八王子P

八王子Pの待望のベストアルバムが遂に発売!スペシャル・インタビューもあります!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

八王子P

PICK UP DISC

八王子Pの待望のベストアルバムが遂に発売!八王子Pとしての8年間をこの作品で味わえる豪華盤!
「エレクトリック・ラブ」「Sweet Devil」「Baby Maniacs」等、八王子Pの代表作が多数収録されたMajor 1st Album「electric love」収録曲をはじめインディーズ時代の作品はリファインし、今の八王子Pサウンドに生まれ変わっている部分も注目! BLACK STAR盤はクールでカッコイイダンスミュージックを、WHITE MOON盤はキラキラしたファンタジー系の楽曲を収録。新曲の「気まぐれメルシィは」、エレクトロサウンドとロックを融合し、懐かしさも感じさせる新たな八王子Pサウンドに!「Blue Star」は、3月より開催されている初音ミクの世界ツアー「MIKU EXPO 2016」のテーマソングとなっており、八王子Pがこのツアーのために書き下ろした渾身の1曲。この他にも新曲2曲計4曲の新曲が収録!
アートワークはこれまでの全作品を担当している、youkiss率いる壁の彩度のTNSKがイラストを担当し、デザインは様々なアニメやサブカルのクリエイティブを手掛ける、アマナ異次元篠田利隆と草野剛が担当。


八王子P BEST ALBUM 「Eight -THE BEST OF 八王子P-」初回限定盤
初回限定盤
八王子P BEST ALBUM 「Eight -THE BEST OF 八王子P-」通常盤
通常盤
八王子P
BEST ALBUM
「Eight -THE BEST OF 八王子P-」

(読み:エイト –ザ ベスト オブ ハチオウジピー-)
2016年6月15日(水)Release
初回限定盤(2CD+DVD) TFCC-86559 ¥4,444+税

通常盤(2CD)TFCC-86560 定価¥3,056 円+税


<iTunes>


(CD収録内容)計36曲
BLACK STAR
01 気まぐれメルシィ feat. 初音ミク
02 Sweet Devil -Eight Mix- feat. 初音ミク
03 Baby Maniacs -Eight Mix- feat. 初音ミク
04 fake doll feat. 初音ミク
05 Little Scarlet Bad Girl feat. 初音ミク
06 Carry Me Off feat. 初音ミク
07 KiLLER LADY -Eight Mix- feat. GUMI
08 GAME OVER feat. 初音ミク
09 Heart Chrome feat. 杏音鳥音
10 Mad Lovers -Eight Mix- feat. 巡音ルカ
11 Free -Eight Mix- feat. 巡音ルカ
12 candii -Eight Mix- feat. 初音ミク
13 REWRITER feat. GUMI
14 rock -Eight Mix- feat. 初音ミク・巡音ルカ
15 Distorted Princess -Eight Mix- feat. 初音ミク・巡音ルカ
16 Dream Creator feat. GUMI
17 Beautiful Nightmare feat. 巡音ルカ
18 Queen of the Night feat. 初音ミク・巡音ルカ

WHITE MOON
01 Blue Star feat. 初音ミク
02 Weekender Girl feat. 初音ミク
03 エレクトリック・ラブ -Eight Mix- feat. 初音ミク
04 デスクトップ・シンデレラ feat. 初音ミク
05 Twinkle World feat. 初音ミク
06 HORIZON feat. 初音ミク
07 シューティングスター feat. 鏡音リン・鏡音レン
08 Keep Only One Love -Eight Mix- feat. 初音ミク
09 Tomorrow feat. 初音ミク
10 TRAP × TRAP feat. 初音ミク
11 エレクトリック・スター -Eight Mix- feat. GUMI
12 FUTURE DRIVER feat. 初音ミク
13 エレクトリック・マジック feat. 鏡音リン・鏡音レン
14 whiteout -Eight Mix- feat. 初音ミク
15 フカヨミ feat. 初音ミク
16 弱虫ロケット feat. 初音ミク
17 Yeah! Yeah!! Yeah!!! feat. 初音ミク
18 Step To Tomorrow feat. 初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・GUMI

