チームしゃちほこ

メンバー全員がJKを卒業する5周年。チームしゃちほこ、5人になっての1枚目のALBUM「おわりとはじまり」がリリース!スペシャルインタビューもあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

チームしゃちほこ

PICK UP DISC

これまでの “チームしゃちほこ” の終焉。
小さな名古屋嬢5人は、尾張-終わり-から、再び始まる。
新生チームしゃちほこの“産声”が詰まったアルバム。
終わりの次には必ず、はじまりがある。


チームしゃちほこ 2nd ALBUM『おわりとはじまり』初回限定盤A
初回限定盤A
チームしゃちほこ 2nd ALBUM『おわりとはじまり』初回限定盤B
初回限定盤B
チームしゃちほこ 2nd ALBUM『おわりとはじまり』通常盤
通常盤
チームしゃちほこ
2nd ALBUM『おわりとはじまり』

2017年2月22日(水) 発売
※初回限定盤A・B デジパック&透明ケース仕様

【初回限定盤A】(CD+Bru-ray)
WPZL-31264/65 ¥4,500(本体価格)+税

【初回限定盤B】(2CD)
WPCL-12511/12 ¥3,500(本体価格)+税

【通常盤】(CD)
WPCL-12510 ¥3,000(本体価格)+税


<CD収録曲>通常盤・初回限定盤A・初回限定盤B Disc1共通
M1. プロフェッショナル思春期
作詞:小川貴史 作曲:浅野尚志、SAKRA 編曲:シライシ紗トリ
M2. START
作詞・作曲:田邊駿一 編曲:BLUE ENCOUNT
M3. 完全満足NGY
作詞・作曲:浅野尚志 編曲:浅野尚志
M4. シャンプーハット (おわりとはじまり ver.)
作詞・作曲:川谷絵音 編曲:CMJK
M5. ロードムービー
作詞・作曲:浅野尚志 編曲:浅野尚志
M6. Chérie!
作詞・作曲:SAKRA 編曲:CMJK
M7. 天才バカボン (おわりとはじまり ver.)
作詞:東京ムービー企画部 作曲:渡辺岳夫 編曲:CMJK
M8. Kissy-麺
作詞・作曲:大内正徳 編曲:大内正徳
M9. 夢でもいいの
作詞・作曲:SAKRA 編曲:CMJK
M10. ワタシノユウキ
作詞:MICRO 作曲:藤本和則、MICRO 編曲:藤本和則
M11. パレードは夜空を翔ける
作詞:youth case、小川貴史 作曲:youth case 編曲:youth case、北川暁
M12. ULTRA 超 MIRACLE SUPER VERY POWER BALL
作詞・作曲:浅野尚志 編曲:浅野尚志
M13. なくしもの
作詞:高橋優 作曲:高橋優 編曲:池窪浩一、高橋優

<初回限定盤A Blu-ray収録内容>
ROAD to 笠寺 ~4年間の軌跡と5年目の奇跡~<完全版>
(内容:彼女たちの、これまでとこれからを映し出したドキュメンタリー映像完全版)

<初回限定盤B Disc2収録内容>
M1. おっとりガールの憂鬱
M2. ベイビーミソカツ
M3. ら・ら・ら・アイドル
M4. 泣いてなんかいないよ
M5. 小さな夜のうた
M6. 翼を授けてグローリア
M7. レディオにおねがい
M8. 秘密のセレナーデ

【アルバム特典】
①<封入施策>
初回限定盤A+初回限定盤B購入者対象⇒2ショット撮影会
通常盤(初回プレス仕様)購入者対象⇒個別握手会
封入されている用紙のシリアルナンバーにて応募、詳しい参加方法は追ってお知らせ致します。

【日程】※詳細な時間や会場などは追ってお知らせいたします。
3/11(土)名古屋会場:2ショット撮影会+個別握手会
3/12(日)大阪会場:2ショット撮影会+個別握手会
3/25(土)東京会場:2ショット撮影会
3/26(日)東京会場:個別握手会

