井上陽水

デビュー50周年を記念してリリース!豪華アーティストによる名曲トリビュート「井上陽水トリビュート」全15曲 ダイジェスト公開
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


井上陽水、デビュー50周年を記念してリリース!
豪華アーティストによる名曲トリビュート「井上陽水トリビュート」全15曲 ダイジェスト公開

井上陽水 トリビュート 参加アーティスト
井上陽水 トリビュート
参加アーティスト
 井上陽水のデビュー50周年を記念したトリビュートアルバム「井上陽水トリビュート」が11月27日にリリース。音楽シーンのレジェンドから、若き才能まで、幅広い世代から豪華なアーティストが参加。井上陽水の名曲の数々をトリビュートする今回の作品。
ついに各アーティストのトリビュート楽曲が完成。全15アーティスト15曲のダイジェスト動画が公開された。あわせて収録曲順も発表。

 このアルバムの1曲目はヨルシカの「Make-up Shadow」で幕を開け、ボーカルsuisのイノセントな声と、妖しげな歌詞が見事な調和を見せる。2曲目は槇原敬之が陽水のヒット曲「夢の中へ」を大胆なアレンジでカバー。陽水が中森明菜に提供した「飾りじゃないのよ 涙は」をカバーするKing Gnuは、陽水とも中森明菜とも異なる色気を醸し出す。

 椎名林檎が歌うのは「ワインレッドの心」。本人曰く「軽妙に書かれている言葉を、重苦しくより深刻に響かせるべく、取り組んだ」が、「最後はついスウィングしてしまいました」と言うカバーに注目。宇多田ヒカルは、自身の二十歳の誕生日イベント「20代はイケイケ!」でも歌唱した「少年時代」をカバー。彼女の声による名曲歌唱は心を揺さぶられずにはいられない。続くはウルフルズ。NHKブラタモリのオープニングテーマとなっている「女神」はウルフルズらしい、肩ひじ張らない楽しげなアレンジとなった。山口百恵への提供曲「クレイジーラブ」を一発録音でカバーしたという田島貴男は、ブルージーなサウンドが魅力的な楽曲となった。

 福山雅治「リバーサイド ホテル」は、淫靡な歌詞を、その甘い、色気のある歌声で、存分に感じられるアレンジとなっている。今回の参加アーティストの中で唯一、陽水と同世代の細野晴臣は、自身が原曲でもアレンジを担当した「Pi Po Pa」。セルフリメイクとも言うべき分解再構築したアレンジとなっている。アーバンなR&Bを聴かせるiriは、陽水初期の名曲「東へ西へ」という異色のカバー。ライブハウスシーン注目のロックンロールバンドSIX LOUNGEによる「Just Fit」は、武骨なアレンジで、男女のめくるめく夜を荒々しく描いている。斉藤和義は陽水の曲の中で格別好きだという「カナリア」をアメリカの荒野を感じさせるようなサウンドメイキングでカバー。
井上陽水とこれまでもコラボしてきた世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスは「ダンスはうまく踊れない」。サルサアレンジになると、ダンスを踊る女性の心情はまた違った雰囲気を見せる。

 ACIDMANは「傘がない」。陽水自身も楽曲の意味を問いながら歌っているというこの曲を、ボーカル・ギター大木伸夫は「今も変わらぬ人間の切なく正しい矛盾を、僕なりの解釈でカバーした」という。アルバムの最後を飾るのは「最後のニュース」。平成の始まりに発表されたこの曲。30年経っても色あせないメッセージをKREVAがそのラップと トラックメイキングで鮮やかに演出する。

 全15曲。充実した内容のカバーアルバム。楽曲を少しだけ聞きながら発売をお待ちいただきたい。

ダイジェスト動画はこちら:
https://www.youtube.com/watch?v=-6FrjhFNQwY

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
『V.A. 井上陽水トリビュート』『V.A. 井上陽水トリビュート』
2019.11.27 Release
UPCH-2198 税抜:3,000円


