葉加瀬太郎

「パラスポーツ・バリアフリー推進応援ソング」として書き下ろした新曲「Legacy」が全世界デジタル配信スタート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


葉加瀬太郎、「パラスポーツ・バリアフリー推進応援ソング」として
書き下ろした新曲「Legacy」が全世界デジタル配信スタート!

葉加瀬太郎
葉加瀬太郎
 葉加瀬太郎が「パラスポーツ・バリアフリー推進応援ソング」として書き下ろした新曲「Legacy」が、1月15日全世界デジタル配信リリースされた。

 昨年6月10日に東京都によって発足された「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーに選出され、パラ応援大使のひとりにも任命された葉加瀬太郎。
第一回懇談会に出席して、小池都知事やパラアスリートの皆さんと初めてあった葉加瀬自身が思ったことは、「このメンバーに選んでいただいて、一回目の懇談会に参加させていただいた際に、自分が音楽家、ミュージシャンとして出来ることは何だろうって考えた時、パラアスリートの皆さんはもちろん、障害を持たれている皆さんの心を、背中を押して差し上げられるような曲を、メロディーを書くことが自分にできることではないかと思いました」と語っている。

 そしてその後昨秋のツアー真っ最中にレコーディングを行い、出来上がった作品を12月12日に小池都知事に直接届ける形で葉加瀬本人から手渡された。
この「Legacy」には、世界の全アスリートの皆さん、働いているそれぞれの皆さんの気持ちを押すような壮大なメロディーと、一聴して引き込まれるその旋律に込められた葉加瀬自身の思いが感じられる。
世界に通用するヴァイオリニストとして「情熱大陸」「エトピリカ」「ひまわり」「Another Sky」「WITH ONE WISH」といった名曲を送り出してきた彼の新たな代表曲となる必聴の新曲だ。現在YouTubeでもMV(short version)を公開中。

YouTube - Legacy (short ver.) / 葉加瀬太郎
https://youtu.be/jiOMz1UMOuc

 葉加瀬太郎はデビュー30周年を迎える今年、3月4日にはオーケストラアレンジに特化したニューアルバム「The Symphonic Sessions」をリリース、4月からは、初のフルオーケストラを迎えた「葉加瀬太郎オーケストラコンサート2020〜The Symphonic Sessions〜」を全国16公演行うことも決定しており、2020年の活動から目が離せない。

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
【新曲情報】
葉加瀬太郎 「Legacy」アーティスト:葉加瀬太郎
タイトル:Legacy *作曲:葉加瀬太郎 編曲:羽毛田丈史
発売日:2020.1.15
規格:DIGITAL
レーベル:HATS UNLIMITED

iTunes




【ニューアルバム情報】
葉加瀬太郎『The Symphonic Sessions(ザ・シンフォニック・セッションズ )』アーティスト:葉加瀬太郎    
タイトル:The Symphonic Sessions(ザ・シンフォニック・セッションズ )
発売日:2020.3.4
品番:HUCD-10292
定価:¥3,000(本体価格)+税 全12曲収録
発売元:HATS UNLIMITED


収録曲:
01. Legacy(新曲:パラスポーツ・バリアフリー推進応援ソング)
02. Symphonic Another Sky(新曲)
03. Love for You(Full Ver.)(未発表曲)
04. WITH ONE WISH
05. ひまわり
06. Together We Walk
07. シシリアンセレナーデ
08. 流転の王妃・最後の皇弟メインテーマ(Full Ver.)
09. 冷静と情熱のあいだ
10. 交響詩「希望」より第四楽章ロマンス 第五楽章ロード・オブ・ホープ~リフレイン
11. To Love You More(with English Chamber Orchestra)
12. 情熱大陸2018 ~ Full Orchestra Ver.

