加藤ミリヤ

「これは1つの“愛”の物語。」ミリヤが送る“愛”のメッセージソングが完成!スペシャル・インタビューもあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

加藤ミリヤ

PICK UP DISC

「これは1つの“愛”の物語。」
“愛”の不思議…それは『最高なしあわせ』を感じる時もあれば、愛する人とのかけがえのない『愛の国』を見つけその国の中で生きることもある。悲しいことにその“愛”が『幻』になることさえあるのだ。しかし未来の愛も、現在の愛も、過去の愛も、私たちを強くすることに変わりはない。ミリヤが送る“愛”のメッセージソングが完成!

加藤ミリヤ ニュー・シングル「最高なしあわせ」初回生産限定盤
初回生産限定盤
加藤ミリヤ ニュー・シングル「最高なしあわせ」通常盤
通常盤
加藤ミリヤ
ニュー・シングル「最高なしあわせ」
発売日:2016年12月7日(水)


【初回生産限定盤】(CD+DVD)
¥1,574+税 / SRCL-9188~9189

【初回仕様限定/通常盤】 (CD ONLY)
¥1,204+税 / SRCL-9190


<収録楽曲>
1. 最高なしあわせ
2. 愛の国
3. 幻
4. 最高なしあわせ-Drama exclusive mix-

<DVD収録内容>
最高なしあわせ -Music Video-

iTunes

 



加藤ミリヤ、7万人を動員したツアー“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016がDVD・BD化決定!
“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016のテーマは、その名の通り“自由”。
楽しみ方は自由、そして自分のやりたいこと、目標に制限を付けず、自由に生きていこうという意味が込められている。アルバムの曲は勿論のこと、ヒット曲「ディア・ロンリーガール」「今夜はブギーバック」「HEART BEAT」など全22曲、約2時間の、加藤ミリヤ流エンタテインメントショーが収められる。スペシャルゲストとして、ダンスシーンで圧倒的人気を誇るグループ・東京ゲゲゲイ、ストリートダンスの世界大会で優勝経験をもつダンサーと、独自のフロウで魅せるSHUNが所属するダンスボーカルグループBeat Buddy Boiとのコラボレーションパフォーマンスを披露しており、その映像も収録される事が決定。


加藤ミリヤ 「“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016」初回生産限定盤
初回生産限定盤
加藤ミリヤ 「“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016」通常盤
通常盤
加藤ミリヤ
「“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016」
2017.1.11 Release


<初回生産限定盤>
【DVD+CD】 SRBL-1731~32 / ¥6,900+tax 
・LIVE CD 初収録
・ポスター型ブックレット仕様
・スリーブケース 

【BD+CD】 SRXL-113~14 / ¥7,900+tax
・LIVE CD 初収録
・ポスター型ブックレット仕様
・スリーブケース 


<通常盤>
【DVD ONLY】 SRBL-1733 / ¥5,000+tax

【BD ONLY】 SRXL-115 / ¥6,000+tax


<DVD・BD収録内容>
01. Opening
02. WANNA BE
03. ディア ロンリーガール
04. I miss you
05. FASHION
06. Lonely Hearts with 東京ゲゲゲイ
07. MIRROR MIRROR - Interlude-
08. LIBERTY
09. This is my party
10. Love/Affection
11. うたかたの日々
12. Never Call Me Again
13. THE LIBERTY ANTHEM
14. H.I.K.A.R.I.
15. 女神の光 feat. 牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)
16. 東京ゲゲゲイ PERFORMANCE
17. 天国のドア
18. Want You Back
19. Love is...
20. CLIMAX - Interlude-
21. 少年少女
22. リップスティック
23. 今夜はブギー・バック
24. Higher
25. HEART BEAT
26. ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう-
27. FUTURE LOVER -未来恋人-

<LIVE CD収録内容>
1. WANNA BE
2. ディア ロンリーガール
3. I miss you
4. FASHION
5. LIBERTY
6. This is my party
7. Love/Affection
8. うたかたの日々
9. H.I.K.A.R.I.
10. 女神の光 feat. 牧宗孝(MIKEY from 東京ゲゲゲイ)
11. Want You Back
12. 少年少女
13. リップスティック
14. Higher
15. HEART BEAT
16. ピース オブ ケイク -愛を叫ぼう-

 

MUSIC VIDEO


 

SPECIAL INTERVIEW




-- 2016年も終盤に差し掛かってきましたね。今年は3月にニュー・アルバム『LIBERTY』をリリースし、その後は7万人を動員した全国22都市24公演のツアーも行いました!例年精力的に活動している印象が強いミリヤさんですが、今年も凄まじい活躍でしたね!