<収録曲>
1.ヨルシカ 「Make-up Shadow」
2.槇原敬之 「夢の中へ」
3.King Gnu 「飾りじゃないのよ 涙は」
4.椎名林檎 「ワインレッドの心」
5.宇多田ヒカル 「少年時代」
6.ウルフルズ 「女神」
7.田島貴男 (ORIGINAL LOVE) 「クレイジーラブ」
8.福山雅治 「リバーサイド ホテル」
9.細野晴臣 「Pi Po Pa (Reiwa mix)」
10.iri 「東へ西へ」
11.SIX LOUNGE 「Just Fit」
12.斉藤和義 「カナリア」
13.オルケスタ・デ・ラ・ルス「ダンスはうまく踊れない」
14.ACIDMAN 「傘がない」
15.KREVA 「最後のニュース」

 

参加アーティストからコメントが到着!!

ACIDMAN
井上陽水さんの曲の中で1番衝撃を受けた、「傘がない」。
こんな超名曲をカバーさせてもらえる日が来るなんて、言葉がない。
当時も今も変わらぬ人間の切なく正しい矛盾を、僕なりの解釈で表現させて頂きました。
陽水さんへ最大のリスペクトを込めて。
大木伸夫(ACIDMAN)

iri
トリビュートに参加させていただきありがとうございました!
オファーをいただいた時の興奮がいまも忘れられません、私にとってとても特別な曲になりました。
iri

宇多田ヒカル
二十歳の誕生日イベントでカバーしたことがキッカケとなり、まさかの井上陽水さんのライブでご本人に見守られながら歌わせていただいたこともありました。「少年時代」は私にとって思い出の曲です。
やっと、正式な作品としてレコーディング、発表することができました。
デビュー50周年、おめでとうございます。
宇多田ヒカル

ウルフルズ
陽水さんにはウルフルズのレコーディングに参加してもらった事がある。
陽水さんはその時、嘉納治五郎的逆らわずして弾くギター奏法で我々の度肝を抜いた。
僕はそこに音楽の極意を見た気がしたのだった。この度はその時の恩返しのつもりで演らせて頂いた。
その節は本当にありがとうございました。
トータス松本/ウルフルズ

ワサワサと楽しくて、明るい曲になればいいなぁってベースを弾きました。参加できて嬉しいです!
ジョンB/ウルフルズ

音楽活動50周年おめでとうございます!今回トリビュートアルバムにウルフルズとして参加でき、とても光栄です!!!カヴァーさせてもらった「女神」は、いまのウルフルズなりのアレンジになったかと。気に入ってもらえると嬉しいなぁ。
サンコンJr./ウルフルズ

オルケスタ・デ・ラ・ルス
デラルスと井上陽水さんを繋げてくださったのは、なんとあのタモリさん!タモリさんのヨットレース、タモリカップでデラルスが演奏した時が、陽水さんとの最初の出逢いでした。それから、「氷の世界」「I will」「SAKURAドロップス」のカバーやライブなどでご一緒させていただきました。
今回のトリビュートアルバムのお話をいただいた時、最初に別の曲が候補に上がりましたが、私が幼い頃テレビで流れていて、心のどこかをグッと掴まれたロマンティカ溢れるナンバー「ダンスはうまく踊れない」を歌いたい!と強く思いました。これをサルサにしたらめっちゃ合う!と直感。そして、メンバーの相川等により、これぞ哀愁のサルサ!というアレンジに仕上がりました。曲の後半には、サルサ特有のスペイン語によるコーラスと歌の掛け合いが出てきます。そのあたりも楽しんでいただけたら幸いです。1人では上手く踊れなくても、愛する人とサルサを踊ってくださいね!
祝50周年!愛と感謝を込めて。
NORA from Orquesta De La Luz

King Gnu
2012年のフジロックフェスティバル。大トリのRadioheadの登場を心待ちにしていた俺はグリーンステージで偶然井上陽水を目撃することになる。そこで彼を見た感想は一言。渋いっ渋すぎるぜ先輩。それ以来ザーッと作品を買って歌詞を読みながら聴くほどハマってしまった。俺もこんなかっこいいおじさんになりたいな。
King Gnu 常田大希

