倖田來未 倖田來未2011年第1弾!49枚目のSINGLE「POP DIVA」のリリースを記念して、倖田來未の全てを網羅した特集プログラムをオンエア!お馴染みのナンバー... -MUSIC LOUNGE ニュース-

倖田來未

倖田來未2011年第1弾!49枚目のSINGLE「POP DIVA」のリリースを記念して、倖田來未の全てを網羅した特集プログラムをオンエア!お馴染みのナンバーから隠れた名曲まで、24時間×1ヵ月、倖田來未の全てに迫ります!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

渡辺美里

 

トップディーヴァとしてのハードルをアップデートする
セクシーで攻撃的なダンスシングルが到着!


 デビュー10周年というメモリアルイヤーの最終日にあたる2010年12月5日。約3年ぶりに東京ドームのステージに立った倖田來未は、ショウの最後に5万人の観客に向けてこんなメッセージを送った。

彼女はこれからも歌い続ける。
それは、明るい未来のために
みんなの笑顔のために
そう、彼女はみんなの傍でいつも輝き続ける——。

 シンガーとして、パフォーマーとして、エンターテイナーとして、ひとり女性として、彼女自身が“いつも輝き続ける”ためにはなにが必要なのか。その答えは、11年目の第1弾シングル「POP DIVA」に記されているようだ。

「今回は作詞家さんに書いてもらったんですけど、ハードルを下げるのは負け組のやることだ、爪痕だけでもいいから私の存在を残すんだっていうっていう歌詞があるんですね。でも、それは世間一般的に見た倖田來未のイメージであって、普段のくぅちゃんはそこまで強くないんです(笑)。そういう意味では、私自身、倖田來未は<ポップディーバ=強くて美しい女性>でいなければいけないんだっていうプレッシャーをかけてもらった曲でもあるんじゃないかと思いますね」

 本作は、エレクトロサウンドにロックばりのシャウトをのせたダンスミュージックで、アレンジやサウンドプロポーションは洋楽的なアプローチをとっている。だが、本人出演のCM「LIVE DAM LIVE」で耳にした方なら分かる通り、「ポップ、ポップ、ポップ・ディーヴァ〜♪」と思わず口ずさんでしまうような、さり気ないポップさも兼ね備えている。この、芸術性と大衆性の共存共栄こそが彼女の本質であり、先鋭的なダンスミュージックをそのまま表現するのではなく、歌ものにフォーカスする感覚とメソッドはJ-POPの未来にも繋がるのではないかと思う。

「私は、昨年末に歌番組で歌わせてもらったバラード『好きで、好きで、好きで。』や、NHKドラマ『セカンドバージン』の主題歌の起用していただいた『あなただけが』のように、みんながカラオケで歌える曲もすごく大事に思っているんですね。みんなの心に真っすぐに突き刺さるメロディーラインの曲も残していかなければいけないっていう意識があるのと同時に、倖田來未の音楽の根本には、『POP DIVA』のように、聴き手にインパクトを与えるダンスミュージックもある。今回は、アルバムに向けた突破口を開くシングルという位置づけもあって、ダンスナンバーを選んだんです。だから、もしかしたらヒットはしないかもしれないけど(笑)、私にとっては、倖田來未というアーティストのハードルをあげる曲というのも絶対に必要だと思っているんです。」

 MUSIC VIDEOでは、「Crazy 4 U」以来となる妖艶な女スパイに扮している。深層心理のなかに入り込み、敵の書類を抜き取るというストーリーで、彼女の身体の柔らかさを前面に押し出したダンスや、敵役との激しいアクションシーンも見どころのひとつとなっている。

