『聖の青春』

「東の羽生、西の村山」 かつて天才・羽生善治を追い詰めた棋士がいた。病と闘いながら全力で駆け抜けた、わずか29年の生涯。命とひきかえに、すべてを目の前の一手に捧げた薄命の棋士・村山聖が蘇る――。奇跡の実話が松山ケンイチ主演で完全映画化。主題歌は秦基博の描き下ろし「終わりのない空」。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

映画メイン

 

INTRODUCTION

映画場面写真天才・羽生善治と「東の羽生、西の村山」と並び称されながら、1998年8月、29歳で夭折した実在の棋士・村山聖(さとし)。自らの命を削りながら将棋を指し、病と闘いながら全力で駆け抜けた“怪童”の壮絶な一生。本作は、聖が短い余命を覚悟し「どう死ぬか、どう生きるか」に対峙した最期の4年間の姿にフォーカスして描く。原作は数多くのブックレビューで五つ星を獲得、「感涙の名作」「勇気が湧いてくる」など絶賛コメントが寄せられる、大崎善生の処女小説にして大傑作。
主人公の村山聖を演じるのは、松山ケンイチ。驚異的な役作りで精神面、肉体面の両方から村山聖の真実にアプローチし、その静かだが鬼気迫る熱演には誰もが圧倒されるだろう。聖の最大のライバルであり、本作の“ヒロイン”ともいわれる羽生善治を演じるのは、東出昌大。聖の弟弟子・江川貢に染谷将太、聖を支えた師匠・森信雄にリリー・フランキー、母・村山トミコに竹下景子。そして、安田顕、柄本時生、鶴見辰吾、北見敏之、筒井道隆ら豪華キャスト陣が脇を固める。また、主題歌を手がけるのは、多くのファンを惹きつける秦基博。本作のために書き下ろした、力強くも儚い楽曲が物語をよりドラマティックに演出する。監督は『ひゃくはち』『宇宙兄弟』のヒットが記憶に新しい俊英・森義隆。人間の知の限界に挑戦し続けた伝説の将棋指しの人生を、家族、師弟、ライバルたち周囲から愛された記憶と共に、愛情豊かに描き出す。
企画から10年――村山聖の生涯に感銘を受け集まった最高のキャストとスタッフが“本質”を“本気”で突き詰め、ここに心揺さぶる感動作が誕生した。

 

STORY

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖 七段(松山ケンイチ)は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠(リリー・フランキー)の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼い頃から何をおいても将棋に懸けてきた聖を見ている森は、背中を押す。
東京――。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、彼の将棋に対する情熱を理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の天才棋士・羽生善治(東出昌大)が前人未到のタイトル七冠を達成。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は「名人」になるため一層将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかった。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた……。

 

DATA

『AMY エイミー』オリジナル・サウンドトラック監督:森義隆
脚本:向井康介
原作:大崎善生「聖の青春」(角川文庫/講談社文庫刊)
エグゼクティブプロデューサー:井上伸一郎
プロデューサー:野副亮子、武田吉孝、永井拓郎
撮影:柳島克己
音楽:半野喜弘
主題歌:秦基博「終わりのない空」(AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan)
出演:松山ケンイチ、東出昌大、リリー・フランキー、竹下景子、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆、鶴見辰吾 ほか
2016年/日本/124分
配給:KADOKAWA
11月19日(土)より、丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国ロードショー!
公式サイト:http://satoshi-movie.jp


MUSIC

「70億のピース/終わりのない空」秦基博「70億のピース/終わりのない空」秦基博
デビュー10周年記念 両A面シングル
発売中/AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan
【初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)】AUCL-207~8/¥6,000+税
【初回生産限定盤B(CD+DVD)】AUCL-209~10/¥5,000+税
【通常盤(CD)】AUCL-211/¥1,204+税


森義隆監督からの熱いラブコールを受け主題歌を手がけたのは、今年11月にデビュー10周年を迎え、幅広い世代から支持されるシンガーソングライター・秦基博。名人になることだけを夢見て、命を削りながら将棋にすべてを懸けた村山聖の一生に感銘を受けたという秦が、本作『聖の青春』のために書き下ろした新曲「終わりのない空」は、力強くも儚い、ドラマティックなナンバーに仕上がっている。

■秦基博コメント
主題歌のお話をいただき、村山聖さんという稀代の棋士のストーリーということで気合いが入りました。曲作りは5月頃から。完成直前の映像を拝見し、将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました。エンドロールに流れることをイメージしながらまず曲を、そしてアレンジを考えていきました。ちょうどツアーで全国を回っている時期だったので、その移動中に原作を読み進めながら歌詞の構想を練っていきました。サビには聖のその瞬間、瞬間に命を燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した「人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ」という言葉から汲み取った想いを込めています。映画とともにこの「終わりのない空」を受け取っていただけたら嬉しいです。

秦基博オフィシャルサイト:http://www.office-augusta.com/hata/


<関連記事>
秦 基博 : 「Rain」、「ひまわりの約束」、「終わりのない空」など映画主題歌6曲を収録した配信限定ミニアルバム『秦 基博と映画主題歌』配信スタート!

秦 基博 : 全国アリーナツアー開幕! 映画『聖の青春』主題歌「終わりのない空」ライブ初披露! 来年5月に初の横浜スタジアムでのワンマンライブ開催も発表!

秦 基博 : デビュー10周年記念両A面シングル「70億のピース/終わりのない空」を10月19日(水)に発売決定!

秦 基博 : 新曲「終わりのない空」、松山ケンイチ主演の話題映画『聖の青春』主題歌に決定! 映画新予告編も完成!

2016/11/11-15:23:00

facebook
twitter

サントラ NEWS

More Music News...