KREVA
貴重な機会を頂けたことに感謝します。
最初にスタッフから参加依頼があるというお話を聞いた際には、まず驚きがやってきました。
その後すぐに「やるなら”最後のニュース”がいいな」と考えていたところに、候補曲の中にその名前を見つけてテンションが上がる、というか身震いがしました。カバーするに当たっては、原曲を意識し過ぎず、現代のラップ、エレクトリックミュージックの要素を散りばめたシンプルなトラックで歌えば、より陽水さんのメッセージが今に響くであろうと考えました。

斉藤和義
カナリアは、どこかヨーロッパあたりの童話の様な印象があります。
格別好きな曲だったので、いくつもやりたい曲があった中この曲を選びました。
斉藤和義

椎名林檎
祝!50周年

こんな記念すべき作品へお誘いいただき光栄です
これだけ多く作って来られた陽水さんですから、
どの要素へ挑むべきかわたしも大いに悩みました
あれこれ挙げるときりがなく陽水さんの作詞面を
とくに掘り下げることにしよう、と結論しました
ご本人が、軽妙に書かれている言葉を、重苦しく
より深刻に響かせるべく、取り組んだつもりです
この二人称によほど辛いことがあったかのように
とはいえ最後はついスウィングしてしまいました
「ゆれながら」という陽水さんの誘惑に負けて…

(つぎの60周年のときは、どの曲にしよっかいな)

SIX LOUNGE
僕が生まれて初めてギターを弾きながら歌った曲が「東へ西へ」だったり、生まれて初めて観に行ったコンサートが、井上陽水さんのコンサートだったり、僕の音楽人生の根っこになる人です。
今回「Just Fit」をやらせてもらいました。
俺たちらしい、いいアレンジができたと思います。いろいろと思いはありますが、
全部ド直球に詰め込ませてもらいました。
SIX LOUNGE Gt/Vo ヤマグチユウモリ

田島貴男(ORIGINAL LOVE)
井上陽水さんトリビュートアルバムのお誘いを受け、この上なく光栄に思いました!
もちろんレコーディングには気合いが入りました。
歌い手の度量が問われる陽水さんの沢山の名曲の中で、これなら自分の歌い方ができるという曲をスタッフとともに選びました。
「クレイジーラブ」はオールディーズのような曲なので、1950年代当時のミュージシャン達に敬意を払い、僕はエレキギターを弾きながら同時に歌って、バンド演奏は完全に一発録音。アコースティックギターとギターソロのパートだけをあとからオーバーダビングしました。ほとんどライブ録音のようにすることによって、よりロックンロールな、ブルージーな「クレイジーラブ」になったと思います。
田島貴男(ORIGINAL LOVE)

福山雅治
50周年おめでとうございます。私事ですが、僕も今年50歳になりました。ずいぶん前にM ステでご一緒させていただいた時、隣に座られてた陽水さんから「福山くん長崎だよね? 九州で先輩といえば親も同然だから」と。その時は冗談だと思ったんですが、冗談ではなかったのですね。子供が歳を取って改めて親子の血を感じるように、僕の歌の中に陽水さんの血が流れていました。歌い手としての血が。これからも、九州音楽界の偉大なる父として歌い続けてください。
福山雅治

細野晴臣
今回は呼びかけていただき、喜んでミックスしました。元々「Pi Po Pa」でどのように参加したのか、随分昔のことなので記憶が曖昧だったこともあり、敢えてオリジナル音源を聞かずに今の気分で音を活性化してみました。同じ50周年を迎える数少ない同胞であり、お互い養生して音楽の道を歩みましょう。

槇原敬之
どの曲がいいか選ぶにあたり、アルバムを聴きまくっていたのですが、こんなにも井上陽水さんの大好きな曲があったのか!と驚きました。こんなことを改めて言う必要もないのですが、どれも名曲ですよね。
陽水さんの生歌に触れたのは実はすごく遅くて、某アーティストのお誕生日パーティに招いていただいた時に、陽水さんもいらしていて、飛び入りでジョンレノンの曲をギターで弾き語りで歌われたのですが、その歌を聴いて僕は後ろに倒れそうになるくらいの井上陽水エネルギーを感じ思わずのけぞってしまい、その時から、本腰入れてファンになりました。
今回、井上陽水さんのトリビュートに参加することができて、大変光栄に思っております。

