SiriuS

ヴォーカル・デュオSiriuS、デビューコンサートが大盛況にて終了!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


ヴォーカル・デュオSiriuS、デビューコンサートが大盛況にて終了!

SiriuS デビューコンサート開催!
SiriuS
デビューコンサート開催!

SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ
SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ
SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ
SiriuS、デビューコンサート開催!@7/7 東京・サントリーホール ブルーローズ
 SiriuS(シリウス)のデビューコンサートが、7月7日(火)に東京・サントリーホール ブルーローズで開催された。

 SiriuSは、テノールの大田翔とバリトンの田中俊太郎によるヴォーカル・デュオ。東京藝大出身というクラシック界のサラブレットであるふたりが、クラシックの枠を飛び越え、古今東西の名曲を歌いあげる新進のユニットだ。

 本公演は、2020年2月19日に発売となったデビューアルバム「MY FAVORITE THINGS」のリリースとデビューを記念し、元々4月18日に行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期になっていた。

 主催側は、安全面を考え再度の延期も想定していたが、SiriuSの歌声をファンの皆様に何とか届けたいという思いから、この状況下での出来る方法を検討。客席数を会場の50%以下に絞り間隔を確保しつつ、スタッフはフェイスシールドを着用するなど最大限の配慮を行いながら、ライブ配信も取り入れ全国のファンに視聴可能な環境で実施された。

 開演の拍手の中、この日の為に用意されたネイビーのタキシードを着た二人が登場、待ちわびていたファンの歓声の中、まずはふたりの出自であるクラシック本流のオペラの実力を披露。ヴェルディの歌劇『ドン・カルロ』の二重唱「われらの胸に友情を」や、大田のソロによるプッチーニの名アリア「星は光りぬ」、田中ソロによるワーグナーの「夕星の歌」などをマイクを持たずに披露。身体という楽器を十全に活かした発声法で、ホール中を満たした。

 その後、このコロナ禍の最中にコンサートが実施できたことへの感謝を述べ、坂本九の「上を向いて歩こう」を披露。不安が続く世の中にあって、この名曲の歌詞はなによりのポジティヴなメッセージとして響く。最後は、圧巻のオペラメドレーが披露され、第1部は幕を閉じた。

 2部は、デビューアルバム「MY FAVORITE THINGS」に収録されている「ビー・マイ・ラヴ」で幕を開けた。この曲はSiriuSが結成された当初から歌唱している思い入れの強い楽曲であり、二人のハーモニーはことのほか有機的に絡み合い、観る者を魅了した。

 「魅惑の宵」、「私のお気に入り」などデビューアルバム「MY FAVORITE THINGS」に収録されている楽曲が続いた後、現在医療従事者応援ソングとしても注目されている「一人きりじゃない(You'll Never Walk Alone)」を彼らのメッセージを込め歌唱。

 また、今回SiriuSは振り付けにも挑戦。
「チキ・チキ・バン・バン」は事前にSNSなどで振り付け動画を公開しており、来場者と一緒に当日披露することを目標としていた。曲が始まると客席も一緒に手の動きを行い会場はこの日最高の一体感と暖かな空気に包まれた。続いて披露されたミュージカルの名ナンバー「雨に唄えば」では実際に傘を使ってダンスを披露するなど、クラシック発エンターテインメントを追求するSiriuSのこれからを示すマイルストーン的なステージングを見せつけてくれた。

 最後は、「ア・ミリオン・ドリームズ」を重厚に歌い上げ、2部は終了。

 会場の鳴りやまない拍手に応えアンコール。
なんとゴダイゴの名曲「銀河鉄道999」を披露。会場からどよめきと大きな拍手が沸き起こる。
実は、SiriuSは自身のYouTubeライブで、自身のユニット名にちなみ、星にまつわる曲を募集した際に多数の楽曲がリクエストされ、その中からこの楽曲が選ばれた。二人ならではのオペラティックヴォイスに絶妙に合わせたアレンジが効いた「銀河鉄道999」は、もしかしたら彼らの新たな代表曲となるかもしれない親和性をみせており、新境地とも言えるだろう。

 大きな拍手の中、最後の楽曲「天国への階段」へ。観客への感謝とコンサートを実施出来た喜びを噛みしめ、コンサートは幕を閉じた。
初のコンサートで圧巻の実力とパフォーマンスを魅せつけたSiriuSに今後も目が離せない。

<セットリスト>
1部
M1 もう帰らないミミ ~オペラ『ラ・ボエーム』二重唱
M2 われらの胸に友情を ~オペラ『ドン・カルロ』二重唱
M3 星は光りぬ ~オペラ『トスカ』 大田翔ソロ
M4 夕星の歌 ~オペラ『タンホイザー』 田中俊太郎ソロ
M5 上を向いて歩こう
M6 オペラメドレー
『コジ・ファン・トゥッテ、ドン・ジョヴァンニ、愛の妙薬、微笑みの国より』

