CRAZY KEN BAND

結成25周年、通算22枚目のアルバム『樹影』発売記念「インターネットの実演販売 vol.5」開催決定!アルバムの曲目、セルフライナーノーツ、ティザー映像、そして新アー写も公開!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

クレイジーケンバンド

CRAZY KEN BAND



CRAZY KEN BAND
結成25周年、通算22枚目のアルバム『樹影』発売記念
「インターネットの実演販売 vol.5」開催決定!
アルバムの曲目、セルフライナーノーツ、ティザー映像、そして新アー写も公開!

 通算22枚目のアルバム『樹影』を8月3日に発売する東洋一のサウンド・マシーン、クレイジーケンバンドが、アルバムリリースごとに行っている実演販売を今回もインターネットを通じて行うことが発表された。

 今回もシークレットゲストにスモーキー・テツニ、トップシークレットゲストにアイシャを迎えてクレイジーケンバンド公式YouTubeチャンネルにて7月8日(金)21:00から行われる。尚、7月8日(金)21:00~7月10日(日)23:59の期間中にAmazon.co.jpにて対象の商品をご予約頂いたお客様に「印刷サイン入りCKBオリジナルうちわ(そのうちラッキーな100名様には抽選で直筆サイン入り)」をプレゼント!外出先でも、ご自宅からでも日本全国どこにいても参加できるリリースイベントとなっている。


アルバム『樹影』発売記念「インターネットの実演販売 vol.5」


・実演販売はこちら(クレイジーケンバンド公式YouTube)
https://www.youtube.com/user/69doublejoy/


・特典うちわ付きCD購入ページはこちら(Amazon.co.jp販売ページ)
https://www.amazon.co.jp/s?field-asin=B0B44FTW6V|B0B44FVLVD



 またこの発表に合わせて、アルバムの曲目、横山剣一筆入魂のセルフライナーノーツ、アルバムティザー映像も公開となり、アルバム『樹影』が遂にベールを脱いだ。是非セルフライナーノーツとアルバムティザー映像で『樹影』の雰囲気を体で感じて欲しい。そして新たなアーティスト写真も公開。こちらは樹影をバックにアルバムのイメージカラーを彷彿とさせるグリーンのジャケットを着こんだ横山剣の熱い眼差しにノックアウトされること間違いない。


ニューアルバム『樹影』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=g2PzWZGfzc4



 さらに、今までアナログ・レコード化されていなかったアルバム『PACIFIC』(2019年)、『NOW』(2020年)、『好きなんだよ』(2021年)の3作がついにアナログ・レコードとして9月21日(水)にリリースされる。元々アナログ・リリースを前提としてレコーディングやマスタリング、曲順などを決めているほどアナログ愛のあるクレイジーケンバンドだけに、CDとはまた違った楽しみを味わえる1枚となっている。


アナログ・レコード3タイトルのご予約はこちら
UNIVERSAL MUSIC STORE
https://store.universal-music.co.jp/artist/ckb/?s13=20220921#itemTitle


------------------------------------------------

【CKB 2022年 NEW ALBUM 『樹影』 横山剣 セルフライナーノーツ】
*「コウタイ」のみ小野瀬雅生


「Almond」 作詞:CK 作曲:CK & Park
もともと自分のストックにあった「Almond Eyes」(DUCKTAILS時代のは同名異曲)と、Park君が「剣さんが作曲しやすい用に」と事前に作ってくれたデモ・トラックのコードが偶然完全で一致して見事にドッキング!アーモンドをかじる時の「カリッ」とパーカッシヴに弾ける感じをイメージして完成に至りました。内容は太平洋を隔てての遠距離恋愛曲ですよー!

「ドバイ」 作詞・作曲:CK
これは自宅に居ながらにして海外旅行出来る歌です。例えばアラブ首長国連邦なんてどうでしょう。さあ、VRゴーグルをつけて「魔法の絨毯」ならぬ「魔法のお布団」で束の間のドバイ旅行と洒落込みましょう!ホーン・セクション、ストリングスを贅沢に配したジェットセットなサウンドに酔いしれちゃってください! 

「夕だち」 作詞・作曲:CK
CKBお得意のヨコワケハンサム系高速ボッサ・チューンでございます!頭の中に鳴ってるんだけど表現出来ないコードやらボイシングってのがありまして、それをPark君に説明したら、鍵盤弾いて「こんな感じ?」ってドンピシャな音を一発で出してくれました!俺の脳内をハッキングでもしたのかな?ってぐらい。例えば湘南、夏の終わり、夕だち、男と女のラブゲーム、あんあん!

