REOL

れをる(シンガーソングライター)、ギガ(サウンドクリエイター)、お菊(映像クリエイター)によるユニット“REOL"の第一弾作品が遂にリリース。インターネットの申し子達がデスクトップ上から飛び出し、世界中へ音楽と映像でMagicをかける! スペシャル・インタビューもあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

REOL

PICK UP DISC

2016年3月に3人がREOLというユニットを結成してから初の作品がついに発売!
リード曲の「ギミアブレスタッナウ」は“Give me a break! Stop now!"(いい加減にしろ、やめろ! )をREOL流にカタカナにして表現。EDMをベースに、キャッチーなサビ、中にはラップも交えそれが違和感なく心地よい作品として成立しているところに注目!初回限定盤に付属されるDVDはコラボ作品もありつつも全てをメンバーの「お菊」が監督を務める。音楽と映像が融合した作品はREOLというユニットならではの世界観を堪能することができる。


REOL New Album 『Σ』初回盤
初回盤
REOL New Album 『Σ』通常盤
通常盤
REOL
New Album 『Σ』
2016.10.19(水)発売

初回盤(CD+DVD)TFCC-86569 ¥3,241+税

通常盤(CD)TFCC-86570 ¥2,315+税


iTunes


<CD収録内容>
01.VIP KID
02.ギミアブレスタッナウ
03.宵々古今
04.コノヨLoading...
05.RE:
06.Lunatic
07.神様になった日
08.ちるちる
09.-FINAL SIGMA-
10.DetaramE KiddinG
11.サマーホラーパーティ
12.404 not found
13.VIORA

<初回盤付属DVD収録内容>
01.ギミアブレスタッナウ Music Video
02.宵々古今 Music Video
03.ちるちる Music Video
04.メイキング映像

<『Σ』各店舗特典>
詳細はこちら→ http://www.toysfactory.co.jp/artist/reol/official/news/20160927/

 

VIDEO






 

MOVIE COMMENT


REOLの皆様よりMusic Loungeをご覧の方へメッセージをいただきました!

 

SPECIAL INTERVIEW




-- 「れをる」率いるユニット”REOL”。今回。結成第一弾となる1st Album『Σ』が10/19にリリースされますね!

れをる:間に合って良かったです(笑)。

-- (笑)。結構制作はギリギリの進行だったんですか?

れをる:いやーーー、生活の中でも15分前行動を心がけてはいるんですけどね…(笑)。

ギガ:はい(笑)。

れをる:今は終わったー!っていう解放感に浸っています(笑)。

お菊:でも、早く世に出てみんなに聴いて欲しいです!

ギガ:まだ誰にも聴かせてないしね。みんなからの、感想も早く聞きたいです。

-- タイトルの『Σ』に込めた思いは?

れをる:『Σ』という文字自体が、わたしたちがバックボーンとしているインターネットのスラングで、驚いた時の顔文字とかに良く使われているんですね。なので、驚きという意味プラス、新体制として3人でユニットとして活動していくという部分で(中で)、数学的な足し算、和という意味が『Σ』にはあるので、今のわたしたちにドンピシャだなって思って。あと、記号的に一文字のアルバム・タイトルって面白いかなって。

お菊:かっこいいよね~。

ギガ:『Σ』という形から、僕たちの音も想像出来るしね。

-- 制作中はどんな作品を目指していましたか?

れをる:わたしは22歳の今にしか出来ない音楽を作りたいとずっと思っていたので、『Σ』という形そのものが尖っているように、尖っていて驚かせるような作品が出来ればいいなと。

ギガ:尖っていながらも、”REOL”らしいPOPで聴きやすい作品になっていると思います。

-- そして、今回のアーティスト写真では、ヴェールに包まれていた3人がついに姿を現しましたね!

れをる:主にインターネットで活動している方って、(顔を)出していない方が多いので、賛否両論はしょうがないと思うんですけど、これから自分たちがやりたいことや、やりたかったけど出来なかったことを具現化していくうえで、実写化するということはわたしたちにとっては大きな命題だったので、やるんだったらこのタイミングしかないだろうと。特に、今回は聴覚的にも視覚的にも驚かせるというということを、すごく意識していたので・・・ビックリさせたいという思いが強いんですよね(笑)。

お菊:確かに(笑)。『ギミアブレスタッナウ』のMVにも、そういう気持ちを込めましたし。

れをる:”REOL”は映像まで含めたユニットなので、写真ではなく映像で最初に顔を出したいという思いが強かったですし、ただ単に可愛いとかカッコいいという小奇麗な枠にハマりたくなかったので、MVはぶっ飛んだ画になりましたね(笑)。

-- (笑)確かに!あのMVを最初見たときに、やっぱり若い人の感性ってすごいんだなって。

れをる:もしかしたら、30(歳)になったら出来ないかもしれないので、今やれることは全部やっておこうって思っています!

