SCANDAL

バンド結成10周年の集大成!SCANDALのすべてがここに!10周年記念ベストアルバムをリリースするSCANDALにスペシャル・インタビュー!そして読者プレゼントもありますよ!お見逃しなく♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

SCANDAL

 

 

SCANDALの結成10周年記念ベストアルバムにして初のセルフタイトル。
2008年のデビューシングル「DOLL」以降全23枚のシングルと7枚のアルバムから、ファン投票で選定した34曲を収録。さらに、ベストアルバムにしか収録されない新曲2曲を収録した、全36曲2枚組。完全生産限定盤にはアパレルブランドCandy StripperとのコラボTシャツ、初回生産限定盤には2016年9月に8カ国10都市をまわった初の単独ヨーロッパツアーの密着映像を収録したDVDがそれぞれ特典として付帯。


SCANDAL
BEST ALBUM『SCANDAL』
発売日:2017年2月15日(水)


BEST ALBUM『SCANDAL』
完全生産限定盤
BEST ALBUM『SCANDAL』
初回生産限定盤
BEST ALBUM『SCANDAL』通常盤
通常盤
【完全生産限定盤】CD2枚組+ Candy Stripper×SCANDAL Tシャツ
ESCL-4810~ESCL-4812 ¥6,000(税抜)

【初回生産限定盤】CD2枚組+DVD
ESCL-4813~ESCL-4815 ¥4,200(税抜)
DVD内容:SCANDAL TOUR 2016 "YELLOW” IN EUROPE ROAD MOVIE

【通常盤】(初回仕様)CD2枚組
ESCL-4816~ESCL-4817 ¥3,500(税抜)


収録曲
<Disc 1>
1.SCANDAL BABY
2.Stamp!
3.少女S
4.ピンヒールサーファー
5.S.L. Magic
6.スイッチ
7.Departure
8.Hello! Hello!
9.テイクミーアウト
10.下弦の月
11.OVER DRIVE
12.LOVE SURVIVE
13.太陽と君が描くSTORY
14.会いたい
15.ちいさなほのお
16.EVERYBODY SAY YEAH!
17.Image
18.FREEDOM FIGHTERS(新曲)

<Disc 2>
1.瞬間センチメンタル
2.太陽スキャンダラス
3.サティスファクション
4.LOVE ME DO
5.夜明けの流星群
6.ビターチョコレート
7.会わないつもりの、元気でね
8.Welcome home
9.Sisters
10.DOLL
11.Flashback No.5
12.カゲロウ –album mix-
13.HARUKAZE
14.one piece
15.声
16.Your song
17.HELLO(新曲)
18.SCANDAL IN THE HOUSE





SCANDALの「FREEDOM FIGHTERS」をチェックするならこちらのチャンネル!
電話リクエストもお待ちしていますよ! 

 
★「週刊J-POPチャート」:(CAN有線:A-05ch/SPACE DiVA:201h)
★「最新J-POP」:(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★「リクエスト」:(CAN有線:B-1ch)

有線放送キャンシステム番組案内サイト
http://www.cansystem.info

 


SCANDALの皆様よりMusic Loungeをご覧の方へメッセージをいただきました!

 




-- 2月15日にリリースされるBEST ALBUM『SCANDAL』ですが、2008年のデビューシングル「DOLL」以降全23枚のシングルと7枚のアルバムから、ファン投票で選定した34曲を収録されています。皆さんが初めてこの選曲を見た感想はいかがでしたか?

