『疾風ロンド』

雪山に隠された生物兵器。犯人死亡。人質は全日本国民。頼みの綱は頼りない中年男!? 東野圭吾のベストセラー“笑撃”サスペンス小説が阿部寛主演で待望の映画化。予測不能! スピード&ユーモアが交錯する、映画史上かつてない“疾風怒濤ムービー”が誕生! 主題歌はB’zの新曲「フキアレナサイ」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真2013年に発表され瞬く間に100万部超の大ヒットとなった、日本を代表するミステリー作家・東野圭吾の長編小説「疾風ロンド」。本人をして「映像化はおそらく無理であろう」と言わしめた作品が、遂に映画化。長野県・野沢温泉スキー場(原作では架空の「里沢温泉スキー場」)に隠された違法生物兵器をめぐり、全日本国民の命運を賭けた事件は、想像を超えたクライマックスを迎える。
主人公の医科学研究所員・栗林を演じるのは、『テルマエ・ロマエ』などで数々の映画賞を受賞し、その強烈な個性と圧倒的な存在感で観る者を魅了する阿部寛。そして、栗林の捜索をサポートするスキー場のパトロール隊員・根津を関ジャニ∞の大倉忠義が、根津と共に捜索に協力するスノーボードクロス選手・千晶を元AKB48の大島優子が演じる。さらに、柄本明、ムロツヨシ、戸次重幸、麻生祐未、生瀬勝久ら個性的かつ豪華な俳優陣に加え、志尊淳、濱田龍臣、久保田紗友、望月歩、前田旺志郎ら今後活躍が期待される若手俳優など、バラエティ豊かなキャストが集結した。監督は、NHKのバラエティ番組「サラリーマンNEO」や社会現象まで巻き起こした連続テレビ小説「あまちゃん」など、演者の絶妙な“間”を切り取り、柔軟な発想と感性でのびやかなユーモアを描き出す吉田照幸。
広大な白銀の世界を舞台に、サスペンス、アクション、コメディと様々な要素が突風のごとく駆け抜けるスピード感と、二転三転する予測不能の展開。映画史上かつてない“疾風怒濤ムービー”がここに誕生した!

 

STORY

拡散すれば大量死となる危険な違法生物兵器「K-55」が医科学研究所より盗まれる。犯人から届いた脅迫メールには、3億円の要求と「K-55」が隠された場所を示すテディベアの写真が添付されていた。犯人は研究所を解雇された葛原(戸次重幸)という元研究員。慌てふためく主任研究員・栗林(阿部寛)と所長・東郷(柄本明)の元に、警察から一本の電話が。「葛原が、死んだ…?!」 違法生物兵器であるが故、何としても秘密裏に処理しなければならない。しかも、残り4日で大惨事が起きてしまうことが判明。その無理難題を押し付けられた栗林は、僅かな手掛かりである葛原の遺品から辿り着いた、日本最大級の野沢温泉スキー場へと捜索に向かった。しかし、20年ぶりのスキーに大苦戦する栗林は、豪快に転倒し足首の靭帯を損傷してしまう……。彼を救助したパトロール隊員・根津(大倉忠義)とスノーボードクロス選手の千晶(大島優子)は、栗林の奇行に疑念を抱くも、咄嗟に出た嘘がきっかけで捜索に協力してくれることになったのだが――。

 

DATA

『AMY エイミー』オリジナル・サウンドトラック監督:吉田照幸
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
原作:東野圭吾「疾風ロンド」(実業之日本社刊)
エグゼクティブプロデューサー:重松圭一
プロデューサー:栗生一馬、沖貴子
撮影:佐光朗
音楽:三澤康広
主題歌:B'z「フキアレナサイ」
出演:阿部寛、大倉忠義、大島優子、ムロツヨシ、堀内敬子、戸次重幸、濱田龍臣、志尊淳、野間口徹、麻生祐未、生瀬勝久、望月歩、前田旺志郎、久保田紗友、鼓太郎、堀部圭亮、中村靖日、田中要次、菅原大吉、でんでん、柄本明 ほか
2016年/日本/109分
配給:東映
11月26日(土)より、全国ロードショー!
公式サイト:http://www.shippu-rondo-movie.jp


MUSIC

「フキアレナサイ」B'z
発売未定

「この楽曲を置いて他にない」と主演の阿部寛が絶賛したB’zによる主題歌は、吉田照幸監督がB’zのファンであることから実現したもの。「ロックでギターリフがカッコいい曲を書く、日本で一番心に残るメロディを歌う人」という吉田監督の希望によって、B’zにオファーをしたところ、これを快諾。「フキアレナサイ」は本作『疾風ロンド』のために書き下ろされた主題歌として誕生した。

■B’z(松本孝弘、稲葉浩志)コメント
『疾風ロンド』の原作を読んで、派手で時折滑稽な場面もある活劇のなかに、登場人物が自分の進むべき道を信じ葛藤する気持ちが細やかに描かれているのが非常に印象に残りました。そんな心理状態と、激しく舞う雪を重ね合わせて、この「フキアレナサイ」を創りました。迫力ある映像、ストーリーとともにお楽しみ下さい。

B’zオフィシャルサイト:http://bz-vermillion.com

 

 

2016/11/18-10:15:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...