加藤ミリヤ:いつもは一年の中で、ひと月まるまるライブしない月とかあるんですけど、今年はどの月もライブを1本以上やらせてもらっていたので、体調管理はすごいしていましたね。

-- ミリヤさんといえば、プライベートの旅行先でもトレ-ニング・ウェア持っていく位、自己管理を徹底していますもんね。

加藤ミリヤ:全世界のジムを行くっていう(笑)。

-- さすがだなって思って(笑)。普通の人は旅先でジムとか行かないですしね。

加藤ミリヤ:だからか空いていますよ(笑)。インドのジムとかマジで誰もいなかったですもん。

一同:(笑)。

-- もう12月にもなり年末も近づいてきましたが、2016年はミリヤさんにとってどんな一年でしたか?

加藤ミリヤ:2016年って、わりと2017年のためにあったなって思う。だから2017年を楽しみにしている感じで。自分の流れが変わっているのがすごい分かって。それに対応しながら、みんなが自分のためにたくさん力を貸してくれるから、それを思いながら2017年に向けて頑張っている感じで。

 それは、なんで今回「最高なしあわせ」かってことにつながっているんですけど、前作の『LIBERTY』で『掴み取った自由…色んなことを乗り越えた自由…未だかつてない自由』という事を表現したんですけど、そこはとても満足していて。なので、次に同じ世界観をメッセージとして送るという事は違うなって思ったし、逆に今回は誰が聴いても「なんかいい歌だね、これ」って言ってくれるようなスタンダードをやりたいと思って。それこそ、若い子だけじゃなく、おじいちゃんやおばあちゃんが聴いても良い曲だねって言ってくれる曲を作るのが、次の自分のフェーズだなって。

 世の中の音楽を見渡してみても、今っていっぱい色々な音楽があって。そんな中でも、自分が尊敬している中島みゆきさんのような、日本人として「なんか、しみるね~」とか「良い歌だね~」と思えるものを自分でも聴きたいし、作るべきだと思ったんですよね。

 後、わたし最近玉置浩二さんのライブによく行っているんです。一人でも行く位めっちゃ好きなんですよ。こういう歌を歌えるようになりたいなって。

-- 時代を超えて愛されるような?

加藤ミリヤ:はい。声を聴くだけで涙が出てくるような、そんな歌が歌えるようになりたいと思って。玉置さんのライブを見たときに、わたしがやりたいのはこれかもって思ったんですよね。それから「最高なしあわせ」の制作にとりかかり始めました。

-- 今回リリースされる『最高なしあわせ』ですが、まるで3曲で1つの愛の物語を表現したようなコンセプトになっていますよね。

加藤ミリヤ:最終的にそうなったという感じで・・・最初はスタンダードなこと、普遍的な曲、それこそ自分が一番苦手だと思っていたことをやろうと思って。今まではトラックも派手で、個性を追及していくというのが自分の曲の作り方だったから、全然それとは違うし、すごい挑戦な気がして。いかに歌をストレートに届けるかということを考えると、音数は必然的に少なくなるし、難しいなと思ったんですけど、先ずはやってみようって。

 それで、最初に「愛の国」を作ったんですよね。叶わない恋を表現してみたんですけど、そういう曲を書けるのもわたししかいないって思って。それで自分なりにスタンダードっぽく作ってみて。その後、自分の中でまた別のモノを作ってみたいと思っていたら、自然とサビの「最高なしあわせ」という言葉とメロディが出て来たので「あっ!最高なしあわせって曲を書こう」と思って。そうやって曲を作ることは普段あまりないし、サビ頭の歌詞がタイトルになるっていうのも、わたしの曲の中ではめずらしくて。それでしあわせの絶頂を表現するような曲が出来たので、次はギターで曲を書いてみて。

