Rihwa

デビュー7周年ライブを地元札幌で開催!自ら掲げた7つのチャレンジとは⁉
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Share on Tumblr
  • LINEで送る


Rihwa、デビュー7周年ライブを地元札幌で開催!
自ら掲げた7つのチャレンジとは⁉

Rihwa 撮影:原田直樹 (n-foto)
Rihwa
撮影:原田直樹 (n-foto)

Rihwa 撮影:原田直樹 (n-foto) Rihwa 撮影:原田直樹 (n-foto)
Rihwa 撮影:原田直樹 (n-foto) Rihwa 撮影:原田直樹 (n-foto)
 デビュー7周年を迎えたばかりのRihwaが、7/13(土)地元札幌にてワンマンライブを開催した。

 このライブを開催するにあたり「生まれ故郷というのはやっぱり特別で、デビュー前から今までもライブをたくさんしてきたけど、広い北海道にはまだまだ私の唄を届けられていない人達がたくさんいる。その人達にも私を知ってもらって、このライブに来てほしい。」と、【ハイタッチの旅】と題しライブチケットを携え、4月から札幌をはじめ旭川や苫小牧、函館、稚内、喜茂別など道内約20か所でミニライブを重ねてきた。また「7周年をお祝いしてもらうだけじゃなく、来てくれるみんなに楽しんでほしい」と、『7つのチャレンジ』を自ら打ち出した。【曲作り】【小道具作り】【演出】【楽器】【歌い方】【ジングル作り】、そして7つ目は当日発表、とのこと。さてどんなことが繰り広げられるのか。

 前日の雨予報を覆した晴天の札幌。会場となったPENNY LANE24の入り口には色とりどりのウエルカムボードが飾られ、場内ではライブタイトルが記されたポップでカラフルな手作りの道しるべが出迎えてくれた。フリーハンドで描かれたという花や模様が施されたハイチェア、白い柵、錆びれたミルク缶、牧場に足を踏み入れたような不思議な感覚は一転、不穏なコーラスワークで夜のジャングルへと誘われる。雄叫び、様々な動物たちの鳴き声、高揚させるリズム、次々に巻き起こるサウンドループにドキドキしていると、真っ青な北海道の空のような衣装を身にまとったRihwaの一声が夜明けを告げる。

 「Welcome to MY HOME!Sun Comes Up!!」さわやかな風のように歌う声、サポートGt飯塚直斗のバンジョーが奏でる軽快なサウンドはまさに朝陽が昇っていくよう。夏の日差しをいっぱいに浴びるような"TO: Summer"、ラジオでもおなじみの"Hidey-Ho!!"、デビュー曲"CHANGE"、代表曲"春風"など、周年ならではの新旧を織り交ぜた選曲が次々に披露される中、徐々に『7つのチャレンジ』の実態が明かされていく。動物たちの鳴き声が聞こえた登場ジングルは、すべてRihwa自身が声を吹き込み、FLOWのGt.TAKEにトラック制作を手伝ってもらったという。小道具ではなく大道具ともいえる手作りの道しるべは、札幌市南区にある芸術の森で制作を行った。そして全く弾けない状態から1か月間猛練習をしたという"Last Love"のピアノ弾き語り。険しい表情を見せながらも、一音一音を大切に奏でていく姿が胸を打つ。さらにはオフマイクを交えながら最新シングル"一秒"をアカペラで披露。これでもかと美声を魅せつけられた。

 【ハイタッチの旅】を経て「北海道って広いって思っていたけど、お母さんの知り合いだったり、友達の友達だったり、いろんな繋がりがたくさんあって、実はビックだけどスモール。そんな繋がりを知って北海道がもっと好きになったし、自分のルーツ・故郷を知るってことは自分自身を、人を、世界を愛することにもつながるんじゃないかと思ってこの曲を書きました」と、旅で出会った様々な出来事やたくさんの笑顔を自らつないだロードムービーの演出ともに新曲"Love Today"を披露。『出会いはやってくるけれど 待っていられないの』『きっと自分次第で どこまでも行けそうだよ』8年目を迎えたRihwaは立ち止まるどころか未来を見据えている。

