服部克久

親子三世代【服部克久×服部隆之(息子)×服部百音(孫娘)】が史上初共演した「ル・ローヌ(河)」のミュージック・ビデオ公開!5年ぶり22作目のアルバム『音楽畑22 The Final?』本日9/25(水)発売!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


服部克久家の親子三世代【服部克久×服部隆之(息子)×服部百音(孫娘)】が
史上初共演した「ル・ローヌ(河)」のミュージック・ビデオ公開!
5年ぶり22作目のアルバム『音楽畑22 The Final?』本日9/25(水)発売!

服部克久
服部克久
 日本を代表する作編曲家:服部克久の音楽家生活60周年を記念し、1984年の第1作目『音楽畑Champs de la Musique』以来、35年にも渡るライフ・ワークである「音楽畑」シリーズの5年ぶり22作目のニュー・アルバム『音楽畑22 The Final?』がいよいよ本日9月25日(水)発売!

 今作は新曲5曲に加え、代表曲「自由の大地」【TBS系「新世界紀行」テーマ曲(1987年~1992年)】と「ル・ローヌ(河)」をニュー・レコーディング!「自由の大地」[オリジナルは『音楽畑6 La Monde』(1989年)に収録]は30年来の音楽仲間で二胡奏者のジャー・パンファン氏がソロを演奏する、今作品用に新たに書き下ろしたスペシャル・バージョン。

 そして「ル・ローヌ(河)」[オリジナルは『音楽畑3 Bon Voyage』(1986年)に収録]では、息子の服部隆之が編曲を担当、服部克久親子三世代【(服部克久[ピアノ]、息子:服部隆之[アレンジ/ピアノ]、孫娘:服部百音[ヴァイオリン])】が史上初共演レコーディング。

【服部克久×服部隆之(息子)×服部百音(孫娘)】
【服部克久×服部隆之(息子)×服部百音(孫娘)】

 そして本日のアルバム発売日より、その一期一会のレコーディング・シーンで構成されたミュージック・ビデオ「ル・ローヌ(河)~3 Generation Version~」を公開開始!それぞれが希代の音楽家であり、血のつながった音楽一家の、温かい奇跡のセッション・シーンの連続は必見だ。

「ル・ローヌ(河)~3 Generation Version~」ミュージック・ビデオ:
https://www.youtube.com/watch?v=lTCp3C0nqWI
 

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
【服部克久 作品情報】
「音楽畑」シリーズ最新22作目完成!音楽家生活60周年記念アルバム!!
服部克久『音楽畑22 The Final?』服部克久『音楽畑22 The Final?』
品番:WPCL-13108 価格:3,000円(本体)+税


iTunes


<収録曲>
1. ル・ローヌ(河)~3 Generation Version~ 【新録音】
【親子三代 史上初共演曲 (服部克久[ピアノ]、息子:服部隆之[アレンジ/ピアノ]、孫娘:服部百音[ヴァイオリン])】
2. 過ぎ去りし日々を想いて
3. 愛おしきかな人生
4. 春宵
5. 自由の大地 ~二胡 Version~ 【新録音】 二胡:ジャー・パンファン 
【TBS系「新世紀紀行」テーマ曲(1987年~1992年)】
6. マラケシュ 夢の町
7. Theme of AURORA FOREST~オーロラフォレストのテーマ~ 【CDのみ収録】
ヴァイオリン:服部百音
【ウォーキング型ナイト アトラクション「オーロラフォレスト」テーマ曲】

『音楽畑22 The Final?』試聴&購入リンク:
https://WarnerMusicJapan.lnk.to/KHattoriTheFinalPu

 

【服部百音コンサート・インフォメーション 】
10月7日(月)  東京・bunkamura オーチャードホール
ロビン・ティチアーティ指揮
ベルリン・ドイツ交響楽団
https://www.bunkamura.co.jp/s/orchard/lineup/kashi/20191007.html

10月18日(金) 大阪・シンフォニーホール
大友直人 指揮 大阪フィルハーモニー交響楽団
http://osaka-phil.com/schedule/detail.php?d=20191018

11月22日(金) 紀尾井ホール
ヴァイオリン・リサイタル
https://mone-hattori.com/live/tour.php?id=1001407

 

【服部克久プロフィール】
フランス、パリ国立高等音楽院修了。
日本を代表する作編曲家として、映画「連合艦隊」、アニメ「トム・ソーヤの冒険」、フジテレビ「ミュージックフェア」、NHK 連続ドラマ「わかば」などの音楽監督をはじめ幅広い分野で活躍。
又、国内唯一のプロ・ポップスオーケストラ、東京ポップスオーケストラを結成。日本人初となる米国国連総会会議場での演奏や、カーネギー・ホールにてニューヨークポップスとのコラボレーションコンサートなど、その活動は海外からも高い評価を得ている。
音楽活動の傍ら、様々なジャンルの音楽監督やプロデューサー、音楽祭の理事や審査員、更にはコメンテーターとしてテレビ出演など枠にとらわれない活動が注目を浴びる。
現在、日本作編曲家協会会長、東京音楽大学 特別招聘教授として日本の音楽シーンの発展に尽力している。
オリジナル曲を集めた「音楽畑」シリーズは21作を数え、主な作品にTBS系列で放映された「新世界紀行」のテーマ曲“自由の大地”や、“すごい男の唄”、“ル・ローヌ”などがある。

2007年、服部良一生誕100周年を記念して長男の隆之と共にトリビュート・アルバムの制作及びコンサートをプロデュース。大きな話題をよんだ。
2009年に音楽家生活50周年の区切りにユニバーサルミュージックよりアルバム「服部克久」とワーナーミュージックより「服部克久の世界 ~works」の2枚を同時発売。
2014年には喜寿及び音楽家生活55周年を迎え、徳間ジャパンコミュニケーションズより「77-55〜Past, Present & Future」を発売。更に、「音楽畑」シリーズ11年振りの新作、「音楽畑21」もリリースし、大阪と東京で記念コンサートも開催した。
2017年2月、音楽畑の楽譜集としてヤマハミュージックメディアより「String Quartet Collection」、「ピアノソロ Best of Best (CD付き)」を出版。(「String Quartet Collection」に関しては徳間ジャパンコミュニケーションズより配信限定でアルバムも発売した)

3月には「服部克久 音楽畑 弦楽コンサート Holiday for Strings」を銀座・ヤマハホールにて開催。
10月には、“80歳からの新たなスタート”として、「服部克久 傘寿の音楽会」を昭和女子大学人見記念講堂で開催。様々なジャンルの15人のアーティストたちとともに自身の音楽生活を振り返る豪華なステージとなった。
そして2019年9月25日、22作目となるオリジナル・アルバム「音楽畑 22 The Final?」を発売。

【関連リンク】
服部克久 オフィシャルサイト
http://www.hatkat.com
服部克久 WMJサイト
https://wmg.jp/hattori/

2019/09/25-18:15:00

facebook
twitter

クラシック NEWS

More Music News...