『22年目の告白-私が殺人犯です-』

「はじめまして、私が殺人犯です」 時効を迎えた連続殺人事件。その男は、突然現れた――。“美しきクズ”藤原竜也ד全てを失った刑事”伊藤英明。全国民を魅了する、絶対に捕まえられない殺人犯の目的は……? 事件はここから始まる。ふたりの激突が未知なる領域を切り開く、新感覚サスペンスエンターテインメント大作!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真「はじめまして、私が殺人犯です」 その男は、突然現れた。華々しくフラッシュを浴びて――。時効が成立し、誰にも捕まえられないその男の、あってはならない殺人の告白が、日本中を釘づけにし、狂わせていく!
美しき殺人犯・曾根崎を演じるのは、日本屈指の演技派俳優、藤原竜也。これまでにも幾多の個性的なキャラクターを快演し、『デスノート』『藁の楯』『るろうに剣心』『僕だけがいない街』など数々の作品を大ヒットに導いてきた演技派が、史上最悪のクズ(殺人犯)を演じきる。対して、22年前に逮捕寸前まで犯人を追い詰めながらも取り逃がした刑事・牧村には、「海猿」シリーズなどで正義の熱血漢を演じる一方、『悪の教典』では猟奇的殺人犯を熱演し、幅広い役柄で異なる顔を見せ続ける本格派俳優、伊藤英明。ふたりの本気の激突が見逃せない。
また、それぞれに心の傷を負った被害者遺族に、夏帆、岩松了、岩城滉一らが顔をそろえ、曾根崎の命を狙う刺客に早乙女太一、牧村の先輩刑事に平田満、事件を追うジャーナリストに仲村トオルら実力派が集結。さらに、22年前の事件に巻き込まれる、牧村の妹・里香役の石橋杏奈、その恋人役の野村周平、牧村の後輩刑事に竜星涼ら若手俳優が競演する。
原作となった韓国映画『Confession of Murder(日本タイトル:殺人の告白)』を大胆に脚色し、日本オリジナルのストーリーを書き上げたのは平田研也。監督は『SR サイタマノラッパー』『ジョーカー・ゲーム』の入江悠(脚本も担当)。国内外から高い評価を受ける新進気鋭の才能が、豪華俳優陣をまとめ上げ、サスペンスの未知なる領域を切り開く。
日本中が見守る告白の行方は? 先の読めない結末に向かって、新たな事件が動き出す! あなたは、その衝撃に裏切られる――。

 

STORY

かつて5人の命が奪われ、未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件。その犯人が、事件から22年後、突然自ら名乗り出た。会見場に現れたのは、自身の告白本を手に、不敵な笑みを浮かべる曾根崎雅人(藤原竜也)という男だった。顔をさらし、肉声で殺人を告白する曾根崎の登場にネットは熱狂! 賛否両論をまき散らしながら本はベストセラーに。それだけでは終わらない。マスコミを連れての被害者遺族への謝罪、22年前の事件によってすべてを失った刑事・牧村航(伊藤英明)への挑発、そして、サイン会まで。そのすべてがあらゆるメディアを通じて発信され、SNSで拡散されていく。それは、日本中を巻き込んだ新たな事件の始まりだった……。

 

DATA

監督:入江悠
脚本:平田研也、入江悠
製作:北島直明、小出真佐樹
製作総指揮:門屋大輔、安藤親広
撮影:今井孝博
音楽:横山克
主題歌:感覚ピエロ「疑問疑答」(JIJI RECORDS)
出演:藤原竜也、伊藤英明、夏帆、野村周平、石橋杏奈、竜星涼、早乙女太一、平田満、岩松了、岩城滉一、仲村トオル ほか
2017年/日本/117分
配給:ワーナー・ブラザース映画
大ヒット上映中!
公式サイト:www.22-kokuhaku.jp
 

 


PRESENT

映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の特製ノート映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』の大ヒットを記念して、特製ノートを抽選で3名様にプレゼント!
奮ってご応募ください!!
※ノートはお一人様1冊となります。種類はお選びいただけませんので、ご了承ください。

プレゼントの受付は終了しました!

応募締切:7月17日(月・祝)受付分まで有効。
当選発表:厳正な抽選の上、当選者への賞品の発送をもってかえさせていただきます。
提供:ワーナー・ブラザース映画

2017/06/20-17:11:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...