②<チェーン特典>
チームしゃちほこ 2nd ALBUM『おわりとはじまり』チェーン特典

TSUTAYA:オリジナル撮り下ろしB2ポスター
タワーレコード:オリジナル撮り下ろしB2ポスター
Loppi・HMV:オリジナル撮り下ろしB2ポスター
ワーナーミュージックダイレクト:オリジナルB2ポスター
サポート店(上記のチェーン以外):B2ポスター
※特典はなくなり次第終了となります。ご予約・ご購入前に各店で予めご確認ください。

詳しくはアルバム「おわりとはじまり」特設サイトをご確認ください。
http://sp.wmg.jp/syachi/owahaji/

【配信情報】
iTunes Store アルバム「おわりとはじまり」プレオーダーURL&「パレードは夜空を翔ける」ダウンロードURL


レコチョク「パレードは夜空を翔ける」ダウンロードURL
http://recochoku.jp/song/S1004082795/

 

VIDEO




 

SPECIAL INTERVIEW




-- 2016年は路上デビュー5年目”VICTORY YEAR”ということで、幕張メッセ2daysや日本武道館公演、さらに11⽉には初の横浜アリーナ公演を成功させてきましたね。

咲良菜緒:めちゃめちゃ怒涛の一年で早かったです。いつもなら大体次の季節の大箱を発表してということが多かったけど、今回は一年のスケジュールが一気に発表されたので、終わってもまだ先の先の先があるって思いながら、ここまで走ってきて。でも、次が最後だから・・・変な感じ(笑)。

-- 3月、愛知県・日本ガイシホールでのワンマンが最後だと思うと寂しくないですか?

秋本帆華大黒柚姫:寂しい~。

咲良菜緒:なんか、未来がない感じがヤバイ(笑)。

秋本帆華:でも、一応次のツアーが発表になっているからね♡

大黒柚姫:ツアーなかったらヤバイよね。

咲良菜緒:終わったって、抜け殻になっちゃうかも(笑)。

伊藤千由李:もうガイシだと思うと感慨深いよね。でも、ガイシのステージはメンバーの意見も沢山取り入れてもらっているので、みんなには楽しみにして欲しいです~。

咲良菜緒:
『おわりとはじまり』というアルバムのタイトル通り、これまでの集大成だけというのとはちょっと違うので。アルバムが発売されてからのガイシだから、色々と新しい面を見て欲しいし、フィニッシュ感というよりはじまり感が強いのかなって。

-- ガイシでは「人間50年アイドル5年」の口上も最後になるんですよね。

秋本帆華:でも、デビュー当時は5年も続くなんて思っていなかったね。

坂本遥奈:だから3年位経った時に、後2年か~って(笑)。

大黒柚姫:折り返し?とか思っていたよね(笑)。

秋本帆華:でもなんかもったいないね~。次はなんて言おうか・・・

坂本遥奈:いつもライブの出囃子で「人間50年アイドル5年」って流れて、それを聴くといつも・・・

伊藤千由李:ライブが始まるって思っていたから。

秋本帆華:なくなっちゃうのか~。寂しいね。

坂本遥奈:だから、どうなっちゃうんだろうね?

-- ガイシの出囃子で泣いちゃうファンもいるかもしれないですね。

秋本帆華:いるかもしれないね。最後が来たって・・・ね。

坂本遥奈:でも、このタイミングで良かった気がしない?アルバムも発売されるし、”VICTORY YEAR”の締めくくりでもあるから。中途半端な時期じゃなくて良かったなって。

大黒柚姫:そうだね~。

-- そしてガイシが終わると、ついにしゃちほこも2ndシーズンへと突入ですね。

咲良菜緒:2ndシーズンは先ず書体が違うんですよ(笑)。アルバムの特設サイトとかを見てもらうと分かるんですけど、字が綺麗でPOPじゃない(笑)。

秋本帆華:確かに~!今までは黄色とか水色だったのが。

坂本遥奈:黒と白になってる!