ヨルシカ
Make-up Shadowをカバーさせていただきました、ヨルシカです。原曲のアンニュイな雰囲気やメロディの強度を保ちつつ、現代のサウンドメイクでレコーディングすることが我々の使命だな、と勝手に直感して制作に入りました。全体通してタイトな生ドラムにボーカルが乗るイメージで行ったアレンジです。他の方々の音源が聴けることを一番の楽しみに、発売を待っています。
ヨルシカ

 

<参加アーティストプロフィール> ※50音順

ACIDMAN
大木伸夫(Vo&G)、佐藤雅俊(B)、浦山一悟 (Dr)からなる“生命”“宇宙”をテーマにした壮大な詩世界、様々なジャンルの音楽を取り込み、“静”と”動”を行き来する幅広いサウンドで3ピースの可能性を広げ続けるロックバンド。
2002年アルバム『創』でメジャーデビューを果たし、以降、数々のロックフェスの大トリを務める。2017年には結成20周年の集大成として故郷埼玉県、さいたまスーパーアリーナにて初の主催ロックフェスである「SAITAMA ROCK FESTIVAL “SAI”」を開催し、チケットは即日ソールドアウト。現在までに11枚のオリジナルアルバムを発表し、6度の日本武道館ライブを開催し成功を収めている。
2019年10月30日には、メジャーデビューアルバム「創」のアナログ盤をリリースし、それを記念した“再現”ツアー「ACIDMAN LIVE TOUR “創、再現"」の開催を控えている。

iri
神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。2016年10月アルバム「Groove it」でデビュー。HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、 ジャンルレスな音楽を展開。ドノヴァン・フランケンレイターやコリーヌ・ベイリーレイのオー プニングアクトを務め、ChloeやVALENTINOのパーティーにてパフォーマンスを披露するな ど、多方面から注目されている新進女性アーティスト。

宇多田ヒカル
1998年12月デビュー。翌年発売されたアルバム「First Love」は売上日本記録を樹立。以来、発表された6枚のアルバムすべてチャート1位を達成。2010年より活動一時休止するも2016年に再始動、2017年EPICレコードジャパンへの移籍を発表。2018年6月に移籍後初のアルバム「初恋」をリリース、そして同年11月より約12年ぶりとなる全国ツアーを開催。2019年1月18日“KINGDOM HEARTS Ⅲ”のテーマソングが収録されたシングル「Face My Fears」を発売。自身初の全米Billboard Top100入りを記録した。

ウルフルズ
1988年に大阪で結成、メンバーはトータス松本(Vo, Gt)、ジョンB(B)、サンコンJr.(Dr)。バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来。1992年、シングル「やぶれかぶれ」でデビュー。1995年のシングル『ガッツだぜ!!』、翌年の『バンザイ〜好きでよかった~』でブレイク。アルバム『バンザイ』は100万枚を超える大ヒットを記録。二度のNHK紅白歌合戦出場を果たす等、数々のヒット作を世に送り出した、唯一無二のワンダフルロックバンド。15枚目となる最新アルバム"ウ!!!"を6月にリリース。

オルケスタ・デ・ラ・ルス
Orquesta De La Luz
1984年結成。1989年に自費によるNew Yorkツアーを決行。このツアーで大ブレークし、1990年BMGビクターより国内、海外デビュー。1stアルバムが全米ラテンチャートで11週連続1位を獲得。活動が世界に認められ国連平和賞をはじめ国内外で数々の賞を受賞し、1995年にはグラミー賞にもノミネートされた。 2019年デビュー35周年を迎え、10年ぶりのニューアルバム「Gracias Salseros」を発売。 3月にFacebookにて配信したデビュー曲「Salsa Caliente Del Japon」のリハーサル映像が、194万回再生を突破し、中南米を中心に世界中で話題になっている。

