ダイスケ

ダイスケ5周年アニバーサリーのベストアルバム『THE BEST』がリリース!スペシャル・インタビューも掲載してます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

ダイスケ

 

PICK UP DISC


ダイスケ
ベストアルバム『THE BEST』
2016年2月1日発売


ダイスケ ベストアルバム「THE BEST」初回生産限定盤A【初回生産限定盤A】CD+DVD
ESCL-4785~6 価格:4,630円+税
全曲リマスタリング音源


<CD DISC 1>
01. ボク☆ロケット
02. いつだって。
03. あなたにしかできないこと
04. 晴れ空のマーチ
05. Moshimo
06. スケッチブック
07. 夏めく坂道
08. ドレミ
09. 愛は散って ライライラライラ
10. せかいにひとつのフタリ
11. HAPPY
12. birthday
13. スノウドーム
14. クリスマスチキン feat.近藤晃央
15. コスモグライダー

<CD DISC 2>
01. ダイスケ・レコーディング ドキュメンタリー ~新たなる希望~

<DVD収録内容>
新曲と人気曲のニューアレンジver.の収録模様を2日間完全密着!
レコーディング現場とスペシャルインタビューを交えた豪華録りおろしドキュメンタリー映像



ダイスケ ベストアルバム「THE BEST」初回生産限定盤B【初回生産限定盤B】2CD(DISC1&DISC2)
ESCL-4787~8 価格:4,630 円+税
全曲リマスタリング音源


<CD DISC 1>
01. ボク☆ロケット
02. いつだって。
03. あなたにしかできないこと
04. 晴れ空のマーチ
05. Moshimo
06. スケッチブック
07. 夏めく坂道
08. ドレミ
09. 愛は散って ライライラライラ
10. せかいにひとつのフタリ
11. HAPPY
12. birthday
13. スノウドーム
14. クリスマスチキン feat.近藤晃央
15. コスモグライダー

<CD DISC 2>
01. あなたにしかできないこと -木漏れ日 ver.-
02. いつだって。 -ありのままの君 ver.-
03. ボク☆ロケット -真夜中の宇宙 ver.-
04. Moshimo -あなたの残像 ver.-
05. あいわな
06. 五畳半とラブソング
07. 三日月ロッキンチェア
08. 音符の傘
09. 昼下がりのブルース
10. 愛しのリリィ
11. 空想ワンダーランド
12. 流星
13. コスモノート
14. 惑星プラトニック



ダイスケ ベストアルバム「THE BEST」通常盤【通常盤】CDのみ
ESCL-4789 価格:2,963円+税
全曲リマスタリング音源


<CD DISC 1>
01. ボク☆ロケット
02. いつだって。
03. あなたにしかできないこと
04. 晴れ空のマーチ
05. Moshimo
06. スケッチブック
07. 夏めく坂道
08. ドレミ
09. 愛は散って ライライラライラ
10. せかいにひとつのフタリ
11. HAPPY
12. birthday
13. スノウドーム
14. クリスマスチキン feat.近藤晃央
15. コスモグライダー



【配信情報】
ダイスケ「コスモグライダー」先行配信中!

レコチョク
http://recochoku.com/s0/cosmoglider/
mora
http://mora.jp/package/43000001/4547366295641/
iTunes


ベストアルバム『THE BEST』iTunes

 

MUSIC VIDEO






 

SPECIAL INTERVIEW




-- 2月1日にリリースされるBEST ALBUM『THE BEST』ですが、シングルベストの他、ファンの投票を元に選曲された10曲、加えて人気曲のニューアレンジバージョンが4曲、新曲が1曲収録と、最大で29曲という超盛沢山な内容になっています!

ダイスケ:本当はね、ベスト・アルバム一枚に納めたかったんですけど、自分が出すときは今までの総集編にしたくなくて、ちゃんと新しいものも入れたいなと思って。で、色々考えていたら、たくさんアイデアが出て来ちゃって、結果一枚に収まりきらなくなっちゃったんですよ(笑)。なので、これから僕の音楽を聴いてくれようとする方には、名刺代わりの一枚になったと思うし、今までのファンの方も満足してくれる作品になったんじゃないかなと思います。

-- ダイスケさんが、初めてファン投票楽曲を見た時の感想はいかがでした?