■HATS UNLIMTED Official Sate:http://hats.jp
■HATS UNLIMTED Official YouTube:https://www.youtube.com/HATSCHANNEL

 

デビュー30 周年記念第1 弾! 葉加瀬オーケストラ結成!自身初のフルオーケストラ公演
【日医工創立55周年特別協賛 葉加瀬太郎オーケストラコンサート2020〜The Symphonic Sessions〜】


4.4( 土) 福岡: 福岡サンパレス
開場16:30 開演17:00 [ 問] キョードー西日本 0570-09-2424
4.5( 日) 熊本: 熊本城ホール メインホール
開場16:30 開演17:00 [ 問] キョードー西日本 0570-09-2424
4.11( 土) 富山: 富山オーバード・ホール
開場16:30 開演17:00 [ 問] エンタメスタイル 076-256-5538
4.17( 金) 埼玉: 川口リリア・メインホール
開場18:00 開演18:30 [ 問] キョードー東京 0570-550-799
4.18( 土) 埼玉: 川口リリア・メインホール
開場16:30 開演17:00 [ 問] キョードー東京 0570-550-799
4.21( 火) 神奈川: 神奈川県立県民ホール
開場17:45 開演18:30 [ 問] キョードー横浜 045-671-9911
4.24( 金) 大阪: フェスティバルホール
開場17:30 開演18:30 [ 問] キョードーインフォメーション 0570-200-888
4.25( 土) 大阪: フェスティバルホール
開場14:00 開演15:00 [ 問] キョードーインフォメーション 0570-200-888
4.29( 水・祝) 愛知: 愛知県芸術劇場・大ホール
開場17:00 開演18:00 [ 問] サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
4.30( 木) 愛知: 愛知県芸術劇場・大ホール
開場17:30 開演18:30 [ 問] サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
5.1( 金) 愛知: 愛知県芸術劇場・大ホール
開場17:30 開演18:30 [ 問] サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
5.4(月・祝)京都: ロームシアター京都メインホール(旧京都会館)
開場16:15 開演17:00 [ 問] キョードーインフォメーション 0570-200-888
5.5( 火・祝) 兵庫: 神戸国際会館こくさいホール
16:15 開演17:00 [ 問] キョードーインフォメーション 0570-200-888
5.8( 金) 北海道: 札幌文化芸術劇場 hitaru
開場17:45 開演18:30 [ 問]WESS 011-614-9999
5.14( 木) 東京: 東京国際フォーラム・ホールA
開場17:30 開演18:30 [ 問] キョードー東京 0570-550-799
5.15( 金) 東京: 東京国際フォーラム・ホールA
開場17:30 開演18:30 [ 問] キョードー東京 0570-550-799

全席指定( 税込)9,000円〔札幌公演 :S 席¥9,000 A 席¥8,500〕 ※未就学児入場不可  
主催: 各地/BS 朝日 特別協賛: 日医工株式会社 

 

【葉加瀬太郎プロフィール】
1968年1月23日 大阪府生まれ
1990年KRYZLER&KOMPANYのヴァイオリニストとしてデビュー。
セリーヌ・ディオンとの共演で世界的存在となる。1996年にクライズラー&カンパニーを解散後、ソロでの活動を開始。2002年、自身が音楽総監督を務めるレーベルHATSを設立。
2007年秋から、原点回帰をテーマにロンドンへ拠点を移し、膨大なクラシックスコアと日々格闘。
自身のコンサートツアーに於いてはワールドツアーや全都道府県ツアーなどを行い、日本全国、そして世界に向け葉加瀬太郎の音楽を発信している。
また、自身のレーベルHATS主催のHATS MUSIC FESTIVALや夏の野外コンサートを開催するなど、1年を通して100本近い公演を毎年行い、2018年には、ソロのヴァイオリニストとしては史上初となる単独公演での日本武道館公演を成功させた。
様々なジャンルのアーティストとのコラボレーションも数多く、年を追うごとに支持層も拡大している。
今後も精力的に国内外で活動の幅を広げ、音楽の楽しさと素晴らしさを葉加瀬らしく伝えていく。2019年4月、「日医工 presents HATS MUSIC FESTIVAL Vol.4 葉加瀬太郎・高嶋ちさ子・古澤巌~3大ヴァイオリニストコンサート2019~」(全18公演)開催。。2019年8月、原点に戻ったクラシックカバーアルバム『Dal Segno ~ Story of My Life』を発売。アルバム発売に合わせてツアー「葉加瀬太郎 Concert Tour 2019 Dal Segno Story of My Life」を全国50箇所のホールで開催。2020年にはデビュー30周年を迎える。

■オフィシャルサイト:https://taro-hakase.com

2020/01/16-13:23:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...