GROUPLOVE

最高にハッピーなロックしてます。キラキラのサンシャイン・ロック満載!!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

grouplove

PICK UP DISC

タイトルの 「ハッピー・ソングを決して信用するな!!」 と音楽性は真逆なんです。
USでもブレイク間違いなしのヒッピーでハッピーでゴキゲンな米英男女混合5人組美メロ・バンドGROUPLOVEがついにフル・アルバム・デビュー!!
 

グループラヴ 『ネヴァー・トラスト・ア・ハッピー・ソング』 グループラヴ 『ネヴァー・トラスト・ア・ハッピー・ソング』 
2012年4月25日RELEASE

WPCR-14457/¥1,980(税込)
■初回限定スペシャル・プライス盤(歌詞・対訳付)
■iPOD touch TV CM使用曲「TOGUE TIED(タン・タイド)」収録
■日本盤ボーナス・トラック5曲収録
Grouplove

〈CD収録曲〉
グループラヴ『ネヴァー・トラスト・ア・ハッピー・ソング』 
1. イッチン・オン・ア・フォトグラフ
2. タン・タイド
3. ラヴリー・カップ
4. カラーズ
5. スロウ
6. ネイキッド・キッズ
7. スパン
8. ベティ―ズ・ア・ボムシェル
9. クロエ
10. ラヴ・ウィル・セイヴ・ユア・ソウル
11. クルーエル・アンド・ビューティフル・ワールド
12. クローズ・ユア・アイズ・アンド・カウント・トゥ・テン
13. ネイキッド・キッズ (EPバージョン) [* BONUS TRACK]
14. ゴールド・コースト [* BONUS TRACK]
15. ゲッタウエー・カー [* BONUS TRACK]
16. ドント・セイ・オー・ウエル [* BONUS TRACK]
17. ゲット・ギッディ [* BONUS TRACK]
18. タング・タイド (リトル・ドラゴン・リミックス) [* BONUS TRACK]

 

MUSIC VIDEO


 

BIOGRAPHY

GROUPLOVE(グループラヴ)

メンバー
Christian Zucconi / クリスチャン・ズッコーニ (Vo.,Gt.)
Hannah Hooper / ハンナ・フーパー (Vo.,Kbd.)
Sean Gadd / ショーン・ガッド (Ba.)
Andrew Wessen / アンドリュー・ウェッセン (Gt.)
Ryan Rabin / ライアン・ラビン (Dr.)

ニューヨーク・ブルックリン在住だったクリスチャン・ズッコーニとハンナ・フーパー (女性)が、ある夏、他の3人のメンバー(ロンドン出身のソングライター&ギタリスト:Sean Gadd / ショーン・ガッド、L.A出身のAndrew Wessen / アンドリュー・ウェッセン、L.A出身のドラマー&プロデューサー:Ryan Rabin / ライアン・ラビン)とギリシャのクレタ島にあるアート・レジデンシー (アートの勉強を住み込みで出来る場所) で出会ったのをきっかけにバンドを結成。
それ以降、彼らが後ろを振り返った事は一度もない。

夏が終わり、一度は5人バラバラに家路に着いたものの、 「一緒に作った曲をギリシャでの夏の思い出にはしたくなかった。」 メンバーが皆でお金を出し合って、LAにあるライアン・ラビンのスタジオに飛んだ。「アルバムのレコーディングは本当に人生最高の経験だったよ!」 とクリスチャン。出来上がった作品は、羽ばたくようなハーモニーと気持ちの良いアンセムがパワフルな旅路を先導してくれるような、とても特別なアルバムとなった。グループラヴのメンバー同様、彼らの音楽は、そのスタイルや影響を受けてきたものも様々だが、全てがクリエイティヴな一体感でまとまっている。 「こんな事になるとは夢にも思ってなかったよ。でも、驚いていない自分もいる。グループラヴは成るようにして成ったんだ。俺達のストーリーは運命を現実にしたものだし、音楽も皆に聴いてもらう準備が整っているよ。」 (クリスチャン)

2010年にはフローレンス・アンド・ザ・マシーンズのメンバー直々の誘いを受け、彼らのUS西海岸のツアーでオープニング・アクト経験もあり、キャンヴァスバックのレーベルメイトでもあるザ・ジョイ・フォーミダブルとの東海岸をツアーに明け暮れた彼ら。

2011年夏は、世界各国の有名フェスやコンサートに引っ張りだこ。
イギリスのグラストンベリー・フェスティヴァルを皮切りに、シカゴのロラパルーザ、サンフランシスコのアウトサイド・ランズ含む夏フェス出演!その他にも、ヨーロッパ・ツアーを行ったり、SXSW (サウスバイ・サウスウエスト) で素晴らしいライヴを披露したり、地元ロサンゼルスでファンの為に野外のフリー・ライヴ (ラジオ局KCRWが主催するオルソー・アイ・ライク・トゥ・ロックというイベント・シリーズの一環で7月21日にハンマー・ミュージアムで開催) を行ったり、フォスター・ザ・ピープルと共に完売の全米ヘッドライナー・ツアーを行ったりとライヴ、ライヴの毎日を送った。

 

LINK

レーベルサイト
http://wmg.jp/artist/grouplove/
オフィシャル
http://www.grouplovemusic.com

2012/04/24-11:20:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

グループラヴのナンバー「タン・タイド」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストも受け付けています。

★ロック/ポップス
(CAN有線:A-12ch/SPACE DiVA:226ch)
★リクエスト・ポピュラー
(CAN有線:B-3ch)

※有線chは地域により異なる場合がございます。

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...