映画「海街diary」

菅野よう子が彩る、是枝裕和監督、脚本の映画「海街diary」のオリジナルサウンドトラック、そして「海街diary」の雰囲気にマッチした楽曲を、映画に共感するアーティストがセレクトした配信限定アルバム『海街イメージコンピレーション』をピックアップ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


『海街diary オリジナルサウンドトラック』『海街イメージコンピレーション』

 

『海街diary オリジナルサウンドトラック』

映画「海街diary」 菅野よう子が彩るサウンドと、
季節ごとの印象的なシーンを収録した オリジナルサウンドトラック!


『海街diary オリジナルサウンドトラック』『海街diary オリジナルサウンドトラック』
音楽:菅野よう子

発売日:2015年6月10日(水)
品番/価格:VICL-64388 ¥2315+税
amazon

<CD収録曲>
(Music)
01. 夏の表紙
02. 海街diary
03. 河鹿沢行き
04. いもうと
05. すずのテーマ〜海へ
06. 不思議な住人たち
07. わたしのへや
08. 両足使い
09. 紅葉ヶ谷
10. 坂道〜すずのテーマ
11.イルミナ
12. つぼみ
13. 桜トンネル
14. さざ波通信
15. 縁側
16. 波打ち際にて
17. 幸あれ
18. 花火
19. 柱の傷
20. じゃれる
21. ここにいていいんだよ
22. エンドロール

(Sequence)
23. 映画 シーン「夏」より(BGM「海街diary」「河鹿沢行き」)
24. 映画 シーン「秋」より(BGM「不思議な住人たち」)
25. 映画 シーン「冬」より(BGM「両足使い」)
26. 映画 シーン「春」より
計26曲
作曲・編曲 菅野よう子

※23-26 映画「海街diary」の、季節ごとの印象的なシーンの音源を、セリフも含めそのまま収録しています。



<是枝監督&菅野よう子のコメント>

■菅野よう子
舞台が鎌倉でなければ、きっと、すずさんを呼び寄せなかった。
のんびりした海、崖や影を内包する通学路、ややおせっかいな人々の雰囲気が、
居場所の薄い生命を包容する。
海街が「ここにいていいんだよ」と言っている。
音楽は、そういう物語を許す海街の四季として、少し離れたところから、
季節の変わりの陽の光と影のように居ようと思った。

鎌倉の空気を音で担うことは、何気ない日常を尊く思い、
自身も背筋が伸びるような素晴らしい体験でした。
この作品に関わった全ての人に感謝します。

■是枝監督
『この作品は楷書ですね。作品も、登場人物の佇まいも。
だとするとジャズよりは、こういう感じの音楽の方が似合うかも知れません』。
添付された音楽を画像に当ててみると、風景に輝きと匂いが一気に加わった。
四姉妹の繊細な感情が凪いだ海の奥に顔を覗かせた。
この瞬間に、海街diaryは、映画『海街diary』になったんだと思う。

 

『海街イメージコンピレーション』

映画に共感するアーティストが映画の雰囲気にマッチした楽曲をセレクトした
配信限定アルバム!

『海街イメージコンピレーション』配信限定アルバム
『海街イメージコンピレーション』

リリース日:2015年6月24日(水)

iTunes、レコチョクほか各主要サイトにて配信中!
・iTunes Store 
 
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1002318404/

<収録曲>
01. 藤巻亮太「旅立ちの日」(ミニアルバム「旅立ちの日」収録)
02. つじあやの「忘れないで」(アルバム「はじまりの時」収録)
03. 風味堂「泣きたくなる夜に」(アルバム「風味堂5~ぼくらのイス~」収録)
04. kiroro 「帰る場所」(アルバム「帰る場所」収録)

 

PROFILE

是枝裕和
1962年、東京生まれ。87年に早稲田大学第一文学部文芸学科卒業後、テレビマンユニオンに参加。主なTV作品に、「しかし…」(91/CX/ギャラクシー賞優秀作品賞)、「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」(91/CX/ATP賞優秀賞)などがある。95年、初監督した映画『幻の光』がヴェネツィア国際映画祭で金のオゼッラ賞等を受賞。続く『ワンダフルライフ』(98)は、世界30ヶ国、全米200館で公開される。2004年の『誰も知らない』では、主演を務めた柳楽優弥がカンヌ国際映画祭にて映画祭史上最年少の最優秀男優賞を受賞。その後『花よりもなほ』(06)、ブルーリボン賞監督賞を受賞した『歩いても 歩いても』(08)、カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品された『空気人形』(09)を手掛ける。2011年、『奇跡』が、サンセバスチャン国際映画祭最優秀脚本賞受賞。2012年、初の連続ドラマ『ゴーイング マイ ホーム』(KTV・CX)で脚本・演出・編集を手掛ける。2013年、福山雅治を主演に迎えた『そして父になる』が大絶賛され、カンヌ国際映画祭審査員賞他、国内外の数々の賞に輝き大ヒットを記録した。2014年に独立し、制作者集団「分福」を立ち上げた。

菅野よう子
作曲家/編曲家/プロデューサー
SMAP、今井美樹、小泉今日子、YUKIといったアーティスト達への楽曲提供/プロデュースワークを手がける。CM音楽では98年CM音楽賞の最高峰とも言える三木鶏郎広告音楽賞を受賞。他にもJAM広告音楽競技会最優秀賞、ACC優秀賞など数々の賞を受けている。映像作品では、第13回日本ゴールドディスク大賞を受賞した『COWBOY BEEBOP 天国の扉』(01)をはじめ、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(02)などのアニメーションから、『下妻物語』(04)、『ハチミツとクローバー』(06)、『ごちそうさん』(13/NHK)などの実写映画やドラマまで幅広く手掛け、世界中にファンを獲得している。2012年には東日本大震災復興支援ソング「花は咲く」を作曲。「第63回紅白歌合戦」に出演し、審査員も務めている。

 

LINK

海街diary オフィシャルサイト:
http://umimachi.gaga.ne.jp
ビクターエンタテインメント オフィシャルサイト:
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Discography/A010090/VEATP-32708.html

2015/06/25-11:06:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

『海街イメージコンピレーション』に収録されたKiroro「帰る場所」、つじあやの「忘れないで」、風味堂「泣きたくなる夜に」、藤巻亮太「旅立ちの日」の電話リクエストお待ちしています!!

★リクエスト
(CAN有線:B-1ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

サントラ NEWS

More Music News...