King Gnu
東京藝術大学出身で独自の活動を展開するクリエイター常田大希が2015年にSrv.Vinciという名前で活動を開始。その後、メンバーチェンジを経て、常田大希(Gt.Vo.)、勢喜遊(Drs.Sampler)、新井和輝(Ba.)、井口理(Vo.Key.)の4名体制へ。SXSW2017、Japan NiteUS Tour 2017出演後、2017年4月、バンド名をKing Gnuに改名し新たなスタートをきった。独自のポップセンスと色気が凝縮されたトーキョー・ニュー・ミクスチャーと称されるサウンドはもとより、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL等大型フェスへの出演、盟友クリエイティブレーベル「PERIMETRON」と制作するMV・アートワークで注目を集め、LIVEチケットは毎回即日完売。 音楽・映像・アートワーク、LIVE全ての面において、唯一無二の世界観を築きあげている。
2019年1月にアリオラジャパンよりメジャーデビューアルバム「Sympa」をリリースし、 翌2月には日本テレビ系土曜ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」主題歌『白日』を配信リリース。2019年最大級のロングランヒットを記録中。春に初の全国ツアー「King Gnu One-Man Live Tour 2019 "Sympa"」を完遂し、春~夏にかけて数多のフェスに出演。8月には新曲「飛行艇」(ANA「ひとには翼がある」篇TVCMソング)を配信リリースした。

KREVA
国民的人気を誇るHIP HOPアーティスト。2004年9月08日(クレバの日)に「音色」でソロメジャーデビュー。2ndアルバム「愛・自分博」でHIP HOPソロアーティストとして史上初のオリコンウィークリーチャート初登場1位を獲得。9月08日は”クレバの日”と2013年に日本記念日協会に正式認定される。2019年、ソロデビュー15周年イヤーに突入。1月から9月08日(クレバの日)まで9ヶ月連続リリースを敢行し、第6弾ニューベストアルバム『成長の記録~全曲バンドで録り直し~』を6月19日リリースし、日本武道館にてワンマンライブを開催。さらには、連続リリース第10弾、ニューアルバム『AFTERMIXTAPE』を9月18日(水)にリリース、9月26日(木)には恒例のKREVA主催の”音楽の祭り”「908 FESTIVAL 2019」を横浜アリーナで開催。12月13日からは仙台を皮切りに、KREVA CONCERT TOUR 2019-2020「敵がいない国」をライブハウス、ホール、アリーナと全国ツアーを開催する。

斉藤和義
1993年8月25日にシングル『僕の見たビートルズはTVの中』でデビュー。翌年にリリースされた『歩いて帰ろう』で一気に注目を集める。代表曲である『歌うたいのバラッド』『ウエディング・ソング』『ずっと好きだった』『やさしくなりたい』等はファンのみならず、様々なアーティストにも愛される楽曲となっている。自他共に認めるライブアーティストであり、弾き語りからバンドスタイルまで表現の幅は広い。また自らの音楽活動に加え、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース等も積極的に行っている。2011年には稀代のドラマー、中村達也とのロックバンド、MANNISH BOYSの活動も自身の活動と並行して行なっている。

椎名林檎
1998年デビュー。2000年リリースの2ndアルバムが250万枚を超えるセールスを記録。2004-12年は東京事変でのグループ活動も並行。2009年文化庁主催芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞。2016年 リオオリンピック・パラリンピック閉会式に於けるTOKYO2020への引き継ぎ式では演出/音楽監督を務め、国内外から高く評価された。2018年 デビュー20周年を迎え、アリーナツアー「(生)林檎博'18 ー不惑の余裕ー」を開催。2019年5月27日に約5年ぶりのオリジナルアルバム「三毒史」と、前年のアリーナツアーを収めたライブ映像作品を同時リリースした。

