FUKI

「恋がしたくなる歌声」と話題のFUKI、Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」をリリース!スペシャル・インタビューもあります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

FUKI

PICK UP DISC

恋がしたくなる歌声FUKIによる、初のコンセプトアルバムは、究極の恋うたが奏でる6つのラブストーリー。出会い~別れまで、“セツなさ”も“シアワセ”も、すべての恋を紡ぐキミへの物語。デビューヒット作の1st Digital Single「キミじゃなきゃ」、2nd Digital Single「キミがスキ 〜Winter Ver.〜」、アルバムリード曲「キミへ」のキミ3部作含む、全8曲収録。


「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」FUKI
Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」

2016年2月10日(水) RELEASE
¥1800+税(CD価格) VICL-64443


iTunes

レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000465579/
mora
http://mora.jp/artist/563229/all

<収録曲>
1. キミじゃなきゃ
2. キミがスキ -Winter Ver.-
3. キミへ
4. LOVE SONG
5. カタオモイ
6. はじめてのチュウ -Studio Live Session-
7. キミがスキ -Original Ver.- (Bonus Track)
8. キミじゃなきゃ -Acoustic Ver.- (Bonus Track)

 

VIDEO








 

INTERVIEW




■2/10(水)にConcept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」がリリースされます。本作はすべての「恋」のシチュエーションで聴けるFUKIさん初のコンセプトアルバムとなっていますね!

FUKI:盛り沢山な内容だと思います。どんなシチュエーションにもピッタリ合う、色々なタイプの楽曲が入っているので、必ず自分に合う一曲が見つかると思います。

■恋の過程は100人100通りですし、正解も不正解もない曖昧なものだと思います。今回、実際に「恋」をコンセプトに制作されてみて改めて難しさは感じましたか?

FUKI:普段から書いている楽曲を並べてみたら、自然と一枚のアルバムになったので、そんなに難しいなとは感じなかったですね。「恋」というのは日常の自分に近いテーマですし、だれもが経験する事なので。

■もし機会があれば「恋」以外で、他にも取り上げてみたいテーマってありますか?

FUKI:「励ます」ことをテーマにした楽曲制作には挑戦してみたいです。曲のタイプがちょっと絞られちゃうかもしれないけど・・・

■確かに、「励ます」というのはテーマとして良いかもしれないですね。落ち込んでいる時に自分の好きなアーティストがアルバム一枚通して励ましてくれたら嬉しいかも。

FUKI:そうですね、応援歌とか。そういうの面白そう!

■FUKIさんの歌う応援歌聴いてみたいです!

FUKI:頑張ります!

■では各シングルの詳細は過去に掲載させて頂いたインタビュー記事を参照して頂くとして、先ずはアルバムリード曲の「キミへ」についてお伺いさせて下さい。今回初めてFUKIさんの単独作曲になっていますが、作曲の過程はいかがでしたか?

FUKI:作ろうと思ってピアノの前に座ったら自然と歌詞とメロディがスッと出てきたので、全然苦労はなかったです。この作品を作り始めたときには、怒りの感情があったので…(苦笑)

■えっ!?この時何か嫌な事が?

FUKI:そうです、実は歌詞の通りの事があって・・・昔好きだった人がデビューしてから連絡してきたんですよ!!(笑)

■デビューした後って、本当に最近じゃないですか?

FUKI:そうなんですよ!本当に「今更かよ!」って思って。でも私は今その人のところに行ける訳じゃないし、何なんだろう…とか色々考えていたら“ズーン”って気分が落ち込んでしまって。怒りもあるし、悲しさもあるし、モヤモヤしていたんですけど、「こういう時にこそ私は曲を書くんだ!」ってプラスに考え直して、ピアノの前に座ったらバッとサビのメロディと歌詞が出来て。そこからAメロ、Bメロと世界観を広げていったんですけど、作っていたら昔のこととかたくさん思い出しちゃって…号泣しながら書きました。

■個人的に「いまさらもう遅いんだって」から始まるサビの歌詞がグッと来たのですが、FUKIさんのお気にいりの歌詞は?

