カノエラナ

カノエラナ「カノエ参上。」に続くメジャー2ndミニアルバム「カノエ上等。」がリリース!スペシャルインタビューもあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

カノエラナ

PICK UP DISC

独特な着眼点から生まれる歌詞と、ポップでロックなメロディーが融合した楽曲達が同世代のユーザーからの指示を集めている、カノエラナ「カノエ参上。」に続くメジャー2ndミニアルバム!
都会での新生活に向けての不安や希望を実体験をもとに書き上げた渾身の一曲であり、新上京人への応援歌「トーキョー」、” Twitter30秒弾き語り動画” 人気楽曲の1つでありバンドアレンジで初音源化された「おーい兄ちゃん」を含む全6 曲入り。メジャーデビューを経てさらに磨きのかかったワードセンスが光る歌詞と、浅野尚志氏全面プロデュースによるロックサウンドが融合したパワフルなアルバム。初回限定盤は初ワンマンツアー渋谷CLUB QUATTRO 公演のライブ映像を3曲収録したDVD付き。

カノエラナ 2nd mini album「カノエ上等。」初回限定盤
初回限定盤
カノエラナ 2nd mini album「カノエ上等。」通常盤
通常盤
カノエラナ
2nd mini album「カノエ上等。」

2017年2月15日発売

【初回限定盤】(CD+DVD)
¥2,000+税 WPZL-31266/7

【通常盤】(CD ONLY)
¥1,500+税 WPCL-12513


iTunes:


<CD収録曲>
1. トーキョー
2. おーい兄ちゃん
3. マネキネコ
4. ひとりかく恋慕
5. ピザまん
6. 恋とか愛とかそーいうの

<DVD収録内容>
2016年12月2日 カノエラナ 初ワンマンツアー 「とうめいはーん!!!さがすぜ勇者たち。~クアトロ城と呪われしヨリミツサーン~」 渋谷CLUB QUATTRO 公演ライブ映像
1. 恋する地縛霊
2. START
3. 夏の祭りのわっしょい歌

 

VIDEO




 

INTERVIEW




-- 2月15日に発売される2nd mini album「カノエ上等。」ですが、バリエーションにとんだ内容になっていますね!タイトルにもなっている「カノエ上等。」に込めた想いは?

カノエラナ:前回のアルバムは、初めてメジャーに参上しましたということで「カノエ参上。」になったんですけど、じゃあ「次はどうしようかなぁ?」ってなったときに、「よし!戦いましょう!」と(笑)。それでゴツイ感じのアルバムにしたいなぁと思って、色々と言葉を探していたときに、「上等」ってちょっとヤンキーっぽいし、かっこいい!ってなって、このタイトルになりました(笑)。それで、今回のアーティスト写真はちょっと目つきが悪いというか、「おらぁ!」みたいな感じになっているんです。

-- このタイトルの後に“。”が付いているのは、何故なんですか?

カノエラナ:これは「上等させて頂きます」という意味での“。”です。上等しますけど、そこまで「おらぁ!」みたいな感じではなく、下から「すいません・・・」みたいな気持ちが強いので(笑)。基本的に“。”には、宜しくお願いしますという意味を込めているので。

-- 丁寧なんですね(笑)。

カノエラナ:そこは丁寧にしていきたいと思っているので。だから「上等だよ!」って言いながらも、宜しくお願いしますという気持ちもありますし、丁寧に暴れます(笑)。

-- (笑)。では、早速ですが収録曲についてお伺いさせてください。1曲目の「トーキョー」は、自身の体験を彷彿とさせる上京ソングになっていますね。この曲を書くことで改めて家族のことや、故郷のことなど、何か気が付いたことはありますか?

カノエラナ:やっぱり自分が田舎出身だから、都会に来て思う事っていっぱいあるし、東京出身の人はずっと東京にいるからこそ分からないことってあるじゃないですか。だから、東京に来て不思議だなって思ったこととか、やっぱり田舎のこういうところは良かったなとか、そういうことをもう一回思い返してみて。東京も田舎もどっちもわたしは好きなんだなって想いを込めて作ったんですよね。

 せっかく東京に出て来たし、東京についての歌はいつか作ろうと思っていたんですけど、なかなか機会がなくて。でも、今回作ることになって、どうせだったら明るい曲にして、これから東京に出てこようと思っている人にも勇気を与えたり、同じような体験をしてきた人にとっては、思い出の曲になればいいなって思って。