RINA(Drums & Vocal):さすが私達のファンの方達だなっていう感じがして!自分たちも「これはBEST ALBUMに入るだろうな」って曲も沢山ランク・インしていましたし、やっぱりライブをやっていると「これは人気の曲なんだな!」ってことをステージ上からも体感することが多いんですけど、それがそのまま反映されているなっていう印象ではありましたね。

MAMI(Guitar & Vocal):わたしも納得でした。自分たちが好きでライブでやっている曲を選んでくれているのも嬉しかったし、(今回の収録曲は)本当に全キャリアの曲がまんべんなく詰まっているので、初期から応援してくれている方から、最近ファンになってくれた方まで、色々な時代の人達が、今も変わらず愛してくれて投票してくれたんだなと思うと、すごい嬉しいです。

TOMOMI(Bass & Vocal):シングルだけじゃくて、アルバム曲とかカップリング曲とか、どの方向から見た自分たちも入っていますし、『SCANDAL』という、セルフ・タイトルしか思い浮かばないくらいのアルバムになったなと思いますね。

HARUNA(Vocal & Guitar):納得の結果でした。みんなが言っているとおり、これ一枚でわたしたちのことが分かってもらえるアルバムになったと思うし、自分達で選曲していたら入らなかったようなカップリング曲だとか、「SCANDAL IN THE HOUSE」のようなスピンオフ的な要素も入っていて、ファンの方の投票だからこそ出来たスペシャルな一枚になっていると思います。

-- 「SCANDAL IN THE HOUSE」は、今話題の古坂大魔王が参加されているんですね?

RINA:古坂さんは昔から自分たちのファンだということをすごい言って下さっていて。それこそ、プライベートでライブも何回も来て頂いたり、楽屋へ挨拶をしに来てくれたりもしていたので、「いつか一緒に何か出来たらいいね」って話はずっとしていて。それが形になったのがこの作品なんですけど、その後、ピコ太郎さんで世界中で大ヒットされたので、本当に驚きました(笑)。

-- 今や日本を代表するアーティストの一人ですもんね(笑)。今回の収録曲ですが、ベスト盤にしては珍しい構成で、23枚のシングル中、6曲が未収録なんですね。

RINA:シングル・ベストにはしたくなかったんですよね。それがファン投票で決めてもらった良いところでもあるし、ファンと自分達SCANDALのメンバーで選んだ楽曲で、まだSCANDALの音楽を聴いたことが無い人にも「これがSCANDALです!」と、自信を持って届けられるような一枚にしたくて。だからこれが今のベストだと思います。

-- 今回、曲順ってどういう風に決めていったんですか?

RINA:聴きながらね?

MAMI:そう、そう、そう。みんなで上がって来た34曲、プラス新曲2曲を並べて。で、この4人で一曲目を決めてそこのアウトロから次のイントロに、「どのイントロが合うかな?」とか、そういう話をして。

RINA:PC上で楽曲を並べて、体感で気持ちいいつなぎだったり、歌詞的にこの曲とこの曲をつなげたいなぁっていうので調整して行きましたね。

-- ちょっとDJっぽい選曲の仕方なんですね。

RINA:そうです!そうです!

-- 2012年にリリースした『SCANDAL SHOW』、2013年にリリースした『ENCORE SHOW』と比べて、今回のBEST ALBUM『SCANDAL』は、メンバーにとってどういった位置づけの作品になっていますか?

MAMI:ファンの皆さんに投票してもらったっていうのもそうだし、集大成と言うか、新曲も含めてこの10年間を全部詰め込めたアルバムだと思っているので、めちゃくちゃ自信作だし。でも、集大成と言っても、そこで終わりなんじゃなくて、次が期待されるような作品にもなっているから、これからもみんなには期待して欲しいし、そう思ってもらえるようなアルバムが出来たなと思っています。

-- 今回収録曲を決めるプロセスは、これまでのキャリアを振り返るきっかけでもあったと思います。そこで何か気付いたことはありますか?

