Behemoth

ベヒーモス、行き過ぎたモラルに対して中指を突き立てる冒瀆の12作目! 日本のみ超激レアEPを付属したデラックス版も登場!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

 BEHEMOTH / ベヒーモス(Photo by Grzegorz Golebiowski)

BEHEMOTH / ベヒーモス(Photo by Grzegorz Golebiowski)

 


ベヒーモス、行き過ぎたモラルに対して中指を突き立てる冒瀆の12作目!
日本のみ超激レアEPを付属したデラックス版も登場!

 各地のメタル・フェスティバルでヘッドライナーを務めるなど、今や世界的な存在となったポーランド出身のブラック・メタル・バンドのベヒーモスが、2018年発表のアルバム『アイ・ラヴド・ユー・アット・ユア・ダーケスト』以来となる通算12作目『オパス・コントラ・ナトゥーラム』を9月16日(金)に発表する。イエス・キリストが磔になった十字架で、反キリスト教のシンボルともいえる逆十字を形作ったアートワークが印象的な冒瀆の作品だ。

 アルバム名『オプス・コントラ・ナトゥーラム(OPVS CONTRA NATVRAM)』は、ルネサンス期の錬金術に由来するラテン語。英語にすると「Work against nature」、日本語では「自然に反する作業」となる。この印象的なアルバム・タイトルについて絶対的リーダーでヴォーカル/ギターのネルガルはこう語る。

「アルバム・タイトルは世の風潮に逆らうことを意味する。俺が向き合う価値観やモラル、倫理観への否定ということだ。ポップ・カルチャーにある破壊的な傾向、つまりキャンセル・カルチャー(注釈:特定の人物や団体を叩いて社会から排除しようとする動き)、SNS、そして他者を判断する能力のない人たちが手にするには非常に危険な武器だと感じるツールと、俺は本気で闘ってきた。それは実に破壊的で不愉快なものであり、アーティストの立場からするととても窮屈なものだと思う。これは、それに対して突き立てた俺の中指なんだ。このアルバムには「Neo-Spartacvs」という曲がある。スパルタカスは、史上最も強力な帝国であるローマ帝国に反乱した、歴史上最も象徴的な反逆者のひとり。曲の最後で俺は『私はスパルタカス、そしてお前も!』と叫んでいる。その反抗の炎に火を点けたいんだ。もしも何かが間違っていると感じたら、それに立ち向かえ!」

 本作のプロデュースは前作同様バンド自身によるものだが、ミキシングとマスタリングのエンジニアは変更。ミキシングは、「イーヴル」の異名をとるジョー・バレシ。スリップノットやトゥールなども手掛ける名手だ。マスタリングは、ザ・ローリング・ストーンズやレッド・ツェッペリン、レディオヘッド、デフ・レパードの作品なども手掛けてきた世界的巨匠、ボブ・ラドウィック。

 この新作だが、日本のみEP『フォレスト』を付属した2枚組デラックス・エディションも登場する。このEPは、2020年にバンド自身がリリースし、世界で限定1,000枚しかプレスされずに一瞬で完売した、ファン垂涎の超激レア盤。スウェーデンのブラック・メタル・バンド、シャイニングのニクラス・クヴァルフォルトがゲスト参加した「フォレスト」(ザ・キュアーのカヴァー)とそのライヴ・ヴァージョンに加え、ベヒーモスのオリジナル曲を2曲収録した内容で、中古でもほぼ入手できず、出回ったとしてもかなりの高額で取引されるアイテムとなっている。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
アーティスト: BEHEMOTH / ベヒーモス
タイトル: OPVS CONTRA NATVRAM / オプス・コントラ・ナトゥーラム
発売日:2022年9月16日(金)
形態:

 BEHEMOTH / ベヒーモス『オプス・コントラ・ナトゥーラム』デラックス・エディション
デラックス・エディション
・2CD: ¥3,960(税込) / VIZP-174

 BEHEMOTH / ベヒーモス『オプス・コントラ・ナトゥーラム』スタンダード・エディション
スタンダード・エディション
・1CD: ¥2,860(税込) / VICP-65666

<収録曲>
[CD 1] OPVS CONTRA NATVRAM / オプス・コントラ・ナトゥーラム
1. Post-God Nirvana
2. Malaria Vvlgata
3. The Deathless Sun
4. Ov My Herculean Exile
5. Neo-Spartacvs
6. Disinheritance
7. Off To War!
8. Once Upon A Pale Horse
9. Thy Becoming Eternal
10. Versvs Christvs

[DELUXE EDITION CD2] A FOREST / フォレスト
1. A Forest
2. A Forest (Live)
3. Shadows Ov Ea Cast Upon Golgotha
4. Evoe