-- カノエさんの「トーキョー」は、明るい雰囲気もありますし、新しい世代の上京ソングだなって感じがしますよね。

カノエラナ:わたし自身、田舎を出る時に嫌な思いをして出て来たわけじゃなかったし、「あー!東京だ♡」くらいの感じで、実際ホームシックにも一度もならなかったんですよ(笑)。だから「東京って、意外と悪いところじゃないよ」っていう、そういう気持ち、明るくて楽しい気持ちも入れたいなって。

-- 歌詞も前向きですもんね!やっぱりSNS世代なのか、いい意味で昔の曲にあるような悲哀が感じられなくて。

カノエラナ:写真を送ってっていえば送ってもらえるし、FaceTimeを使えば顔を見ながら話すことも出来るし、物理的な距離はあるのかもしれないですけど、精神的な距離は近いのかなって。

-- そういうちょっと新しいマインドというのは、今回楽曲で表現されていると思います。

カノエラナ:現代っ子な東京(笑)?

-- (笑)。21世紀型の上京ソングかなと。

カノエラナ:言われてみれば、そうかもしれないです(笑)。

-- 中途半端に引きずったり、振り返らなくても、バックグラウンドがしっかりとあるので、前を向いてだけでも生きていける。そういう強さをこの曲からは感じました。

カノエラナ:ありがとうございます!

-- 楽曲のここは聴いて欲しいというポイントは?

カノエラナ:やっぱり「電車の本数ハンパねぇ」ですね。それを言いたいがために作ったみたいなところもあるので(笑)。

-- 踊っているカノエさんの姿も印象的でしたが、MVの撮影はいかがでしたか?

カノエラナ:寒かったです(笑)。最初のシーンは朝5時くらいに丸の内で撮ったんですけど、本当に寒くて。それを我慢しながらも「トーキョー♪」って死にそうになりながら踊っているので、そこは見て欲しいです(笑)。

-- (笑)。途中のRAPパートも良かったですよね。

カノエラナ:あれはめっちゃ楽しかったです(笑)。周りが「わー!」ってやっていると、つい混ざりたくなりますし、楽しくやれましたね。

-- 続く「おーい兄ちゃん」はかなりの噛みつきソングですが実話を元に書かれたとか?

カノエラナ:超実話ですね。それを正直に書いていたら、「あー!すごい噛みつきソングになっちゃった」って思って(笑)。

-- カノエさんは歌詞と曲だと、どっちを先に作ることが多いんですか?

カノエラナ:曲と同時に出るタイプですね。一つキーワードがあって、そこから膨らませていくというか。ちなみに、この曲は30秒動画からなので、サビから作りましたが、「トーキョー」は頭から作って行きました。基本的には、全曲歌詞を書く前に物語として完結させてから制作しています。

-- じゃあ架空のプロットを最初に作って?

カノエラナ:はい、どこまで言って、どこまで言わないでというのは最初にちゃんと決めて。だから、わりと設定をちゃんと細かく作っているタイプだと思います。

-- やっぱりその物語を作っているときが一番楽しいですか?

カノエラナ:そうですね、超楽しいです(笑)。そっちがメインみたいなところもあるので。

-- その作業はどういう感じで進んで行くんですか?

カノエラナ:まず、ノートの左側に登場人物の顔や生い立ちを書いて行って、隣のページでちゃんとそれを歌詞にしていくという。昔からお絵かきしたり、オリジナル・キャラクターを作るのが好きだったので、その影響もあると思います(笑)。

 「おーい兄ちゃん」とかは1個の実話で、100個の嘘をつくみたいなイメージで書きました。「そんなことないけど、もしかしたらあるかもね?」みたいなイメージを考えて、物語として成立させていくんですよね。

-- 今回全曲で作詞をされていますが、歌詞を書く際に大事にしていることは?

カノエラナ:主人公の立場からも、相手の立場からも、それ以外の人から見ても面白い視点で見れるように、頑張って書いています。だから、一人の想いを強く書くのではなくて、ちゃんとそれに対する答えを同じ曲に書いてみたり、別にアンサーソングを作ってみたりもしていますし。そこは、物語を作るうえで重要なことだし、主役ばっかりの話にはしない、ちゃんとみんなを巻き込んで登場人物にするというのは大事なことなのかなって。だから「おーい兄ちゃん」でも、兄ちゃんばっかり悪いわけじゃないよって。

-- そういう登場人物や聴き手をほっておかない、置いてきぼりにして行かないのは、カノエさんの楽曲の良さですよね!今回この取材で初めてカノエさんとお会いさせて頂きましたが、SNSなどから受ける印象といい意味でギャップがありますよね(笑)。

カノエラナ:見た目「オラァ!」みたいな感じなんですけど、いつも会うと「あれ?どうしたんですか?」って言われちゃうんですよ(笑)。基本、最初に言われるのが「怖い人だと思ったんですけど、喋ったら全然違いました」って・・・それは毎回絶対言われちゃうんですよね(笑)。

-- そのギャップに驚くファンも多いと思うので、是非皆さんライブで本物のカノエさんと触れ合って欲しいです!