「強羅」 作詞:CK & Ayesha 作曲:CK & Park
Park君が作って来たトラックを聴いた瞬間「このサウンドは強羅の高級旅館の玉砂利の駐車場(妄想)にキャデラックCT6で乗り付けるイメージだ!」と直感。その興奮によりたった5分でメロディーと歌詞の原案がスムースに押し出されました。またCメロ部分のメロディーをPark君が作り、この部分を歌うAyeshaちゃんが作詞するという最っ高なコラボとなりました!

「莎拉 - Sarah -」 作詞・作曲:CK
もともとは「麗しの沙羅」ってタイトルで「横山剣自宅録音シリーズ」に入ってた曲がベースになってまして、それを今の気分で再アレンジ。亜細亜ンなイメージだけど、亜細亜の何処とは謳ってない。香港かも知れないし、シンガポールかも知れないし、ミャンマーかも知れない、そこは聴く人の感覚に委ねたいと思います。運命に翻弄されながらも力強く生きる女性との悲恋をイメージしていますが、それを重く捉えるのではなく、全てを振り切って全力で踊るのだ! 

「ウェイホユ?」 作詞・作曲:CK
これは今年、メロディーが浮かんだ途端に歌詞世界もほぼ同時に浮かんだ曲です。海外から出稼ぎ、或いは留学で日本に来てコンビニで働いてる女性との国際恋愛をイメージ。帰国してしまったそのコが教えてくれた曲の歌詞がわからないし、タイトルも読めない、しかし、心を鷲掴みにするメロディーにグッと泣かされる。「曲名は確かウェイホユって言ってたっけな?どんな意味なんだろ?」みたいな。そんな物語であります。

「Orange Cinnamon Sunset」 作詞・作曲:CK
これは鍵盤いじってるうちにコードとメロディーが浮かび、意味よりもフレーズ優先でどんどん言葉が出て来た。漠然としているけれど、デザイン的にオレンジの切り口みたいな、或いは甘い黄昏みたいな、そしてシナモンの香りのような。そしたら、実際にHot Cinnamon Sunsetってお茶があることを教えてもらい全てがバチバチバチって一致してこの曲に結実しました! 

「樹影 - eye catch -」 作曲:CK
所謂ひとつのジングルです。HIP HOPのアルバムで言うならSkitですね。樹影という響き、言霊、文字霊から想起されたメロディー&サウンド。懐かしいドンカマのビート、そして小節ごとにヴィブラスラップが入るのは所謂ひとつのエキゾティック・サウンドをオマージュ。AyeshaとScatしてみました。

「The Roots」 作詞・作曲:CK
一昨年のアルバム『NOW』の候補曲で、メロディー的には「おおおおおおお!」って思ったんだけど、その時点でのデモ音源に今ひとつグッと来るものがなかったのでお蔵入りに。ところがこの曲をとても気に入ってくれてたPark君のアレンジによって特別に大切な1曲となりました! お母様、お父様、ご先祖様を敬い、1億、2億の命のタネが愛の銀河を泳ぐ生命の神秘を歌った曲であります。 

「ヨルノウロコ」 作詞:CK 作曲:CK & Park
これもPark君が俺好みのコードを多用したトラック作ってくれて、これに押し出されるようにメロディーと歌詞世界が出て来ました。ウロコとは、例えば夜の夜を泳ぐ女性たちの煌びやかなスパンコールやラメのイメージ。生きてると色々あるし、出る杭は打たれるで叩かれたりもするけど「君らしくあればそれでいいんだよ」と、そんなメッセージです。

「Honmoku Funk」 作詞:CK 作曲:CK & Park
これもまたPark君が俺を興奮させるトラックを作って来てくれて、アイデアが止まらなくなった末に生まれ出た曲。タワー・オブ・パワー、JB’S、MG'SなどCKBに多大なる影響を与えたサウンドもまぶしつつ、CKBの故郷、横浜本牧 On My MindなLocal Funkに仕上がりました。リプライズのWAKABAさんのフレッド・ウェズリーばりのトロンボーン・ソロもめちゃFunky!

