w-inds.

デビュー15周年イヤーも進化を続けるw-inds.が、2017年第1弾となるニューシングルを発売!動画コメント掲載してます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

w-inds.

PICK UP DISC

シングル38作目となる今作は、橘慶太による作詞・作曲・編曲のセルフプロデュース。
ボーカルドロップが特徴的なダンスナンバー!


2017年1月11日(水)発売シングル
w-inds.「We Don’t Need To Talk Anymore」
(日本テレビ系「バズリズム」1月オープニングテーマ!)


w-inds.「We Don’t Need To Talk Anymore」 初回盤A【初回盤A】 [CD+DVD]
PCCA-04470/本体価格¥1,389+TAX 【税込1,500円】
amazon
[CD]
01. We Don’t Need To Talk Anymore
02. Again
03. We Don’t Need To Talk Anymore (Instrumental)
04. Again (Instrumental)
[DVD]
01. We Don’t Need To Talk Anymore Music Video
02. The Making of We Don’t Need To Talk Anymore Music Video

w-inds.「We Don’t Need To Talk Anymore」 初回盤B【初回盤B】 [CD+DVD+スペシャルブックレット]
PCCA-04471/本体価格¥1,389+TAX 【税込1,500円】
amazon
[CD]
01. We Don’t Need To Talk Anymore
02. Again
03. We Don’t Need To Talk Anymore (Instrumental)
04. Again (Instrumental)
[DVD]
01. The Documentary of October – November 2016
・「We Don’t Need To Talk Anymore」ジャケット撮影
・15th Anniversary LIVE TOUR 2016 “Forever Memories” スペシャルブック撮影
・15th Anniversary LIVE TOUR 2016 “Forever Memories” 香港公演のバックステージ
[ブックレット]
スペシャルフォトブックレット(20ページ)封入

w-inds.「We Don’t Need To Talk Anymore」 通常盤【通常盤】 [CD Only]
PCCA-70497/本体価格¥926+TAX 【税込1,000円】
amazon
[CD]
01. We Don’t Need To Talk Anymore
02. Again
03. We Don’t Need To Talk Anymore (Instrumental)
04. Again (Instrumental)


「We Don’t Need To Talk Anymore」
Words : Keita Tachibana
Music : Keita Tachibana
Track Produced by Keita Tachibana
Produced by Keita Tachibana

「Again」
Words : Keita Tachibana
Music : Keita Tachibana, NXlll
Track Produced by Keita Tachibana, NXlll
Produced by Keita Tachibana

 

MUSIC VIDEO


 

MOVIE COMMENT


w-inds.の皆様よりMusic Loungeをご覧の方へメッセージをいただきました!

 

PROFILE

 

w-inds.(ウインズ)w-inds.(ウインズ)は、ヴォーカル・ダンスの橘 慶太と、コーラス・ラップ・ダンスの千葉 涼平、緒方 龍一からなる3人組ダンスボーカルユニット。

2000年11月から毎週日曜日、代々木公園や渋谷の路上でストリートパフォーマンスを開始。口コミで瞬く間にその旋風は拡がりを見せ、デビュー直前には渋谷ホコ天に8,000人を動員。そして満を持して2001年3月14日にシングル「Forever Memories」でデビュー。同年リリースされた1stアルバム「w-inds.~1st message~」はオリコンチャート1位を記録。その功績が認められ第43回日本レコード大賞最優秀新人賞に輝く。

2002年シングル「Another Days」「Because of you」、2003年「SUPER LOVER~I need you tonight~」「Long Road」、2005年アルバム「ageha」はオリコンチャート1位を記録。また、シングルオリコンチャート35作連続TOP10入りを果たし続けている。

これまでに日本レコード大賞 金賞7回、最優秀作品賞1を受賞し、NHK紅白歌合戦には6回出場と、実力・人気を不動のものとした。

毎年全国ツアーを実施し、各地でw-inds.旋風を巻き起こしている。2002年~2015年の14年間で行われた単独公演は508公演を数え、総動員数は150万人を突破した。

その活躍は、台湾・香港・韓国・中国・ベトナムなど東南アジア全域に拡がり、海外でも数々の賞を受賞。台湾ではアルバム4作連続総合チャート1位を記録。日本人として初の快挙を達成。香港でもIFPI香港トップセールス・ミュージックアワードにてベストセールス・リリース日韓部門でアルバム12作連続受賞という史上初の快挙も成し遂げ続けている。
2015年にザ・ベネチアン・マカオ コタイ・アリーナにて開催された第19回 China Music AwardでAsian Most Influential Japanese Singer(アジアで最も影響力のある邦人アーティスト)を受賞。日本人男性アーティストで初の栄冠を手にした。香港では長年にわたる香港・マカオでのJ-POP普及に寄与した功績が認められ、在香港日本国総領事館総領事より「在外公館長表彰(総領事表彰)」を授与。

海外での単独公演はこれまでに台湾7公演、上海2公演、香港7公演を開催。

21世紀という新しい時代に日本を中心に、世界中へ新しい風を巻き起こし続けている、男性ダンスボーカルユニット―――それがw-inds.である。

 

LINK

w-inds. オフィシャルサイト
http://www.w-inds.tv

2017/01/10-16:00:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

w-inds.の「We Don’t Need To Talk Anymore」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...