小田和正

放送開始から21年目を迎えた小田和正音楽特番『クリスマスの約束』が2年ぶりに開催! コロナ禍で制作した小田の楽曲「風を待って」を出演者と共に初披露!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

小田和正音楽特番『クリスマスの約束2021』(C)TBS

 


放送開始から21年目を迎えた小田和正音楽特番『クリスマスの約束』が2年ぶりに開催!コロナ禍で制作した小田の楽曲「風を待って」を出演者と共に初披露!

 シンガーソングライター・小田和正によるクリスマス恒例のコラボレーションライブ番組、小田和正音楽特番『クリスマスの約束 2021』 が12月24日(金)深夜24時20分~26時に放送することが決定した(※一部地域のぞく)。

 2001年に放送を開始し、21年目を迎えた『クリスマスの約束』。
2年ぶり19回目となる今年は、半円形のステージと階段状の客席が特徴的な「舞浜アンフィシアター」 で収録、今年の元日に発売された小田のデジタルシングル「風を待って」で幕を開けた。

 この「風を待って」は、小田がコロナが収束していくことを願って作った一曲で“今を大切にする”がテーマとなっている。デジタルシングルのコーラスには根本要(STARDUST REVUE)、和田唱(TRICERATOPS)、JUJU、大橋卓弥(スキマスイッチ)、矢井田 瞳、熊木杏里、水野良樹(いきものがかり)ら、『クリスマスの約束』での交流が深いメンバーが参加しており、この日は常田真太郎(スキマスイッチ)のピアノ伴奏でファンの前で初めて披露された。

 小田は「(レコーディングから)1年半を経て初めて歌うことが出来た」と感慨深い表情でステージを見渡す。レコーディングの際、大橋は小田に「いつかみんなで集まって歌えるといいですね」と話したと言い、ようやく実現した形となった。

 『クリスマスの約束』は世代が異なるアーティストたちの交流が魅力のひとつだが、今回は愛知県出身の男女混合4ピースバンド・緑黄色社会から長屋晴子(Vo.)が初参加。長屋はTBSの音楽番組で小田の代表作のひとつ「キラキラ」をカバーしており、今回はまさに夢の共演となった。ストリーミング再生数が1億回超え、緑黄色社会の代表曲である「Mela!」と小田の「キラキラ」をメドレーで披露。2002年発売の「キラキラ」と2020年発売の「Mela!」とのコラボに、1,600人の観客が手拍子を送った。歌唱後、長屋は「宝物のような時間でした」と満面の笑みを見せた。

 さらに人気企画の小田と和田による映画メドレーが今年も登場。清水翔太もコーラスに加わり、委員会バンド(小田、根本、スキマスイッチ、水野)らと共に美しいハーモニーを奏でた。

 洋楽邦楽の名曲たちをお届けする小田和正音楽特番『クリスマスの約束 2021』は、12月24日(金)の深夜24時20分から放送。ぜひご覧ください。
 

 

小田和正音楽特番『クリスマスの約束2021』(C)TBS

 

 

«番組概要»
タイトル:小田和正音楽特番『クリスマスの約束2021』


■放送局:TBS系列
■放送日時:12月24日(金)深夜24:20~26:00
■出演:
小田和正
■ゲスト:
(※50音順)
熊木杏里
清水翔太
JUJU
スキマスイッチ (大橋卓弥、常田真太郎)
根本 要 (STARDUST REVUE)
長屋晴子(緑黄色社会)
水野良樹 (いきものがかり)
矢井田瞳
和田 唱 (TRICERATOPS)

■バンドメンバー
木村万作(ドラム)
栗尾直樹(キーボード)
稲葉政裕(ギター)
有賀啓雄(ベース)

■ストリングス
吉田翔平(ファーストバイオリン)
桐山なぎさ(セカンドバイオリン)
徳高真奈美(ヴィオラ)
堀沢真己(チェロ)


<PROFILE>
小田 和正 (おだ かずまさ)
1947年9月20日生 神奈川県横浜市出身 東北大学工学部、
早稲田大学理工学部建築科修士課程卒業

1969年オフコース結成。
翌70年、プロとして音楽活動を開始、「愛を止めないで」「さよなら」「言葉にできない」などのヒット曲を発表。
82年には日本武道館連続10日間公演を実施。日本の音楽シーンに様々な記録を残しつつ、89年2月、東京ドーム公演を最後にオフコース解散。

その後、プロデュース活動を経てソロとしてアーティスト活動を再開。
91年に発表したシングル「ラブ・ストーリーは突然に」は270万枚を超える大ヒット作となった。
映画やテレビ特番などの映像監督としても活躍し、これまでに「いつか どこかで」(92年)、「緑の街」(98年)の2本の映画監督作品を発表している。
2001年からは毎年12月に「クリスマスの約束」(TBS)と題した音楽特番を放映し好評を博している。
2002年に発表したベストアルバム「自己ベスト」は、出荷数300万枚を越え、発売から500週チャートにランクインする(=TOP300入り)史上初の快挙を成し遂げる。
2016年4月20日、オールタイムベスト「あの日 あの時」を発表し、ソロアルバムとして10作目の1位を獲得、自身の持つ最年長1位記録(当時)を更新した。
2018年~19年にかけて実施した2年振りの全国ツアーのチケットは、追加公演を含めて(24箇所64公演)全公演発売と同時にソールドアウトし、全国で約55万人を動員。
現在、明治安田生命企業CM曲「風を待って」、「みんなのうた 60」記念ソング「こんど、君と」が好評配信中。

2021/12/03-10:38:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...