MAMI:こうやって聴くと、本当にライブで進化してきた曲がめちゃくちゃ多いなっていうのは感じますね。例えば、ライブに来てくれるみんなが、「ここで手を上げる」、「タオル回す」、「手拍子する」って、色々と決めて盛り上げてくれるというのもそうだし、自分たちがライブ仕様にして持っていく曲もあるし、本当にライブを大事にしてきたんだなって気がしました。

TOMOMI:活動の中で一年ごとにずっとモード・チェンジをしてきたんですよ、私たち。だから楽曲を選びながら聴いていると「あんなこともあったなぁ、こんなこともあったなぁ」って、振り返る良いキッカケにはなりましたね。

HARUNA:自分の歌い方の変化が、ものすごくあったなと思いますね、この10年で。最近は特に意識をして変えてるというのもあるんですけど、昔の作品とかはボーカル&ダンススクールに通っていて、そこからデビューしてという流れだったので、スクールで習った歌い方と言うか、ダンス・ミュージックにのせる歌い方をそのままバンドでもやっていたんですけど、そこに違和感をおぼえたりした時期もあって。もっとSCANDALのサウンドに寄せた歌い方をしたいなって思った時期だったりとか、色々な自分の心境の変化とともに歌い方は変わっていったなぁと思いますね。

RINA:演奏面でも、演奏力は年々上がってきていると思うんですけど、その時のベストはやり切ってきているので。やっぱり、その時の気持ちとかハートというものはちゃんと一曲一曲に閉じ込められているなぁって、自分達でも感じていて。だから、今回、昔の曲も再録せずにそのまま収録して良かったなぁって思いましたね。やっぱり、その時のパワーというものは、今の自分達でも上書き出来ないんですよね。荒削りだけど、そこから伝わる魂みたいなものもあるし、上手いから=(イコール)良い曲という風につながらないんだなって思いましたね。CDはやっぱりその時だけのものなので、CDこそ生ものかもしれないって。だから、これを聴いてライブにも来てほしいです。

-- 歌詞の内容などは、振り返ってみていかがですか?

RINA:「Image」っていう曲があるんですけど、それはすごく分かりやすく自分たちのハートが出ていると思います。こういうメッセージが自分たちの軸になっているんだなということに気が付きましたし、「もっといい明日にみんなで向かって行こう」というマインドで、ずっと音楽をやって来たんだなって、過去の他の曲を聴いても思いましたね。

-- これまでの歴史を振り返って、SCANDALの転機になったのはどこだったと思いますか?

MAMI:「少女S」という曲は、自分達と世間をつなぐ接点にもなった曲だと思っているし、テレビや色々なところでもやらせてもらっていて。後、この曲はMVの監督を品川庄司の品川さんに監督して頂いたんですけど、雨を降らせて撮ったビデオだったんですね。それで、その演出のまま、ミュージックステーションでも雨を降らせてもらいながら演奏したりだとか、そういうのが印象に強く残ったみたいで、今でもたまに「雨のミュージックステーション覚えてるよ!」って言ってもらえるんですよね。だから、「少女S」は、改めて自分達にとっても大事な曲だなぁって思いますね。

TOMOMI:転機と言うか「EVERYBODY SAY YEAH!」は、ライブでコール&レスポンスが出来るような曲を作りたいねっていう話から出来上がった曲で・・・それが転機という訳ではないんですけど、気がつけば、それ以降ライブを意識して楽曲制作を続けているなぁって感じはしますね。

HARUNA:「Departure」は、MAMIが作詞/作曲をしているんですけど、メンバーが作詞/作曲した曲がシングルになるのは初めてだったので、メンバー全員自信がついたというか、ここから自分たちで作っていくぞ!というキッカケにはなったと思いますね。

RINA:「Sisters」っていう曲の歌詞なんですけど、あの歌詞が書けたときからすごい作詞をするのが楽しくなって。自由度が上がった気がするんですよね。もっと好きなワードを好きなようにたくさん使おうって思えたし、自分の得意なことがちょっと分かったというか。なので、あの曲を書けたのは大きかったですね。新曲の「FREEDOM FIGHTERS」も、自由の主張という意味では同じテーマで書いた曲なんですけど、「Sisters」が出来上がった時に、今でもすごい大切だし大好きな昔の曲の中にも、自分の言葉選びのせいで届ききれなかったこともあるなって思ったんですよ。わたしは「Sisters」というワードに、“今を生きる全ての同志たちへ”という想いを込めて使ったんですけど、やっぱり女性に向けてのメッセージソングだと、第一印象で取られることが多いと思うんですよね。だから、同じテーマで、ちゃんと男女も年齢も関係なく届く曲を書きたいなと思ったし、書かないとこの10年間を締めくくれないなって。それで、今回「FREEDOM FIGHTERS」を作ったんですよね。