「スカジャン・ブルース」 作詞・作曲:CK
僕がCOOLS RCを脱退した’83年に作ったデッドストック。アレンジを進めてるうちにどんどんヨコスカンな風景やら、いすゞベレット1600GTが雨の国道をゆっくり走る画が浮かんで来て、スカジャン仕様の和製ファンクとなりました。テツニとAyeshaをまじえてのマイクリレーにもグッと来ちゃうよ!

「おじさん」 作詞・作曲:CK
昔っからデニース・ウイリアムスの「It’s Gonna Take A Miracle」って曲が好きで、特にグッと来てたのがそのベースライン。このベースラインに押し出されて過去にも何曲作ったかわからないぐらい。CKBで言うなら「Japanese Night」、そして今回の「おじさん」って曲も然り。子供の頃、公園のベンチで中年のおじさんが肩を震わせて何かしいてるので「へんなおじさん!」って思ったけど、よく見ると実は泣いていたんです。そんな思い出がヒントになっていたりします。

「㐧二樹影 - eye catch -」 作曲:CK
こちらは「樹影 - eye catch -」のトラックに澤野君のフリューゲルをフィーチャー。子供の頃、TVで観た「△曜ロードショー」等のオープニングとかクロージングSEのような微睡みフィーリングを表現したいなと思ってそうしました。

「コウタイ」 作詞・作曲:小野瀬雅生
コウタイ。後退でも交代でも抗体でも光体でもある。魚のコウタイ(タイワンドジョウ科)もいて、ベトナム語では「多彩な」と云う意味もある。でも語りはフランスかぶれ。曲は二両連結。連結部のフィードバックはCKBでは久しぶり。やりたい放題。世界はどうなってる。ウマウマウー。アイシテマス。

「ワイキキの夜」 作詞・作曲:CK
レコーディング中になんの前触れもなく突然浮かんだ曲。2006年にコカ・コーラのCMでCKBでハワイに行った時にとても良くしてくれたビリーさんとブランドンさん(CKB「Honolulu BBQ」の歌詞にも登場!)のことを思い出しました!早くハワイのチャイナタウンで炒麺食べたい!あ、本牧にあるじゃん!MOON CAFEならホノルル炒麺! BOOGIE CAFEなら本牧炒麺!

「こわもて」 作詞・作曲:CK
これは僕の大好きな俳優の某さん(近日中に言えるかな?)をイメージして生まれた曲。ドラム、ウッド・ベース、アコースティック・ギター、アコースティック・ピアノのみのシンプルな編成で録音。リズムや音の質感、モチーフとして漠然と浮かんだのはブルーベル・シンガーズや天知茂さんの歌唱でおなじみの「昭和ブルース」でありますが、それらを聴き直すのではなく、脳内の記憶のままにやってみました。
今時、こんな楽曲、こんなサウンドやるバンドは絶滅危惧種かも。

「Almond Jelly * 杏仁豆腐 - Dessert -」 作曲:CK
これは1曲目「Almond」をEditして作ったアウトロというか、デザートです!

以上、アルバム『樹影』のセルフライナーノーツ、御精読有り難うございました。
頑張って書いたんだから買ってね!イイネ!イイネ!イイネ!

--------------------------------------

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
クレイジーケンバンド『樹影』初回限定盤
初回限定盤
クレイジーケンバンド『樹影』通常盤
通常盤
クレイジーケンバンド『樹影』
2022年8月3日(水)発売
・初回限定盤 [CD+DVD]
UMCK-7174 / ¥7,480(税込)
・通常盤 [CD]
UMCK-1719 / ¥3,300(税込)

【ニューアルバム『樹影』のご予約はこちら】
https://umj.lnk.to/Jyuei_CD


[CD]
01:Almond
02:ドバイ
03:夕だち
04:強羅
05:莎拉 - Sarah -
06:ウェイホユ?
07:Orange Cinnamon Sunset
08:樹影 - eye catch -
09:The Roots
10:ヨルノウロコ
11:Honmoku Funk
12:スカジャン・ブルース
13:おじさん
14:㐧二樹影 - eye catch -
15:コウタイ
16:ワイキキの夜
17:こわもて
18:Almond Jelly * 杏仁豆腐 - Dessert -

[DVD](初回限定盤のみ)
CRAZY KEN BAND TOUR * 好きなんだよ 2021-2022 NAKANO SUNPLAZA 2021.11.23

モンロー・ウォーク
ルビーの指環
プラスティック・ラブ
DOWN TOWN
あぶく
ENGINE
BIBIMBOP
タイガー&ドラゴン
横須賀ストーリー
難破船
あるレーサーの死
時間よ止まれ
あまい囁き
雨に泣いてる
接吻 -kiss-
香港グランプリ
スカイレストラン
円盤 -Flying Saucer-
あ、やるときゃやらなきゃダメなのよ。
ガールフレンド


