アイラヴミー

落ち込んだ友達に寄り添う心温まる楽曲。アイラヴミー「話をしようよ」11月24日配信スタート!&Lyric Picture公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る

 

アイラヴミー

 

 

落ち込んだ友達に寄り添う心温まる楽曲。
アイラヴミー、「話をしようよ」11月24日配信スタート!&Lyric Picture公開

 

 2人組バンド、アイラヴミーの新曲「話をしようよ」が配信され、YouTubeのオフィシャルチャンネルにてLyric Pictureが公開された。

 この楽曲は、彩の国犯罪被害者ワンストップ支援センター(埼玉県・埼玉県警察・公益社団法人埼玉犯罪被害者援助センター)犯罪被害者支援プロジェクトのテーマ曲として書き下ろされた意欲作。アイラヴミーは「心が独りぼっちにならないように」という大きなテーマを持って楽曲を制作してきているが、その楽曲に犯罪被害者支援プロジェクトの関係者が共感。同プロジェクト「心の痛みに寄り添う」という活動に重なり、今回のテーマ曲制作に至った。改めて「心の痛みに寄り添うということはどういうことだろう」といろんな思いを深くめぐらせ、犯罪被害にあわれた方だけではなく、いろんな境遇の人たちがお互いに心と心を通わせ、思いやりを持てるようにという願いが込められている。

 また、ショートアニメーション『雲の上はいつも、晴れ』の主題歌としても使用されることが決定。この作品は、作画からレコーディングまでアニメ制作のすべてを尚美学園大学芸術情報学部情報表現学科の学生が担当し、主人公の声優に埼玉県出身の竹達彩奈が参加している。

 さらに、同プロジェクトのPR大使として元AKB松井咲子が担当。活動に賛同したWEリーグ(日本女子プロサッカーリーグ)が広報活動に協力。埼玉の地元局FM NACK5も通常とは異なる特別な応援体制を敷いて楽曲のON AIRを行っていくなどサポートしており、テレ玉(テレビ埼玉) でもアニメ制作の裏側を追った映像を取り上げるなど、同プロジェクトの活動を支援する輪が県内各所で拡がりをみせている。

 11月27日(土)には、埼玉県越谷市にあるイオンレイクタウン kaze光の広場にて完成披露試写イベントが行われることが発表されており、アイラヴミーのミニライブも合わせて行われる。


【アイラヴミーVo.さとうみほの セルフライナーノーツ】

話がしたかった。
君と私はまったく違う生きものだから。

姿形は似ている。
かなしいこと、うれしいこと、
似たような思い出も、ぼんやりある。
似たようなかなしみ、挫折もあるかもしれない。
でもその全部をわかるほど同じではないのだ。

だから、私は話がしたかった。
本当の心と心の「話」をしたかった。

話をしているとほんの少しだけ元気になる。
心が少しだけひとりぼっちじゃなくなる。
本当の気持ちを話すと
少しだけ温かくなる。
そうやって、ひとりぼっちにならないうたを
私は作りたいと思った。


【Lyric Picture公開】
https://youtu.be/cDnQSQc802o


【犯罪被害者支援県民のつどい】
犯罪被害者支援ショートアニメーション
『雲の上はいつも、晴れ』完成披露試写イベント(試写イベント 16時30分~)
日時:2021年11月27日(土) 13時〜
場所:イオンレイクタウン kaze光の広場
MC:元AKB48 松井咲子
出演:竹達彩奈、アイラヴミー、尚美学園大学学生

竹達彩奈 松井咲子
竹達彩奈、松井咲子


アイラヴミーOfficial Web:
https://iloveme.info

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
「話をしようよ」2021年11月24日(水)RELEASE
デジタルシングル「話をしようよ」

配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/LetsChat

Apple Music

2021/11/25-19:40:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...