-- では早速ですが収録曲についてお伺いさせて下さい。リード曲の『ギミアブレスタッナウ』ですが、歌詞はどんなイメージで書きましたか?

れをる:喜怒哀楽の“怒”を形にしたような曲ですし、“Give me a break!”自体が、“いい加減にしろ!”という意味なので、私が日頃“いい加減にしろ!”と思っていることを、そのまま投影してみました(笑)。ちっちゃいイライラを爆発させた感じの曲です。

-- でも、小さな枠に収まらないスケール感も感じますよね。

れをる:そうですね、ちっちゃいイライラの中にわりと深い意味も込めているので、聴いて頂いた方それぞれの正解を見つけて欲しいです。

-- サウンド面ではいかがですか?

ギガ:今回は、れをるの“怒り”を強調したかったので、Aメロはあえて抑え気味にして、サビでいきなり爆発するようなイメージでアレンジしました。

-- そして、今回のMVですが、バグリまくりの映像や、れをるさんの一人十数役という変化も話題となっていますね!

れをる:出演が全部私だったので、もう何度も何度も着替えて撮りました!着替えだけで25回以上はありましたし、撮影も40時間ぶっ続けであったので、ヘアメイクしてもらいながら長い瞬きをして何とか耐えるという(笑)。

--  (笑)!今回の映像のテーマは?

お菊:ぐちゃぐちゃしたバグとか・・・です(笑)。頭の中って結構あんな感じでぐちゃぐちゃしていると思うんですよ。

-- それを映像で表現してみたと!

お菊:・・・です(笑)。

一同:(笑)。

れをる:MVは、飽和した状態を皮肉っている世界観で、他の人たちは流されて生きている中、白い髪の毛の私はその世界で唯一意志を持った存在という裏テーマがあって。後、人生ってどこかのタイミングで自分で決断をしないといけない時が必ず来ると思うので、「それで良いの?」という問いかけの意味も込めています。
 後、今回初の顔出しなので、みなさんそっちに気が行っちゃうと思うんですけど、筋書きもちゃんと読み解いてくれると嬉しいです。

お菊:実は、全部ストーリーがつながっているしね。

-- そのストーリーはいつかネタバレしないんですか?

れをる:自分で言っちゃうのは、ちょっとダサイかなって。

お菊:最初は読み解いて欲しいしね。

れをる:そうだよね、気が付いてくれたら良いなって思っています。

-- そして、先月新曲「宵々古今」(読み:ヨイヨイココン)のMVも公開になりましたが、こちらは又全く違うテイストの作品になっていますね。個人的にはREOLのターニングポイントにもなる作品じゃないかと思いました。

れをる:裏テーマとして、「No title-」というインディーズ盤に江戸を舞台とした「オオエドランヴ」という曲が入っているんですけど、今回はそこから京都に舞台が移ってきているんですね。京都には祇園祭という毎年7月1日から31日まで行われる大きなお祭りがあるんですけど、宵山は山鉾巡業の前夜祭のようなイベントで、祭りの幕開け=次のステップへ進むという意味を込めて、“変化と過渡”をテーマに書いてみました。

 今は音楽シーンもそうですけど、新しいものをみんなが探している段階だと思っていて。もちろん、そこにはわたしたちも含まれるし、これから色々なことがどんどん変化していく中で、わたしは変わって行って当然だと思うし、変わって行かなくちゃいけないと思うんですよね。「宵々古今」には、ここから新しいステージに行ったとしても、今までのことは全部無駄じゃないんだよって意味も込めていますし、聴き手へのラブソングにもなっていると思うので、今一番みんなに聴いて欲しい楽曲でもありますね。

-- サウンド面でのこだわりは?