 「私はみんなと一緒に歌うのが好きです。笑うのと一緒で、人と歌うとストレスとか消えていくような気がする!だから、一緒に歌いましょう!!」と、"Having a Good Time"やライブタイトルの由来にもなった"MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~"でステージと客席の隔たりがなくなるくらいのシンガロング。枯れそうになるくらい大きな声を出すと確かに気持ちが良い。アコギとエレキ、二人だけの編成とは思えないRihwaサウンドに終始大きな拍手が贈られる。道内外から駆け付けたオーディエンスたちをまっすぐ見つめ「私はこれからもずっとずっと歌っていきます。歌うなって言われてもトイレとかで歌ってると思う。笑 これからも皆さんにいい歌を届けていけるよう、頑張ります。8年目もよろしくお願いします!」と感謝の思いを伝えると、本編ラストはHTB(北海道テレビ)開局50周年テーマソングとして道内にRihwaの歌声を広めるきっかけとなった"ハイタッチ (Rihwa ver.)"。「ハイタッチって年齢も性別も超えて同じ目線でできるもの」というRihwaの思いがしっかりと込められ、愛と感謝にあふれたハイタッチが一人一人の心に届けられた。

 アンコールで再び登場したRihwaから「7つのチャレンジ、まだ一つ残ってますよね⁉ 最後のチャレンジはこちらです!」と披露されたのは、お笑いコンビ「フォーリンラブ」のバービー、HTBアナウンサーの石沢綾子、演劇ユニット「TEAM NACS」の森崎博之、北海道にゆかりのある豪華3組による愛のこもったお祝いメッセージ。「ここだけ人任せなチャレンジなっちゃいました。笑」と『7つのチャレンジ』の最後【Rihwaの新しいお友達がコメントをくれる】を締めくくった。そして7月中旬からオンエアとなる富士フイルム"チェキ"instax mini8+「チェキ+青春」キャンペーンの新WEB CMソングとして書き下ろされた新曲"BOY"を初披露。ドキドキしたり、落ち込んだり。恋する気持ちはいくつになっても変わらない。キュンとする思いが綴られたキュートなラブソングだ。"ありがとう、出会ってくれて"では、カスタネットを片手にステージの端から端まで、最後列まで届くように7年分の感謝を唄に乗せて届けてくれた。

 このワンマンライブを目標に回っていた【ハイタッチの旅】は、「バービーさんからの『栗山町で歌ってほしい』というお話も実現させたいし、まだまだいろんな人に会いに行きたい」と、8年目も唄を届けに旅を継続していく意欲を見せてくれた。

撮影:原田直樹 (n-foto)

Rihwa 7周年記念ワンマンライブ ~ナーナナナナー7~
セットリスト
1.Sun Comes Up
2.TO: Summer
3.Swing Swing
4.Hidey-Ho!!
5.CHANGE
6.春風
7.ミチシルベ
8.Last Love
9.一秒
10.Love Today(新曲)
11.Having a Good Time
12.MY LIFE IS BEAUTIFUL ~1パイントの勇気~
13.PutYourGunDown
14.Sky Rocket
15.ハイタッチ (Rihwa ver.)
==ENCORE==
En1.BOY(新曲)
En2.ありがとう、出会ってくれて

■Rihwaオフィシャルサイト
http://www.rihwa.net

 

 

[ RELEASE INFORMATION ]
<デジタルシングル「一秒」>
その一秒が、一生の輝きになる。
昨年発売から20周年を迎えた富士フイルム“チェキ”instax mini8+の「チェキ+青春」キャンペーンテーマソングとして書き下ろしをした新曲「一秒」が配信中。

Rihwa タイトル:「一秒」Rihwa Digital Sg「一秒」
2019年3月1日(金) Release!
iTunes、レコチョク、Spotify、Apple Music、LINE MUSIC他 配信サイトにて

iTunes




<デジタルシングル「ハイタッチ (Rihwa ver.)」>
HTB開局50周年テーマソングとして、サックスプレイヤー寺久保エレナ作曲の「ハイタッチ」を本間昭光がポップスアレンジをし、Rihwaが作詞と歌唱を担当。北海道に根付く歌にしたいという制作サイドの希望の元、HTBで働く社員たちにインタビューを行い思いを汲んで書き上げた。

Digital Sg「ハイタッチ (Rihwa ver.)」
iTunes Store、Apple Music、Spotifyほか各配信サイトにて配信中
発売元:Yumechika Records

 

【Rihwa Profile】
北海道・札幌出身のシンガーソングライター。高校生活を留学先のカナダで過ごし、音楽に目覚める。道内の活動を経て、2012年メジャーデビュー。
伸びやかで透明感のある明るい歌声と、太陽のような笑顔が魅力。

オフィシャルサイト:http://www.rihwa.net
Twitter:@Rihwa_Park
Instagram:@rihwa_official
TOY’S FACTORY Rihwa HP:http://www.toysfactory.co.jp/artist/rihwa

2019/07/16-19:53:00

facebook
twitter

J-POP PICKUP

  • 邦楽Pick Up
  • 洋楽Pick Up

MORE PICKUP...