FUKI:私もサビの歌詞が一番好きで、(昔好きだった人から)連絡はもらったんですけど、やっぱり断ってしまって。でもそれが自分では本当につらくて・・・ちょっと前だったら快くOKしていたのに、って。それで「やっぱり、会いたい」って言われても、会ったらやっぱり惹かれちゃうから。そういう想いを込めて、サビの歌詞は書いていきました。

■最後の「サヨナラ、大スキなキミへ」という歌詞からも強い決意を感じます。

FUKI:あやふやなままだと、聴いている人にも「えっ!?」って思われちゃうかもしれないし、きちんと決着をつけたいと思っている人たちと一緒に前に進んでいかなきゃ、って思って。なので、歌詞をきちんと聴いてもらえると嬉しいですし、そういうモヤモヤした気持ちをこの曲を聴いてもらって発散してもらえればなって!

 あと実は、5曲目に収録された「カタオモイ」は、「キミへ」の彼に片想いしているときに、作った曲なんです(笑)本当の事が言えなかったり、聞けなかったり、そんな自分の中の葛藤を当時の気持ちに乗せて書きました。合わせて聞いてもらえたら嬉しいです。

■そうなんですね!そのあたりの時系列も気にしながら、歌詞や気持ちの変化も共に楽しんでみたいです。また「キミへ」のMVですが、ピアノを弾きながら想いを綴るFUKIさんの姿が印象的でした。今回のMVですがFUKIさん自身がこだわったポイントは?

FUKI:初めてピアノのシーンもあったりして、改めてシンガーソングライターとしての自分を見せることが出来たかなって思います。監督のおかげで綺麗な映像に仕上がって、曲の世界観がより伝わる作品になったと思います。「キミへ」は失恋ソングではありますが、そうじゃない人たちも含めて、色々な方に見て頂きたいです。

■そして4曲目に収録された「LOVE SONG」ですが、恋をして変わっていく自分を素直に表現した、明るい雰囲気のナンバーになっています。今回FUKIさんはどんな気持ちを込めて歌いましたか?

FUKI:ライブで歌っている時に、お客さんと私の距離感って「“付き合い始めの恋人”」と似てるなぁって思ったので、その世界観を明るくライトな感じで表してみました。「はじめまして、よろしくね!」と私がリスナーの方に語り掛けるような、そういう雰囲気が出ればなって。

■「LOVE SONG」の聴きどころは?

FUKI:歌詞の「色々あってやっとたどり着いた」ってところは、私らしさが現れてる部分でもあり、共感してくださる方もいると思います。この曲も歌詞とみなさんのその時のシチュエーションを重ねて是非聴いてもらいたいです。またバラード調の多いアルバム収録曲の中でも、少し洋楽っぽく、テンポを変えて、雰囲気に変化をつけているので、楽しめると思います。

■「カタオモイ」、「はじめてのチュウ -Studio Live Session-」は、昨年末に開催されたGYAO! MUSIC LIVEの生配信ライブ音源からそのまま収録されています。今改めて振り返ってみて、GYAO! MUSIC LIVEはいかがでしたか?

FUKI:人生で一番緊張しました。最後の曲を歌っているときは「もうこれで終わるんだ」って思いながら歌っていたんですけど、終わった瞬間「ぶわー」って涙がとまらなくなって・・・そのまま腰ぬけて歩けなくなっちゃうくらい、すごいプレッシャーだったんですけど、終わったら「又すぐやりたい!」って思いました!!もう一回やったら、もっとうまく出来るだろうし、楽しめるだろうなって思うので、是非また挑戦してみたいです!

■またアルバムのリリースを記念して、1/20(水)~2/9(火)限定でGYAO! MUSIC LIVEの映像が再度公開されます。FUKIさんがここを見てほしいというポイントは?