ダイスケ:ファンのみんなが選んでくれた10曲って、僕が予想していた10曲とほぼ一致していたんですよ!投票を開始した時に、僕もファンの気持ちになってみようと思って、10曲選んで紙にメモしておいたんですけど、結果を見てみたらなかなかのドンピシャリで、順位の違いはあったんですけど、やっぱりこういう結果になるよなって。

-- 個人的には「音符の傘」や「流星」が入っているのが嬉しかったです。


ダイスケ:「音符の傘」と「流星」は、ファンのために書いた曲といっても過言ではないので、ちゃんと受け取ってくれているんだなって思うと、本当に嬉しかったですね。ファンの人と自分の好みが噛み合ってきたんだなって思えましたし。

 後、今このアルバム(収録曲)を見ていて思ったんですけど、シングル曲の歌詞って「自分はこうなりたい」っていうのが多くて。「いつだって。」だったら、ありのままの自分で生きたい。「あなたにしかできないこと」だったら、特別な自分になりたい。「晴れ空のマーチ」だったら、ちゃんと毎日を大切に生きたいとか、自分の願望や、希望、目標みたいなものを歌っているのがシングルなんですよね。なので、アレンジとかも必然的にちょっとこう・・・本当の僕は明るくなかったり、弱いところもあるけど、理想の自分になりたいという所で明るい曲が多くて。逆にアルバム曲やカップリング曲は、今の自分の内面を歌っていることが多いので。だからシングルとアルバム曲のギャップはちょっとあるんだなって・・・今気が付きました(笑)。

-- でも、そこがダイスケさんの魅力でもありますよね。

ダイスケ:明るいだけだとうさんくさいし(笑)。だから、対比と言うかちゃんと“陰”と“陽”をこのベストでは表現出来たんじゃないかなと思います。

-- ファンの方の選曲を見ると、そういうダイスケさんのこともしっかり理解されているんだなってことが伝わってきました。

ダイスケ:分かったうえで受け入れてくれているという。だから、ファンというより、家族、チーム、友達・・・ちょうどいい言葉は見あたらないですけど、絆はありますね。

-- 今回の収録曲を決めていくプロセスは、これまでのキャリアを振り返るきっかけでもあったと思います。そこで何か気付いたことはありますか?

ダイスケ:曲って、心の引き出しみたいもので、その当時の自分だったり生き様というものが出ていると思うんですよね。だから、恋をしていた時は恋愛っぽい曲を書いているし、人に認められたいなって気持ちが強い時は「あなたにしかできないこと」みたいな曲を書いているんですけど、こう改めて振り返って気づくと、僕の5年間って海外ドラマみたいにいくつかのシーズンに分かれるなって思って。

-- それはどんな感じで?

ダイスケ:例えば、1曲目から2曲目。「ボク☆ロケット」と「いつだって。」までは、ワンシーズンなんですよ。これはデビューしたてで何も分からない。路上で弾き語りで歌っていたのに、突然プロになってメジャーに飛び込んで、それでもがむしゃらになって何とかついて行こうとしているのが、この1枚目と2枚目のシングルで。今度三枚目からは、日本を旅し始めて。ミュージシャンということもありながら、旅人やテレビ・タレントをさせて頂いて。それが、3曲目から大体「夏めく坂道」あたりですかね。

 2ndシーズンが旅人時期だとすると、旅が終わり、ミュージシャンとして自分を確立したいと思って色々冒険や挑戦しているのが8曲目から14曲目まで、ここがチャレンジのシーズン。大体この3シーズンに分かれると思っているんですけど、ここからはまた新たなシーズンに突入したいなと思っています。

-- こうやって振り返ってみると、歴史を感じますよね。

ダイスケ:そうですね。特に3rdシーズンは迷っていたというか、色々縛られずに挑戦してみようと、チャレンジを重ねていた時期で。だから「ドレミ」のようなシンプルなバラードを作ったと思いきや、「愛は散って(ライライラライラ)」みたいなことをやってみたり。かと思いきや、10曲目の「せかいにひとつのフタリ」は、初めて楽曲提供をしていただいてみたり、毎回何か新しいチャレンジをしていた時期なんですよね。

-- 今のダイスケさんはどんなモードなんですか?

