーンに登場する。ジェームズの肩に乗って散歩したり、演奏中のギターの上でうっとりしたり、お得意のハイタッチを見せたり……。その姿は観る者を幾度もキュンキュンさせる愛らしさである。ジェームズ役には『タイタンの戦い』『アタック・ザ・ブロック』の英国美形俳優ルーク・トラッダウェイ。彼の薬物中毒治療をサポートするヴァルを『おみおくりの作法』や人気ドラマ「ダウントン・アビー 華麗なる英国貴族の館」でゴールデングローブ賞最優秀助演女優賞を受賞したジョアンヌ・フロガットが好演する。監督は『ターナー&フーチ/すてきな相棒』『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』『シックス・デイ』のベテラン、ロジャー・スポティスウッド。製作陣に『英国王のスピーチ』のポール・ブレット、ティム・スミス、『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』のダミアン・ジョーンズらが名を連ねる。劇中でジェームズの心の声を表現する楽曲の数々を書き下ろしたのは、元ノア・アンド・ザ・ホエールのチャーリー・フィンク。また、本作は2017年ナショナル・フィルム・アワーズUKで最優秀英国作品賞に輝いた。
野良猫を助けたつもりが、助けられたのは自分だった――。世界で一番心温まる奇跡の実話をもとにした珠玉の感動作。

 

STORY

ロンドンでプロのミュージシャンを目指すが夢破れ、家族にも見放されてホームレスとなった青年ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)。人生に目的も目標も持てないまま、薬物依存から抜け出すこともできず、まさにドン底の生活を送っていた彼のもとにある日、足にケガをした一匹の野良猫(ボブと命名)が迷い込んでくる。ジェームズが有り金すべてをはたいてボブを助けて以来、二人はどこへ行くにも一緒で、次第にその動向が世間の注目を集めるようになる。しかし、彼らの前に次々と試練と困難が立ちはだかり、ジェームズはボブのためにも、それらを一つ一つ乗り越え、やがて大きなチャンスが訪れることになり……。

 

DATA

★2017年ナショナル・フィルム・アワーズUK 最優秀英国作品賞受賞!
監督:ロジャー・スポティスウッド
脚本:ティム・ジョン、マリア・ネイション
原作:ジェームズ・ボーエン「ボブという名のストリート・キャット」(辰巳出版刊)
製作:アダム・ロルストン
製作総指揮:ポール・ブレット、ティム・スミス、ダミアン・ジョーンズ、ローラ・デイヴィソン、アンダース・エルデン、ジェームズ・スワーブリック、ブライン・オシェイ
撮影:ピーター・ウンストーフ
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダー
オリジナルソング:チャーリー・フィンク
出演:ルーク・トレッダウェイ、ボブ、ジョアンヌ・フロガット、ルタ・ゲドミンタス、アンソニー・ヘッド、キャロライン・グッドオール、ダレン・エヴァンス ほか
原題:A Street Cat Named Bob
2016年/イギリス/103分
配給:コムストック・グループ
8月26日(土)より、新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー!
公式サイト:http://bobthecat.jp


MUSIC

『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』オリジナル・サウンドトラック『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』オリジナル・サウンドトラック
発売中/ソニーミュージック
SICP-5399/¥2,400+税


iTunes


スコアを担当するのは『ダンシング・ヒーロー』『エリザベス』で英国アカデミー賞作曲賞を受賞し、『シャイン』『スライディング・ドア』『オーストラリア』『サンクタム』『レイルウェイ 運命の旅路』など数多くの映画音楽を手掛けるオーストラリアの実力派コンポーザー、デヴィッド・ハーシュフェルダー。また、劇中歌はUKのインディ・フォーク・バンド、ノア・アンド・ザ・ホエールのフロントマンだったチャーリー・フィンクのオリジナル曲。本作では、「Satellite Moments」「Somewhere on the Avenue (Life is Good)」「Don't Give Up」「You Need This in Your Life」を手掛け、そのシンプルで温かいメロディが観客の心にそっと寄り添う効果を生んでいる。

詳細ページ:http://www.sonymusic.co.jp/ilist/soundtrack/SICP-5399

 

PRESENT

映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の特製クリアファイル(A5サイズ)映画『ボブという名の猫 幸せのハイタッチ』の公開を記念して、特製クリアファイル(A5サイズ)を抽選で5名様にプレゼント!
奮ってご応募ください!!



応募締切:9月24日(日)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への賞品の発送をもってかえさせていただきます。
提供:コムストック・グループ

2017/08/18-16:50:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...