<CD購入者特典>
●Amazon.co.jp【メガジャケ(形態別)(240㎜)】
●タワーレコード【ポストカード(絵柄A)】
●楽天ブックス【缶バッヂ(スクエア)(58㎜)】
●UNIVERSAL MUSIC STORE【ポストカード(絵柄B)】
●その他・一般店特典【B2告知ポスター】

※特典絵柄は後日発表させて頂きます。
※全国のCDショップにて2022年8月3日発売のCDをご予約・ご購入のお客様に、先着で上記オリジナル特典をプレゼント。
※各店舗で用意している特典数量には限りがございますので、お早目のご予約をおすすめいたします。
※特典は数に限りがございますので、発売前でも特典プレゼントを終了する可能性がございます。
※一部取扱いのない店舗もございます。(詳しくは店頭にてお問い合わせください。)
※特典は商品と一緒にお渡し致します。
※UNIVERSAL MUSIC STOREは、「UNIVERSAL MUSIC STORE限定完全受注生産盤」も対象となります。



■クレイジーケンバンド アナログ・レコード3タイトル

『PACIFIC』アナログ盤
『PACIFIC』
・2022年9月21日(水)発売
・仕様:2LP 重量盤 33rpm
・販売価格(税抜):¥4,800
・品番:UMJK-9108/9

01.Night Table
02.Tampopo
03.クレイジーの中華街大作戦!
04.ひとり
05.Disc Jockey*Part1&2
06.KARAOKE International
07.何もいらない
08.GET
09.北京
10.Stay at Bund Hotel - シェルルームの夜は更けて –
11.場末の天使
12.風洞実験
13.車と女
14.エルヴィス顔のタイムトラベラー
15.さざえ
16.南国列車
17.南国列車*VIDEOTAPEMUSIC Remix
18.Stay at Bund Hotel - 夜明けのチェックアウト -

『NOW』アナログ盤
『NOW』
・2022年9月21日(水)発売
・仕様:2LP 重量盤 33rpm
・販売価格(税抜):¥4,800
・品番:UMJK-9110/1

01.サムライ・ボルサリーノ
02.ヨコスカ慕情
03.eye catch * 昨日のつづき
04.IVORY * LP 仕様
05.だから言ったでしょ * LP 仕様
06.9月21日
07.紅葉
08.月夜のステラ
09.愛があるなら年の差なんて
10.門松 remastering
11.夢の夢 remastering
12.eye catch * 夢のつづき
13.Hot Cha
14.テンプル通りのアイリーン
15.SSS
16.NOW
17.eye catch * 昨日、今日、明日
18.Hello, Old New World

『好きなんだよ』アナログ盤
『好きなんだよ』
・2022年9月21日(水)発売
・仕様:2LP 重量盤 33rpm
・販売価格(税抜):¥4,800
・品番:UMJK-9112/3

01.モンロー・ウォーク
02.ルビーの指環
03.プラスティック・ラブ
04.DOWN TOWN
05.冬のリヴィエラ
06.eye catch * Kokoro kara kimiwo
07.スカイレストラン
08.やさしさに包まれたなら
09.接吻-kiss-
10.時間よ止まれ
11.夏のクラクション
12.eye catch *Aishiteruyo
13.最後の雨
14.雨に泣いてる
15.横須賀ストーリー
16.よこはま・たそがれ
17.空港
18.難破船
19.eye catch * Motto yokumisete
20.アフリカ象とインド象
21.あまい囁き

 

【クレイジーケンバンドLIVE情報】
『CRAZY KEN BAND Billboard Live TOUR 2022』


■ビルボードライブ東京 Billboard Live TOKYO
6月21日(火)・22日(水)
[1st]17:00 開場/18:00 開演
[2nd]20:00 開場/21:00 開演

■ビルボードライブ大阪 Billboard Live OSAKA
7月5日(火)・6日(水)
[1st]17:00 開場/18:00 開演
[2nd]20:00 開場/21:00 開演

■ビルボードライブ横浜 Billboard Live YOKOHAMA
7月9日(土)・10日(日)
[1st]14:00 開場/15:00 開演
[2nd]17:00 開場/18:00 開演


