三浦透子

初のオリジナル作品「ASTERISK」5月27日(水)発売決定! 森山直太朗、曽我部恵一、津野米咲(赤い公園)らが書き下ろした珠玉の7曲を収録。 大ヒット映画「天気の子」主題歌『愛にできることはまだあるかい』のカバーも!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


三浦透子、初のオリジナル作品「ASTERISK」5月27日(水)発売決定!
森山直太朗、曽我部恵一、津野米咲(赤い公園)らが書き下ろした珠玉の7曲を収録。大ヒット映画「天気の子」主題歌『愛にできることはまだあるかい』のカバーも!

三浦透子
三浦透子
 昨年大ヒットを記録したアニメーション映画『天気の子』のボーカリストとして大抜擢され注目されている三浦透子が、初のオリジナル作品となるミニアルバム「ASTERISK」(読み:アスタリスク)を5月27日(水)に発売する。

 その唯一無二の歌声が話題を呼び続け、ついに昨年末には「第70回NHK紅白歌合戦」にもRADWIMPSと共に初出場を果たした三浦透子。類まれなる表現力で魅せる初のオリジナル作品には、曽我部恵一、森山直太朗、サンタラ、津野米咲(赤い公園)、澤部渡(スカート)、TENDRE、と音楽ファン垂涎の贅沢なアーティスト陣が参加。ドキュメンタリー映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』(4/10公開)主題歌、映画『天気の子』主題歌「愛にできることはまだあるかい」のカバーを含む全7曲が収録され、三浦透子の<声>を、それぞれのアーティストの感性で輝かせている。

 アルバムタイトルの「ASTERISK」(読み:アスタリスク)は古代ギリシア語で「小さな星」を意味し、「*」という記述符号として表されることもある。その形が7つの光を受けて光輝く星のようでもあり、コンピューター演算では乗算(掛け算)を表すこともあるこの言葉に託し、三浦透子自らが名付けた。7組のアーティストの楽曲と三浦の色鮮やかな化学反応が光を放つ、まさに、楽曲ごとに様々な表情を魅せる三浦透子の初のオリジナル作品にふさわしいタイトルといえよう。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
三浦透子 1st mini Album 『ASTERISK』三浦透子
1st mini Album
『ASTERISK』
2020年5月27日(水)発売
品番:UPCH-29362(初回仕様) 価格:2,000円 (+税)
※初回仕様出荷終了次第、同価格の通常仕様(UPCH-20542)に切り替わります。

<CD収録曲>
1. uzu 作曲:森山直太朗 編曲:森山直太朗(映画『ムヒカ 世界で いちばん貧しい大統領から日本人へ』主題歌)
2. 愛にできることはまだあるかい 作詞/作曲:野田洋次郎 編曲:河野圭
3. 蜜蜂 作詞:田村キョウコ 作曲:田村キョウコ/砂田和俊 編曲:サンタラ
4. おちつけ 作詞/作曲/編曲:TENDRE
5. 波がたった 作詞/作曲/編曲:澤部渡 (スカート)
6. ブルーハワイ 作詞/作曲/編曲:曽我部恵一
7. FISHANDCHIPS 作詞/作曲/編曲:津野米咲 (赤い公園)

 

<映画概要>
映画『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』
2020年4月10日(金)より、シネスイッチ銀座ほか全国順次公開


ベストセラー絵本を生み出した感動のスピーチから8年。
ムヒカが日本人に伝えた“いのちの言葉”とは。
南米ウルグアイの元大統領ホセ・ムヒカの魅力とムヒカと日本の知られざる関係を捉えた、
日本人若手監督による感動のドキュメンタリー。

◆映画 予告編映像 https://youtu.be/PyjYlso9dFY

【STORY】
2012 年、リオデジャネイロで開かれた国連会議にて、現代の消費社会を痛烈に批判し、人類にとっての幸せとは何かを問うたウルグアイ大統領のホセ・ムヒカ。その感動的なスピ ーチ動画が瞬く間に世界中で話題になったことで、田部井監督は当時ディレクターを務めていたテレビ番組で彼を取り上げることに。ウルグアイへ渡った田部井監督は一度も日本に訪れたこ とのないムヒカが、日本の歴史や文化にとても詳しく、尊敬していることに驚かされる。なぜ、ムヒカは日本のことをよく知っているのか? その後、田部井監督はその疑問の答えを突き止める為 に何度もウルグアイへと渡り、大統領退任後のムヒカへの取材を重ねる。そして、ムヒカの言葉に心を動かされた田部井監督は多くの日本人にムヒカの言葉を聞いてほしいと願うようになり、 ムヒカも訪日を熱望。絵本の出版社の協力を得て、彼の来日が実現する……。

【STAFF】
監督:田部井一真
企画・プロデュース:濱潤  プロデューサー:大島新、堀治樹
撮影:中島大樹  編集:大山幸樹  音楽:石﨑野乃
製作:フジテレビ、ネツゲン、関西テレビ
出演:ホセ・ムヒカ、ルシア・トポランスキー
協力:「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」(汐文社)
配給:KADOKAWA  宣伝:アンプラグド
2020 年/日本/98 分/カラー/ステレオ
© 2020「ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ」製作委員会
公式サイト:jose-mujica.com
Twitter:@mujica_nihonn

 

<三浦透子 プロフィール>
1996年生まれ 北海道出身。
2002年SUNTORY「なっちゃん」のCMでデビュー。
その後、映画、ドラマなどで本格的に女優としての活動を始める。
映画『私たちのハァハァ』(15/松居大悟監督/主演)、『月子』(17/越川道夫監督/主演)、『素敵なダイナマイトスキャンダル』(18/冨永昌敬監督/ヒロイン) 、オムニバス映画「21世紀の女の子『君のシーツ』」(19/井樫彩監督/主演)、『ロマンスドール』(20/タナダユキ監督)、『静かな雨』(20/中川龍太郎監督)、『架空OL日記』(20/バカリズム原作・脚/住田崇監督)、ドラマ「宮本から君へ」(18/真利子哲也監督)など今話題の監督たちの作品に出演し、注目されている女優の一人である。新海誠監督最新作「天気の子」にてボーカリストとして大抜擢され「役者の歌声というよりも世界そのものの響きのような、個人の感情をすこしだけ越えたような何かを、まっすぐに運んできてくれる声」(新海誠監督)「どんな天気をも晴れにしてしまうような圧倒的で不思議な力を持つ」(RADWIMPS野田洋次郎)と称されたその歌声にも注目が集まっている。

【三浦透子INFORMATION】
ユニバーサルミュージック アーティストサイト 
https://www.universal-music.co.jp/miura-toko/
オフィシャルサイト
http://www.humanite.co.jp/actor.html?id=29

オフィシャルTwitter
https://twitter.com/toko_miura

2020/03/27-18:55:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...