●「Ov My Herculean Exile」ミュージックビデオ
https://youtu.be/092uOnSTnyI


●「Off To War!」ミュージックビデオ
https://youtu.be/uWQYV9fhHIM

 

<バイオグラフィ>
91年、当時まだ10代だったネルガルを中心にポーランドにて結成されたブラック・メタル・バンド、BEHEMOTH。翌年92年には1stデモ『ENDLESS DANMNATION』を発表したのち、93年に1st EP『AND THE FORESTS DREAM ETERNALLY』をリリース。数本のデモを制作し、96年にはついに1stフルレンス・アルバム『SVENTEVITH (STORMING NEAR THE BALTIC)』を世に送り出す。同年早くも2ndアルバム『GROM』を発表。これら作品をリリースしていくうちに、ブラック・メタル・シーン界隈でのBEHEMOTHの知名度は上がっていった。
 そして97年、凄腕ドラマーのインフェルノが加入。彼をドラマーに据えて制作された3rdアルバム『PANDEMONIC INCANTATIONS』をリリースした時期から、大物ブラック・メタル・バンドが放つ良い意味でのポピュラリティを備え始める。続く4作目にして傑作『SATANICA』(99年)では、ブラック・メタル的アプローチだけではなく、デス・メタルからのアングルでも自らのサウンドを見つめ直し、ネルガルに至ってはブラック・メタル特有のスクリームから、より聞き取り易いデス・メタルのグロウルに変えるなど、その歌唱法をも移行する。
2000年を迎えると、ヘイヴォックを新たなギタリストとして加入させた5thアルバム『THELEMA.6』を発表し、その2年後の2002年に6thアルバム『ZOS KIA CVLTVS』を放つ。04年に発表された7thアルバム『DEMIGOD』は、これまで以上に攻撃的なサウンドでありながらも、随所でメロディアスなサウンドも顔を覗かせ、更ならポピュラリティを身に纏ったアルバムとなった。大規模なワールド・ツアーを行い、2006年にはアンダーグラウンド・シーンでの大物を揃えたアメリカのメタル・ツアー「Sounds Of The Underground」に、IN FLAMES、AS I LAY DYING、TRIVIUMらと共に参戦。
07年、8thアルバム『THE APOSTASY』を持って、日本デビューを飾る。OZZY OSBOURNEはもちろん、LAMB OF GODらも出演する「Ozzfest 2007」のセカンド・ステージ・アクトを務めた。08年10月、初来日公演を敢行し、初のライヴ・アルバム『AT THE ARENA OV AION – LIVE APOSTASY』も発表。09年、SLAYERやMARILYN MANSON、BULLET FOR MY VALENTINEらも出演した「MAYHEM FESTIVAL」に参加し、9thアルバム『EVANGELION』をシーンに投下した。
ところが2010年、何とネルガルが白血病に倒れる。同年、奇跡的に骨髄移植のドナーが見つかり、手術は成功。そして完全復活。健康的危機以外にも、祖国での2007年のライヴ中にネルガルが行った聖書を破るパフォーマンスが、「宗教心を傷つける行為」として2012年になり複数の告訴がなされ、裁判沙汰に。ネルガル側は「芸術表現」と主張した。また、ポーランドの国民的ミュージシャンとして活躍するネルガルは、世界各国で放映されている人気オーディション番組「The Voice」のポーランド版の1stシーズンに審査員として出演。しかし、祖国のキリスト教団体からの抗議により、TV局は2ndシーズン以降のネルガルの起用を取りやめた。
2013年10月、初参戦となる「LOUD PARK 13」で3度目の来日を果たし、2014年2月にネルガル復帰後、初のスタジオ・アルバム『THE SATANIST』をリリースし、2015年10月、単独のジャパン・ツアーを敢行。2017年夏、SLAYERの北米ツアーに、LAMB OF GODとゲストとして帯同。さらに2018年5月のSLAYERのファイナル・ツアーにLAMB OF GODやANTHRAXらと共にサポート・アクトとして抜擢。そして同年10月、全世界待望の通算11作目のスタジオ・アルバム『I LOVED YOU AT YOUR DARKEST』をリリース。
2021年、祖国ポーランドにある廃教会を使って収録されたライヴ「In Absentia Dei」を9月に全世界に配信。12月にはそのパッケージを発売した。そして、2022年9月、通算12作目となるアルバム『OPVS CONTRA NATVRAM』をドロップする。


BEHEMOTHオフィシャル・サイト:https://www.behemoth.pl/
ビクターHP内アーティスト・ページ:https://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A021263.html

2022/06/28-18:35:00

facebook
twitter

RECENT NEWS

More Music News...