Green Day

グリーン・デイ、ニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日 (金)全世界同時リリース!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


グリーン・デイ、ニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日 (金)全世界同時リリース!

グリーン・デイ
グリーン・デイ
 グリーン・デイが、ニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日(金)全世界同時リリースすることが明らかになった。(国内盤含む詳細については後日発表)
同作は2016年リリースの『レボリューション・レディオ』以来、通算13作目となる彼らのスタジオ・アルバム。併せて、タイトル・トラック「ファザー・オブ・オール…」を公開している。

 グリーン・デイは、盟友ウィーザー、フォール・アウト・ボーイと共に「ヘラ・メガ・ツアー」と銘打った大規模ジョイント・ツアーを北米、ヨーロッパ、UKにて実施することが発表されているが、アジアへはソロ・ツアーという形で日程が発表となり、なんと2020年3月には待望の来日公演も予定されているとのことで、詳細は後日発表となる模様。

ワーナーミュージック・ジャパン・ホームページ
https://wmg.jp/greenday/

 

 

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
■アルバム情報
『ファザー・オブ・オール… / Father Of All...』グリーン・デイ / Green Day
ニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール… / Father Of All...』
2020年2月7日配信予定(国内盤含む詳細については後日発表)

ダウンロード / ストリーミングはこちら:
https://greendayjp.lnk.to/FATHEROFALLPu
iTunes


オーディオ・ビデオ(YouTube):
https://youtu.be/9xtAYY04_p0

 

▼グリーン・デイ プロフィール
ビリー・ジョー・アームストロング (Vo/G)
マイク・ダーント (B)
トレ・クール (Dr)

1986年、カリフォルニア州バークレーにて結成。1994年にメジャー・デビュー・アルバム『ドゥーキー』リリース、この作品を以てして<パンク・ロック>をメインストリームなものへと成し遂げ、全世界的なパンク・ムーヴメントを巻き起こした。
1996年には初の来日公演を敢行。以降のアルバム『インソムニアック』『ニムロッド』『ウォーニング』ではミリオンヒット・プラチナヒットを連発。
2004年リリースのアルバム『アメリカン・イディオット』は、ロック・オペラというフォーマットを用いながら、アメリカが内包している社会問題に関して深いメッセージを残し、音楽的にもカルチャー的としても大きな影響を与えた意欲作となった。全世界1,500万枚の売り上げを記録。更にはグラミー最高賞である「最優秀レコード賞」を「ブールヴァード・オブ・ブロークン・ドリームス」にて獲得。文字通り、パンク史上初の快挙を成し遂げた。
2009年、『21世紀のブレイク・ダウン』をリリース。14ヶ国で1位を記録。2010年にはブロードウェイ・ミュージカル「American Idiot」がNYブロードウェイにて上演された。
2012年は、『ウノ!』『ドス!』『トレ!』という3部作を2ヶ月毎に発表するという画期的なリリース手法にて話題を呼んだ。
2015年にはロック・ミュージックへの貢献を評価され、ロックの殿堂入りを果たした。
2016年、『レボリュ―ション・レディオ』リリース、全米、全英で1位に輝いた。同年、ビリー・ジョー初主演の映画「Ordinary World」が公開され、中年パンク・ロッカーという本人ともある種、重なる難しい役柄を見事に演じ切った。
2017年、これまでのアルバムより代表曲を網羅したベスト・アルバム『グレイテスト・ヒッツ:ゴッズ・フェイバリット・バンド』をリリース。
そしてスタジオ・アルバムとしては通算13枚目となるニュー・アルバム『ファザー・オブ・オール…』を2020年2月7日(金)にリリースすることを発表した。
過去5回のグラミー賞受賞歴を誇り、全世界で通算7,000万枚以上のアルバム・セールス、ストリーミング等の合計再生回数で約100億回を誇る、名実ともに21世紀を代表するロック・バンドの一つである。

2019/09/12-17:03:00

facebook
twitter

RECENT NEWS

More Music News...

洋楽 PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...