 最近の自分の曲の作り方として、先にギターでコードだけ決めちゃうとわりとメロディが単純に作れるってことに気付いて。いつものようにトラックを先に作りこんじゃうと、言葉もいくらでも詰め込めるし、ノリで歌えちゃうから、言葉が詰まっちゃったり、難しくなりがちで。でも、ギターを弾きながらだとシンプルなメロディが作りやすくて、そうやって作った中のお気に入りが今回3曲目に収録された「幻」です。

 それで終わった後に振り返ってみると、「一つのストーリーになっているかも?」って気づいて。「最高なしあわせ」でしあわせなときがあって、「愛の国」でそうじゃないかもと思い始めて、「幻」でその恋が終わってしまい懐かしく思っている。そういう3部作になりました。

-- 「リップスティック」を経て『LIBERTY』をリリースしたからこそたどり着いた境地だと思いました。ここからまたミリヤさんの第二章が始まる気がしていて。

加藤ミリヤ:そういうモードには今はなっています。なので、自分でも模索しつつ、色々なタイプの曲を作っている最中です。今までは自分の感覚とセンスだけで曲を作っていたのですが、今は一聴しただけで歌詞が分かるとか、歌いやすい、口ずさみやすい、そういうことをすごく考えながら曲を作っているので、結構時間かかっちゃって。今までは自分の中でやり方が出来上がっているので、すぐ曲も出来ていたんですけど、そうじゃないやり方なので、一つ一つ整理しながら、確認しながらみたいな感じです。

-- しかし、ミリヤさんから「しあわせ」と付くタイトルが出て来たこと、それ自体が衝撃的でした。

加藤ミリヤ:そうですね、自分でも「しあわせ」って言葉あまり好きじゃないって思っていました。

-- ミリヤさんの、こういうストレートなアプローチって逆に新鮮ですよね!

加藤ミリヤ:確かにそうかも~(笑)。嬉しいです。

-- 「ミリヤさんの歌を聴いているときが”最高のしあわせ”です」という、ファンからのメッセージもインスタにありましたが、ミリヤさん自身が普段の生活の中で”最高のしあわせ”を感じる瞬間は?

加藤ミリヤ:わたし目覚めがめちゃくちゃ良いんですよ、こう見えて(笑)。

-- 意外ですね(笑)。

加藤ミリヤ:みんなわたしに「あ~、起きるのヤだな」って、なかなか起きないようなイメージを持ってると思うんですけど、全くないんですよ(笑)。だから、目覚ましがなくてもパッと起きて「あっ、朝だ!」ってなると、その日一日ハッピーですね。気持ちいいなって思います。

-- そして話はガラっと変わりますが、2017年1月11日には「“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016」のDVD・BD化が決定しています!

加藤ミリヤ:出ます!最高傑作です。

-- 今振り返ってみて、今回のツアーはいかがでしたか?

加藤ミリヤ:最高でしたね。めったにないのですが、自分で自分を褒めたいと思います。ライブをしていると、自分が作っているとはいえ、正面から見ることはないんですよね(笑)。

-- 確かに(笑)。

加藤ミリヤ:いつもはツアーが終わった後にDVDに編集してもらって、「あそこはこうしておけば良かった」とか思うことが多かったんですけど、今回は特になくて。これはこの時のベストだったなって思えたので。映像も綺麗だし、歌と演奏のパフォ-マンスもすごい良かったので、今回初めてライブCDも初回盤の特典に入れました。

-- ライブCDを付属したのは初めて?

加藤ミリヤ:初めてです。音でも楽しんで欲しいって気持ちがあって。後、わたしのライブは派手なので、ライブ映像を見ちゃうと耳に入ってくる情報よりも、目から入ってくる情報がすごい多くて。それがわたしのライブのスタイルではあるんですけど、今回は音もすごく良いから、映像なしで音だけでも楽しめるCDも入れてみようって。

-- 後、ミリヤさんのファンの中には「『“DRAMATIC LIBERTY” tour 2016』に行けなかった~(泣)」という方も多いと思うんですよ。そんなファンの方たちに、このライブDVDの見どころを教えてください。

加藤ミリヤ:ハイライトとして、わたしは「H.I.K.A.R.I.」という曲がすごく気に入っていています。なぜかこの曲をパフォーマンスすると、ウチのスタッフもみんな笑顔になって「良いね~」って言ってくれるんですよ。みんな何回も聴いているはずなんですけどね・・・不思議だなって。だから多分見てくれる人もほっこりしてくれるんじゃないかなって。

