鬼束ちひろ

話題のドラマ「ポルノグラファー」シリーズに続き、来年2月公開の劇場版主題歌に新曲「スロウダンス」の書き下ろしが決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


鬼束ちひろ、話題のドラマ「ポルノグラファー」シリーズに続き、
来年2月公開の劇場版主題歌に新曲「スロウダンス」の書き下ろしが決定!

鬼束ちひろ
鬼束ちひろ
 8枚目のオリジナルアルバム『HYSTERIA』を11月25日(水)にリリースした鬼束ちひろが、BL漫画原作で初連続ドラマ化され、大きな反響をよんだ話題のドラマ「ポルノグラファー」シリーズ続編の『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』に新曲「スロウダンス」を書き下ろすことが決定した。

 本作は官能小説家の木島理生(竹財輝之助)と元・大学生の久住春彦(猪塚健太)が、奇妙な出会いから恋人となったその後を描く。「恋」から「愛」へと発展した二人の関係の中で、人間の弱さや優しさが丁寧に、そして美しく描かれており、BL作品というジャンルを超えた、愛と人生の物語となっている。
官能小説の口述筆記という奇妙な出会いを経て、恋人となった二人はどんな未来を選ぶのか。美しくも繊細な“純文学的“ラブストーリーに期待が高まる。

 鬼束が主題歌を担当した「ポルノグラファー」主題歌「Twilight Dreams」、「ポルノグラファー~インディゴの気分」主題歌「End of the world」では、それぞれストーリーの世界観を美しく表現し、「ポルノグラファー」の切なく美しい世界観をより一層引き立てた。
そして、劇場版主題歌の新曲「スロウダンス」は、不器用で傷つきながらも、真っすぐに深く人を愛する姿を優しく描いており、前二作とは違った「ポルノグラファー」の魅力を表現。本作の登場人物をはじめ、愛する人がいるすべての人に寄り添い、温かく包み込むような楽曲となっている。

 そして、主題歌起用にあたり、企画プロデュース 清水一幸氏(フジテレビ)から下記コメントが届いている。

【企画・プロデュース 清水一幸氏 (フジテレビ) コメント】
『ポルノグラファー』の主題歌「Twilight Dreams」、『ポルノグラファー~インディゴの気分』の主題歌「End of the world」と、ポルノグラファーシリーズは鬼束さん無しでは語れません。こんなにも作品に寄り添ってくれ、作品をイメージ付けてくれた主題歌によって、『ポルノグラファー』という作品がここまで来ることが出来たと思っています。
今回、劇場版を制作することになりましたが、“当然、鬼束さん以外に考えられません…(笑)”
オファーにも即、快諾をいただき、この劇場版のために書き下ろしていただきました。
完成した「スロウダンス」は、“真っすぐに深く人を愛する姿”が描かれ、ポルノグラファーシリーズの最終章の主題歌にピッタリの、今までの作品の様々な出来事をも全て温かく包み込んでくれるような、本当に素晴らしい曲です!
早く皆さんに聞いていただきたいですし、早く劇場で映像と共に見ていただきたいです!


【劇場版ポルノグラファー~プレイバック~ 作品概要】
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社

■タイトル:『劇場版ポルノグラファー~プレイバック~』
■原作:丸木戸マキ「續・ポルノグラファー プレイバック」(祥伝社onBLUE comics)
■出演:竹財輝之助 猪塚健太 松本若菜 奥野壮 小林涼子 前野朋哉 / 吉田宗洋 大石吾朗
■監督:三木康一郎
■音楽:小山絵里奈
■主題歌:鬼束ちひろ「スロウダンス」(ビクタ-エンタテインメント)
■製作:松竹開発企画部
■配給:松竹ODS事業室
■企画・制作:フジテレビジョン
■公式ホームページ:https://pornographer-movie.jp
■公式twitter:@pgpb_movie
■公開:2021年2月26日(金)より新宿ピカデリーほか全国映画館にて3週間限定上映
©2021松竹株式会社 ©丸木戸マキ/祥伝社

■ストーリー:
官能小説の「口述代筆」。奇妙な出逢いをへて恋人になった、ポルノ作家・木島理生と大学生・久住春彦。木島が田舎へ里帰りしてからも、文通で遠距離恋愛を続けていた二人だったが就職したての久住とすれ違い、気まずい空気に…。そんな折、奇しくも再び腕を負傷した木島はかつてを思い出すように、地元で知り合った青年・静雄にペンを握らせる。そこへ久住がやってきてしまい………。
君と生きて生きたいから---こじらせ作家の人生と愛をめぐるものがたり。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
鬼束ちひろ
鬼束ちひろ 『HYSTERIA』通常盤
通常盤
鬼束ちひろ 『HYSTERIA』初回限定盤
初回限定盤
鬼束ちひろ 『HYSTERIA』完全生産限定盤
完全生産限定盤
オリジナルニューアルバム
『HYSTERIA』
2020.11.25 RELEASE.