ダイスケ:2016年の終わりとともにサッパリして、今は何のしがらみもなく曲を作っていますね。ベスト・アルバムを出すのは、今までのものを全部吐き出して、まっさらな自分になるというか、いいスッキリ感があって!ここからは、ちょっと楽しいかもって思います。今までの経験もありますし。

 それと、ここまでの5年間を一言で言うなら、“自分探し”という言葉はちょっと安いんですけど、本当に自分は何をやりたいのかだとか、自分はどんな音楽が好きなのかだとか、自分の技術を高めるだとか、そういう経験と修行の5年間だった気がして。やっとこのベストを出して、ここから全部飲み込んで吐き出せる気がしているんですよね。

 まぁ、そうは言ってもアコースティック・ギターを持って歌うという根底の部分は変わらないので、ファンの方には安心してついて来て欲しいです。

-- ここから又5年間、10周年に向けて期待が高まっちゃいますね!

ダイスケ:10周年か~。(しみじみと)10周年の時は・・・そうか33歳なんですね(驚)!だったら10周年には日本武道館とか大きいところでやってみたいですね。やっぱり憧れなんで。後は、自分にしか出来ないジャンルも今後確立したいなと思っていて。それは、今回のベストに入っているリアレンジでも挑戦しているんですけど、“アコギ・ロック”ってジャンルを作りたいなって思っているんですよね。

 今回のリアレンジでいうと、「いつだって。 -ありのままの君 ver.- 」や「ボク☆ロケット -真夜中の宇宙 ver.-」みたいな感じですね。この2曲ってメロディはPOPでキャッチーなんですけど、今回のリアレンジではすごいアコギで難しいことをしていたりだとか。こういう所を突き詰めて行けたら、アコースティック・ギターのロックバンドじゃないですけど、面白いこと出来るんじゃないかなって。

-- 確かに!その世界観で表現されるダイスケさんの曲も聴いてみたいです!それにしても、今回のリアレンジは面白いことに挑戦していますよね。

ダイスケ:「あなたにしかできないこと」は、原曲はちょっとキラキラしていて、明るくて楽しい雰囲気を持っていますし、ライブでもずっと何年も歌っているんですけど、「あなたにしかできないことがあるんだよ!だから前向きに進んで行こうよ!」っていうメッセージって、原曲みたいに明るく声を張り上げて歌うもんじゃないかもなって思えた瞬間があって。

 どちらかと言うと、通勤や通学時、バスや電車に乗りながら遠くの景色を眺めていたり、ふと街を歩いていたりする時に、優しくみんなを包み込むような、木漏れ日のような存在であったほうが、この曲は良いのかもなって思って。なので、キーも一音下げて、優しく語りかけるようなアレンジにしました。

-- このリアレンジは、今の時代というか、2017年の空気感にあっていて、本当に素敵だと思いました!原曲とも違う優しさにも溢れていますし!正直リアレンジって原曲の方が良いってことが、往々にしてあると思うんですけど、この曲で覆されましたね。

ダイスケ:実は、僕もリアレンジって好きじゃなくて(笑)。好きなアーティストのリアレンジとか聴くと、大体原曲の方が好きってことが多いんですけど、曲って生み出した時が完成じゃないんだってことに、この5年で気づいて。そこからライブで何回も何回も歌うことで、言葉に自分の気持ちがドンドン入って行きますし。

-- 「いつだって。 -ありのままの君 ver.-」は、いかがですか?

ダイスケ:「いつだって。」は自分のことを歌った曲で・・・僕は人とコミュニケーションを取るのが苦手で、気を使って言いたいことも言えない、そんな性格なんですね。でも、そんな自分を認めながら、ありのままの自分でいたいっていうメッセージを込めながら歌っていたら、ライブでもどんどんお客さんが増えて来て、「わたしもそういう性格なんです」とか言われることが多くなってきて。その時に「いつだって 君の」の“君”は=僕だったんですけど、それがファンに変わったんですね。原曲はこの5年の間に成長していって、今では(ライブで)みんなで合唱する曲になったんですけど、その成長した部分もちゃんとパッケージにしたいなと思ったので、今回は“ありのままのあなたのバージョン”ということで、リアレンジしてみました。

-- 本当にファンの方と一緒に歩んできた軌跡が、この一曲に想いとなって込められているんですね。続く「ボク☆ロケット -真夜中の宇宙 ver.-」は、凝ったアレンジになっていますよね(笑)。

ダイスケ:ライブで再現するの大変だなって(笑)。特に「ボク☆ロケット -真夜中の宇宙 ver.-」は、本当に難しくてレコーディングの時はみんなでひぃひぃ言いながらやっていましたね。でも、原曲をリスペクトするという気持ちは残しているので、アウトロで「ボク☆ロケット」のメインのフレーズをピアノで一瞬弾いたりだとかはしています。

-- 「真夜中の宇宙 ver.」というのは?

