DIGITALISM

『デジタル主義』より4年・・・  デジタリズムの第2章(エピソード2)、いよいよ幕開け。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


PICK UP DISC

デジタリズム/最新作『アイ・ラヴ・ユー・デュード』注目のポイント!

★2011年のフジロック出演を発表したばかりのドイツ・ハンブルグ出身のデュオ、デジタリズム。2007年のデビュー・アルバム『デジタル主義』以来となる待望のニュー・アルバム『アイ・ラヴ・ユー・デュード』を6月に日本先行発売することがこの度決定した。今年1月に行なった来日DJ TOURも記憶に新しい、その来日時に約束していたとおりに夏前にいよいよ待望の新作がドロップされる。

★新作のタイトルは『アイ・ラヴ・ユー・デュード』。新作はデジタリズムの2人が得意とするビートとメロディが溢れており、インディ・ロック好きのキッズを再びパーティーに呼び戻す事は間違いなし。同じく新作を発売したばかりの、あのザ・ストロークスのフロントマン、ジュリアン・カサブランカスと共作したナンバーも含まれている模様。

★力強い個性を持った全10曲(日本盤はボーナス・トラック1曲を含む全11曲)。
まさにダンスフロアの狂気を音速の彫刻に溶接しているかのようなバンド・サウンドに溢れている。フランジャーがかかったキーボードが唸り、経験に基づいた歌詞で構成された「サークルズ」などはバンドに新たな側面をもたらす事に成功。
「デビュー・アルバムではスペーシーで壮大な世界感を描いていた」とイェンスは振り返る。
「セカンド・アルバムは宇宙から地上へと降り、歌う事にフォーカスしていて、人間的な温かさが増し、より深いんだ。」

★これを聞いてバンドが湿っぽいシンガー・ソングライターになったのかなんて心配はご無用。デジタリズムはかつてなくロックしている――以前にも増してロックしている。多くのエネルギーに満ちたロックがそうであるように、デジタリズムの新しいサウンドはヘヴィーで狂おしい。「レーパーバーン」は、まさに本人達の地元にある屈指の知名度を誇る歓楽街からとったタイトルであり、フェス受け間違いなしの“ブレイクビート・モンスター”で、あのプロディジーさえもしのぎかねない。

★「俺の父方の両親はオペラ歌手で、皆クラブやコンサートなどに滅多に出掛けないんだ。今回の新作を送ったらメールが返ってきた。“これはヒットするんじゃない?”って。珍しく認めてくれたみたい(笑)。」とイェンス。

イェンスの父が認めたように、まもなく世界中のロック・キッズ、ヘッズもこの新作を認めることになるであろう。

 

DIGITALISM(デジタリズム)
『I LOVE YOU DUDE(アイ・ラヴ・ユー・デュード)』 

2011/6/15 日本先行発売
TOCP-71111 /SPECIAL BANGIN’ PRICE ¥2,300 (tax in)
<日本盤のみ>
ボーナス・トラック収録(オリジナル・トラックリスティング)
独自アートワーク”Pray For Japan”仕様
オリジナル・グッズが当たる応募券付
Digitalism

<トラックリスト>
01. BLITZ ブリッツ
02. 2 HEARTS 2ハーツ
03. CIRCLES サークルズ
04. STRATOSPHERE ストラトスフィア
05. FORREST GUMP フォレスト・ガンプ
06. REEPERBAHN レーパーバーン
07. SLEEPWALKER スリープウォーカー*
08. ANTIBIOTICS アンティバイオティックス
09. JUST GAZIN’ ジャスト・ゲージン
10. MIAMI SHOWDOWN マイアミ・ショーダウン
11. ENCORE アンコール
日本盤のみ ボーナス・トラック収録* (オリジナル・トラックリスティング)

 

PROFILE

DIGITALISM(デジタリズム)



ドイツはハンブルク出身、"JENCE"(イェンス)と"ISI"(イシ)の2人からなるデュオ。常に時代の最先端を行き、今最も注目されているクラブ・サウンドを次々と産み落とす脅威の2人組。

メガヒットした「Pogo」をはじめ、「Idealistic」、「Zdarlight」、「Jupiter Room」が世界中のクラブ・シーンで一瞬にして話題となり、デペッシュ・モードやダフト・パンク、クラクソンズといったアーティスト達へのリミックス・ワークで更にアーティスト認知を上げる事に成功。

2007年にリリースしたデビュー・アルバム『デジタル主義』はここ日本でも大ヒットする。日本へも既に数回来日しており、毎回来日公演やDJセットを大成功させている。そのファンキーかつパンク・ディスコ的なビートを駆使したエディット・センスは天才的と評され、何よりもダンス・ミュージックへの感情移入を得意とする事でここ日本でも確実にファンを獲得。

そして『デジタル主義』より4年・・・
いよいよデジタリズムの第2章の幕開けである。

今年1月には東販DJツアーも成功させており、いよいよ6月には、待望のセカンド・アルバム『I LOVE YOU DUDE』を発表する。最新キラー・シングル「2 Hearts」を含む全11曲収録。 新作リリース直後というベスト・タイミングにてフジロックへも帰還する!

 

LINK

●日本オフィシャルサイト
http://emij.jp/digitalism/
●海外公式サイト
http://www.thedigitalism.com
●Myspace
http://www.myspace.com/digitalism

2011/06/10-09:20:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

デジタリズムのナンバー「2ハーツ」をチェックするならこちらのチャンネル!電話リクエストも受け付けていますよ。

★ロック/ポップス
(CAN有線:A-12ch/SPACE DiVA:226ch)
★リクエスト・ポピュラー
(CAN有線:B-3ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

RECENT NEWS

More Music News...

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...