咲良菜緒:文字も大人っぽいし。わかるかな~(笑)?

坂本遥奈:確かに!サイトの文字も綺麗で見やすいしね!

秋本帆華:スッキリしている!

-- (笑)。そしてアルバムタイトルの『おわりとはじまり』ではないですが、ここから始まるしゃちほこの新しい夢は?

秋本帆華:元々わたしたち、名古屋名物になるという夢があったんですよ。名古屋に来たらういろう買って、ひつまぶし食べて、しゃちのライブに行くって言う。だから、マネージャーさんも店長って呼んだりしていたんですけど。

坂本遥奈:最初はお土産さんみたいな設定だったんだよね。だからwebサイトやプロフィールもお土産屋さんをモチーフにして。

-- ・・・そこは全然気づいていませんでした。

秋本帆華:あんまり言ってなかったんだよね。

伊藤千由李:うん、だからあまり伝わってないのかなって。

秋本帆華:だから、その原点に戻るというか、手羽先、味噌カツ、エビフライにつぐ名古屋名物になりたいなって♪

-- それは良いですね!改めて名古屋のチームしゃちほことして、これからも輝いていって欲しいです!では、今回リリースされる2ndALBUM『おわりとはじまり』についてお伺いさせて下さい。タイトルにもなっている『おわりとはじまり』ですが、みなさんがこのタイトルを聞いて思ったことは?

坂本遥奈:今回のタイトル、「尾張」=「終わり」から「始まる」って気持ちはみんなあるんだけど、それを改めてタイトルにして文字で見たときには、やっぱり色々なことを意識したし・・・でも、分かりやすくて良いなって思いました。

咲良菜緒:曲も、今までは「世界の人気者になってスターになるんだ!」って、すごいBIGな夢を抱いている超強気で明るい感じだったんですけど、今回のアルバムからはそういう一面だけでなく、明るさも残しながら、大人の一面も少しずつだけど出しているのかなって。

-- 確かに!今回のアルバムを聴かせてもらうと、やっぱり今の年齢だからこそ歌える曲と言うのも増えて来たんだなって思いますね。では収録曲の中で、みなさんお気に入りの一曲を教えて下さい。

大黒柚姫:わたしは「プロフェッショナル思春期」です。最初の「○○続けるよ」のパートは、今までのチームしゃちほこの5年間を表していて、「目を閉じれば微かに」からは、これから6年目を迎えるわたしたちのことを歌っていて、1曲の中で「おわりとはじまり」を表現しているんです。後、ちっちゃいことなんですけど、「愛を知るたび強くなる」というパート、これは愛知なんですよ(笑)。だから名古屋感もちょっとだけど入っているし、「おわりとはじまり」って感じもするし、メンバーそれぞれが歌うパートは一人一人の個性も出ているので、すごい好きです。

秋本帆華:う~ん、日によって違うんですけど、今日の気分は「ワタシノユウキ」で。これは名古屋でわたしたちをとても可愛がってくれているHOME MADE 家族のMICROさんが作ってくれたんですけど、歌詞は本当にストレート過ぎて最高って言う感じで。パッと見た感じだと、家族や両親に対してのありがとうの気持ちを歌詞にしているって思うかもしれないですけど、実際の対象はしゃちほこを好きでいてくれるファンの方や、スタッフさん、メンバー、みんなにあてはまるし。後、わたしたちははる(坂本遥奈)を除いて今年みんな成人するんですよ。だから改めて親への感謝の気持ちもこの曲を通して伝えられたら良いなって思っています。

-- お気に入りの歌詞とかありますか?

秋本帆華:「嬉しいことがあった日 ⼀番に伝えたい 自分のことのように 喜んでくれる二人」ってところは、もう「そう、そう、そう!」って(笑)。ここは誰が聴いても共感してくれるんじゃないかと思います。

-- 伊藤さんは?

