『君の膵臓をたべたい』

「たべていいよ」とまどう僕に、あの日の君が微笑む。あのとき、君に伝えたかった想いと、君が伝えたかった想い――。一生をかけて一瞬をともに生きた君と僕との記憶の宝探しがいま、はじまる。累計180万部突破のベストセラー小説「君の膵臓をたべたい」が映画化! ラスト、きっとこのタイトルに涙する。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真2015年6月の発売以来、刺激的なタイトルからは想像もできない物語の美しさと展開に、若い女性層を中心に“泣ける小説”として口コミが広がり、2016年本屋大賞第2位、Yahoo!検索大賞2016小説部門賞受賞など、瞬く間にベストセラーとなった住野よるのデビュー小説「君の膵臓をたべたい」(=“キミスイ”)が、ついに実写映画化。
重い膵臓の病を患うヒロイン・山内桜良には、ドラマ「咲-Saki-」で初主演、『映画 妖怪ウォッチ 空飛ぶクジラとダブル世界の大冒険だニャン!』でもヒロインを務めた浜辺美波。桜良の病気を唯一知ることになるクラスメイトの【僕】役には、ダンスロックバンド「DISH//」のメンバーで、ドラマ「ゆとりですがなにか」「仰げば尊し」と出演作が続く北村匠海。これからの活動に目が離せないフレッシュなふたりが、儚くも美しい高校時代を瑞々しく演じる。更に映画では、原作には無い12年後の≪現在≫が描かれ、≪過去≫と≪現在≫のふたつの時間軸が交錯しながら物語が進んでいく。そんな≪現在≫パートで教師となった【僕】に小栗旬、桜良の親友・恭子を北川景子が演じ、物語を大きく揺り動かす。
監督は『黒崎くんの言いなりになんてならない』『君と100回目の恋』などの新鋭・月川翔。脚本は『ホットロード』『アオハライド』『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』など青春映画を多く手がける吉田智子。また、主題歌はMr.Childrenが新曲「himawari」を描き下ろし、心を揺さぶる情感あふれるメロディが感動のラストを彩る。
この夏、“2017年、最も心に響く感動作”が誕生した。誰もが想像できない結末と、タイトルに隠された本当の意味を知ったとき、あなたはきっと涙する――。

 

STORY

高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく――。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子(北川景子)もまた、【僕】と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた。そして、あることをきっかけに、ふたりは桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る……。

 

DATA

監督:月川翔
脚本:吉田智子
原作:住野よる「君の膵臓をたべたい」(双葉社刊)
製作:市川南
エグゼクティブ・プロデューサー:山内章弘、上田太地
撮影:柳田裕男
音楽:松谷卓
追加編曲:伊藤ゴロー
主題歌:Mr.Children「himawari」(TOY'S FACTORY)
出演:浜辺美波、北村匠海、大友花恋、矢本悠馬、桜田通、森下大地、上地雄輔、北川景子、小栗旬 ほか
2017年/日本/115分
配給:東宝
7月28日(金)より、全国東宝系にてロードショー!
公式サイト:http://kimisui.jp

 

MUSIC

「himawari」Mr.Children「himawari」Mr.Children
7月26日(水)発売/TOY'S FACTORY
【初回生産限定盤(CD+DVD)】TFCC-89627/¥1,648+税

【通常盤(CD)】TFCC-89628/¥1,389+税


主題歌はMr.Childrenによる描き下ろし「himawari」。本作に寄り添うような楽曲へと仕上がっており、【僕】から桜良に宛てたアンサーソングのように、物語の最後を締めくくる。エモーショナルで、Mr.Childrenらしい優しさを帯びた楽曲は、いまを生きるすべての人々の心を揺さぶることだろう。
今回のコラボは、小栗旬演じる【僕】が、いま何を想っているのか、どう過去をふり返るのか、それを歌で表現するとしたら、どの世代も共感できるアーティストは誰なのか……と思案した制作陣が、Mr.Childrenへ真っ先に連絡したことがきっかけ。そのオファーをMr.Childrenが快諾したことにより、このコラボが実現した。

■桜井和寿(Mr.Children)コメント
この物語の中にある苦しい程の美しさ、強さ、優しさ、残酷さ。それらを包み込みながらも更に拡がりを持って押し出していける、そんな音を探して探して、やっとのこと辿り着いた曲は、自分の想像を超え、また新しい力を与えてくれるものでした。この映画に、物語に感謝です。

Mr.Childrenオフィシャルサイト:http://www.mrchildren.jp

2017/07/18-10:44:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...