れをる:昔から現代に変化していくということを表現したいなと思った時に、サウンドにも和の音を使うことで、今と昔を投影出来るんじゃないかなと思って。

ギガ:後、僕自身が単純に和の音が好きだというのもありますし(笑)。

れをる:(笑)。でも、変化を悲しむのではなくて、こうやってアッパーな曲で、今までの軌跡をなぞりたかったんですよね。ユニットになったこともそうだし、今一つの節目というかターニングポイントを迎えていると思うので、そういうメッセージを持った曲をアルバムには必ず入れたいと思っていたので。

-- 確かに「宵々古今」は、まさに今の”REOL”を表すのに相応しい一曲に仕上がっていると思います。ちなみに、今回のMVでお菊さんがこだわったポイントは?

お菊:どうしても金魚に手伝って欲しかったので、今回金魚を使えたのは嬉しかったです (笑)。

-- (笑)!金魚以外ではいかがですか?


お菊:MVの中で、キツネから人間に変化するところは、さっきれをるが言っていたような変化を表すようなアニメーションが書けましたし、色々やっているん・・・です(笑)。

一同:(笑)。

-- れをるさんが、このアルバムを通してファンに伝えたい思いとは?

れをる:わたしたちは結構毎回ぶっ飛んだことをやっているんですけど、それでもついてきてくれるファンの皆さんは、すごくありがたい存在だと思っているので、そういう感謝の想いが少しでも伝わると良いなと思っていて。私はライブのMCでも「みなさん、いつもありがとうございます!」とか言わないし、そういうtweetとかもしないので、その想いは全て曲に込めましたし、分かってもらえたら嬉しいなと思っています。

-- では、最後に読者の方にメッセージをお願いします!

ギガ:いっぱい聴いて下さい!

れをる:大事なことだよね!

ギガ:必ずや、自分の一曲となる曲が入っていると思うので、見つけてもらえたら嬉しいです。

お菊:後、初回限定盤にはDVDも収録されているので、そっちも是非見て欲しいです。

-- そうだ!DVDには、メイキングやMVも収録されているんですよね。

お菊:ポロリもあります(笑)。

れをる:えっ!?ない、ないから(笑)。

一同:(爆笑)。

-- ここで終わると雰囲気変わっちゃうので(笑)。最後はれをるさんお願いします。

れをる:はい(笑)。”REOL”の初の作品集となる『Σ』がリリースされます。驚きと各自の個性が詰まった作品になっていますし、いつもと変わらず好き勝手にやらせてもらっているので、是非全曲通して聴いてもらえると嬉しいです。

-- ありがとうございました!


(文:篠原 友)

 

PROFILE

REOL

シンガーソングライター、サウンドクリエイター、映像クリエイターによる新たな形のユニット。
2014年に3人で自主盤「No title-」、2015年には「れをる」ソロ名義でメジャーより 「極彩色」をリリース。2015年オリコン新人ランキング4位を獲得。インターネット時代に生まれ、インターネットから生まれ、インターネットを通じて絶大なる人気を誇る各ジャンルに特化したインターネットの申し子たちがタッグを組んで作った、この時代だからこそ生まれた音楽、アート、映像を融合させ1つの新しい形の音楽を発信するユニット。

【メンバー】
<れをる Reol>
1993年11月9日生まれ
血液型 AB / 身長 145cm
様々な表現方法で、誰しもが魅了されてしまう独特な歌声が話題の女性ボーカリスト。自身で作詞、作曲、トータルプロデュースも手掛けるという多才な才能を生まれ持つ。これまで主にインターネットで多数の曲を発表し、2015年7月にソロ名義でアルバム「極彩色」をリリースし、2015年度のオリコン新人アーティスト4位を獲得。時代の最先端を走る今後期待のカリスマ性を伴うアーティストとして注目を浴びている。

<ギガ Giga>
1991年12月15日生まれ
血液型 O / 身長 165cm
作曲、編曲やミキシングだけでなくボーカロイドを使用しての楽曲制作もこなす、音楽界のマルチプレイヤー。彼の作る独特な世界観の楽曲は、想像を絶する展開が次々と表現されており常に予想不可能である。インターネット上に投稿した数々の楽曲は数百万回再生を誇る。

<お菊 Okiku>
1991年9月22日生まれ
血液型 B / 身長 155cm
人気アーティストのMusic Videoやクロスフェード動画、時にライブ映像なども手掛ける、今注目の若手映像クリエイター。楽曲にシンクロした、派手やかなセンスの映像表現を持ち味とする。アニメーションやロゴデザイン、アートワークプロデュースもこなす。

 

LINK

REOL Official HP: http://reol.jp
TOY’S FACTORY レーベルサイト:http://www.toysfactory.co.jp/artist/reol

2016/10/17-15:00:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

REOLの「ギミアブレスタッナウ」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...