 でも「Sisters」で、一度自分のやりたかったテーマを書き切っているので、なかなか「FREEDOM FIGHTERS」を仕上げるのが難しくて・・・作っている最中もなかなかつらかったんですけど、最後、納得する形が出来るまであきらめずに仕上げられて、自分の中でスッキリした部分はありました。やっぱり「FREEDOM FIGHTERS」を書けたことで、「Sisters」への想いも昇華出来たし、これでベスト盤がようやく完成したと思えたんですよね。

-- 「FREEDOM FIGHTERS」は、既にライブやラジオではお披露目済みなんですよね?

RINA:昨年末のワンマンライブで初披露して、翌日にラジオで解禁したんですけど、その時SNSに帰って来た反応が、「こういうSCANDALを待っていた!」とか、みんながワクワクして待ってくれているんだなってことがすごく伝わってきたので、本当に嬉しかったですね。

-- 激しいドラムに絡まるMAMIさんのギター・サウンド、そしてTOMOMIさんのベース・ワークも耳に残りますが、楽器隊としてこの曲で新しく試みたことはありますか?音色としても新しい響きがありますよね。

RINA:久々に分かりやすく、尖った音でキラー・チューンを作りたいというマインドだったので、いつもよりグッと気合が入ったのもありますし、プレイ的にもちゃんと攻められたなという感じはしていますね。

-- 確かに!最初「FREEDOM FIGHTERS」を聴いた時に、SCANDALは10周年を経てベスト・アルバムを出してくるけれど、全然守りに入ってないなと思って。むしろここから攻め込んで行くぞ!という気持ちを感じたんですよね。

RINA:まさに、そういうのを感じて欲しくって。ここからまだ行くからねという気合だったり、そういう前のめりな攻めの姿勢を曲で見せたかったというのはありますね。

-- HARUNAさんの歌唱も印象的ですよね!

HARUNA:サウンドはすごくSCANDALらしいというか、自分たちの得意技を詰め込んだサウンドになっているんですけど、まだまだ新しいところを見せたいなって気持ちで歌いましたね。ニュアンスとかも自分の中で色々考えてた部分もありますし、歌いながらメンバーにも色々と意見を求めたりもしたので、4人の意見を取り入れながら、上手く消化出来たと思います。キーが高くなるところの語尾の処理の仕方とかは、すごい注意したので、かなり突き抜けられるように歌えたんじゃないかなと思います。

-- この曲を聴いて、ここから始まるSCANDALの新たな10年というものがますます楽しみになりました!

MAMI:この10年、毎年モードが変わってきたように、10年先にどういうスタイルで、どういう音楽をやっているかというのは、正直全然分からないし、想像もつかないんですよ。でも、10年終えてみた時に、「次へ向かう自分たちに何が大切なのか?」っていうところにもう一度フォーカス出来たので、この一年は攻めの姿勢で、ちゃんと自分たちの意志を伝えられる一年にしたいなぁと思っているので・・・まだまだ行きます!!

