THE REIGN OF KINDO

文句なしの2013年最高のマスターピース!レイン・オブ・カインドのニューアルバム!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

THE REIGN OF KINDO (ザ・レイン・オブ・カインド)

PICK UP DISC

日本では朝霧Jamへの出演、ファイナルファンタジーのトリビュートに参加などジャンルを超えた活動で多くのファンを獲得しているTROKが遂に新作を完成させた。メンバーは現在ツアーミュージシャンとしてロケットサマーをはじめ、多くのアーティストをサポートし、世界各国をツアーし続けている。(Jessie James, Rocket Summer,Nikki Jean, Gin Wigmoreらのツアーメンバーとして参加している。) そんな多忙の中、じっくりと作り上げ、さらに磨きをかけたセンスを詰め込んだ作品となった。レコーディングからプロデュースに至るまで、バンドのリーダーであるジョーが行い、TROKだからこそ出来る音楽が詰まっている。レコーディングにはトランペットやサックスが参加し、彼らのルーツの一つであるジャズのテイストをさらに引き立てるアレンジもされている。また彼らのメインの音色とも言えるピアノについても、NYの教会にて行われるなど現在のデジタルレコーディングでは得る事の出来ない細部の音にまで拘りが込められている。


『PLAY WITH FIRE(プレイ・ウィズ・ファイヤー)』THE REIGN OF KINDO(ザ・レイン・オブ・カインド)
『PLAY WITH FIRE(プレイ・ウィズ・ファイヤー)』
2013年7月31日リリース

品番: BLLN-168/¥1,890(税込)


<トラックリスト>
1.The Hero, The Saint. The Tyrant & The Terrorist
2.Help It
3.Sing When No One's Around
4.Dust
5.Impossible World
6.Don't Haze Me
7.Feeling In The Night *リードトラック
8.Make A Sound
9.Sunshine
10.Romancing A Stranger
11.I Hate Music
12.The Man, The Wood & The Stone

 

MUSIC VIDEO


 

PROFILE

THE REIGN OF KINDO (ザ・レイン・オブ・カインド)

<メンバー>
Joseph Secchiaroli - voice, and guitar
Steven Padin - drums & percussion
Daniel Pizarro - piano, synths & pads
Jeffrey Jarvis - bass
Michael Carroll- guitar, percussion & super sizes

前身のthis day & age時にone eleven recordsよりに2枚のアルバムをリリースし、Rufio/Over Itらと来日も行い、スキルの高いライブで絶賛を受ける。ツアー後、Vocalの脱退に伴い、Bassを担当していたJoeがVocalとなり現在の体制になってバンド名を変更する。インディー・ロック/エモ寄りだったサウンドはメンバーのバックグラウンドでもあったジャズやポップスを見事にブレンドし、より新しいサウンドを作り上げる。
2007年にはone eleven recordsからツアー用epをリリースし、日本のみ店舗に流通されたところ5000枚以上のセールスをあげ、今なお試聴機などで別格の扱いを受ける。2008年に入り、Joeの所有するスタジオでレコーディングをセルフプロデュースにて行い、ファーストアルバムを完成させた。昨年は朝霧ジャムに出演、さらには東京公演も行いオーディエンスから高い評価を受けた。2011年には再び来日公演を行い、大成功をおさめた。また8月には初のブラジルツアーも行い、ほとんどのショーが完売となった。
また影響を受けたアーティストにはDave Brubeck, Ryuichi Sakamoto, Nobuo Uematsu, Koji Kondo,Pat Methenyをあげている。

 

LINK

bullion HP
http://www.ulf.co.jp/bullion/
THE REIGN OF KINDO オフィシャルHP
http://www.thereignofkindo.co

2013/07/12-16:41:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

ザ・レイン・オブ・カインドのナンバー「The Hero, The Saint. The Tyrant & The Terrorist」をチェックするならこちらのチャンネル!
電話リクエストも受け付けていますよ~!(7/15~)

★ロック/ポップス
(CAN有線:A-12ch/SPACE DiVA:226ch)
★リクエスト・ポピュラー
(CAN有線:B-3ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

RECENT NEWS

More Music News...

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...