(初回限定盤付属DVD)計15曲
01 気まぐれメルシィ feat. 初音ミク
02 Blue Star feat. 初音ミク
03 Weekender Girl feat. 初音ミク
04 Sweet Devil feat. 初音ミク
05 fake doll feat. 初音ミク
06 Dream Creator feat. GUMI
07 Carry Me Off feat. 初音ミク
08 TRAP×TRAP feat. 初音ミク
09 Little Scarlet Bad Girl feat. 初音ミク
10 Baby Maniacs feat. 初音ミク
11 GAME OVER feat. 初音ミク
12 デスクトップ・シンデレラ feat. 初音ミク
13 HORIZON feat. 初音ミク
14 Twinkle World feat. 初音ミク
15 エレクトリック・ラブ feat. 初音ミク

illustration by TNSK
© 壁の_彩度
© Crypton Future Media, INC. www.crypton.net
© INTERNET Co., Ltd. All rights reserved.
© AnoKano Project

 

MUSIC VIDEO












 

MOVIE COMMENT


八王子P コメントムービー!

 

SPECIAL INTERVIEW




■ベストアルバム『Eight -THE BEST OF 八王子P-』のリリースおめでとうございます!今回このタイミングでベストアルバムをリリースする理由は?

八王子P:2012年2月1日にリリースされたメジャー1st アルバム『electric love』から、今までメジャーで4枚アルバムを出してきたんですけど、特に「よし!次はベストアルバムを出すぞ!」とか思っていたわけでもなく、今回は自然な流れで「ベストアルバムを出してみようかな」って思ったんです。

■それは一つの区切りとして?

八王子P:そうですね。今までキャリアを積み重ねてきた中で、自分としてはすごい大事にしてきた八王子Pの芯の部分っていうのがあるんですけど、このベストアルバムを一つの区切りにして、また新たな部分っていうのを見せて行けたらな・・・いや、見せて行きたいなって!いう時期でもあったんですよね。

■その八王子Pの芯の部分というのは?

八王子P:僕はボカロが歌っていて一番良い作品というのを常に求めていて。最近のニコ動のトレンドで言えば“歌ってみた”とかありますけど、ああいうアプローチだと最終的にボカロが主役じゃなくなっていくんですよね。でも、僕は常にボカロが主役にあって欲しいという思いで作品を作ってきましたし、やっぱりボカロが好きなんだなと思います。

■先程「一つの区切りして」という話がありましたが、改めて今までの活動を振り返ってみて印象的だった出来事は?

八王子P:やっぱりメジャー1stアルバムの『electric love』は印象的でしたね。当時はプロになろうとかも考えていなかったし。ちょうど就職活動をしていた時期だったんですけど、僕たちの世代はちょうどリーマン・ショツクがあった時代でハイパー就活難だったんですよ。だったら「こういうチャンスももらえたし、ここは音楽を真剣にやって頑張ってみよう!」って覚悟を決めて。

 こういう偶然って重なるし、もしかしてリーマン・ショツクがなかったら「やっぱり音楽は趣味で続けて行って、仕事を頑張ろう」って思っていたかもしれないし。あそこでチャンスを自分のモノに出来たのは自信にもつながりましたし、今思い出してもあれは人生の分岐点の一つだったと思います。

■では話をベストアルバム『Eight -THE BEST OF 八王子P-』に戻して、今回収録された楽曲ですが八王子Pの八年間をギュっと詰め込んだ新曲4曲を含む計36曲が収録されていますね。

八王子P:とりあえず4枚もありますし、詰め込めるだけ詰め込もうって(笑)。人気曲はもちろん、個人的な思い入れが強い曲から、これまで動画にしていないような曲たちまで、八年間の活動の集大成になっていると思います!今まで応援してくれたファンには当時を思い出しながら聴いて欲しいし、ここから八王子Pを聴く方には、間違いなくこの一枚を聴いてもらえれば僕の全てが分かる、そんな作品になっています。