ダイスケ:「夜中にヘッドフォンをしてギターをかき鳴らしながら感情を爆発させる!」というのが真夜中の宇宙バージョンです。簡単に言うと、「聴いてくれ!」という感情の爆発ですね(笑)。

-- (笑)。続く「Moshimo -あなたの残像 ver.-」は、最初聴いた時本当にビックリしました!

ダイスケ:そうですね、ジャンルが変わっちゃいましたからね(笑)。

-- でも、このバージョンを聴き始めてから、原曲の印象も変わってきちゃって。もしかしたら「Moshimo」って最初からこういう曲だったんじゃないかな?って思えた瞬間もあったんですよね。

ダイスケ:それは嬉しいですし、間違いではないのかなというのがあって。「Moshimo」って2つテーマがあるんですよ、自分の中で。元々「Moshimo」は、「NARUTO-ナルト- 疾風伝」のオープニング曲で、その時のテーマが“うずまきナルト”と“うちはサスケ”の決別だったんですけど、丁度この曲を書いているときにZIPPEIが亡くなってしまったんですよね。それで、最初は“ナルト”と“サスケ”の別れを書いていたはずなんですけど、だんだん僕とZIPPEIとの別れというテーマに気持ちが乗っかってきちゃって。

 だから、原曲のPOPなバージョンは、“ナルト”と“サスケ”の決別を描いたアニメ用のバージョンで、「あなたの残像 ver.」は、僕とZIPPEIの別れというメッセージを込めていて。だから、同じ歌詞で同じメロディなんですけど、別の曲といってもいいんじゃないかなって。

-- だからか、「Moshimo」っていう曲は元々双子だったんじゃないのかなぁって思ったんですよね。当時世に出たのは元々の「Moshimo」だったんですけど、実は同時に「あなたの残像 ver.」も、ダイスケさんから生まれていて、その時から存在していたんじゃないのかなって。それが今回たまたま「あなたの残像 ver.」として、日の目を見ただけで。

ダイスケ:そうですね・・・僕も双子だったんだと思います。この曲はリアレンジというよりも、在るべき形として昔から存在していた気がしますし、確かにライブでも何回かですけどバラードで歌ったことがあるので、全く自分の中にいなかった訳ではないんですよね。やっぱり・・・(双子として)いたんじゃないかと思います。

-- しかし、こうやって改めて見ても、印象深い4曲が揃いましたよね!

ダイスケ:この4曲は面白いなって自分でも思っていて、今までのファンの人にも「今から新しい一歩を踏み出すよ!」っていうメッセージにもなったんじゃないかなと思います。

-- いつか他の曲のリアレンジ・バージョンも聴いてみたいですね!

ダイスケ:僕もそれはやってみたくて!アイデアはたくさんあるんですよ!例えば「夏めく坂道」のボサノバとかもそうですし、「晴れ空のマーチ」は僕がバンジョーを弾いてカントリーっぽい、本当にほがらかな感じにしたいと思っているんですよ。けど、今回はこの4曲ということで、また楽しみに待っていて欲しいです。

-- 首を長くして待っています!そして今回はインディーズ時代の人気楽曲「コスモグライダー」も初収録されていますね!

ダイスケ:これはデビューする前、学生時代に八王子のストリートライブをやっていたころによく歌っていた曲です。この5年間でも3回くらいしか歌っていないので、知らない人の方が多いはずなんですけど、昔からのファンには人気のある曲なんですよね。元々はデビューしてすぐにリリースする予定だったんですけど、サビの「みんながみんな幸せにはなれない世界だとしても」という歌詞が暗いんじゃないかって、当時のスタッフから指摘されてしまって。僕としては「みんながみんな幸せにはなれない世界だとしても、僕が幸せにしてみせる」というポジティブな意味を込めていたんですけど、ちょうどこの時は東日本大震災の直後でしたし、被災された方々も大勢いらっしゃったりもして・・・それでこのメッセージは出せないなと、みんなで判断したんです。でもメロディは気に入っていたので、その後に何回か歌詞を書き直してみたんですけど、なかなかはまらなくて。それで、押し入れにしまったままの曲になってしまって。

-- そうなんですね。その大事にしまっていた曲を、再度出してみようと思ったキッカケは?