FUKI:この時一緒にライブをしたバンド・メンバーはもう長い付き合いで、本当に仲が良いんです。私たちのチーム・ワークは凄いと思うので、そこから生まれるグルーブを見て、聴いて欲しいですね。

■「キミへ」は“現代の病みソン”として多数メディアで取り上げられていますし、「キミじゃなきゃ」は、「シブヤ」に集う女子高生がランキングを決める「SHIBUYA teen's kurucore RANKING」で堂々の二位に選ばれました(2016年1月度)!!渋谷のティーンを中心にセツな系の新教祖としてFUKIさんの人気がどんどん広がって来ているのを感じますが、今回の「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」を若いリスナーの方にはどのように楽しんで欲しいですか?

FUKI:私もですが、若い時は色々な事で悩んだり、迷うことも多いと思うんですよね。そういう時にこのアルバムを聴いてもらって、勇気づけられたり、背中を押されたり、「サヨナラ」っていう気持ちにケジメをつけようと思ったり…、どんな気持ちの時でも聴けるピッタリな一曲が必ずあると思うので、是非みんなには“自分だけの一曲”をみつけてもらえたらなと思います。

■ありがとうございました!

【関連リンク】
■1st デジタルシングル「キミじゃなきゃ」インタビュー
■2nd Digital Single「キミがスキ –Winter Ver.-」インタビュー
■SHIBUYA teen's kurucore RANKING

(文:篠原 友)

 

LIVE

Concept Album「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」発売記念・バレンタインスペシャルライブ!!!
■開催日時
2016年2月14日(日) 18:00スタート
■開催場所
タワーレコード渋谷店 1Fイベントスペース
■対象商品
FUKI 2/10(水) 発売 Concept Album 「キミへ ~LOVE SONG COLLECTION~」
VICL-64443 ¥1,800+税
■参加方法
ミニライブは観覧フリーとなります。タワーレコード渋谷店・新宿店・池袋店・町田店・横浜店・川崎店・浦和店にて、対象商品をお買い上げの方に、「サイン 会参加券」をお渡しいたします。「サイン会参加券」をお持ちの方はミニライブ終了後のサイン会にご参加いただけます。サインは対象商品のジャケットにしま すので、イベント当日「サイン会参加券」「対象商品ジャケット」を忘れずにお持ちください。
・対象商品1点につき1枚の「サイン会参加券」をお渡しします。
・サイン会は「サイン会参加券」1枚につき1名様・1回ご参加いただけます。

初のワンマンライブ開催!!!
FUKI Special Live 「キミへ」
日程:2016年3月4日(金曜日) 開場19:00/開演19:30
会場:CHELSEA HOTEL (〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町4-7-B1)
金額:前売り 3,500円/当日 4,000円(入場時ドリンク代別途必要)
チケット一般発売日:2月6日(土)
お求め先:ローチケHMV (Lコード:71837) / チケットぴあ (Pコード:288-728) / e+
主催:株式会社アーティマージュ
制作:株式会社 音遊
協力:株式会社JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
お問い合わせ:OTODAMA運営事務局 03-6871-7685(平日10:00~19:00)
* 6歳以上チケット必要。6歳未満は保護者1名につき1名入場可能。
* 客席を含む会場の映像・写真が公開される場合あり。予めご理解の上、ご来場ください。

 

PROFILE

FUKI

FUKI東京都出身(1989年生まれ)。
幼少の頃から歌と踊りに目覚め、ダンススクールに通う日々を過ごす。
そこから次第にボーカリストへの想いを強く募らせ、オリジナル曲を書き、ライブハウスで歌い始める。それを観たシェネルや平井大の楽曲を手掛ける音楽プロデューサーのEIGOに見出され、三年ほど前より本格的な交流がスタート。
そして2015年10月23日、1stデジタルシングル『キミじゃなきゃ』で念願のメジャーデビューを果たす。
趣味は散歩とジョギング。そして身体を動かした後の銭湯。
ビーチカルチャーをこよなく愛する、街と海が似合うシンガーソングライターである。

 

LINK

公式HP
http://fukimusic.jp
公式Twitter
https://twitter.com/FUKI_music_
公式Instagram
https://instagram.com/fuki_official/

2016/02/03-12:00:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

FUKIの「キミへ」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストもお待ちしていますよ!

★最新J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...