■ベストアルバム『Eight -THE BEST OF 八王子P-』の中でも、特に、印象的な思い出などある曲をエピソードと合わせて教えて下さい。

八王子P:「Twinkle World feat. 初音ミク」は、改めて歌詞の大事さに気付いた楽曲ですね。この3枚目のアルバムを作っていた頃は、色々な人の意見を聴きながら試行錯誤していた時期でもあるんですよ。僕たちみたいなクリエイターは、やっぱりシンセ(サイザー)をいじっているときが一番楽しいし、ついサウンドを重視しがちなんですけど、やっぱりポップスを作っていくうえで、歌詞っていうのは、もしかしたらメロディより大事なポイントかもしれないって思って。歌詞、メロディ、アレンジという大きな要素が楽曲にあるとしたら、昔は歌詞が4割、メロディが4割、アレンジが2割という比率だったんですけど、最近は歌詞への比重が高まってきていますし、「Twinkle World feat. 初音ミク」はそういうキッカケを与えてくれた曲でもあります。

 後「Baby Maniacs feat. 初音ミク」は、メジャーデビュー時に書き下ろしたアルバム・リード曲なんですけど、この曲は本当に苦労しましたね。僕のキャリアの中では「Sweet Devil feat. 初音ミク」が一番世間に認知されていると思うんですけど、基本的にそれを超えないといけないというプレッシャーがあって。というのも、あの曲は2作目にアップした曲で、まったく計算しないで作りたいように作ったら出来ちゃったんですよ。でもそれって、ある意味最強じゃないですか。ただ、スッと出来たものが売れちゃうって。その曲を超えなくちゃいけないというのは本当に難易度が高かったです。

 「Baby Maniacs feat. 初音ミク」は、「Sweet Devil feat. 初音ミク」より良い曲が出来ても、次はそれを超える曲、次はそれを超える曲というように、自分が過去に作った曲たちをライバルにしてずっとこの音楽人生と向き合っていかなきゃいけない、そういう日々が始まるんだという覚悟を決めた曲でもありますね。

■自分を一番悩ましているのが過去に自分が作った曲だというのは、面白いと言っていいのかどうか分からないですけど・・・

八王子P:でも、そういうアーティストの方は沢山いらっしゃると思います。偶然出来ちゃったすごく美味しい料理を再現するような難しさなんですかね(笑)。

■(笑)。そして本作では新曲も4曲収録されています!!BLACKSTAR盤の一曲目に収録された「気まぐれメルシィ feat. 初音ミク」は、エレクトロサウンドとロックが融合した、どこか懐かしい一曲です。

八王子P:この曲は今までとは作り方をガラっと変えてみました。たとえばミクの歌い方でもビブラートなど、より人間らしいアプローチを入れてみたりしましたし。後は、最近の動画を見てくれている若い子たちに向けて、とにかくサウンドの展開を多く・早くして、最後まで聴いてもらえる工夫をたくさん取り入れました。出て来たアイデアは、とにかく思いつく限り詰め込めたんじゃないかと思います。

■確かに!この1曲だけで10曲以上出来るんじゃないかと思うくらい、色々なアイデアが練りこまれていますよね。


八王子P:(笑)!僕としてはかなりチャレンジした楽曲になっています。PVも是非チェックしてみてください。

■「気まぐれメルシィ feat. 初音ミク」という日本語のタイトルも王子にしては珍しいですよね?

八王子P:よくぞ、そこに気付いてくれて(笑)。これも僕としては一つの新しい挑戦です。ニコ動っぽいですしね。そういうところも、今回はかなり意識して作りました。

■「Queen of the Night feat. 初音ミク・巡音ルカ」はEDM的なサウンドとオリエンタルな雰囲気があわさった八王子Pらしい楽曲に仕上がっています。

八王子P:この曲はBLACKSTAR盤のラストを飾るに相応しい、締めの一曲として作りました。なので、イントロとエンディングはピアノやストリングスでドラマチックに、そして中盤はしっかりとしたバキバキのダンスミュージックで、今までの八王子Pのエッセンスをふんだんに盛り込んでみました。

■WHITEMOON盤に収録された「Blue Star feat.初音ミク」は今年3月より開催されている初音ミクの世界ツアー『HATSUNE MIKU EXPO2016』のために書き下ろしたテーマソングなんですよね。