カノエラナ:お待ちしています(笑)。

-- 続く「マネキネコ」ですが・・・カノエさんってちょっと猫っぽいですよね?

カノエラナ:モチーフが猫なんで。そういうのもあるかもしれないです(笑)。

-- この曲はライブに来てほしい一心で書いた一曲だとか?

カノエラナ:ライブにおいでよ~っていう。それと、来てくれた人もマネキネコにならなきゃいけないから、逆にその人たちから友達とかにも発信してもらって、倍集めて行こうっていう。みんなをマネクっていう意味です(笑)。

-- マネキネコという発想はどこからきたんですか?

カノエラナ:この曲はライブを想像しながら書いたんですよ。ライブって、みんな手を振り上げて前後に振ったりして盛り上がっているじゃないですか。でも、それを普通に書いてもつまらないしな~って思っていたら、「あっ!あの動きってマネキネコじゃん!」って(笑)。

-- 確かに・・・言われてみればマネキネコっぽい(笑)。

カノエラナ:ちゃんと音楽にもノレるし、マネキネコにも見えるしみたいな(笑)。今回は、ちゃんと曲中でも紹介しているので、ライブでも「みんな手を上げてー!」じゃなくて、「マネキネコやってー!」って言おうと思っています。まだライブでは解禁してないんですけど、縦はマネキネコ、横はワイパーで行こうかなって(笑)。

一同:(笑)。

カノエラナ:「みんなマネクぞー!」って言うかもしれないです(笑)。

-- (笑)。カノエさんのそういう物事や社会に対するPOPな視点と、人を不快にさせないキャラクターは最高ですね。そして4曲目の「ひとりかく恋慕」は、カノエさん独特の世界観に引き込まれますし、以前リリースされた「恋する地縛霊」の世界観をさらに押し進めたなと。

カノエラナ:そうですね。あれをもっとグロテスクにした曲です(笑)。「恋する地縛霊」も大分ぶっ飛んでるんですけど、もう一歩踏み越えてみようみたいな(笑)。

-- あれで反省して戻るんじゃないんですね(笑)。

カノエラナ:戻るんじゃなくて、もっと行けるぞ!って。

-- でも「恋する地縛霊」も大分怖かったですけどね。

カノエラナ:「こいじば」は結構イったなって自分でも思います(笑)。

-- 今回の「ひとりかく恋慕」はどういうキッカケで作ったんですか?

カノエラナ:これは「ひとりかくれんぼ」の実況動画をネットで見ていて、それで面白いなぁと思って作りました。

-- 「ひとりかくれんぼ」ってゲームがあるんですか?

カノエラナ:そうなんです!どうやら西寄りの遊びみたいで、結構東京の人は知らない方も多いみたいなんですけど、昔流行ったこっくりさん系列のオカルトっぽいゲームなんですよ。わりと不気味な遊びなんですけど、それをやっている時に怪奇現象が起きるので、それも楽しむっていう。

-- なんか怖いですね(笑)。

カノエラナ:怖いんですよ(笑)。それをリアルに置き換えて曲にするっていう。

-- 今回、曲の最初にぼそぼそって何か言ってるじゃないですか?あそこはなんて言っているんですか?

カノエラナ:「それだけだったのに、それだけで良かったのに」って言ってます。

-- それも怖い(笑)。

一同:(爆笑)。

カノエラナ:実は曲をレコーディングする前に、ウォーミングアップで歌詞を音読していたんですよ。ちゃんと口が回るように。それを何故か録音していたので、イントロに貼り付けてみたらめっちゃ怖くなって(笑)。だからあれは、偶然生まれた奇跡の産物なんですよ。

-- そうなんですね~。でも、そうと知っていてもあれは怖いですよね(笑)。やっぱりミニアルバムを作ると、毎回こういった曲は入れたいなって?