-- そして、もう一つの新曲「HELLO」ですが、こちらも作詞がRINAさん、作曲がMAMIさんとなっています。

RINA:この曲は一年半くらい前からある曲なんですけど、いいタイミングで聴いてもらいたいなと思って、とっておいた曲で。今回のリリースは2月15日で、店着日がバレンタインデーですし、このタイミングで冬のラブソングを聴いて欲しいなぁと思って収録しました。「HELLO」は、冬に好きな人とか、大切な人と一緒に聴いて暖まるような曲になれば良いなぁと思っていますし、歌詞も気に入っているので、ファンの方もいっぱい恋をしながら、それぞれのシチュエーションで楽しんで欲しいです。

-- 後、初回生産限定盤には昨年行った単独ヨーロッパツアーの密着映像を収録したDVDが付いてくるんですね。

RINA:「どういう風にヨーロッパでツアーしてたんだろう?」とか、「ヨーロッパのお客さんって、どんな感じで盛り上がってるんだろう?」というのが全部伝わる内容になっていますね。ヨーロッパはバスで寝泊まりしながらツアーしていたんですけど、そのバス内での雰囲気とかが本当にリアルに映し出されているんじゃないかと思います。

-- ちなみにどんなバスで周られたんですか?

RINA:二階建てのバスで、二階がベッド・ルームになっていて。小さいベッドなんだけど二段ベッドが並んでいるスペースがあって、一階はトイレやくつろげるスペース、ソファがあったりって感じです。

MAMI:日本じゃ走れないやつです(笑)。後ろに機材も引いて走っているんで。

RINA:面白いと思うので、是非見て欲しいです(笑)。

-- そして3月からは、ベストアルバムを引っ提げたキャリア初の47都道府県ツアー、“SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』”の開催も決定しています。

RINA:初めて来てくれる方もいると思うし、このベストアルバムを聴いて来てくださる方も多いと思うので、ど真ん中なライブをやりたいなと思います。

HARUNA:初めて行く場所も4箇所ありますし。

-- 意外と初めての場所が少ないんですね?

TOMOMI:以前に自分たちの企画で「行ったことが無い県に行ってみよう」というのがあったので、その時にだいぶ・・・ね?

HARUNA:でも佐賀、宮崎、高知、岐阜は初めてなので楽しみにしています!

-- せっかく全国を周るので、どぼんどぼんどにも「セカペロ」の続編をお願いしたいですね(笑)。

MAMI:日本バージョン(笑)。「ジャパペロ」かな。

TOMOMI:ありかもしれないですね(笑)。

-- 是非是非!「ジャパペロ」も楽しみにしています(笑)。では、最後に改めてBEST ALBUM『SCANDAL』の魅力についてひと言ずつお願いします。

RINA:自分たちのことを、もっと色々な人に知ってもらいたいなぁって、いつも思っていて。で、このBEST ALBUMから聴いてもらえたら、この10年間の歩みも知ってもらえるだろうし、どんなツアーをしているのかというのも、DVDを見てもらえれば分かってもらえるし、どんな4人がこのバンドをやっているのかというキャラクターさえも入っているアルバムだと思うんですよね。だから、このアルバムを聴いてライブに来てほしいというのが一番です。自信のある一枚なので、これを聴いて「SCANDALのこれからが楽しみだな」って思ってもらえたら嬉しいなって思います。

MAMI:自分達でも本当に満足できる一枚が出来たし、毎回ライブに来てもらったり、CDを聴いてくれるファンの皆さんと一緒に作った作品なので、誰に聴いてもらっても恥ずかしくない一枚が出来ました。是非、是非みんなに聴いてもらいたいですし、さっきRINAがいったように、まだまだ先を見越してのアルバムなので、これからもずっと楽しみにして欲しいし、47都道府県もこれを持って周るんですけど、その後も色々考えていますし、その内容もきっと楽しんでもらえると思います。だから、ずっと見逃さずにチェックして欲しいなと思います。

TOMOMI:結成してから10年間、本当に色々なことにチャレンジしてきたし、一年ごとにモードも変わったりもしたんですけど、どの時代のどのモードの私たちも入っているので、このアルバムを聴いてもらうことで、10年間の歴史をすべて知ってもらえると思います。ファンの人はもちろんですけど、そうじゃない人にも手に取ってもらい易いように、今回のジャケットは、写真ではなく、一枚のアートにしてみたので、是非聴いてもらいたいです。

HARUNA:もっともっと自分達のことを知って欲しいなと思っていますし、もっともっと好きになって欲しいと思っている中で、本当に最高のアルバムが出来たなと思っているので、これが日本全国の人にちゃんと届くようにツアーも頑張りたいなと思っています。引き続き、応援宜しくお願いします!