八王子P:今までも(初音)ミク自身を歌った曲というのは何曲か書いてきたんですけど、全て手の届くような世界観を表現していたんですね。でも「Blue Star feat. 初音ミク」は、ミクの世界ツアー『HATSUNE MIKU EXPO2016』のために書き下ろした楽曲なので、世界の規模感でミクを表現してみようと思って。それこそkz(livetune)さんの「Tell Your World」など、世界的に有名な曲があるなかで、僕自身がどこまでそこに挑戦できるのかプレッシャーも凄かったんですけど、言葉選びからサウンドまで、こだわりにこだわり抜いて作りました。

■最後は「Step To Tomorrow feat.初音ミク・鏡音リン・鏡音レン・巡音ルカ・GUMI」です。八王子Pさん自身の経験を髣髴とさせるような、リアルな想いにあふれた歌詞も印象的なナンバーです。

八王子P:この曲が『Eight -THE BEST OF 八王子P-』の最後の曲になるので、「この作品で終わりじゃないよ、続いていくんだよ」という想いを先ずはファンに伝えたいと思って。今まで僕が使ってきたメインのボーカロイドも全員登場しているので、ここを一区切りとして、また心機一転やっていこうという感じですね。

■明日に向かっていくという意志は、歌詞からも感じられます。

八王子P:後は何気にBPMが88っていう(笑)。アルバムタイトルが“エイト=8”という割には、あまりその要素がないぞ、まずいぞって思って。無理やり“エイト=8”にからめてみました(笑)。

■このベストアルバムを一つの区切りとして、これから八王子Pさんが新しく挑戦したいことは?

八王子P:ボカロと並行して、リアルボーカルを作ったユニットとかもやってみたいですし、色々と新しいことにも挑戦してみたいですね!

■それは楽しみですね!では、最後に読者の方にメッセージをお願いします!

八王子P:いつも応援してくれてありがとうございます。今回のベスト盤は、今までの僕の歴史が全て詰まったアルバムになっていますので、今まで僕を応援してくれている方から、これから八王子Pを聴こうという方まで、どんな方にも自信を持ってお勧めできる内容になっています。また、6/19(日)にはCIRCUS Tokyo(東京・渋谷)にてリリースパーティもありますので、是非皆さん遊びに来てください!これからも応援、宜しくお願いします。

(文:篠原 友)

 

EVENT

2016年6月19日(日)
「八王子P ベストアルバム「Eight -THE BEST OF 八王子P」Release Party」

出演:八王子P/めろちん/DJ'TEKINA//SOMETHNG/りりり/シークレットゲスト/etc
Opening DJ:youkiss(壁の彩度)
時間:開場14:00/開演14:30
料金:前売り:2,500 円(1drink 付き)当日券:3,000円(1drink 付き)
会場名:CIRCUS TOKYO http://circus-tokyo.jp
チケットのご購入はこちら:http://peatix.com/event/169510

 

PROFILE

八王子P

国内外から最も熱い注目を集めているボカロ界の貴公子。
2012年2月1日にリリースされたメジャー1stアルバム「electric love」はオリコン初登場11位を記録。さらに、その人気は国内に留まらず、台湾でリリースした「electric love」はK-POP / J-POP チャート3位、総合チャート8位を獲得するなど最もトピックに溢れるアーティスト。ダンスミュージックをベースに、グルーヴィでエレクトリックなサウンド をボーカロイドと融合させることで、八王子Pの唯一無二のサウンドを生み出している。2013年7月「ViViD WAVE」、2014年8月『Twinkle World』をリリース。そして2015年9月には「Desktop Cinderella」をリリースし、オリコンデイリーチャート8位を獲得!2016年6月15日にはボーカロイドで制作した楽曲の集大成とも言えるベス トアルバム『Eight -THE BEST OF 八王子P-』をリリースすることが決定している!

 

LINK

・八王子P Official HP:
http://hachiojip.net
・八王子P レーベルサイト:
http://www.toysfactory.co.jp/artist/hachiojip
・八王子P Twitter:
https://twitter.com/8_prince
・八王子P Facebook:
https://www.facebook.com/hachiojip

2016/06/13-12:01:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

八王子Pの「気まぐれメルシィ feat. 初音ミク」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...