「リスクをおってでも欲しいものは手に入れるんだっていう女性像が描ければいいなと思って。ハードルという意味で挑んだアクションシーンも是非見て欲しいなと思いますね」

 また、カップリングには、本人曰く、「エロリスト系のカッコいい曲!」という、ハードなギターと警報が鳴り響くエッジーなダンスチューン『Black Candy』が収録されている。<♪夜明けまであと少し光るLIP/Black Candy>というフレーズが重量感のあるテンポで繰り返される、セクシーなグルーヴが実に刺激的だ。歌詞の内容は、浮ついた男性には騙されないでというメッセージが込められた「Lollipop」とは対照的に、奥手な男性を挑発的な姿勢で誘う内容となっているが、サウンド的には、<洋楽志向のポップなダンスチューン>という音楽性をさらに突き進めたキャッチーながらも先鋭的な楽曲となっている。

 ここで特筆すべきは、49枚目のシングルは、2曲ともダンスナンバーを収録した、久々のダンスシングルとなっている点にある。ちなみに、48枚目のシングル「好きで、好きで、好きで。/あなただけが」は、ニューアレンジで収録された「walk」を含む3曲全てがバラードという、コンセプチュアルなバラードシングルとなっていた。つまり、彼女はここで、<歌謡曲志向の歌ものバラ−ド>と<洋楽志向のポップなダンスチューン>、簡単に言えば、フロア向けアップナンバーとスロウナンバーの両立を明確に打ち出した上で、現在製作中というニューアルバムで果たすであろう、きらびやかな融合を示唆しているのではないかと思う。

 


 

唄い手としての圧倒的な存在感を見せた
ビルボードライブの充実した時間


 デビュー以来、常に高いハードルを設け、自らの力で乗り越えてきた彼女。「10年間のうちに幸せをかみしめていたのは2年間だけ。でも、たくさんの失敗をしたからこそ、成功したときに充実感を覚えるし、勇気をもって踏み出した一歩が、自信に繋がることを知ってる。」という彼女にとっては、昨年秋に開催されたビルボードライブもまた、挑みがいのある高いハードルのひとつだったようだ。

「ビルボードライブという場所は、私のことを全く知らない方も観に来ていただく可能性あるので、歌だけで説得しなければならない場所なんだなって思ったんです。だから、最初は、あまり自信がなかったんです。でも、いままで、倖田來未を表面的にしか見たことがのないという方にも、愛をテーマに歌っている私の内面を知ってもらいたいっていう思いがあったので、新しい一歩を踏み出そうって決意したんですね。勇気を出して一歩進んだことで、自分自身を大きく成長させてもらえた実感がありますし、これからも恐れずに、新しいことにどんどんチャレンジしていきたいと思えるようになりました。」

 歌だけに焦点を絞り、ヴォーカリストとしての自分を見つめ直すきっかけを与えてくれたライブは、2月9日にライブDVDとしてリリースされることが決まった。 ビルボードライブの模様を収めたDVDには、初回盤のみメイキング映像が収録されている。シングル「愛のうた」や「愛証」のPVを撮った監督だけに、エロティックさも漂う、ドラマチックな世界観となっている。

「いままでリリースした8枚のライブDVDにはバンドとのリハーサル風景があまり、入っていなかったんですね。だから、今回はそれをメインに考えて。ちょっとドキュメンタリータッチで、久々に真剣なくぅちゃんが見られる映像になっているので、ライブ本編とメイキング映像と両方楽しんで見て頂けたら嬉しいですね!」  

 ビルボード会員である年配のお客さんも見つめるなか、彼女は改めて、「常に攻撃的でいたい」と決意を語っている。デビュー11年目を迎えてなお、攻撃的な姿勢を緩めない彼女の勢いは、まだまだ止りそうにない。

文/永堀アツオ

 

 


2011年第1弾、49枚目のNEW SINGLEの発売が決定!SINGLEのリード曲となるPOP DIVAは、倖田來未らしいダンスナンバーで、本人出演の第一興商「LIVE DAM LIVE」CMソングに決定!更に、DVDには「POP DIVA」のミュージックビデオ、メイキングが収録!