伊藤千由李:わたしは「ロードムービー」なんですけど、これこそさっきなお(咲良菜緒)が言っていたみたいに、この年だから歌えるようになった曲で。「ロードムービー」はいつもしゃちに楽曲を提供してくれる浅野君が作ったんですけど、いつもの激しい感じとは違うし、こんな可愛くてすごいピュアな感じの恋愛ものは今までなかったし、しゃちの曲でもこういうのは新しいなって。

-- お気に入りの歌詞とかありますか?

伊藤千由李:この一番最初のサビ※が印象的で「なんか可愛い~♡」って思った。だって「シャボン⽟みたいな君」とかって、言われたいな~って(笑)。

※シャボン⽟みたいな君は ふわふわ遠くで揺れてる ⼿を伸ばして触れたいけど 弾けて消えてしまいそう あと⼀歩を踏み出す 勇気がほしい

-- 坂本さんはいかがですか?

坂本遥奈:「なくしもの」は、本当にこれこそ今までのしゃちでは歌えなかった曲で。いつもは歌とダンスがセットでしゃちって感じなんですけど、この曲は振りが無いので、歌だけに全身全霊を込めているんですよ!だからTV収録の際、モニター越しの自分達を見た時に、「え~!しゃちほこじゃない!」って本気で思いました。大人になったっていうか、今まではこんな選択肢は無かったし、こういう風に歌を歌うだけでも良いんだって。後、今回はレーベルメイトでもある(高橋)優兄さんに曲を作っていただいて、優兄さんも「僕にとって大切な仲間であるチームしゃちほこに、この楽曲を唄ってもらえることをとても誇らしく思います。」って言って下さって。わたしたちも優兄さんに曲を作ってもらえるなんて思ってもいなかったから、本当に嬉しかったです。

咲良菜緒:わたしは「完全満足NGY」で、歌詞は名古屋の名物や魅力をただひたすら並べている、ノリノリな感じの曲なんですけど、今回は浅野君と改めて「名古屋ソング」をテーマにタッグ組んだので、更にみんながノリやすく楽しい曲になっていて。後、手羽先を揚げる音とかお遊び要素も沢山入っていますし、今回ギターでGLAY のHISASHIさんがゲスト参加してくれているんですよ。

-- HISASHIさんってすごいですね!

咲良菜緒:すごいですよね!本当に感動したし、嬉しかったです!しかもこの曲はギターがめちゃくちゃ目立つ曲なので、いつも「HISASHIさん~♡」ってなりながら聴いています。

-- 後、今回アルバムのリード曲にもなっている「START」はいかがですか?

秋本帆華:BLUE ENCOUNTさんが楽曲を提供するのが初めてだったみたいで。そういうのも嬉しかったし、ブルエンさんってライブ中に泣いちゃうくらい熱いグループじゃないですか?そういう気持ちってしゃちにもあるし、そういう人たちに曲を作ってもらえたのが何よりも嬉しかったし、しゃちにも合っているなって思いました。

咲良菜緒:この曲は歌詞のメッセージ性もすごいので、そこは聴き逃さないで欲しいです。

坂本遥奈:後、この前MVを撮影したんですけど、『おわりとはじまり』ということもそうですし、タイトルの通り、過去の自分と向き合って、ここから新しいしゃちが始まるというテーマにもなっているんですよ。だから最初は全員黒の衣装を着て、葛藤したり、泣いたりしているんですけど、途中からは衣装も変えて新しい自分たちが「START」するっていう。

大黒柚姫:今まではおもしろ要素の入ったMVが多かったんですけど、今回は面白要素一切なしで。

伊藤千由李:「カッコイイ~」ってね。

大黒柚姫:後、ファンの人にスタジオまで来てもらって一緒に撮影したりしたしね。

伊藤千由李:他にもダンスシーンがあるんですけど、わたしたちが円になって踊っていて。その周りをカメラが終わらないメビウスの輪のようにずっとぐるぐる周っているんですけど、それはアルバムタイトルにかけていて『おわりとはじまり』を表現しています。

