Norah Jones

せつなく、鋭く、強く、美しく― 愛し傷つく心を歌う最新作。グラミー・プロデューサー、デンジャー・マウスと組み、世界の歌姫が2012年に送る意欲作!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

ノラ・ジョーンズ

PICK UP DISC

■2年半ぶり、レトロなサウンドに乗せたノラのセクシーな最新作。心の内を曝け出した2012年のノラ!
■デビュー作でグラミー賞8部門を受賞し、今も第一線で活躍しつづけ、大御所からインディーズまであらゆるミュージシャンからリスペクトされ続ける世界の歌姫。日本でのソロ作4作品のセールスは160万枚を超え、全世界では4,000万枚(ちなみに日本ゴールドディスク(JAZZ)はこれまで全作品で獲得している)。
■コラボレーションやアルバム参加等のオファーも多く、これまでの参加アルバムは70を超える(自作品含)など、ミュージシャンとしての度量が大きく常に輝き続けるアーティスト。
■10年間、音楽性は変化しながらもスモーキーでナチュラルな歌声はノラの世界を一気に作り出す最大の武器!
■映画「マイ・ブルーベリー・ナイツ」(2008)に女優として主演するなど活動の幅も広げ、潜在ファン多し。
 

NORAH JONES 「LITTLE BROKEN HEARTS 」NORAH JONES (ノラ・ジョーンズ)
「LITTLE BROKEN HEARTS 」(リトル・ブロークン・ハーツ)
2012年4月25日 日本先行発売

TOCP-71280/¥2,300(税込)
※歌詞・対訳・ライナーノーツ付、日本盤ボーナス・トラック“I Don’t Wanna Hear Another Sound”収録
Norah Jones

<トラックリスト>
1. グッド・モーニング / Good Morning
2. セイ・グッバイ / Say Goodbye
3. リトル・ブロークン・ハーツ / Little Broken Hearts
4. 彼女は22歳 / She's 22
5. テイク・イット・バック / Take It Back
6. アフター・ザ・フォール / After The Fall
7. 4 ブロークン・ハーツ / 4 Broken Hearts
8. トラヴェリング・オン / Travelin' On
9. アウト・オン・ザ・ロード / Out On The Road
10. ハッピー・ピルズ~幸せの特効薬 / Happy Pills *ファースト・シングル
11. ミリアム / Miriam
12. オール・ア・ドリーム / All A Dream
13.アイ・ドント・ワナ・ヒア・アナザー・サウンド/I Don’t Wanna Hear Another Sound* 
*日本ボーナス・トラック

 

BIOGRAPHY

NORAH JONES (ノラ・ジョーンズ)

