『カーズ/クロスロード』

夢の続きか、新たな人生か? “人生の岐路”(クロスロード)に立たされるマックィーン。ディズニー/ピクサー史上最大の衝撃。“大人「カーズ」”はこの夏、最も心温かく衝撃的なラストへ――。仲間と描く“夢”そして主人公の“最後の決断”は号泣必死。リアルなドラマとリアルなレースシーンで魅せる感動のアクション・アドベンチャー。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真全米アニメーション史上歴代No.1興行収入を記録するなど、世界中で大ヒットした『ファインディング・ドリー』に続き、ディズニー/ピクサーが贈る待望の最新作。それは、“クルマの世界”を舞台にした圧倒的なスケールのアクションと、人間よりも人間らしいキャラクターによる“人生の岐路”(クロスロード)と仲間との絆のドラマを描いた、感動のアドベンチャー『カーズ/クロスロード』だ。
主人公は、ディズニー/ピクサーのキャラクターの中でウッディやニモに劣らぬ人気を誇る、天才レーサー、ライトニング・マックィーン。シリーズ1作目の『カーズ』で自信過剰な新人レーサーだった彼は、仲間との絆の素晴らしさに触れて、本当に大切なものに気付いていった。そんな仲間の期待に応えながら、これまでマックィーンは“スター”として第一線を走り続けてきたのだ。しかし本作では、ベテランレーサーになりつつある彼が人生最大の挫折を経験し、「周囲の期待に応えるため再起をかけて走り続けるのか、それとも全く異なる新たな道を選ぶのか?」という決断を迫られることになる……。「カーズ」の“生みの親”であり、今回から製作総指揮となったジョン・ラセターから監督のバトンを受け継いだのは、シリーズにストーリーボート・アーティストとして携わってきたブライアン・フィー。
マックィーンは、大親友のメーターや、恋人のサリー、そしてトレーナーとして彼の復帰をサポートする新たな相棒クルーズたち仲間に支えられながら自分の進むべき道を選択する。その姿に、険しい道を行くマックィーンと同じように、人生の大きな分岐点に立たされている多くの大人たちは心に突き刺さること必至だ。さらに、マックィーンが選んだ心温かく衝撃的なラストはすべての人の琴線に触れ、仕事を頑張り過ぎてしまう人や、抱き続けてきた夢を押し込めてしまった人など、“人生を走り続けてしまう大人”が大号泣間違いなしとなっている。
「いったい自分はいつまで走り続けるのか?」――誰もが直面する人生の大きな壁や、思いがけない挫折、そしてその先に見えてくる新たな道。この夏、あなたはマックィーンとともに自らの運命を左右する“人生の決断”を迫られる。

 

STORY

華々しく活躍してきた天才レーサー、マックィーンは、これからも走り続けると信じていた。しかし彼を待ち受けていたのは、最新テクノロジーを限界まで追求したストームをはじめとする新たな世代の台頭と、レース人生を揺るがす衝撃的な大クラッシュだった。夢の続きか、それとも新たな道か? 思いがけない挫折を経験したマックィーンは、メーターたち仲間に支えられ、新たな相棒クルーズとともに“人生の岐路”(クロスロード)に立ち、運命の決断を迫られる。

 

DATA

監督:ブライアン・フィー
脚本:ボブ・ピーターソン
製作:ケヴィン・レハー
製作総指揮:ジョン・ラセター
音楽:ランディ・ニューマン
日本版エンドソング:奥田民生「エンジン」(ラーメンカレーミュージックレコード)
声の出演:オーウェン・ウィルソン、クリステラ・アロンツォ、アーミー・ハマー、ネイサン・フィリオン、クリス・クーパー、ケリー・ワシントン、リー・デラリア ほか
日本語吹替版 声の出演:土田大、松岡茉優、藤森慎吾、戸田恵子、赤坂泰彦、福澤朗、山口智充 ほか
原題:Cars 3
2017年/アメリカ/109分
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
大ヒット上映中!
公式サイト:www.Disney.jp/Cars-CR

 

MUSIC

『カーズ/クロスロード』オリジナル・サウンドトラック『カーズ/クロスロード』オリジナル・サウンドトラック
発売中/ウォルト・ディズニー・レコード
AVCW-63224/¥2,500+税


iTunes


音楽を手がけるのは、『モンスターズ・インク』の主題歌「君がいないと」でアカデミー賞歌曲賞を受賞した、アメリカを代表するソングライター、ランディ・ニューマン。『レナードの朝』『カラー・オブ・ハート』『シービスケット』といった名作映画のほか、『トイ・ストーリー』シリーズや『バグズ・ライフ』などのディズニー/ピクサー作品に数多くの楽曲を提供している名匠が、『カーズ/クロスロード』の世界をドラマティックに彩る。
日本版エンドソングには、本作のために奥田民生が新曲「エンジン」を書き下ろした。3作目となる『カーズ』は“クロスロード”という邦題がつき、“人生の岐路”がテーマとなる。これまでのファミリー層だけでなく、40代、50代の層も狙ったストーリーとなり、奥田民生の楽曲との相性はばっちり! 広大な大地を走る疾走感、奥田節が冴える骨太ロックの仕上がりなのに、なぜか泣ける、そんな名曲だ。

詳細ページ:http://www.disney.co.jp/music/soundtrack/AVCW-63224.html

 

PRESENT

映画『カーズ/クロスロード』の特製ノート映画『カーズ/クロスロード』の大ヒットを記念して、特製ノートを抽選で2名様にプレゼント!
奮ってご応募ください!!

プレゼントの受付は終了しました!

応募締切:8月27日(日)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への賞品の発送をもってかえさせていただきます。
提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン

2017/07/31-12:20:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...