-- また初回限定盤Aには「ROAD to 笠寺 ~4年間の軌跡と5年目の奇跡~<完全版>」のBlu-rayが収録されています。

大黒柚姫:これはわたしたちがデビューした2012年の4月7日からのドキュメンタリーなんですけど、今回はTVで放送して頂いたものに加え、優兄さんの作ってくださった「なくしもの」のレコーディング風景まで収録されているので、本当にこの5年間を余すことなく2時間半にまとめた作品になっています。だから、今からしゃちを知る人はこれを見てもらえれば全部わかるし、今までずっと応援して来てくれたファンの方はこれを見て懐かしい気持ちになってくれたらなって思います。

-- そして初回限定盤Bにはソロ曲とユニット曲が収録されています。

秋本帆華:「おっとりガールの憂鬱」って、いつ出したっけ?

大黒柚姫:2013年?

秋本帆華:じゃあ2013年のわたしの声が入っています(笑)。

-- その当時っていくつですか?

秋本帆華:4年前???高1だわ~。

-- じゃあ今と昔の声を聴き比べるのも良いかもしれないですね!

大黒柚姫:みんなの個性や性格が反映されている曲がソロには多いから、しゃちの曲と比べても面白いと思います!

-- そして、路上デビュー記念日の2017年4月7日(金)より、全国12箇所20公演をまわる過去最大規模のALBUMツアーが開催されます!

坂本遥奈:今回は初めて行く場所も多いですし、地元の学生さん用に学割も用意したので、たくさん来てほしいですね!

大黒柚姫:4月7日っていう、わたしたちのデビュー日、しかも地元の名古屋から始まるので気合入れていますし、是非皆さん遊びに来てください。

-- 最後にファンの方へ一言メッセージをお願いします!

坂本遥奈:この1年間”VICTORY YEAR”でガイシを目指して来たんですけど、本当に色々あったんですよ。まずはその集大成としてのガイシが3月にありますし、出来たらこのアルバムに付いているドキュメンタリーを見てから来てもらえると、より感動が増すと思いますので、みなさん是非遊びに来てください!

秋本帆華:『おわりとはじまり』は、かわいい曲、かっこいい曲、聴かせる曲、色々な曲が入っていますし、色々な表情のしゃちが見れるので、これを50リピートしてもらって、そしたら・・・・なんだろうな???良いと思います(笑)!

咲良菜緒:このアルバムを聴いてガイシに来てもらえたら絶対楽しめると思うので、皆さん遊びに来て下さい!

伊藤千由李:ガイシは結成当時からの夢だったし、すごいライブにするから絶対に来て欲しいなと思うし、その後もしゃちほことしては初めてのアルバム・ツアーも控えているので、みんなで楽しめたらなと思います。

大黒柚姫:ガイシはデビュー当時から目標にしていた場所だし、これまでの集大成でもあるし、6年目の始まりになる場所なので、今まで、5年間自分たちが身に着けて来たこととか、頑張って来たことを、このガイシホールで出してファンの人を魅了出来たらなと思うので、是非来てください!

-- ありがとうございました!

(文:篠原 友)

 

LIVE INFORMATION

【VICTORY YEAR ROAD to 笠寺 公演情報】
2017年3月21日(火) 会場:愛知県・日本ガイシホール

【チームしゃちほこSPRING TOUR2017 おわりとはじまり~#ナゴヤの大逆襲~】
【日程 / 会場】
2017年4月07日(金)愛知県:Zepp Nagoya
2017年4月15日(土)沖縄県:ナムラホール
2017年4月30日(日)石川県:金沢 EIGHT HALL
2017年5月04日(木祝)福岡県:DRUM LOGOS
2017年5月05日(金祝)広島県:club QUATTRO
2017年5月07日(日)愛媛県:WstudioRED
2017年5月13日(土)長野県:club JUNK BOX
2017年5月14日(日)新潟県:LOTS
2017年5月28日(日)北海道:PENNY LANE 24
2017年6月10日(土)宮城県:Rensa
2017年6月18日(日)大阪府:Zepp Namba
2017年7月01日(土)東京都:新木場 STUDIO COAST
2017年7月23日(日)愛知県:Zepp Nagoya

