『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

最愛の妻が死んだ。僕は何も感じなかった――。妻の死後、身の回りのあらゆる物を壊しはじめた男。“破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは? 『ダラス・バイヤーズクラブ』のジャン=マルク・ヴァレ監督がジェイク・ギレンホールを主演に迎えて描く、喪失と哀しみ、そして再生の物語。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真妻が死んで気がついた。彼女のことは、よく知らない。僕はあまりにも君に無関心だった――。愛していたはずの妻の突然の死に、なぜ何も感じないのか? 自らの感情とうまく向き合えない虚しさを抱え、身の回りのあらゆるもの――妻のドレッサー、パソコン、冷蔵庫、そして自ら自宅までを壊しはじめたディヴィス。すべてをぶち壊してゼロにする“破壊”を経て辿り着いた、人生で本当に大切なものとは?
本作は、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』のジャン=マルク・ヴァレ監督の待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切る。そして、『ナイトクローラー』の狂気的な演技で観る者を魅了したジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に体現。また、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーにナオミ・ワッツ、ディヴィスの力になろうとする義父にクリス・クーパーが演じ、ドラマに華を添えている。
何処かに置きざりにしてきた感情を取り戻すためにもがく一人の男の姿を温かな視点で描いた、喪失と哀しみ、そして再生の物語。

 

STORY

映画イメージディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は、出世コースに乗り、富も地位も手に入れたウォール・ストリートのエリート銀行員。高層タワーの上層階で、空虚な数字と向き合う、味気ない日々。そんな会社へ向かういつもの朝、突然の交通事故で美しい妻を失った――。しかし一滴の涙も出ず、哀しみにさえ無感覚になっている自分に気づいたディヴィス。彼女のことを本当に愛していたのか? 僕の心は何処にいってしまったんだ? 「心の修理も車の修理も同じことだ。まず隅々まで点検して、組み立て直すんだ」義父(クリス・クーパー)からの言葉が引き金となり、ディヴィスは、身の回りのあらゆるものを破壊しはじめる。会社のトイレ、パソコン、妻のドレッサー、そして自らの結婚生活の象徴である「家」さえも――。あらゆるものを破壊していく中で、ディヴィスは妻が遺していた幾つもの“メモ”を見つけるのだが……。

 

DATA

監督:ジャン=マルク・ヴァレ
脚本:ブライアン・サイプ
製作:リアンヌ・ハルフォン、ラッセル・スミス、モリー・スミス、トレント・ラッキンビル、シドニー・キンメル、ジャン=マルク・ヴァレ
撮影:イヴ・ベランジェ
音楽監修:スーザン・ジェイコブス
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、ジューダ・ルイス ほか
原題:Demolition
2015年/アメリカ/101分/PG12指定
配給:ファントム・フィルム
2月18日(土)より、新宿シネマカリテほか全国ロードショー!
公式サイト:http://ame-hare-movie.jp

2017/02/13-11:05:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...