CD+DVD

CD only

CD+イヤーマフラー
倖田來未 「POP DIVA」
2011年2月2日


<CD+DVD>
RZCD-46811/B¥1,890(tax in)
倖田來未

<CD>
RZCD-46812¥1,050(tax in)
倖田來未

<CD+イヤーマフラー>
RZC1-46813¥2,000(tax in)
東京ドーム記念盤
詳細は
こちら

【CD収録内容】
1.POP DIVA 第一興商「LIVE DAM LIVE」CMソング
2.タイトル未定
3.POP DIVA Inst
4.タイトル未定Inst

【DVD収録内容】
1.POP DIVA MUSIC VIDEO
2.POP DIVA MAIKING VIDEO


 

 

PROFILE

2000年11月「TAKE BACK」にて全米デビュー。全米ビルボードダンスチャートで最高位18位を記録。日本では同曲で2000年12月デビュー。続くセカンドシングル「Trust Your Love」のremix盤は全米ビルボード総合チャートでも最高位19位を獲得し、日本人7人目のランクインの快挙となる。以降、「real Emotion」「LOVE && HONEY」「Butterfly」「史上初12週連続シングルリリース」「恋のつぼみ」「夢のうた」など、精力的にリリース。2005年、06年にそれぞれ発売したベストアルバムはいずれも200万枚を突破、2007年12月には東京ドームでの単独公演を開催し、大成功を収めた。2009年3月には実妹であるmisonoとのコラボレーション曲「It' s all Love!」を発表、兄弟・姉妹では史上初となる初登場1位を獲得。2009年10月には海外では初めて、台湾にてワンマンライブを行った。2010年2月に発売したアルバム『BEST~ third universe~ & 8th AL "UNIVERSE"』もオリコン・ウイークリーランキング1位を獲得し、4月から6月まで全国アリーナツアーを開催。7月には日本人女性アーティストと しては初となる横浜スタジアム2DAYSのライブを成功させ、その模様が音楽ライブとして日本で初めて3D生放送された。同7月に発売された最新シングル「Gossip Candy」に収録された「Lollipop」も、主要な全配信チャートで1位を獲得。CDの他にも写真集「MAROC」やフォトエッセイ「倖田式」を発表するなど、多岐にわたり幅広い活動を行っている06年~09年までベストトジーニスト賞を4年連続受賞、08年にはネイルクイーン「アーティスト部門」の3年連続受賞・殿堂入りを果たした。2010年9月にバラードシングル「好きで、好きで、好きで。/あなただけが」、2010年10月にはカバーアルバム『ETERNITY~Love & Songs~』をリリース。そして2011年2月に発売する49枚目となるシングル「POP DIVA」は倖田來未らしいダンスナンバーに仕上がった傑作!

倖田來未 オフィシャルサイト
http://rhythmzone.net/koda/

 

 

キャンシステムでは2月1日~2月28日の「J-POP SPECIAL」CHにて倖田來未特集をオンエア!
その他のチャンネルやタイムテーブルについては次のページで♪

 

  • 1
  • 2

2011/01/31-09:54:00

facebook
twitter

有線オンエアー情報

2月の有線放送キャンシステムでは、倖田來未の全てを網羅した特集プログラムをオンエア!お馴染みのナンバーから隠れた名曲まで、24時間×1ヵ月、倖田來未の全てに迫ります!

■全国O.A.チャンネルにて倖田來未特集番組を放送!

☆J-POP SPECIAL
(CAN有線:A-20ch/SPACE DiVA:204ch) 
☆期間:2/1~2/28

☆J-POP
(CAN有線:A-03ch/SPACE DiVA:302ch)
☆期間:2/1~2/28 

☆J-BALLAD
(CAN有線:E-12ch/SPACE DiVA:242ch)
☆期間:2/1~2/28

☆2000年代 J-POP
(CAN有線:D-21ch/SPACE DiVA:221ch)
☆期間:2/1~2/28

☆リクエスト
(CAN有線:B-6ch/SPACE DiVA:203ch)

⇒有線放送キャンシステム番組案内サイト
※有線chは地域により異なる場合がございます。

有線番組表

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...