-- ありがとうございました!

(文:篠原 友)

 

SCANDAL TOUR 2017『SCANDALの47都道府県ツアー』
ベストアルバムを引っ提げての全国47都道府県ツアーの開催が決定!


日程:3月11日(土)
地域:熊本
会場:熊本 B.9 V1
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月12日(日)
地域:宮崎
会場:宮崎 WEATHER KING
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月14日(火)
地域:長崎
会場:長崎DRUM Be-7
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月15日(水)
地域:佐賀
会場:佐賀GEILS
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:3月17日(金)
地域:山口
会場:周南RISING HALL
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:3月18日(土)
地域:島根
会場:松江AZTiC canova
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:3月20日(月・祝)
地域:鳥取
会場:米子AZTiC laughs
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:3月25日(土)
地域:石川
会場:金沢EIGHT HALL
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:3月26日(日)
地域:富山
会場:富山MAIRO
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:3月28日(火)
地域:長野
会場:長野CLUB JUNK BOX
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月1日(土)
地域:新潟
会場:新潟LOTS
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月2日(日)
地域:新潟
会場:新潟LOTS
開場 16:30 / 開演 17:00
問い合わせ先:FOB新潟 025-229-5000

日程:4月5日(水)
地域:千葉
会場:千葉LOOK
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月8日(土)
地域:高知
会場:高知CARAVAN SARY
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:デューク 088-822-4488

日程:4月9日(日)
地域:香川
会場:高松festhalle
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:デューク 087-822-2520

日程:4月11日(火)
地域:愛媛
会場:松山WstudioRED
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:デューク 089-947-3535

日程:4月12日(水)
地域:徳島
会場:徳島club GRINDHOUSE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:デューク 087-822-2520

日程:4月15日(土)
地域:東京
会場:Zepp Tokyo
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月16日(日)
地域:山梨
会場:甲府CONVICTION
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月22日(土)
地域:大阪
会場:Zepp Osaka BaySide
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:4月23日(日)
地域:愛知
会場:Zepp Nagoya
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:4月28日(金)
地域:神奈川
会場:川崎CLUB CITTA’
開場 18:00 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:4月30日(日)
地域:群馬
会場:高崎CLUB FLEEZ
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:5月2日(火)
地域:埼玉
会場:HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:5月4日(木・祝)
地域:福井
会場:福井 響きのホール
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:FOB金沢 076-232-2424

日程:5月6日(土)
地域:岐阜
会場:岐阜CLUB-G
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:5月7日(日)
地域:三重
会場:松阪M'AXA
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:5月13日(土)
地域:広島
会場:HIROSHIMA CLUB QUATTRO
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:5月14日(日)
地域:広島
会場:HIROSHIMA CLUB QUATTRO
開場 16:15 / 開演 17:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 082-249-8334

日程:5月20日(土)
地域:福島
会場:郡山HIP SHOT
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月21日(日)
地域:宮城
会場:仙台Rensa
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月23日(火)
地域:山形
会場:山形ミュージック昭和Session
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月25日(木)
地域:岩手
会場:盛岡CLUB CHANGE WAVE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月27日(土)
地域:秋田
会場:秋田 Club SWINDLE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:5月28日(日)
地域:青森
会場:青森Quarter
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:G.I.P 022-222-9999

日程:6月2日(金)
地域:札幌
会場:PENNY LANE24
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:WESS 011-614-9999

日程:6月3日(土)
地域:札幌
会場:PENNY LANE24
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:WESS 011-614-9999