【バイオグラフィ】
ノラ・ジョーンズ:現在までの軌跡
■1979年3月30日ニューヨーク生まれ(32歳)、テキサス育ち。現在はニューヨーク在住。
■2002年2月デビュー・アルバム『ノラ・ジョーンズ』(原題: Come Away With Me)リリース。
 4月11日、国内盤リリース。4月初のプロモーション来日。
■2002年9月初来日公演。東京、大阪、名古屋、福岡、広島の全国を回る。
 東京国際フォーラムホールC 2日間を初めとする7,000枚のチケットは即日完売。
■2003年1月25日付ビルボード・アルバム・チャート1位を獲得。
 ※チャート・インより46週目にしての1位。以後3週連続で1位の座に。
■2003年2月 第45回グラミー賞にて主要4部門を含む8部門全てを受賞。
 主要4部門の独占は80年のクリストファー・クロス以来、史上2人目。
 グラミー賞8部門同時受賞は、99年のサンタナの9部門に続き、83年のマイケル・ジャクソンに並ぶ史上2位記録。
 アルバム『ノラ・ジョーンズ』は全世界で2000万枚のセールスを記録。
■2004年2月4日(USA2/9)国内盤セカンド・アルバム『フィールズ・ライク・ホーム』をリリース。
 ※全世界28カ国で初登場チャート1位を記録。米ビルボード6週連続1位。
  1月にプロモーション来日、各新聞、テレビなど全メディアで大々的に取り上げられる。  
  2005年4月 日本武道館を含む6都市10回の公演を敢行。チケットは軒並み即日完売。
■2005年2月 第47回グラミー賞にて「ベスト女性ポップ・ヴォーカル・パフォーマンス」など3部門を受賞。
■2006年3月1日(USA3/6)リチャード・ジュリアン、リー・アレキサンダーらと結成した新バンド、
リトル・ウィリーズのアルバム『リトル・ウィリーズ』をリリース。
■2007年1月24日(USA1/29)3rdアルバム『ノット・トゥ・レイト』リリース。
 全米・全英をはじめ世界29カ国・地域で1位を獲得。
オリコン洋楽アルバム・チャートで5週連続の1位を記録。
 ◇3月にプロモーション来日。恵比寿ガーデンホールにてショーケース・ライブ実施。各メディアから取材を受ける。
■2008年2月14日『マイ・ブルーベリー・ナイツ』オリジナル・サウンドトラック発売。
 ノラの書き下ろし曲「ザ・ストーリー」も収録。
 同ノラの初の主演映画(ウォン・カーワイ監督)は3月から日本全国で公開。
■2009年11月11日(海外11/16)、2年10ヶ月ぶりのニュー・アルバム『ザ・フォール』を発売。ゴールド・ディスク認定。
★2002年のデビュー以来、ノラは全世界で4,000万枚のセールスを記録。
★2007年以来、ノラはハービー・ハンコック、タリブ・クウェリ、ウィリー・ネルソン、Qティップ、アンデ ィ・サンバーグのコメディ「ザ・ロンリー・アイランド」などとコラボレーションを実施。他にもケン・バーンの『The War』、イーサン・ホークの『The Hottest State』、ウォン・カーワイの『My Blueberry Nights』
など数々のサウンド・トラック、そしてファッツ・ドミノのトリビュート・アルバム『Goin’ Home』などに参加した。
★2007年にはノラはジュード・ロウの相手役として『My Blueberry Nights』に主演。
今年も『30 Rock』のファイナル・シーズンでカメオ出演 (一場面だけの出演)。またノラはアップル
の音楽制作ソフト「ガレージ・バンド」でもフラッグシップ・アーティストとして登場した。
■2010年11月3日(US11/16)、ノラ・ジョーンズがレイ・チャールズやハービー・ハンコック、フー・ファイターズ等、世界の一流ミュージシャン達とコラボレーションした楽曲をコンパイルしたアルバム『ノラ・ジョーンズの自由時間(原題:…featuring Norah Jones)』をリリース。2012年日本ゴールド・ディスク大賞「ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー」を受賞し、これまでのソロ作すべて(2003年1st、2005年2nd、2008年3rd、2010年4th)に続く形となった。
■2011年4月4日(US3/29) N.Y.で行われたウィントン・マルサリスとウィリー・ネルソンのレイ・チャールズへのトリビュートライヴにフィーチャーされたアルバム『ヒア・ウィ・ゴー・アゲイン~ライヴ・インNY』をリリース。7曲で歌唱。
 4月8日 NYにてConcert for Japanに参加。東日本大震災のためのチャリティを行った。他、何度かチャリティライヴを行っている。
 5月18日 デンジャー・マウス&ダニエル・ルッピ『ローマ』に3曲ヴォーカルとして参加。ノラの非凡な声をデンジャー・マウス等が求め、オファーした。このとき、既に2012年春の新作の序章が始まった。
2011年夏にはリトル・ウィリーズの2ndアルバム制作を本格的に再開。
■2012年1月11日(US1/10) 6年ぶりのリトル・ウィリーズのアルバム『フォー・ザ・グッド・タイムス』をリリース。
■2012年春 デンジャー・マウスがプロデュースした新作『リトル・ブロークン・ハーツ』リリース!

★プロデューサー、デンジャー・マウスについて★
*今世紀の名プロデューサーでありグラミープロデューサーデンジャー・マウス(1977年7月29日生)
(プロデューサー・オブ・ザ・イヤー<ノン・クラシカル>に今年もノミネートされている)
*今までプロデューサー部門では5回のグラミーノミネート(2005, 2006, 2009, 2010, 2011年)、2011年受賞。
(ベスト・オルタナティヴ・アルバム等でも、何度か受賞・ノミネーション経験あり)
*エスクワイア・マガジンで21世紀のもっとも影響力のある75人に選出(2009)

 

LINK

■オフィシャルサイト
http://www.emimusic.jp/norahjones/
■Twitter 
http://twitter.com/emi_norahjones
●海外公式サイト
http://www.norahjones.com

2012/04/11-08:00:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

ノラ・ジョーンズ「ハッピー・ピルズ~幸せの特効薬」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストも受け付けていますよ!

★ロック/ポップス
(CAN有線:A-12ch/SPACE DiVA:226ch)
★リクエスト・ポピュラー
(CAN有線:B-3ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

RECENT NEWS

More Music News...

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...