ダイスケ:去年渋谷で5daysのライブを行ったんですけど、「毎日同じ曲をやるものどうなのかな~?」って思っていたら、スタッフから「昔の曲をやってみたら?」って提案されたんですよね。その時に「あっ!そういえばコスモグライダーあったなぁ」って思いだしたので、スタジオで披露してみたらすごい反応が良くて。

 それで、今響くメッセージなのかなと思ってやってみたら、ファンの方からも好評で!学生時代に書いた曲なので、歌詞はいま読み返してみると拙い部分もあるんですけど、僕の中では好きな曲なので、今回滑り込みでベスト盤に収録しました。

-- この曲が入ることでまたこのベスト盤に一つ重みが出ましたよね。そして、今作ですが、アートワークも凝ってますよね!

ダイスケ:ありがとうございます!今回は打ち合わせに打ち合わせを重ねていますし、色も色々な種類のものを使っているんですけど、細かく僕の方から指定もさせてもらって。全体的なデザインとかモチーフは、アンディ・ウォーホルさんのような、レトロなPOPアートの雰囲気をイメージしながら作りました。

-- ダイスケさんは、今までのアートワークにもこだわりを見せていましたが、今回も最高に良いですね!

ダイスケ:今回は今までで一番好きかもしれないです。アートワークに関しては、昔からひとつ望みがあって、本当は自分が写りたくなかったんですよ。昔から絵を書くのも好きなんで、絵だけだったりとかPOPアートみたいなものにしたかったんですけど、だんだん5年を経てちょっとずつ自分の色も出せるようになって。今回は僕も写ってるんですけど、丁度いいところに落とし込めたんじゃないかなと思います。

-- 後、初回生産限定盤には、DVDも収録されているんですよね!

ダイスケ:はい、リアレンジ楽曲のレコーディング・ドキュメンタリーになっているんですけど、今までの僕だったらカメラを意識すると、にこやかに、さわやかに、ちょっと小粋なことも言ってみたいな感じだったんですけど、今回は本当レコーディングに集中していたので、後で見返した時に「あっ!?この時録ってたんだ」って思う位、カメラのことを全く意識していなくて。

 だから普段の生々しい姿が収録されていますし、「Moshimo -あなたの残像 ver.-」を歌っているときは、思わず涙してしまったんですよ。今回のDVDには、本当に僕の剥き出しの感情とありのままの自分が出ているので、是非みなさんにも見て欲しいです。

-- そして3月からは、ベストアルバムを引っ提げた「ダイスケ 5th Anniversary Tour 2017 No You No Live ~A NEW DEPARTURE~」が行われます!

ダイスケ:これは5周年イヤーの最後の締めくくりなので、「今までのありがとう」と「これからのこんにちは」を見せられたら良いなぁと思います。今、まさに考えている真っ最中です。

-- 最後に改めてBEST ALBUM『THE BEST』の魅力についてお願いします。

ダイスケ:
今までの自分、これからのビジョン、全てを詰め込み過ぎて、吐き出し過ぎて、今抜け殻なんですよ(笑)。でも、それ位濃厚なダイスケを詰め込んだ作品になっていますので、是非ゆっくりとちょっとずつ味わって欲しいです。

 そして、春からはギター一本弾き語りで、全国ツアーも行いますので、また皆さんと各地でお会いできるのを楽しみにしています!待ってくれているファンの皆さんにも、しっかりと気持ちを届けたいです。

-- それは楽しみですね!今日はお忙しい中ありがとうございました!

(文:篠原 友)

 

LIVE INFORMATION

■リリース記念イベント

リリースイベントに関しての参加方法や詳細はこちらでご確認ください。
http://www.daisuke-music.com/info/archive/?477452

【日時】2017年2月1日(水)19:00~ 
【内容】ミニライブ+特典会  ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(東京都)タワーレコード池袋店 店内
【イベント参加券配布対象店】(東京都)タワーレコード池袋店
【お問い合わせ先】:タワーレコード池袋店 03-3983-2010(11:00~20:00)

【日時】2017年2月2日(木)19:00~ 
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(東京都)タワーレコード錦糸町店 店内
【イベント参加券配布対象店】(東京都)タワーレコード錦糸町店
【お問い合わせ先】:タワーレコード錦糸町店 03-3621-8601(10:00~21:00)

