Amon Amarth

ヴァイキングの歴史と北欧神話をメタルで伝承するバンド、アモン・アマース! 9世紀の北欧ヴァイキング「大異教軍」の名を冠した通算12作目が発売決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

AMON AMARTH / アモン・アマース

AMON AMARTH / アモン・アマース

 


ヴァイキングの歴史と北欧神話をメタルで伝承するバンド、アモン・アマース!
9世紀の北欧ヴァイキング「大異教軍」の名を冠した通算12作目が発売決定!


 北欧神話やヴァイキングをモチーフにしたその世界観で、祖国スウェーデンのみならず欧州、北米、そしてここ日本をも魅了するメロディック・デス・メタル・バンド、アモン・アマースが、祖国で5位、全英25位、全米47位の前作『ベルセルク』以来、3年振り通算12作目のスタジオ・アルバム『ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー』を、結成30周年目を迎えた今年2022年の9月21日(水)にリリースする。

 本作はコンセプト・アルバムではないが、彼らが常々制作の根幹としているヴァイキングや北欧神話などの歴史的・神話的要素からのインスピレーションが反映されている。たとえばアルバム・タイトルになっておりタイトル・トラックも存在する「ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー」とは、西暦865年に、キリスト教徒のアングロ・サクソン人が治めていたイングランドに侵攻した北欧ヴァイキングの集合隊、大異教軍のことを指す。ヴァイキングは長い間、修道院などの富の集積地への襲撃を続けていたが、この大異教軍ははるかに規模が大きく、そうした襲撃とは異なり、イングランドの広範囲を征服することを目的としていた侵略軍であり、イングランドに対して致命的な被害をもたらしたという歴史がある。

 ヴォーカリストのヨハン・ヘッグはこう述べている。
「俺の妻のマリアがヴァイキングの生活や文化について、より難解な部分を探ってきたくれたことに起因している。音楽的には俺たちにとって未知の領域であるいくつかのサプライズがあると思う。全体的には俺たちが作ってきたアルバムの中で最もヘヴィなもののひとつだ。ダークでヘヴィな曲もあるし、力強くて面食らうような曲もあるが、アモン・アマース節全開の曲もある。本当にバランスの取れたアルバムだと思う」

 そんな新作から、すでに2曲のミュージック・ビデオを公開になっている。最初に公開された「ゲット・イン・ザ・リング」のビデオには、アメリカのプロレス団体AEWのスーパースターであるエリック・レッドビアードが出演している。

■「ゲット・イン・ザ・リング」
https://youtu.be/p2-_PW4kzQo

■「ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー」
https://youtu.be/bK4MbGyCSXU



 なお、アルバムの7曲目「サクソンズ・アンド・ヴァイキングス」には、その名のとおりNWOBHM(ニュー・ウェイヴ・オブ・ブリティッシュ・ヘヴィ・メタル)の名バンドであるサクソンのビフ・バイフォード(ヴォーカル)、ポール・クィン(ギター)、ダグ・スカーラット(ギター)が参加。ビルはヴォーカルの他、作詞にも関与。ポールとダグはギター・ソロを提供している。

 プロデュース、そしてミックスとマスタリングは、アモン・アマースの10thアルバム『ヨムスヴァイキング』(2016年)の他、ジューダス・プリーストの2018年のアルバム『ファイアーパワー』も手掛け、そのジューダス・プリーストのツアー・ギタリストとしても現在活躍するアンディ・スニープ。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
AMON AMARTH / アモン・アマース 『 ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー』

アーティスト: AMON AMARTH / アモン・アマース
タイトル: THE GREAT HEATHEN ARMY / ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー
発売日:2022年9月21日(水)
形態:CD
価格:¥2,860(税込)
商品番号:VICP-65604

[配信]
ストリーミングサービスおよびiTunes Storeなど主要ダウンロードサービスにて9月21日に配信!

<収録曲>
1. Get In The Ring / ゲット・イン・ザ・リング
2. The Great Heathen Army / ザ・グレイト・ヒーゼン・アーミー
3. Heidrun / ヘイズルーン
4. Oden Owns You All / オーディン・オウンズ・ユー・オール
5. Find A Way Or Make One / ファインド・ア・ウェイ・オア・メイク・ワン
6. Dawn Of Norsemen / ドーン・オブ・ノースメン
7. Saxons And Vikings / サクソンズ・アンド・ヴァイキングス
8. Skagul Rides With Me / スカグル・ライズ・ウィズ・ミー
9. The Serpent's Trail / ザ・サーペンツ・トレイル

 

