久石譲

Verve Group傘下でNYに拠点を置くクラシックレーベル DECCA GOLDより世界に向けて放つベストアルバム『Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi』 いよいよ本日(2/21)世界同日リリース!旧譜30タイトルもストリーミング配信開始!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


久石譲、Verve Group傘下でNYに拠点を置くクラシックレーベルDECCA GOLDより世界に向けて放つベストアルバム『Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi」』いよいよ本日(2/21)世界同日リリース! 旧譜30タイトルもストリーミング配信開始!

久石譲
久石譲
 本日2月21日に、久石譲のベストアルバムがVerve Group傘下でNYに拠点を置くクラシックレーベル“DECCA GOLD”よりリリースされた。

 今回リリースされる『Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi』は久石譲の作品の中でも、ジブリ作品や北野武監督作品をはじめとする映画のために作られたメロディーが際立つ代表曲を中心に選曲された2枚組のベスト・コンピレーション。

 映画『菊次郎の夏』の「Summer」、映画『千と千尋の神隠し』の「One Summer’s Day」(あの夏へ)、映画『ハウルの動く城』の「Merry-Go-Round」(人生のメリーゴーランド)など誰もが知るメロディーが詰まった全28曲が収録されている。
同時に旧譜30タイトルも一挙にストリーミング配信を全世界で開始する。

 このリリースに先立って、NYで撮影された久石譲にとって初となるMUSIC VIDEOも公開中で「One Summer’s Day」(2019年11月15日公開、203万再生)、「Summer」(2020年1月17日公開、227万再生)が、インストながらどちらも200万回を超えて再生されている。

 アルバムリリース当日のシンガポール公演を皮切りにメルボルン、バンクーバー、シアトル、トロント、ストックホルムなど世界各地での単独公演が予定されている。

 

 

【リリース概要】
『Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi』アーティスト名:久石譲 英語表記:Joe Hisaishi
タイトル:Dream Songs:The Essential Joe Hisaishi
発売日:2020年2月21日(金)
価格: ¥3,600(税込)
商品番号:UMCK-1638/9


iTunes


<収録内容>
DISC 1
1 One Summer's Day 映画『千と千尋の神隠し』より
2 Kiki's Delivery Service 映画『魔女の宅急便』より
3 Summer 映画『菊次郎の夏』より
4 il porco rosso 映画『紅の豚』より
5 Madness 映画『紅の豚』より
6 Water Traveller 映画『水の旅人 侍KIDS』より
7 Oriental Wind サントリー 緑茶「伊右衛門」CMソング
8 Silent Love 映画『あの夏、いちばん静かな海。』より
9 Departures 映画『おくりびと』より
10 "PRINCESS MONONOKE" Suite 映画『もののけ姫』より
11 The Procession of Celestial Beings 映画『かぐや姫の物語』より
12 My Neighbour TOTORO 映画『となりのトトロ』より

DISC 2 1 Ballade 映画『BROTHER』より
2 KIDS RETURN 映画『キッズ・リターン』より
3 Asian Dream Song 1998年「長野冬季パラリンピック」テーマソング
4 Birthday
5 Innocent 映画『天空の城ラピュタ』より
6 Fantasia (for Nausicaä)映画『風の谷のナウシカ』より
7 HANA-BI 映画『HANA-BI』より
8 The Wind Forest 映画『となりのトトロ』より
9 Angel Springs サントリー「山崎」CMソング
10 Nostalgia サントリー「山崎」CMソング
11 Spring ベネッセコーポレーション「進研ゼミ」CMソング
12 The Wind of Life
13 Ashitaka and San 映画『もののけ姫」より
14 Ponyo on the Cliff by the Sea 映画『崖の上のポニョ』より
15 Cinema Nostalgia 日本テレビ系「金曜ロードショー」オープニング・テーマ曲
16 Merry-Go-Round 映画『ハウルの動く城』より