■通常盤 CD only VICL-65435 / ¥3,000+税
■初回限定盤 CD+DVD VIZL-1817 / ¥4,800+税
■プレミアム・コレクターズ・エディション(完全生産限定盤)SHM-CD+Blu-ray+Photo Book VIZL-1818 /¥7,200+税


Apple Music


(収録曲)
■通常盤 CD only
1. 憂鬱な太陽 退屈な月
2. フェアリーテイル
3. 焼ける川
4. Dawn of my faith
5. swallow the ocean
6. 「蒼い春」
7. ネオンテトラの麻疹たち
8. UNCRIMINAL
9. End of the world
10. Boys Don’t Cry
全10曲収録

■初回限定盤 CD+DVD
CD
※通常盤と同内容

DVD
[SUBURBIA](Streaming Version)
1. 月光
2. 流星群
3. Tiger in my Love
4. BORDERLINE
5. MAGICAL WORLD
6. 悲しみの気球
7. EVER AFTER
8. 眩暈
9. CROW
10. 蛍

■プレミアム・コレクターズ・エディション SHM-CD+Blu-ray+Photo Book
SHM-CD
※通常盤と同内容

Blu-ray
[SUBURBIA] (Director’s Cut Version)
1. 月光
2. 流星群
3. Tiger in my Love
4. BORDERLINE
5. MAGICAL WORLD
6. 悲しみの気球
7. EVER AFTER
8. 眩暈
9. CROW
10. 蛍

<プレミアム・コレクターズ・エディション限定特典>
○三方背豪華パッケージ仕様(サイズ縦26.5cm横18.2cm)
○高音質SHM-CD仕様
○Blu-ray(配信ライブ「SUBURBIA」Director’s Cut Version)
○スペシャルフォトブック(48P)

※配信作品情報
「焼ける川」
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
https://jvcmusic.lnk.to/Yakeru_Kawa

「憂鬱な太陽 退屈な月」
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
https://jvcmusic.lnk.to/Yt_Tt

「HYSTERIA」
ストリーミングサービスおよびiTunes Store、レコチョク、moraなど主要ダウンロードサービスにて配信中
https://itunes.apple.com/jp/album/id1537047147?app=itunes&ls=1

※音楽ストリーミングサービス:Apple Music、LINE MUSIC、Amazon Music Unlimited、AWA、KKBOX、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、YouTube Music

 

<鬼束ちひろ プロフィール>
2000年2月発売CDシングル「シャイン」でデビュー。同年リリースの「月光」がロングヒットを記録。1stアルバム『インソムニア』がオリコンチャート初登場第1位、ミリオンセールスを記録、その後『日本ゴールドディスク大賞/ロックアルバムオブジイヤー』を受賞。2001年発売CDシングル「眩暈」で第43回日本レコード大賞作詞賞を受賞。
2016年に至るまで、22枚のシングル(配信のみ1曲)6枚のオリジナルアルバムを制作し、(ベスト盤/カバー盤を除く)TVドラマ・劇場版「TRICK」の主題歌をはじめ、映画・ゲーム・ドラマ・CMなど多方面に楽曲が起用される。バンド名義の活動を挟み、2015年には初の楽曲提供を行い、花岡なつみへ『夏の罪』 (ドラマ『エイジハラスメント』主題歌)を楽曲提供した。
2016年11月、メジャーリリースとしては約5年ぶりとなるシングル「good bye my love」を、さらに2017年2月には6年ぶりとなるニューアルバム「シンドローム」をリリース。4月の川崎 CLUB CITTA’ を皮切りに、東京 中野サンプラザホールでのツアーファイナル、Zepp DiverCity (TOKYO)での追加公演まで、全10か所を周る15年ぶりとなるツアーを開催。6 月には初のライブアルバム「Tiny Screams」、10月にはライブDVD/Blu-ray「ENDLESS LESSON」をリリース。2018年6月には大阪Zepp Namba、東京Zepp Tokyoで「UNDER BABIES」を開催し、両日ともにソールドアウト、8月には追加公演も開催。さらに8月にニューシングル「ヒナギク」をリリース。約15年ぶりとなるドラマ主題歌として、カップリング曲「Twilight Dreams」がFODオリジナルドラマ「ポルノグラファー」主題歌に決定した。
2019年2月には、シリーズ続編となるFODオリジナルドラマ「ポルノグラファー~インディゴの気分~」へ「End of the world」を書き下ろし、2作連続のドラマ主題歌へ抜擢された。3月にはTOKYO DOME CITY HALL、NHK大阪ホールで12月に開催したツアー「BEEKEEPER」の模様を収録したライブDVD/Blu-ray「HUSH HUSH LOUD」をリリース。
2020年2月9日にデビュー20周年を迎え、最強のオールタイムベスト「REQUIEM AND SILENCE」を2月20日(木)にリリースした。

オフィシャルウェブサイト
https://www.onitsuka-chihiro.jp
Chihiro Onitsuka Special Website
https://www.jvcmusic.co.jp/onitsuka-chihiro/

2020/11/27-12:27:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...