カノエラナ:そうですね、趣味全開の曲があっても良いんじゃないかって(笑)。

-- (笑)。「ピザまん」はラブソングの切なさとピザまんという言葉の持つ対比が秀逸ですね。

カノエラナ:最初は普通のラブソングを作ろうと思っていたんですけど、歌詞がなかなか思い浮かばないので、ピザまんをコンビニで買って一人で公園で食べているときに、このまま歌にすればいいかな?って思って書いた曲で。浅野さんからは「冬っぽいラブソングをつくってみなよ、まじめに」って言われたんですけど、まじめに書いていたら詰まって来たので、「よし!まじめじゃなくしてやろう」と思って。ちょっと反抗するみたいな(笑)。

-- でも、これ普通に聞いていたらビックリすると思いますよ!僕も「えっ!?」ってなりましたもん(笑)。

カノエラナ:そうですね(笑)。急に出て来ますもんね。

-- だから聞き間違いかな?と思って聴き進んで行ったら、また「ピザまん」って言っているって(笑)。普通は、あの流れだと「あなたに会いたい」とか、そういう文脈に行きつくんじゃないかなぁって思うんですけどね。

カノエラナ:でも、それだと普通なんですよ(笑)。だから、何回もピザまんというわざと言葉を出して言い聞かせているみたいなところもあって。本人は忘れたいと思っているんですよ、前の彼のことを。そこで「君にもういちど会いたい」とか、そういう歌詞だと、なんか薄っぺらいかな~?と思って。だから、忘れたいがために、めっちゃ泣きながら、がむしゃらにかぶりついて忘れたい、全部食べちゃいたいという思いを込めて。

-- なるほど!別れた彼への気持ちを押し殺すためにピザまんを食べているんですね。


カノエラナ:そうなんです!だから、自分では何個食べたかも分からないんですよ。「あ~!」って自暴自棄になっているので。

-- そういう不器用な乙女心を描いているんですね。

カノエラナ:やけ食いして、気分を晴らすみたいな(笑)。

-- クロージング・ナンバーは「恋とか愛とかそーいうの」です。男性目線の曲なのですが、どこか女性的なニュアンスもある、恋愛ソングになっています。

カノエラナ:これは20歳になってちょっとした位のころ、梅酒を飲んで「ふふー♡」ってほろ酔いになったんですよ。その時に、がさがさの声で「るーるるー♪」って歌いながら作った曲です(笑)。

-- タイトルに「そーいうの」っていう言葉が入っているのが、また新鮮ですよね。

カノエラナ:結局“恋”とか“愛”とかって人それぞれだし、良くわからないじゃないですか?だから「なんだか良くわからないよねー、そーいうのって」というニュアンスを込めています。

-- 「ピザまん」もそうですけど、気持ちに対して、無理に結論づけないところが良いですよね。

カノエラナ:もさっと、フワっとみたいな(笑)。分からないものは分からないまま、後味は悪くないけど、なんかもやっとしているみたいな。「正解は聴いた人が探してね」!って感じです。ぽいっと渡すので(笑)。

-- 曲の最後に息を飲んでいるのには、何か狙いが?

カノエラナ:この曲はタバコを吸っている設定なので、情景が浮かびやすいようにと思って。曲の中では、彼女もすでに出て行って、もうテーブルの上にはタバコしか残ってないんですよ。それで息を吐いているのと、吐いたものは戻ってこないという意味を込めています。

-- そして、3月18日からは“カノエラナご挨拶ワンマンツアー2017「勇者を探して三千里~ぼっちで広げる旅の地図~」【弾き語り編】”の開催も決定しています!是非意気込みをお聞かせください!

カノエラナ:弾き語りで一人で周るのって、めっちゃ久しぶりなんで楽しみです!最近はバンドでのパフォーマンスが多かったので、戻って来たことによる進化も見せなきゃいけないというプレッシャーもあって、それはちょっと重荷にもなっているんですけど、それも一緒に引っ張って行って、新しいカノエを見せたいし、初めましての方には「こんな感じでーす!どうもー!」みたいな感じで、今までの集大成を見せつつ楽しんで周れればいいなと思っています。

-- 最後に読者の方へメッセージをお願いします!

カノエラナ:「カノエ参上。」から「カノエ上等。」になって結構喧嘩腰になりましたけど、本人てきにはそんな「うらぁぁああ」みたいな感じではないので、ライブには安心して遊びに来てもらえたら良いなと思うし、新しいカノエを見つけてくれたら良いなと思うので、これからも応援してください。

-- ありがとうございました!