<旧譜アルバム ストリーミング配信スタート!>

アルバムタイトル( )はオリジナルリリース日
・CURVED MUSIC(1995/2/25)
・Kids Return(1996/6/26)
・PIANO STORIES Ⅱ~The Wind of Life~(1996/10/25)
・WORKS・I(1997/10/15)
・Hana-Bi(1998/1/1)
・NOSTALGIA~PIANO STORIES Ⅲ~(1998/10/14)
・菊次郎の夏(1999/5/26)
・WORKS Ⅱ~Orchestra Nights~(1999/9/22)
・Shoot The Violist[ヴィオリストを撃て](2000/5/17)
・ENCORE(2002/3/6)
・ETUDE ~a Wish to the Moon~(2003/3/12)
・ワールド・ドリームス(2004/6/16)
・FREEDOM PIANO STORIES 4(2005/1/26)
・WORKSⅢ(2005/7/27)
・パリのアメリカ人(2005/11/30)
・真夏の夜の悪夢(2006/12/20)
・W.D.O. BEST(2007/6/20)
・Piano Stories Best ’88-’08(2008/4/16)
・「おくりびと」オリジナルサウンドトラック(2008/9/10)
・Another Piano Stories ~The End of the World~(2009/2/18)
・ミニマリズム(2009/8/12)
・Melodyphony ~Best of Joe Hisaishi~(2010/10/27)
・WORKS IV -Dream of W.D.O.-(2014/10/8)
・ミニマリズム2(2015/8/5)
・The End of the World(2016/7/13)
・ミニマリズム 3(2017/8/2)
・Symphonic Suite Castle in the Sky(2018/8/1)
・「海獣の子供」 (オリジナル・サウンドトラック)(2019/6/5)
・Spirited Away Suite(2019/7/31)
・映画『二ノ国』オリジナル・サウンドトラック(2019/8/21)

 

【ツアー情報】
2020年
2月21日(金) シンガポール ESPLANADE THEATRE ON THE BAY
2月22日(土) シンガポール ESPLANADE THEATRE ON THE BAY
2月26日(水) メルボルン Hamer Hall
2月29日(土) メルボルン Sidney Myer Music Bowl
3月 1日(日) メルボルン Sidney Myer Music Bowl
3月28日(土) 三重 三重県総合文化センター
4月 3日(金) バンクーバー Orpheum Theatre
4月 4日(土) バンクーバー Orpheum Theatre
4月 9日(木) シアトル Benaroya Hall
4月10日(金) シアトル Benaroya Hall
4月11日(土)(2回公演) シアトル Benaroya Hall
4月18日(土)(2回公演) トロント Meridian Hall
6月12日(金) ストックホルム Stockholm Concert Hall
6月13日(土) ストックホルム Stockholm Concert Hall

LINK
Official HP → www.joehisaishi.com

「One Summer’s Day」MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=l0GN40EL1VU
「Summer」MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=l0GN40EL1VU

 

【PROFILE】
- 久石譲 -

国立音楽大学在学中よりミニマル・ミュージックに興味を持ち、現代音楽の作曲家として出発。1981年「MKWAJU」を発表、翌1982年にファーストアルバム「INFORMATION」を発表し、ソロアーティストとして活動を開始。以後、「ミニマリズム」シリーズなど数々のソロアルバムを生み出し、ジャンルにとらわれない独自のスタイルを確立する。1984年の映画『風の谷のナウシカ』以降、『風立ちぬ』まで宮崎駿監督作品の音楽を担当するほか、『HANA-BI』『おくりびと』『悪人』『かぐや姫の物語』『家族はつらいよ』シリーズなど、話題作の映画音楽を多数手掛ける。これまでに数度にわたる日本アカデミー賞最優秀音楽賞をはじめ、紫綬褒章受章など国内外の多くの賞を受賞。演奏活動においては、ソロピアノやオーケストラなど様々なスタイルを披露。2004年、新日本フィルハーモニー交響楽団と「新日本フィル・ワールド・ドリーム・オーケストラ」を結成し、音楽監督に就任。毎年多彩な内容のプログラムで全国ツアーや海外公演を実施。2017年から、宮崎駿監督作品のフィルムコンサートの世界ツアーを行い、これまでパリ、メルボルン、ロサンゼルス、ニューヨークなどで開催し、大成功を収めている。また2014年から、久石譲プロデュースによるミニマル・ミュージックからポストクラシカルといった最先端の”現代の音楽”を紹介するコンサート・シリーズ「MUSIC FUTURE」を始動。昨年「Vol.5」では、東京公演だけでなく、ニューヨーク公演開催を果たした。近年はクラシックの指揮者としても国内の演奏会のみならず、世界の主要オーケストラとのコラボレーションを行う。また「TRI-AD for Large Orchestra」「THE EAST LAND SYMPHONY」「ASIAN SYMPHONY」などの作品づくりにも意欲的に取り組むほか、本年7月には、フューチャー・オーケストラ・クラシックス(FOC)の活動をスタートさせるなど、作曲家として”現代(いま)の音楽”を伝える活動を精力的に行っている。

2020/02/21-15:47:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...

クラシック PICKUP