『CRAZY KEN BAND TOUR 樹影 2022-2023 Presented by TATSUYA BUSSAN』
<2022年公演>
2022年9月23日(金祝)福生市民会館(東京)
2022年10月2日(日)福岡国際会議場メインホール(福岡)
2022年10月4日(火)市川市文化会館(千葉)
2022年10月6日(木)ウェスタ川越 大ホール(埼玉)
2022年10月10日(月祝)NHK大阪ホール(大阪)
2022年10月23日(日)中野サンプラザ(東京)
2022年10月29日(土)常陸大宮市文化センター ロゼホール(茨城)
2022年11月8日(火)紋別市⺠会館 大ホール(北海道)
2022年11月10日(木)札幌市教育文化会館 大ホール(北海道)
2022年11月19日(土)神奈川県⺠ホール(神奈川)
2022年11月20日(日)神戸国際会館こくさいホール(兵庫)
2022年11月22日(火)日本特殊陶業市⺠会館ビレッジホール(愛知)
2022年12月4日(日)横須賀市文化会館 大ホール(神奈川)
<2023年公演>
2023年2月18日(土)仙台電力ホール(宮城)
2023年2月25日(土)川口総合文化センター リリアメインホール(埼玉)
2023年3月4日(土)厚木市文化会館大ホール(神奈川)
2023年3月11日(土)アイプラザ豊橋(愛知)泣きながらツイスト
2023年3月17日(金)かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京)

<チケット発売>※2022年公演のみ
・CKB友の会先行:7月1日より
・一般発売日:8月28日(日)より
各公演詳細はこちらLIVEページをご参照ください。
https://www.crazykenband.com/posts/live/jhlajx


【クレイジーケンバンド】
1997年の春頃、横浜本牧の伝説的スポット「イタリアンガーデン」にて発生した東洋一のサウンド・マシーン。
発足以来、「音楽ジャンルからの解放」をモットーとする全方向型音楽で、中毒性のあるポップ・ウイルスが全国のクラブ・フィールドや、音楽マニアの間でジワジワと拡散を始めるが、メジャー配給となった2002年の4thアルバム『Gran Turismo』を機に、瞬く間にファン層を拡大し、幅広い年齢層からも人気を博す。
2004年春リリースのベストアルバム『CKBB』が初めてチャート9位にランクされ、2004年、2005年と日本武道館公演を成功させる。
2009年にはユニバーサルミュージックと契約し、新レーベル「Doublejoy International」を設立。2015年8月にリリースされた16枚目の最新アルバム『もうすっかりあれなんだよね』は最高位の3位を記録し、2004年~2018年(2019年は惜しくも11位)までのオリジナルアルバムがすべてベスト10にチャートインするなど、コンスタントな人気を獲得している。
2017年は“クレイジーケンバンド結成20周年”を迎え、6月にはクレイジーケンバンドが本人役で初出演した映画『イイネ!イイネ!イイネ!』の全国公開、8月には3枚組のベストアルバム『ALL TIMIE BEST ALBUM”愛の世界“』をリリース。9/2には結成20周年のアニバーサリーライブを横浜赤レンガ野外特設ステージで1万人を動員し、大盛況のうちに幕を閉じた。
2018年のデビュー20周年イヤーは8月に3年ぶりのオリジナルアルバム『GOING TO A GO-GO』をリリース。そして9/24には横浜アリーナでの記念ライブを行った。2019年には8月に19枚目のアルバム『PACIFIC』をリリースした。2020年10月には20枚目のアルバム、『NOW』をリリースし、15年ぶりの日本武道館公演を開催した。2021年、クレイジー・ケンこと横山剣がデビュー40周年を迎え、初のカヴァー・アルバム『好きなんだよ』をリリースし、ビルボード週間アルバムチャート4位を獲得した。
そして2022年、結成25年を迎えた。

【LINK】
クレイジーケンバンド 公式サイト
http://www.crazykenband.com
ダブルジョイ・インターナショナル(ユニバーサルミュージック クレイジーケンバンド専用レーベル)
https://www.universal-music.co.jp/ckb/
クレイジーケンバンド 公式Twitter
https://twitter.com/crazykenband20
クレイジーケンバンド 公式Instagram
https://www.instagram.com/crazykenband_official/
クレイジーケンバンド 公式YouTube
https://www.youtube.com/channel/UCo9yzFB15CsDG_rGXZ0chRw

2022/06/20-17:00:00

facebook
twitter

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...