【チケット】
●1Fスタンディング ¥4,500(税込・入場時別途ドリンク代)
●2F指定席 ¥5,000(税込・入場時別途ドリンク代)
●地元学生応援チケット ¥2,500(税込・入場時別途ドリンク代)
●ファミリー席 ¥4,000(税込・入場時別途ドリンク代)
●<FC限定>グリーティング付 Eチケット ¥10,000(税込・1ドリンク付・レプリカスタッフパス付)

◎チームしゃちほこSPRING TOUR2017
http://syachilive.jp

 

PROFILE

チームしゃちほこ

名古屋発スターダスト芸能3部所属のアイドルグループ。2012年4月に名古屋城にて路上デビュー。2013年6月19日「⾸都移転計画」で日本先行メジャーデビューを果たし、iTunes J-POP チャートとメキシコチャートでデイリー1位を獲得。2014年5月3rd Sg「いいくらし」がオリコン初登場2位を記録、1st Al「ひまつぶし」は初登場3位を記録。8月28日には初の日本武道館公演を開催!2015年にはグラミー賞アーティストBasement Jaxxとコラボを果たし、楽曲提供も実現。8月には過去最大の野外単独公演「しゃちサマ2015」を愛知県・蒲郡ラグーナビーチにて開催し約5,000人を動員。路上デビュー5年⽬を控える2016年は、”VICTORY YEAR”を掲げ、⼆度⽬となる幕張メッセ2daysや武道館公演、さらに11月には初の横浜アリーナ公演を成功させた。4月リリースのシングル「Chérie!」は過去最⾼となるオリコンウイークリー2位を記録!
2017年3月には、結成当時からの⽬標であったガイシホールでのワンマンライブが決定している。

 

秋本 帆華(Honoka Akimoto)秋本 帆華(Honoka Akimoto)

カラーネーム:名古屋レッド
生年月日:1997年11月15日
出身:愛知県
趣味:読書(漫画)、スキューバダイビング
特技:水泳
好きな⾔葉:笑顔満開
あだ名:ほのか、ほーちゃん
咲良 菜緒(Nao Sakura)咲良 菜緒(Nao Sakura)

カラーネーム:マリッジブルー
生年月日:1997年9月10日
出身:愛知県
趣味:音楽、愛犬との戯れ
特技:コミュニケーション
好きな⾔葉:笑う⾨には福きたる、努力は実る
あだ名:なお、なぴ、なっぴー
大黒 柚姫(Yuzuki Oguro)大黒 柚姫(Yuzuki Oguro)

カラーネーム:むらさきパープル(仮)
生年月日:1997年7月18日
出身:愛知県
趣味:本を読むこと♪
特技:何を⾔われてもポジティブに脳内変換すること!!
好きな⾔葉:夢は必ず叶う!
あだ名:ゆずき
坂本 遥奈(Haruna Sakamoto)坂本 遥奈(Haruna Sakamoto)

カラーネーム:手羽先キミドリ
生年月日:1999年2月2日
出身:愛知県
趣味:お菓⼦作り、釣り、トランペット、JAZZ ダンス、HIPHOP ダンス
特技:すぐに歌を作れること
好きな⾔葉:だいすき、I♥DANCE、元気いっぱい
あだ名:ハル
伊藤 千由李(Chiyuri Ito)伊藤 千由李(Chiyuri Ito)

カラーネーム:ういろうイエロー
生年月日:1998年1月24日
出身:愛知県
趣味:ゴルフ、ギター
特技:表情筋を動かすこと、パンケーキを⾷べること
好きな⾔葉:ありがとう!、努力すれば夢は叶う
あだ名:ちゆ、カピ

 

LINK

■チームしゃちほこ オフィシャルサイト
http://team-syachihoko.jp
■公式Twitter
https://twitter.com/syachi_staff
■チームしゃちほこ YouTube公式ページ
https://www.youtube.com/syachihokoch

2017/02/22-11:25:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

チームしゃちほこの「START」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...