2部 
M1 ビー・マイ・ラヴ ~ニューオリンズの美女
M2 魅惑の宵 ~南太平洋
M3 私のお気に入り~サウンド・オブ・ミュージック
M4 チーク・トゥ・チーク~トップ・ハット
M5 セイリング ~ニュー・ブレイン
M6 一人きりじゃない ~回転木馬
M7 チキ・チキ・バン・バン~チキ・チキ・バン・バン(日本語歌唱)
M8 雨に唄えば~雨に唄えば 
M9 ア・ミリオン・ドリームズ ~グレイテスト・ショーマン
EC1 銀河鉄道999
EC2 天国への階段 ~巴里のアメリカ人

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
SiriuS「MY FAVORITE THINGS」デビューアルバム「MY FAVORITE THINGS」
2020.02.19 Release  
COCQ-85484 ¥3,000+tax


iTunes


≪収録曲≫
「天国への階段」~巴里のアメリカ人
「ラッキー・トゥ・ビー・ミー」~オン・ザ・タウン
「私のお気に入り」~サウンド・オブ・ミュージック
「魅惑の宵」 ~南太平洋
「チキ・チキ・バン・バン」~チキ・チキ・バン・バン
「僕がいる限りは」~スウィーニー・トッド  
「雨に唄えば」~雨に唄えば    
「セイリング」~ニュー・ブレイン
「一人きりじゃない」~回転木馬
「アンセム」~チェス   
「ビー・マイ・ラヴ」~ニューオリンズの美女    
「チーク・トゥ・チーク」~トップ・ハット
「ア・ミリオン・ドリームズ」~グレイテスト・ショウマン
「チキ・チキ・バン・バン」~チキ・チキ・バン・バン (日本語歌唱)

 

■SiriuSとは
共に東京藝術大学声楽科卒のテノールの大田翔とバリトンの田中俊太郎によるユニット。
卒業後、オペラやミュージカルの舞台でお互いの歌の道を進んでいた中、偶然再会をした二人。
たまたま二人で交わしたハーモニーが「セクシーヴォイスすぎる」と話題になったことをきっかけに結成。
クラシックの枠を飛び越えて、ミュージカルから映画音楽、ジャズ等、多彩なナンバーを英語、日本語で歌唱。
クラシカルな格調とエンタテインメント性を兼ね備えた、新たなスターの誕生である。

■SiriuSの由来
シリウスは地上から見える最も明るい恒星であり、シリウスAとシリウスBの二つが重なった連星である。
彼らの醸し出すハーモニーは、まるでシリウスAとシリウスBの二つの連星が重なった時に放つ、全天で最も明るい恒星シリウスの眩い輝き、そのものということでSiruSと命名。
また、翔と俊太郎の頭文字もSということで、頭と後ろに大文字を使っている。

 

■プロフィール
SiriuS

大田 翔(おおたしょう)<テノール>
身長:181cm  生年月日:1988年3月4日
東京都出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科修士課程オペラ専攻修了。オペラでは『愛の妙薬』ネモリーノ、『椿姫』アルフレード、『ドン・ジョヴァンニ』ドン・オッターヴィオ、『蝶々夫人』ピンカートン等で出演。ミュージカルでは、『ピアフ』イヴ・モンタン(東宝)、『ウエストサイド物語』トニー(劇団四季)、『レ・ミゼラブル』(東宝)、『シークレット・ガーデン』(東宝)、『You're a Good Man, Charlie Brown』シュローダー、『ホンク!』キャット、『ラ・テンペスタ』ファーディナンド、メニコンオリジナルミュージカル『あしたの瞳』『キミのために散る』では主演を務める。近年、舞台活動の他、宮城、熊本、宇和島などで、復興応援のソロコンサートを行っている。
https://ameblo.jp/2107049/

田中 俊太郎(たなかしゅんたろう)<バリトン>
身長:180cm  生年月日:1984年8月26日
島根県出身。東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程独唱専攻、同博士後期課程修了。博士(音楽)の学位を取得。英国オールドバラ音楽祭においてイギリス歌曲のマスタークラスを受講。宗教曲ではJ.S.バッハ「マタイ受難曲」「ロ短調ミサ」、ヘンデル「メサイア」、ヴェルディ「レクイエム」等でソリストを務める。オペラでは『愛の妙薬』ベルコーレ、『ドン・ジョヴァンニ』タイトルロール、『椿姫』ジェルモン等を演じる。橋本國彦「三つの和讃」、江文也「生蕃四歌曲集」を藝大フィルハーモニア管弦楽団と共演する等、日本の音楽作品の研究・演奏に取り組む。またミュージカル作品や《東京ディズニーリゾート35周年“Happiest Celebration!”イン・コンサート》等、エンターテインメントの舞台にも出演。2017年度三菱地所賞受賞。
http://shuntarotanaka.com

■リンク
HP:https://siriusduo.jp
Twitter:https://twitter.com/SiriuS_SingS
Facebook:https://www.facebook.com/SiriuS.official.columbia/
Instagram:https://www.instagram.com/sirius_sings/

2020/07/09-18:13:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...

クラシック PICKUP