日程:6月10日(土)
地域:和歌山
会場:和歌山SHELTER
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月11日(日)
地域:滋賀
会場:滋賀U-STONE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月13日(火)
地域:京都
会場:KYOTO MUSE
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月15日(木)
地域:兵庫
会場:神戸VARIT.
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月17日(土)
地域:奈良
会場:奈良NEVERLAND
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月18日(日)
地域:大阪
会場:なんばHatch
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:SOUND CREATOR 06-6357-4400

日程:6月22日(木)
地域:静岡
会場:LiveHouse 浜松窓枠
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション静岡 054-284-9999

日程:6月23日(金)
地域:愛知
会場:Zepp Nagoya
開場 18:00 / 開演 19:00
問い合わせ先:サンデーフォークプロモーション 052-320-9100

日程:6月25日(日)
地域:岡山
会場:岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キャンディープロモーション 086-221-8151

日程:7月1日(土)
地域:鹿児島
会場:鹿児島CAPARVO HALL
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月2日(日)
地域:福岡
会場:福岡 DRUM LOGOS
開場 17:15 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月4日(火)
地域:大分
会場:大分 DRUM Be-0
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月8日(土)
地域:沖縄
会場:那覇桜坂セントラル
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:キョードー西日本 092-714-0159

日程:7月14日(金)
地域:栃木
会場:HEAVEN'S ROCK 宇都宮 VJ-2
開場 18:30 / 開演 19:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:7月15日(土)
地域:茨城
会場:水戸LIGHT HOUSE
開場 17:30 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

日程:7月17日(月・祝)
地域:東京
会場:豊洲PIT
開場 17:00 / 開演 18:00
問い合わせ先:HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999

■券売スケジュール
一般発売 (3月,4月公演):2017年2月4日(土)10:00~
一般発売 (5月,6月公演):2017年4月1日(土)10:00~
一般発売 (7月公演):2017年6月3日(土)10:00~
チケット料金:4,860円(ドリンク代別途必要)
※4歳以上チケット必要
※女性・子供エリア 有り

お問い合わせ先:SCANDAL MANIA事務局 03-4332-9931(平日11:00〜18:00)
SCANDAL MANIA HP:https://scandalmania.jp

 

SCANDAL

SCANDAL2006年大阪・京橋で結成。2008年「DOLL」でデビュー。
翌年には「少女S」でレコード大賞新人賞受賞。2012年3月には日本武道館公演を異例の速さで達成し、翌2013年3月には夢であった大阪城ホール公演を5分で即完させるなどライブでの実績を重ねていく。
2014年6月にはプリンセスプリンセス以来、23年ぶり2組目となる横浜アリーナ2DAYS公演を成功させる。近年ではSCANDALの影響で楽器を始める女子も増え、ファイナル開催となった2015年11月第6回SCANDALコピーバンドコンテストには国内外から637組のエントリーが集まり10代女子を中心に絶大な人気を誇っていることを証明。
2015年SCANDAL史上最大の5カ月に及ぶ世界9カ国41公演の単独ワールドツアーを大盛況に収め、4万人動員の初の東名阪アリーナツアーでも国内人気の高さをみせつけた。2016年8月21日に結成10周年を迎え、結成地大阪にて1万人を動員し野外コンサートを開催。名実ともに、日本そして世界を代表するガールズバンド。

 

【SCANDALオフィシャルHP】
http://www.scandal-4.com
【SCANDAL オフィシャルTwitter】
https://twitter.com/scandal_band
【SCANDALオフィシャルInstagram】
https://instagram.com/scandal_band_official/
【SCANDALオフィシャルYouTube】
https://www.youtube.com/user/scandalSMEJ

2017/02/01-12:25:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

SCANDALの「FREEDOM FIGHTERS」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!
 
★「週刊J-POPチャート」:
(CAN有線:A-05ch/SPACE DiVA:201h)
★「最新J-POP」:
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★「リクエスト」:
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...