<バイオグラフィ>
1992年、SCUMというグラインドコア・バンドに在籍していたオラヴィ・ミッコネン(g)を中心に、ヨハン・ヘッグ(g)、テッド・ルンドストロム(b)、アンダース・ハンソン(g)、ニコ・カウキネン(ds)によりスウェーデンにて結成。1993年に最初のデモ『THOR ARISE』を制作。翌1994年には『THE ARRIVAL OF THE FIMBUL WINTER』と題した次なるデモを制作した。そして1996年、バンドはPulverised Recordsと契約し、EP『SORROW THROUGH THE NINE WORLDS』をリリースし、6,000枚を売り上げた。その後、ニコが脱退し、マーティン・ロペス(ds)が加入する。

98年にMetal Blade Recordsと契約。デビュー・アルバム『ONCE SENT FROM THE GOLDEN HALL』をリリース。同年6月、DEICIDE、SIX FEET UNDER、BRUTAL TRUTHと共にツアーを開始しようとしていた時、アンダースが脱退。後任としてヨハン・ソーデルベリが加入した。ツアー終了後、マーティン・ロペスがOPETHへの加入のため脱退し、フレドリック・アンダーソンが加入した。新たなラインナップとなったバンドは、1999年に2ndアルバム『THE AVENGER』をリリース。そして、MORBID ANGELがヘッドライナーを務める「X-Mas Massacre Festivals Tour」に参加した。

2001年にリリースした3rdアルバム『THE CRUSHER』を携え、バンドはMARDUKとVADERとツアーを行なった。2001年秋に予定されていた初の全米ツアーは、9月11日の同時多発テロの影響でキャンセル。2002年8月には「Wacken Open Air」で12,000人の観衆を前にパフォーマンスを行った。同年11月、『VERSUS THE WORLD』をリリース。初期のデモ『THOR ARISE』と『ARRIVAL OF THE FIMBUL WINTER』を収録したボーナスCD付きエディションも発売された。その後のツアーは2004年春まで続き、バンドは5thアルバム『FATE OF NORNS』の制作に取り掛かり、2004年9月にリリース。 2006年には、続く6thアルバム『WITH ODEN ON OUR SIDE』を世に送り出した。

2008年、バンドは7thアルバム『TWILIGHT OF THE THUNDER GOD』を発表。このリリースに伴い、北欧神話を題材にした8ページのコミックがヨーロッパにて発売された。なおアルバムは、祖国スウェーデンで11位、アメリカで50位、ドイツで6位、フィンランドで10位、オーストリアで14位、スイスで21位を記録。「Revolver Magazine」のその年のアルバムTOP20では7位となった。

2010年には、SLAYERの「Unholy Alliance Chapter III」の欧州ツアーをサポート。2011年春には、8thアルバム『SURTUR RISING』をリリースした。このアルバムを携えて、CHILDREN OF BODOMやENSIFERUMなどと共に4ヶ月にわたるワールド・ツアーを実施。フェスティヴァルのステージにも精力的に立ち、2012年にドイツ「Wacken Open Air」、2013年にはフランス「Hellfest」、英国「Download Festival」、祖国の「Sweden Rock Festival」、米国「Mayhem Festival」に出演した。そして、2013年6月、9枚目のスタジオ・アルバム『DECEIVER OF THE GODS』をリリースした。

2015年、ドラマーのフレドリック・アンダーソンが脱退。元VOMITORYのトビアス・グスタフソンをセッション・ドラマーとしてレコーディングに起用し、2016年に10thアルバム『JOMSVIKING』を完成させ、リリースした。同年9月、ヨッケ・ヴォルグレンを正式ドラマーとして迎え、9月と10月にアメリカで行われたMEGADETHのツアーをサポート。イギリスとアイルランドでのヘッドライン・ツアーは、TESTAMENTをスペシャル・ゲストに迎えて行なった。2017年、「Ride & Crash Games」はAMON AMARTHと提携し、バンドの曲と歌詞を中心としたセルフ・タイトルのゲームをリリース。2019年5月、11thアルバム『BERSERKER』を発表し、SLAYERの最後のワールド・ツアーの北米パートに、LAMB OF GOD、CANNIBAL CORPSEとともに参加。

そして、2022年8月(日本は9月)、『JOMSVIKING』以来となるアンディ・スニープとのタッグによって完成させた、12枚目のフル・アルバム『THE GREAT HEATHEN ARMY』を発表する。

AMON AMARTHオフィシャル・サイト:
https://www.amonamarth.com
ビクターHP内アーティスト・ページ:
https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A027510.html

2022/08/05-17:53:00

facebook
twitter

RECENT NEWS

More Music News...