SIX LOUNGE
大分県発ロックンロールバンド。
2012年、同じ高校に通う、Gt.Voヤマグチユウモリ Dr.ナガマツシンタロウを中心に結成。2015年、1学年下のBa.イワオリク加入。インディーズレーベルTHE NINTH APOLLOよりCDリリース。圧倒的な熱量のライブパフォーマンスが話題を呼び、ライブハウスシーン注目のバンドとなる。2018年、ユニバーサルミュージックよりミニアルバム「くだらない」をリリース。全国ツアーは新木場STUDIO COASTワンマン公演など動員も上昇中。ロックフェスでも多くのオーディエンスを熱狂させている。

田島貴男(ORIGINAL LOVE)
85年に結成した田島を中心とした前身バンドが87年にORIGINAL LOVEと改名。91年にORIGINAL LOVEとして『LOVE!LOVE!&LOVE!』でメジャーデビュー。代表作にシングル『接吻』、『プライマル』、アルバム『風の歌を聴け』などがある。近年はバンド形式のみならず、田島貴男として弾き語りを軸にループマシンを駆使した「ひとりソウル」という新たな表現方法も確立している。 2019年2月 ORIGINAL LOVEで待望の新作「bless You!」をリリースした。

福山雅治
1969年2月6日生まれ。長崎県出身。
1990年、「追憶の雨の中」でシンガーソングライターとしてデビュー。以降音楽活動、俳優、写真家、ラジオパーソナリティなど幅広い分野で活躍。近年では、映画『名探偵コナン ゼロの執行人』主題歌「零 - ZERO-」や、NHK初の高校野球テーマソングとして楽曲「甲子園」を提供。俳優としては、TBS日曜劇場『集団左遷!!』(2019年4月〜6月)に主演、西谷弘監督作品『マチネの終わりに』(2019年11月公開)、岩井俊二監督作品『ラストレター』(2020年1月公開)に出演する。

細野晴臣
1947年東京生まれ。音楽家。1969年「エイプリル・フール」でデビュー。1970年「はっぴいえんど」結成。73年ソロ活動を開始、同時に「ティン・パン・アレー」としても活動。78年「イエロー・マジック・オーケストラ(YMO)」を結成、歌謡界での楽曲提供を手掛けプロデューサー、レーベル主宰者としても活動。YMO散開後は、ワールドミュージック、アンビエント・ミュージックを探求、作曲・プロデュース、映画音楽など多岐にわたり活動。2019年デビュー50周年を迎える。

槇原敬之
1990年10月デビュー。1991年「どんなときも。」で自身初となるミリオンセラーを達成。その後も「もう恋なんてしない」や「SPY」、「Hungry Spider」などヒットを連発。また平成を代表するヒット曲となった「世界に一つだけの花」(SMAP)をはじめ、他のアーティストやミュージカルへの楽曲提供やCM・テレビ番組への書き下ろしも多数。自身での作詞、作曲に加え、アレンジもこなす。2019年10月にはデビューから30年を迎え、その周年イヤーとなる2020年にはスペシャルなリリースやコンサートを計画中。

ヨルシカ
ボカロPであり、コンポーザーとしても活動中の”n-buna(ナブナ)”が女性シンガー”suis(スイ)”を迎えて結成したバンド。2017年より活動を開始。2019年8月に発売したは2nd Full Album「エルマ」はオリコン初登場3位を記録し、各方面から注目を浴びる。n-bunaが創る文学的な歌詞とギターを主軸としたサウンド、suisの透明感ある歌声が若い世代を中心に支持されている。

井上陽水
井上陽水1969年にアンドレ・カンドレの名でデビュー、72年に井上陽水として再デビュー。1973年にはアルバム「氷の世界」をリリース、日本初のミリオンセールスを記録。その後「夢の中へ」「心もよう」「いっそ_セレナーデ」「飾りじゃないのよ_涙は」「リバーサイド_ホテル」「少年時代」「Make-up_Shadow」「ありがとう」など、ヒット曲を世に送り出し続ける。近年は他アーティストへの楽曲提供、TV番組テーマ曲書下ろし、全国コンサートツアー等、精力的に活動を続けている。

 

井上陽水 オフィシャルサイト
http://yosui.jp

2019/11/13-16:55:00

facebook
twitter

J-POP NEWS

More Music News...

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...