 後は、「Lonely Hearts」という曲で東京ゲゲゲイという、わたしの大好きなダンサー達とコラボレーションしているのですが、それもすごい素敵です。わたしも付き合い長いので、いつか形にしたかったというのがあったんですけど、ファンの子たちにはもう知られているみたいで、出て来た瞬間すごい「キャー!」って歓声が上がったので嬉しいなぁと思って。

-- そして、12月10日からFCメンバー限定スペシャルライブ「加藤ミリヤ Loveheart Club & Mobile会員”MILIYAH” 限定ツアー"歌の会 Vol.1” 2016 冬」が行われますね!2016年1月にスタートしたオフィシャルファンクラブ「MILIYAH loveheart Club」ですが、感触はいかがですか?

加藤ミリヤ:感触としては・・・大変です(笑)。ファンの子たちは全部ミリヤがやってるってことを望んでいるから、全部自分の責任編集でスケジュールの合間を見ながらやっています。後、毎週動画配信もしているんですよ。日常の風景だったり、ライブレポだったり、後は「みい散歩」っていうのもやっていて(笑)。

-- (笑)!すごいじゃないですか!そんなこともやっているんですね!

加藤ミリヤ:こないだは吉祥寺を散歩して(笑)。後は仙台をロケしたりとか、そういうのもやってるんですよ。この前は30人くらいで誕生日を祝ったりもしましたし。

-- それはファンの子たちは嬉しいでしょうね!

加藤ミリヤ:だと嬉しいです!後、歌の会は着席でみてもらおうと思っています。今までのわたしのライブスタイルからは考えられないと思うんですけど、立たなくて良いよって。舞台を見に来るようなイメージで来て頂ければ。歌を聴いてもらう会なので、一切踊らないですし、アレンジも変えているし、普段はやらないような曲をいっぱいやろうと思っています。

-- そんなにお得なファンクラブなら、僕も入会してみたいです(笑)。

加藤ミリヤ:是非(笑)。すごい一生懸命やっているので、楽しいと思います!最近は私服のプレゼントもしましたし、当選者の1人には直接届けに行ったんですよ。

-- ええっ!それはすごいですね。もっとプロモーションした方が良いですよ(笑)。

加藤ミリヤ:今度スタッフにお願いしてみます(笑)。

-- では最後にニュー・シングル『最高なしあわせ』を待ち望むファンのみなさんにメッセージをお願いします。

加藤ミリヤ:いつも聴いて下さっているみなさん、応援して下さっているみなさん、ありがとうございます。今回の『最高なしあわせ』は、愛の三部作になっていて、誰が聴いても「心が温かくなるね、セツナイね」ってシンプルに思ってもらえるような曲を書きたいと思って作りました。愛こそ全てなんだなって感じてもらえる一枚になっていると思いますので、是非聴いてみてください。

-- ありがとうございました!


(文:篠原 友)

 

LIVE

FCメンバー限定スペシャルライブ
「加藤ミリヤ Loveheart Club & Mobile会員 ”MILIYAH” 限定ツアー"歌の会 Vol.1” 2016 冬」

・2016年12月10日(土) (東京)東京 ドームシティホール
・2016年12月16日(金) (大阪)Zepp Namba
・2016年12月19日(月) (愛知)Zepp Nagoya

 

PROFILE

加藤ミリヤ加藤ミリヤ

1988年生まれのシンガーソングライター。
2004年に「Never let go / 夜空」でデビューするとリアルで等身大な歌詞とメロディセンス、生きざまが支持され瞬く間に“女子高生のカリスマ”として注目を集めた。ファッションデザイナーとしても活躍する彼女の髪型やメイク、ファッションを真似する“ミリヤー”現象を巻き起こし、『VOGUE JAPAN WOMAN OF THE YEAR 2010』に選ばれる。現在は小説家としても才能を発揮。
デビュー10周年を経て、現在も現代女性の愛や葛藤を歌い続け、“時代の代弁者”と呼ばれている。

 

LINK

・Official HP
http://miliyah.com
・Instagram
http://instagram.com/miliyahtokyo
・Official YouTube Channel
https://www.youtube.com/user/miliyahSMEJ/featured

2016/12/05-10:50:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

加藤ミリヤの「最高なしあわせ」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...