(文:篠原 友)

 

LIVE/EVENT

<ツアー情報>
カノエラナ ご挨拶ワンマンツアー2017
「勇者を探して三千里~ぼっちで広げる旅の地図~」【弾き語り編】


3月18日(土) 埼玉 さいたま新都心HEAVEN'S ROCK 15:30/16:00
3月21日(火) 福岡 Queblick 18:00/18:30
3月25日(土) 大分 Club SPOT 15:30/16:00
3月26日(日) 熊本 Django 15:30/16:00
3月30日(木) 長崎 STUDIO Do! 18:00/18:30
4月01日(土) 鹿児島 SR HALL 15:30/16:00
4月02日(日) 宮崎 SR BOX 15:30/16:00
4月04日(火) 佐賀 RAG・G 18:00/18:30
4月08日(土) 石川 金沢ミリオンシティ 15:30/16:00
4月09日(日) 大阪 南堀江knave 15:30/16:00 ☆SOLD OUT!!
4月15日(土) 宮城 仙台enn 3rd 15:30/16:00 ☆SOLD OUT!!
4月16日(日) 北海道 札幌COLONY 15:30/16:00
4月20日(木) 静岡 浜松FORCE 18:00/18:30
4月22日(土) 広島 SECOND CRUTCH 15:30/16:00
4月23日(日) 岡山 CRAZY MAMA 2nd 15:30/16:00
4月29日(土) 香川 高松TOONICE 15:30/16:00
5月03日(水) 京都 拾得 17:30/18:30

2nd mini album「カノエ上等。」リリースツアー
「とうめいはーん!!!ふくをマネくぜ勇者たち。」【バンド編】

5月26日(金)大阪 梅田Shangri-La 18:30/19:00
5月28日(日)福岡 DRUM Be-1 16:30/17:00
6月02日(金)愛知 名古屋CLUB QUATTRO 18:30/19:00
6月10日(土)東京 渋谷WWW X 16:30/17:00
【2nd mini album「カノエ上等。」CD封入先行】
受付期間:2月14日(火)11:00~2月23日(木)23:59まで
*詳細はCDに封入されているご案内をご覧ください。
一般発売:3月18日(土)
ツアー特設サイト:https://www.kanoerana.com/fukumane/

<リリース記念イベント>
カノエラナ 2nd mini album「カノエ上等。」リリース記念イベント

2月18日(土) 埼玉県・越谷イオンレイクタウンkaze 1F 光の広場
2月19日(日) 神奈川県・ららぽーと横浜 1F セントラルガーデン
2月23日(木) 熊本・蔦屋書店熊本三年坂
2月25日(土) 福岡・INSA
2月26日(日) 東京・新代田FEVER
3月4日(土) 愛知・専門学校名古屋ビジュアルアーツ5号館 実習棟地下1階 Air Hall
3月5日(日) 大阪・キャットミュージックカレッジ専門学校7階 CATHALL
イベントの詳細はOFFICIAL HPをチェック!

 

PROFILE

カノエラナ
1995年12月4日佐賀県唐津市に誕生。
幼少期に、祖母の家にあったピアノに触れ音楽に興味を持つ。
14歳の時に唐津ジュニア音楽祭に出場。EGO-WARPPIN' の「くちばしにチェリー」を歌い上げる。
2014年3月高校卒業後、上京。超がつくほどのアニメ好きでストック曲の中にはアニメのキャラクターをモチーフにした曲もある。Twitter上では日常で感じた事を歌った30秒弾き語り動画を公開中。
イナズマロックフェス2015にEggs推薦アーティストとして風神ステージに出演。
2016年3月31日、「カノエクエスト~クアトロ城に集いし、500人の勇者達~」と銘打った初のワンマンライブを渋谷クラブクアトロで開催。500人の勇者(オーディエンス)を集める、という試練を見事に達成。集客目標を遥かに超えるオーディエンスを圧倒的なパフォーマンスで魅了した。同年5月より5ヶ月連続マンスリーワンマンライブ「月1ワンマン!!カノエがよかごて5連続」を実施し、ソールドアウトを連発。
8月31日、メジャー1st mini album「カノエ参上。」でメジャーデビュー。iTunes 週間アルバム・ランキング10位にランクインという快挙を達成した。11月末から開催した初ワンマンツアー「とうめいはーん!!!さがすぜ勇者たち。」も東名阪佐賀全4公演を大成功におさめる。
独特な着眼点から生まれる歌詞と、ポップでロックなメロディーが融合した楽曲達が同世代のユーザーからの支持を集めている。

 

LINK

◆OFFICIAL HP:http://www.kanoerana.com
◆WARNER MUSIC JAPAN HP: http://wmg.jp/artist/kanoerana/
◆Twitter:https://twitter.com/kanoerana7

2017/02/15-10:17:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

カノエラナの「トーキョー」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...