Lisa Loeb

メガネがトレードマークの米SSW=リサ・ローブ、日本のファンに向けたオンライン・ライヴ配信決定!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


メガネがトレードマークの米SSW=リサ・ローブ、
日本のファンに向けたオンライン・ライヴ配信決定!

Lisa Loeb(リサ・ローブ) ©2019 Juan Patino
Lisa Loeb(リサ・ローブ)
©2019 Juan Patino
 昨年8月に通算9作目となる新作アルバム『ア・シンプル・トリック・トゥ・ハピネス』をリリースし、9月にはJapan Tourも成功におさめた、メガネがトレード・マークの女性シンガー・ソングライター=リサ・ローブが、日本のファンに向けたオンライン・ライヴ配信をする事が決定した。

 新型コロナウイルスの拡大防止が世界中で叫ばれる中、日本のファンに楽しんでもらおうとリサ本人が企画を発案。日時は下記となる。
(状況により日時の変更や中止、遅延となる場合もありますので、予め御了承下さい)

---------
「日本のファンの方々に想いを伝えたいと思い、今回Facebook Liveでのライヴを企画しました。当日はロサンゼルスの私の自宅からパフォーマンスとトークを届けたいと思います! リサ・ローブ」

日時:2020年5月31日(日) 日本時間正午12時開始予定 (現地時間5月30日(土) 20時)
リサ・ローブのオフィシャルFacebookよりライヴ配信:
https://www.facebook.com/lisaloeb
---------

 リサ・ローブはUSの女性シンガー・ソングライター。1993年に映画“リアリティ・バイツ”のサウンド・トラックに収録された楽曲「ステイ」が話題となり、94年に、レコード会社との契約が無いアーティストとしては当時ビルボード初となる1位を獲得。グラミー賞ノミネートとUKブリット・アワード最優秀新人賞という2つの賞を獲得し、世界的な人気を得たアーティスト。その後2018年にはアルバム『フィール・ホワット・ユー・フィール』でグラミー賞最優秀チルドレン・アルバム賞を受賞しその人気を磐石なものとした。

 現時点での最新アルバム『ア・シンプル・トリック・トゥ・ハピネス』はリッチ・ジャックスとの共同プロデュース。日本語にすると“幸せになるための単純な仕掛け”と題された本作は、子供の頃は、単純かつ純粋な目線で物事を見たり考えたりできたのに、大人になると理論的に自分自身を武装してしまうことがある、という点がテーマとなっている。リサならではのヴォーカルの愛らしさ、アコースティック・サウンドの清々しさが発揮された作品だ。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
リサ・ローブ『ア・シンプル・トリック・トゥ・ハピネス』最新アルバム
LISA LOEB/ 『A Simple Trick To Happiness』
リサ・ローブ/ 『ア・シンプル・トリック・トゥ・ハピネス』
好評発売中/¥2,500+税/VICP-65542/歌詞・対訳・解説付
日本盤のみボーナス・トラック2曲収録
本人のコメント入り各曲解説付


iTunes


<収録曲>
1. Doesn’t It Feel Good
2. Skeleton
3. Another Day
4. This Is My Life
5. For The Birch
6. Most Of All
7. Shine
8. Sing Out
9. I Wanna Go First
10. The Upside
11. Wonder
12. Close Your Eyes *
13. Lullaby Girl *
*…日本盤ボーナス・トラック

Lisa Loeb YouTube
https://www.youtube.com/user/lisaloebofficial

【配信情報】
iTunes Store、レコチョク、moraほか主要配信サイト、Apple Music、LINE MUSIC、AWAなど定額制音楽配信サービスにて配信中!
https://jvcmusic.lnk.to/lisaloeb_ASTTH

 

<LISA LOEB/リサ・ローブ>
テキサス州ダラス生まれ。学生時代からバンド活動を始める。93年、友人で俳優のイーサン・ホークの主演映画『リアリティ・バイツ』のサウンドトラックに自身の楽曲「ステイ」が使われ、94年8月付のビルボードで1位を記録(レコード会社との契約のないアーティストとしてはビルボード史上初)。「ステイ」は、グラミー賞ノミネートとUK最大の音楽賞ブリット賞の最優秀新人賞受賞というふたつの栄誉に輝く。
 その後ゲフィン・レコードと契約し、95年にデビュー・アルバム『テイルズ』をリリース。このアルバムは全米でゴールド・ディスクを記録。96年には待望の初来日公演が実現。97年2ndアルバム『ファイアークラッカー』リリース。同アルバムも全米でゴールドを記録。98年には2度目の来日公演を行う。2001年3rdアルバム『ケーキ&パイ』をリリース。2002年に3度目の来日公演を実施。同年レーベルをエピック/アルテミス・レーベルに移籍し、2003年には『ケーキ&パイ』に新曲を追加した編集盤『ハロー・リサ』をリリース。同年4度目の来日公演(アコースティック・ソロ)を実現させ、また友人エリザベス・ミッチェルとの共同名義の絵本付企画盤『キャッチ・ザ・ムーン』をリリース。2004年に4thアルバム『ザ・ウェイ・イット・リアリー・イズ』をリリースし、2005年にはフジ・ロック・フェスティバルにも出演。2008年には、92年にカセットのみでリリースされていた初レコーディング作品『パープル・テープ』にボーナス・ディスクを加えCD化、またアメリカでは恒例の子供たちのためのサマー・キャンプを題材にしたアルバム『キャンプ・リサ』をリリースし、来日公演を行う。また、音楽活動以外でも女優・声優としても活躍し、自身のメガネ・ブランド、リサ・ローブ・アイウェアを立ち上げてもいる。

2012年アルバム『ノー・フェアリー・テイル』をリリース。プロデューサーには、フロリダのメロディック・パンク・バンド、ニュー・ファウンド・グローリーのギタリストとして知られるチャド・ギルバートを迎えている。彼らがリリースした映画音楽カヴァー集『From The Screen To Your Stereo Part Ⅱ』の中で「ステイ」をカヴァーし、この楽曲にリサ自身もゲスト・ヴォーカルとして参加したことをきっかけに、今回の意外とも言える人選によるプロデュースとなった。またチャドは本作のギターや数曲でリサと共同での作曲も担当し、さらに彼の友人の縁でカナダの双子姉妹デュオ、ティーガン &サラやティーガン&サラや、前作にも参加していたマイア・シャープらも本作に参加している。そして2019年通算7作目となるアルバム『ア・シンプル・トリック・トゥ・ハピネス』を完成させた。

【OFFICIAL WEBSITE】 www.lisaloeb.com
【OFFICIAL LABEL WEBSITE】 www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A019008.html
【OFFICIAL TWITTER】 https://twitter.com/lisaloeb
【OFFICIAL Instagram】 https://www.instagram.com/lisaloeb

2020/05/27-18:15:00

facebook
twitter

RECENT NEWS

More Music News...