【日時】2017年2月3日(金)19:00~ 
【集合】18:45 2階エレベーター横
【内容】特典会のみ
【会場】(東京都)SHIBUYA TSUTAYA 2F特設イベントスペース
【イベント参加券配布対象店】(東京都)SHIBUYA TSUTAYA
【お問合わせ先】:SHIBUYA TSUTAYA 03-5459-2000(10:00~ 26:00)

【日時】2017年2月4日(土)19:00~
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(神奈川県)タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース
【イベント参加券配布対象店】(神奈川県)タワーレコード横浜ビブレ店
【お問合わせ先】:タワーレコード横浜ビブレ店 045-412-5601(11:00~22:00)

【日時】2017年2月5日(日)18:30~ 
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
【イベント参加券配布対象店】(東京都)タワーレコード渋谷店

【日時】2017年2月11日(土)14:00~ 
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(愛知県)アスナル金山 明日なる!広場
【イベント参加券配布対象店】(愛知県) 新星堂アスナル金山店、タワーレコード名古屋近鉄パッセ店、タワーレコード名古屋パルコ店、HMVイオンモール岡崎、HMVイオンモール木曽川、名豊ミュージック豊橋本店
【お問合わせ先】:㈱ソニー・ミュージックマーケティング名古屋オフィス TEL:052-221-8735(平日10:00~17:00)

【日時】2017年2月12日(日)12:00~ 
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(福岡県)キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
【イベント参加券配布対象店】(福岡県) 新星堂 キャナルシティ博多店
【お問合わせ先】:新星堂 キャナルシティ博多店 092-263-6686(10:00~21:00)

【日時】2017年2月18日(土)16:00~
【内容】ミニライブ+特典会 
【会場】(大阪府)タワーレコード梅田NU茶屋店 店内
【イベント参加券配布対象店舗】タワーレコード梅田NU茶屋店
【お問い合わせ先】タワーレコード梅田NU茶屋店  TEL:06-6373-2951(11:00~23:00)

【日時】2017年2月19日(日)18:00~(集合時間 17:30予定)
【内容】ミニライブ+特典会 ※ミニライブはフリーで観覧できます。
【会場】(東京都)タワーレコード新宿店 店内7Fイベントスペース
【イベント参加券配布対象店舗】タワーレコード新宿店
【お問い合わせ先】タワーレコード新宿店 03-5360-7811(11:00-23:00)

【ダイスケ 5th Anniversary Tour 2017 No You No Live ~A NEW DEPARTURE~】

2017/3/17(金) 名古屋 場所:ell.FITS ALL 開場18:30 開演19:00
2017/3/19(日) 大阪 場所:ROCKTOWN 開場16:30 開演17:00
2017/3/26(日) 東京 場所:WWWX 開場16:00 開演17:00

チケット料金:前売り¥4500(税込み/ドリンク代別) 全席自由
一般発売中
備考:入場制限:4歳以上チケット必要

【ダイスケ Acoustic Journey 2017】
6月19日(月)福島Player's Cafe
6月20日(火)山形Sandinista
6月21日(水)宮城SENDAI KOFFEE CO.
6月23日(金)岩手the five morioka
6月24日(土)青森AOMORI SUNSHINE
6月26日(月)茨城ライブラリーカフェ 然々
6月28日(水)山梨ウエストマウンテン
6月30日(金)京都SOLE CAFE
7月1日(土)京都SOLE CAFE
7月3日(月)岡山城下公会堂
7月4日(火)広島LIVE JUKE
7月6日(木)山口スターピアくだまつ(展示ホール)
7月8日(土)福岡ROOM
7月9日(日)長崎Ohana Cafe

 

PROFILE

ダイスケ
1988年 3月4日生まれ 神奈川県湘南出身。
日本テレビ系 情報エンタテインメント番組「ZIP!」内コーナー「ZIP!スマイルキャラバン」にレギュラー出演開始と共にその名前とキャラクターを一気に全国に広げた。2017年2月1日には初となるベストアルバム「THE BEST」をリリース!さわやか且つどこかほっとけない雰囲気と、一度聴いたら耳に残る特徴のある歌声を持つ 期待の新星シンガーソングライター。

 

LINK

ダイスケ オフィシャルサイト
http://www.daisuke-music.com

2017/02/01-12:23:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

ダイスケの「コスモグライダー」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...